2021年09月21日

蝕世のエンブリオ「海の賢者ビージュ」クリア

2021年 8月〜9月に実装された蝕世のエンブリオミッション「憂鬱なるガッサド」〜「海の賢者ビージュ」を一気にクリアしました。

「青のラウバーン」までの敵は、白魔フェイスを呼んで火力のあるジョブで WS ポチポチ撃っていれば勝てる感じでしたが、そろそろただの力押しでは苦しくなってきた感じがします。

各ミッションの詳しい内容は、用語辞典を参照。

▼憂鬱なるガッサド

戦闘の相手は「ディスティニーデストロイヤー団」の 3体。
ジョブは 竜/侍 にしました。

攻撃順は次のようにしました。
Dazbogを攻撃(ミーブル,「インビンシブル」使用まで)
Magh Bihu(キトルルス)撃破
Dazbog(ミーブル)撃破
Gloom Phantom(黒ゴブリン)撃破
敵の連携を避けるために、Gloom Phantom は最後です。

Mnejing が倒されると失敗になるようですが、アプルルがケアルでタゲを取ってしまって、Mnejing はほとんど攻撃を受けませんでした。

▼アブダルラブダショック

戦闘の相手は、マロリスの Missabikong が1体。
ジョブは 竜/踊
サポジョブが踊なのは、Lv99 でも敵にからまれるエジワ蘿洞を探索する必要があったからです。

Missabikong は硬い上に攻撃力も高く、今回戦った敵の中では一番強かったと思います。
範囲攻撃が多くて、回復・支援フェイスが 4体も消滅。
小竜のレストアブレスで耐えながら、かなりギリギリで勝利しました。

▼タティーヤの失楽

戦闘の相手はマムージャが 4体。
Glyphweaver Sikool Ja(ボス,黒魔)
Riftweaver Pomaal Ja(青魔)
Drakeweaver Hageel Ja(ナイト)
Fistweaver Mufaal Ja(モンク)
4体すべて撃破するとクリア。
ジョブは 竜/侍 で行きました。

攻撃順は次のようにしました。
Drakeweaver Hageel Ja 攻撃(ナイト,「インビンシブル」使用まで)
Glyphweaver Sikool Ja(ボス,黒魔)撃破
Riftweaver Pomaal Ja(青魔)撃破
Fistweaver Mufaal Ja(モンク)撃破
Drakeweaver Hageel Ja(ナイト)撃破

用語辞典によれば、ボスの Glyphweaver Sikool Ja は何か条件を満たさないと倒せないようですが、0ダメになることなく普通に殴り倒しました。

この戦闘では、ニャメ装備の強さが目立ちました。

敵の攻撃で痛いのは、ボスの範囲精霊や範囲化スタンくらい。
お供の攻撃はかなりの確率で回避できます。
Fistweaver Mufaal Ja(モンク)の「百烈拳」も気にならなかったくらいです。
おかげで、フェイスの回復にはかなり余裕がありました。

ミッションのクリア報酬で、「ヤグルシュ」の劣化版のような片手棍「雷槌」が手に入ります。

ff11_20210917_thunder02a.png

雷が関係するオルドゥーム文明のアイテムということで 10分に 1回サンダーが撃てますが、威力は魔法の「サンダー」より低いです。

ff11_20210917_thunder03.png

▼海猫党の水難

戦闘の相手は、メロー 2体,サハギン 2体,クトゥルブ 2体。
周りのアプカルがからむ可能性があるので、ジョブは 竜/踊 にしました。

この戦闘でもニャメ装備が役に立ちました。
敵の数は多いですが、攻撃の多くは回避できます。
近くにいる相手から順番に殴って、わりと楽にクリアできました。

▼海の賢者ビージュ

戦闘の相手は、アクロリスの Panaiveriyamman が 1体。
アルザダール海底遺跡群(ナイズル)のキキルンを倒すと、ランダムで出現します。
ジョブは 竜/侍 で行きました。

Panaiveriyamman 湧かせるまでが大変でした。
すぐに湧くものと思っていたのに、ぜんぜん湧かず。
ナイズル島監視哨の北側から出て、キキルンを殲滅しながら反時計回りにほぼ 1周して、ようやく POP しました。

Panaiveriyamman 自体は少し HP が多いだけのアクロリスです。
フェイスにアヤメを入れて連携トスをさせて、連携数回で撃破しました。

ミッションをクリアすると、片手棍「アプカルセプター」を貰えます。

ff11_20210919_apkallu01b.png

装備して使うと、アプカルに変身します。
トサカ付きのアプカルや、アプカルの長老になることもあるようです。

ff11_20210919_apkallu02.png

▼エミネンス・レコードクエスト4

「海の賢者ビージュ」までクリアして、エミネンス・レコードクエスト4の「珍妙なモンスターを討伐せよ!4」と「珍妙なモンスターを討伐せよ!5」が解放されました。

ff11_20210919_eminence01.png

討伐する敵は、それぞれキマイラとポロッゴのようです。
1〜3 は WS を連打しているだけで勝てるくらいの強さでしたが、4〜5 も楽に倒せるくらいの強さだといいなと思います。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 14:02| Comment(0) | FF11日記

2021年09月17日

2つめのサギッタ

モンク専用のジョブマスター武器「サギッタ」は、すでに Type:A を Rank:25 にしていますが、さらにもう 1つ落札してしまいました。

ff11_20210916_sagitta02b.png

2つ目を落札した理由は、急に Type:C を作りたくなったからです。
Type:C は HP が増えて、「チャクラ」の回復量が増えます。
被ダメが多い戦闘では Type:C が便利そうです。

落札価格は約 6000万。
1つ目を 1年前に落札したときから、半額近くまで値下がりしました。

実のところ、ジョブ首+2 を 2つ買った方が良かったような気もしますが、「サギッタ Type:C」も面白そうなので良いことにします。
タグ:FF11 モンク
posted by Madalto@芝鯖 at 15:39| Comment(0) | 武器防具

2021年09月16日

やみおーの日 / エクステンクション を手に入れた

「やみおーの日」キャンペーンの報酬に、新しい片手剣「エクステンクション」が追加されたので、取りに行ってきました。

「ラメント」と「ナイヒリティ」が、難易度「とてもやさしい」(CL113)で 1発で出たので、今回も「とてやさ」に突入。

ところが、今回の「エクステンクション」は、なかなか出ませんでした。

ドロップするまで、けっきょく 4回も突入。
メリットポイントを上位神竜 BF に投入していたこともあって、けっこう時間がかかってしまいました。

「ナイヒリティ」と「エクステンクション」を二刀流で持つとこんな感じ。

ff11_20210910_extinction03.png

だいぶ禍々しい見た目になりました。
「アーンソード」二刀流と悩む……。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 18:37| Comment(0) | 武器防具

2021年09月13日

エピタフサシェ Rank:20 完成

Sgili の RP を使って、「エピタフサシェ」を Rank:20 まで強化しました。

ff11_20210911_epitaph01.png

「サンカスサシェ+1」と比べると、召喚獣の命中,魔命は同じ。
「契約の履行ダメージ+」は 1 多く、召喚獣に ALL BP+5 がつきます。
「契約の履行使用間隔II」は 2 減りますが、実際の運用ではまったく問題ありません。

ALL BP+5 で召喚獣の能力がどう変わるか、/checkparam <pet> で見てみました。

▽サンカスサシェ+1
命中:1366 / 攻撃:1173
回避:855 / 防御:1080
ff11_20210911_sancus01.png

▽エピタフサシェ Rank:20
命中:1369 (+3) / 攻撃:1175 (+2)
回避:858 (+3) / 防御:1088 (+8)
ff11_20210911_epitaph02.png

命中,攻撃,回避は、+2 〜 +3 の上昇(能力値 ×0.5)。
防御は +8 増えました(能力値 ×1.5)。

履行にステータス修正が加わることを考えると、履行ダメージ+ 以上にダメージは増えそうですが、「サンカスサシェ+1」からの乗り換えは、正直ビミョウ。
しかし、NQの「サンカスサシェ」からなら、十分に高性能です。
強化に少しばかり時間はかかりますが、「サンカスサシェ+1」に比べると 4分の1 以下で手に入れることができるので、コストパフォーマンスもいいと思います。
タグ:FF11 召喚
posted by Madalto@芝鯖 at 11:59| Comment(0) | 武器防具

2021年09月11日

アンバスケード1章 ポロッゴ 【2021年08月】 とてむず (PT,召喚編成)

2021年 9月のアンバス 1章は、およそ 2年ぶりになるポロッゴ戦でした。
少しばかりメンドウなギミックがありますが、そんなモノは完全に無視した召喚ミュイン戦法で攻略しました。

ff11_20210911_ambus01.png


▼敵の情報

開幕時は、ボスの Bozzetto Necronura が 1体のみ。

ボスが特殊技「天乞い」を使うと、お供を 5体召喚。
お供が減った状態で「天乞い」を使うと、5体になるように追加召喚されます。

ボスとお供、すべて撃破すればクリアです。

▽Bozzetto Necronura(ボス,赤魔)

「連続魔」を使用。

火・水属性のガ系、ジャ系に加えて、「メルトン」や「デス」も使用します。

石化,ヘヴィに完全耐性。
静寂,スタン,睡眠、火水属性の弱体に強い耐性あり。
弱体系風水耐性。

「天乞い」を使用すると、HPと状態異常回復。
さらに、5体になるようにお供を召喚します。

条件を満たすと、特殊技「クエンチングハンマー」(対象中心範囲の属性ダメージ+MPダメージ+TPダメージ+強化全消去)を使うようになります。
条件は、ナイト,魔剣,暗黒,青魔に MP がある状態で近くにいること。
歌,ロール,強化系風水を受けているとダメージが上がります。

どちらも厄介な特殊技ですが、そもそも使わせないので気にしません。

▽お供:Bozzetto Croaker

ボスが「天乞い」を使用すると 5体召喚。
その後も、「天乞い」のたびに 5体になるように追加されます。

――が、ボスに「天乞い」を使わせないので無視です。

▼編成

PT編成:剣侍赤詩召召
参加ジョブ:召/黒

▽盾(ナ剣)

ボスのタゲを取ります。
ナイトでも魔剣でもいいようです。

戦闘開始時に Bozzetto Necronura(ボス)のタゲを取った後は、ボスの TP を溜めないように、殴らずにタゲを維持します。

▽前衛

火力があるジョブなら何でもいいと思います。

ボスの TP を溜めないように、モクシャを多めに積むと良いようです(またはモンク)。

▽赤

サポ黒を推奨。

盾にプロシェル,ファランクス。
「ヘイストII」は盾と前衛に。

「サボトゥール」や「精霊の印」などアビリティを併用して、ボスに「サイレス」を入れます。
弱体耐性が高いようで、レジストハックなしでは印ありでもレジられる事があるようです。

「サイレス」が入ったら、「ディアIII」など各種弱体と盾へのケアル。

▽詩

盾に、マーチ,ミンネ,バラードx2。
前衛に、栄典(またはマーチ),メヌエット×3。
後衛に、栄典(またはマーチ),マーチ,バラード×2。

戦闘開始後は、盾にケアルなど。

▽召×2

契約の履行使用間隔 -30秒(ギフト+装備)必須。
召喚魔法スキル 512以上推奨。
「BCホーン+1」を推奨。

「ニルヴァーナ」や履行ダメージ+ は不要です。
武器は「エスピリトゥス Type:B」(200DPで交換可能)で十分。

履行使用間隔が十分に短いなら、ギフト 0 でも問題ありません。
(エスピリトゥス Type:B,サンカスサシェ,レリック119+3の胴手脚足,インカンタートルク,コンベイケープ,ロードルピアス,エボカーリング,スティキニリングで、ギフト 0 でも履行間隔,スキルともに達成可能のハズ)

履行間隔の目安は 22秒程度。
ギリギリというわけではないので、前衛のモクシャが十分なら間隔 25秒くらいでも間に合うと思います。

分担して「紅蓮の咆哮」「クリスタルブレシング」で強化。
「神獣の加護」は忘れずに使用しておきます。

戦闘開始後は、交互にケット・シーの「ミュインララバイ」を使って、ボスに TP を溜めさせないようにします。

サポジョブは何でもいいですが、サポ黒だとトリガーを取った後の帰りで「デジョン」「デジョンII」が使えて便利です。

▼戦闘の流れ

強化が終わったら盾が突撃して、Bozzetto Necronura(ボス)のタゲ固定。
召喚は、交互に「ミュインララバイ」を使用。
赤魔はアビを併用して、Bozzetto Necronura(ボス)に「サイレス」を入れます。

Bozzetto Necronura(ボス)に「サイレス」が入ったら、前衛は全力で攻撃。

1回の戦闘は 3分を切ります。
そのうち 2分ほどは強化時間なので、実際の戦闘時間は 1分ほど。
事故もなく、ここ最近では一番楽なアンバス 1章だと思います。
タグ:FF11 召喚
posted by Madalto@芝鯖 at 23:33| Comment(0) | NM/BF