2018年04月19日

上位召喚獣BF ★火の試練 イフリート むずかしい 召喚ソロ (敗退)

勝てる気がしない……!
今の戦績は0勝5敗
フレイムクラッシュが強すぎてどうにもならない……。

ジョブとフェイスは他の召喚獣戦と同じ。
ジョブ:召/赤
フェイス:アムチュチュ、イングリッドII、セルテウス、ユグナス、アプルル

アムチュチュのおかげで、火属性ダメージは余裕。
ファイジャもインフェルノも、せいぜい500〜600ダメージ。(たまにイングリッドが1000ダメくらい受ける)

フレイムクラッシュがとてもとてもヤバイ。
大地の鎧を張っていても、アムチュチュが受けるダメージは1600を超えることがあって、HP満タンから一気に赤文字。
それどころか、1撃でHP全損することも。

リヴァイアサン戦やタイタン戦なら、アムチュチュが落ちても他のフェイスで多少は持ちこたえることができましたが、イフリートは無理。
フレイムクラッシュがくると1撃で即死。
通常攻撃でも瞬殺。
アムチュチュが落ちると、次々にフェイスが消えていきます。

敵の技を止める手段がない召喚では無理かもしれない……?

使った召喚獣は、リヴァイアサンガルーダ

始めのうちは、火の強属性であるリヴァイアサンを使用。
アムチュチュにダメージが残らないように湧水をマメに使っていましたが、HP満タンから1撃全損してしまい、リヴァイアサンでは無理だと諦めました。

フレイムクラッシュ対策で、ガルーダに変更。
なるべくリキャストごとに真空の鎧。
アムチュチュにダメージが残っていたら風の囁き。
1撃全損のリスクを下げるようにしてみました。
この狙いは成功。わりと長く戦闘を持たせることができました。
そのかわり、火に耐性がないために、プレデタークローを撃ってタゲを取るとあっという間にHPがなくなります。
フレイムクラッシュで8割以上のHPが吹き飛ぶので、何度も再召喚することに。
MPに余裕はありましたが、再召喚で行動が遅れるのはキビシイ……。

ちなみに「ふつう」は、リヴァイアサンでぽこぽこ履行を撃っていたら勝てました。
「ふつう」と「むずかしい」の差が大きい……。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 12:09| Comment(2) | NM/BF

2018年04月18日

踊り子装備 (よせあつめブルース)

アビセアで赤弱点WS撃つなら黒/戦より踊/戦のほうが良さそう……と思ったので、とり急ぎ手持ちの装備をかき集めてみました。
メイジャン素材を集めるだけの予定なので、装備品の追加、購入はナシの方向で。

武器の短刀は、倉庫キャラや収納家具に眠っていたものを引っ張り出しました。

取った覚えがないスキンフレアは、たぶん醴泉島ギアスキャンペーンで出たもの。
ストックしていた石でテキトウオグメ。(踊り子は使い慣れてないから、オグメの良し悪しがわかってない)

作った覚えがないポリヒムニアは、たぶんゴブ箱から。
今のところウルマフールのトリガーにしか使っていない深成岩を投入して強化。

防具は、からくり装備を流用して一部入れ替え。

踊り子はタリアを装備できないので、胴はアデマ。
ストリンガーとルブリカントは使わないので銀銭に変更。
NMトリガーアイテムが出やすくなるように、手と脚はトレハンオグメが付いたもの。
その他、ペット強化アクセサリーを前衛向きのものに交換。

手持ちだけでも意外となんとかなるもので、とりあえずIL119ひとセット完成。
強いかどうかは置いておいて、アビセアNMと戦って死ぬことはなさそうです。(ちなみに、アビリティの効果を覚えてないからほぼ殴るだけ)
これで、赤弱点WS 13種類のうち9つまで撃てるようになりました。
青ビジタントを点けることができないから、アビセアキャンペーン中になんとかメイジャンを終わらせなければ……。

部位装備オグメ
メインスキンフレアD+18 DEX+5 命中+17 攻+18
サブポリヒムニア強化済
遠隔  
矢弾銀銭 
ヘルクリアヘルム命中+25 攻+40
リソムネックレス 
右耳ディグニタリピアス 
左耳セサンスピアス 
アデマジャケットType:A
両手ヘルクリアグローブMND+3 魔命+16 魔攻+16 トレジャーハンター+2 ペット:被物理ダメージ-1%
右指エポナリング 
左指ラジャスリング 
フィーラインマント 
ウィンバフベルト+1 
両脚ヘルクリアトラウザ命中+20 攻+20 魔命+12 コンサーブMP+1 トレジャーハンター+2
両足ヘルクリアブーツDEX+8 命中+37 攻+25 クリティカルヒットダメージ+3%

装備品を集めてみたら、忍者のレベルを上げたら防具はほぼそのまま装備できそう。
でもIL119の片手刀は持ってない……。
そもそもスキルが上がっていない……。
タグ:FF11 踊り子
posted by Madalto@芝鯖 at 12:19| Comment(0) | ジョブ装備

ダイヤルキー#ANV (2018/04/09週分)

先週集めたダイヤルキー#ANVの結果。
投入したのは38個。

これといってアタリがなく、なんとも微妙な結果でした……。

  • ペスカトーレ+1
  • パママ・オレ
  • ユランバルウ
  • ブガードの皮
  • ドラゴンリング
  • 呪われた靴
  • 目薬
  • ソード7のカード
  • 折れたヒューム釣竿
  • 血染めの衣
  • 蛮兵の玉
  • 魔物のレクイエムVI
  • 五十四歩
  • ヒッコリー材
  • バトンAのカード
  • スピネルピアス
  • 耐震カロル第一楽章
  • 黒霊石+1
  • CMブーツ-1
  • ブラックイール
  • 黒一角獣の尾
  • 迷宮の箱のカギ
  • 千魔図譜II【8頁】
  • タルタルデスクB
  • カルトニエ
  • 地霊の免罪符:両脚
  • ジュノドレッサー
  • マリナーラピザ
  • ワモーラクロス
  • ダークインゴット
  • アップルビネガー
  • 雄羊革の密書
  • ブラックプローン
  • 謎の樹木の苗
  • クリデンザ
  • アカモートの触角
  • キュス
  • アッシュ原木
タグ: FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 12:08| Comment(0) | FF11日記

2018年04月17日

上位召喚獣BF ★風の試練 ガルーダ むずかしい 召喚ソロ

攻撃、支援、回復すべてに活躍できる万能召喚獣ガルーダ。
自分が呼ぶときも強いけど、敵に回すとなおさら強くて大苦戦。
「むずかしい」を5戦やって1勝4敗と、さんざんな結果でした。
(4敗中3回はパッセでクリアしているので、完全敗北は1回だけ)

ちなみに、上位ガルーダは1度もやってなかったので、1回は「ふつう」で突入。
「ふつう」の方は、履行をぽちぽち撃っていれば勝てるくらいの強さでした。

ff11_20180416_garuda001.png

ジョブ:召/赤
フェイス:アムチュチュ、リリゼットII、セルテウス、ユグナス、アプルル
魔法に強いアムチュチュが盾+範囲回復の編成。
イングリッドIIは、プレデタークロー → マーサレスストライクで炸裂を出してガルーダを回復させてしまうので今回は休み。
プレデタークロー → ワーリングエッジで湾曲が出るリリゼットIIにしました。

使用する召喚獣はガルーダ
風に対する強属性のシヴァは、残念ながら火力不足。
ガルーダのプレデタークローの方がダメージが出ます。
真空の鎧、風の囁きも全開で使うことになって大活躍でした。まさに万能召喚獣。

▼戦闘の流れ

他の召喚獣戦と同じように、大地の守りと大地の鎧で強化。
さらに、ガルーダを召喚したら真空の鎧も追加。これで多少は事故率は下がる……ハズ。

ガルーダ戦は長期戦になると圧倒的に不利。

敵ガルーダのプレデタークローは、大地の鎧があっても1400ダメージを超えます。
ラムウのカオスストライク以上の威力。
アムチュチュのHPが白文字でも、ダメージが残っていたら即死するほどのダメージです。

さらに厄介なのが、やけに範囲が広いサイレガ。
後ろに下がる白魔フェイスも効果範囲に入ってしまい、サイレガ1発で体制が崩れます。

そこで、他の召喚獣戦以上に、時間短縮を目指して戦闘。

アポジーはリキャストごとに使用。
プレデタークローは使用可能になったら即撃ち。「!!」のタイミングは無視しました。
アムチュチュが事故死する可能性を少しでも減らすため、真空の鎧もリキャストごとに使用。
大地の鎧も切らさないように張り替え。

アムチュチュにダメージが残っているようなら、HPが白文字でも風の囁き。なるべく常時満タンを維持。

サイレガは詠唱が長くて、ログを見てから履行を入れても止まります。
狙うほどの余裕はなかったですが。
状態異常耐性が高いユグナスはサイレガもレジストすることが多くて、かなり助かりました。

幸いというか、範囲ダメージがそこそこ大きくてセルテウスの範囲回復が頻繁に来たので、MPには余裕がありました。
コンバートはもちろん、エレメントサイフォンもミルキルも使ってないのに、戦闘終了後のMPが8割近くも残っていたほどです。

戦闘にかかったのは9分とやや速め。
敵ガルーダも風の囁きで回復するせいで、プレデタークローを即撃ちしていたわりには、あまり短縮できていません。
いつアムチュチュが落ちるかわからない、スリルのある戦闘でした。

▼敗退時の主な原因

一番多かったのは、アムチュチュにダメージが残っているところに敵のプレデタークローが来て即死するパターン。
HP白文字のアムチュチュが、いきなりパーティリストから消えます。

アプルルとユグナスの両方が静寂になると、HP回復手段が風の囁きだけになって崩壊することもありました。
サポ赤だと、やまびこ使ってリヴァイアサン召喚、湧水を使うくらいしか対処がないので、サポ白かサポ学にしてサイレナ使えるようにした方がよかったと思います。

アムチュチュなしで勝てる相手ではないので、ヤバイと思ったら危なくなる前に即パッセ。
東方のボムの感覚で使うべし。

パッセを使う前に死んだ完全敗北の時は、
大地の鎧張り替えのためにガルーダを帰還させたら、ほぼ同時にアムチュチュ落ち。
アムチュチュがいなくなると、たいていはセルテウスかリリゼットにタゲが移るのに、なぜか自分にタゲがきて、プレデタークローを被弾。
フェイスとはいえ魔導剣士が一撃死するダメージに召喚士が耐えられるわけもなく、終了。
――という流れでした。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 14:17| Comment(0) | NM/BF

2018年04月16日

片手剣エンピリアン アルマス - 3 / ブリアレオスヘルム(途中)

アンバスや餅鉄やアニバーサリーエミネンスの合間にブリアレオスヘルムを集めて、ようやく15個。50個はまだまだ遠い。
(ソベクの皮はなぜか持ってた。アペデマクの角はログポ交換)

20180416_mj001.png

時間がかかっているのは、たぶん黒魔でやってるから。
(あと、土曜日はパシフィックリム:アップライジングを観に行ってたから)

黒魔は、青色ビジタントや黄色ビジタントを点けやすかったり、黄色弱点を突きやすかったり、NMをMBで瞬殺できたりと、アビセアではなにかと便利。
移動速度アップ装備を使えるのも、マウントが使えないアビセアでは大きなメリット。

そのかわり、黒魔単独では赤弱点のWSが撃てません。
サポ戦でカバーしても、短剣、片手刀、両手刀は使用不可。両手剣は武器がない。
13種類中6つがハズレ。
おかげでトリガーのだいじなものが、なかなか出ない……。

レベルが上がっている他のジョブはビミョウな状況。
踊/戦だと短剣WS、剣/戦だと両手剣WSが撃てるけど、IL119装備を揃えていない。
忍/戦もできるけどレベルが低い。
そもそも、踊、剣、忍は、「サポジョブ用のつもりだったのがいつの間にかレベルが上がっていた」というもので、アビの効果すら覚えてないレベル。

現状では、武器をなんとかして、からくりの装備を流用した踊/戦で行くのがいいような気もします。


赤弱点WSを撃つために使っている武器はこちら。

片手剣:エクスカリパーII
ff11_20180401_excalip001.png
殴るとポコンポコンという音がする片手剣。専用WS「ナイスオブラウンド」が撃てる。青魔のラーニングでも活躍。

両手鎌:ホワイトジョーカー
ff11_20180416_wj001.png
花鳥風月やってる時に拾った白い鎌。

両手槍:エスクリトリオ
ff11_20180416_escri001.png
殴るとインクがでるペン。ペン先がものすごく頑丈。

片手棍:盛夏団扇+1
ff11_20180416_uchiwa001.png
マンドラ柄の団扇。エンエアロっぽい追加効果がある。

両手棍:メルクリウスポール
ff11_20180401_mercpole001.png
時々2-5回攻撃であっという間にTPが溜まる。


ジョブを黒魔から他のものに変えるなら、All Jobsじゃない両手鎌と両手棍は変えないといけない。

両手鎌:クワ
ff11_20180416_kuwa001.png
見た目通りのクワ。モグガーデンクエストでもらえる。

両手棍:ケイバーショベル
ff11_20180401_shovel001.png
見た目通りのショベル。MMMでもらえる。

タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 21:56| Comment(0) | 武器防具