2018年04月02日

ギアスフェット エスカ-ジ・タ CL135 Urmahlullu 召ソロ

ウルマフールだか、ウマルフールだか、ウルフマールだかわかりにくい、ジタの赤ベヒーモス(スコーモス)。
CL135のギアスNMの中では楽な相手らしいですが、やっぱり強い。
だいぶソロ勝率が上がった気がするので、攻略まとめ。

ff11_20180331_urmahlullu001.png

ジョブ:召/赤
フェイス:ゲッショー、アプルル、ユグナス、セルテウス、ウルミア
大ダメージで痛いワイルドホーンは、蝉盾ゲッショーで対応。
回復を重視して、アプルル、ユグナス、セルテウスの3人を投入。
ウルミアは、ゲッショーへのマーチとスケルツォを期待して選択。
ゲッショーの後ろに敵から離れるアプルル、ユグナスを入れて、ワイルドホーンの巻き込みを回避しています。

使用する召喚獣は、雷ダメージに強いタイタンラムウ
前半はタイタンで大地の守りと大地の鎧を張りながら削り。
後半はダメージ力が高いラムウで一気に押し込んでます。

▼事前準備

タイタンのジオクラッシュで削るので、メリットポイントを振り直し。ジオクラッシュを5に変更。
ff11_20180329_mpt001.png

ゲッショーの空蝉詠唱を支援するために、チャチャルンの応援を「星月のウィルム」にしました。
ff11_20180328_cheer002.png
(魔法防御力+3 / 取得キャパシティポイントボーナス+8% / フェイス:ファストキャスト+20 / フェイス:魔法命中+10%)

▼沸かせる前

まずは、その辺にいるテキトウな敵を殴ってフェイスのプロシェル。

タイタンを召喚して神獣の加護。それから、全体に大地の守りと大地の鎧。
大地の守りは範囲ダメージ対策。大地の鎧はワイルドホーン対策です。

沸かせる時は、ゲッショーとアプルルで???を挟んで、

 ゲ ??? ア ユ

のように配置すると、アプルルとユグナスがゲッショー側に移動しないような気がします。
気を付けるのは、最後尾のウルミアが離れすぎないようにすること。
ウルミアが離れていてエクリプスメテオの範囲外になると、HPが減る人数が少なくてフェイスの範囲回復技が発動しません。

▼戦闘開始

前半戦。
HP半分くらいまでは、タイタンのジオクラッシュで削り。1発1万ダメ前後。

沸かせたあとは、自分は距離をとってエクリプスメテオの範囲外に移動します。
その後、いったん神獣の退避。
タイタンがウルマフールから離れたら、あらためて神獣の攻撃。エクリプスメテオがタイタンに当たらない位置で攻撃できます。

範囲攻撃のあとに大ダメージがあるとゲッショーが落ちる可能性があるので、大地の守りでカバー。
サンダーボルトやサンダガ、エクリプスメテオのログが見えたら大地の守りを待機して、被弾後すぐに張り直し。(サンダーボルトのスタン中は早くきれるように祈る)
ジオクラッシュのリキャストが来ていても、大地の守り優先です。

一番重要なのは、大地の鎧。戦闘中は絶対に切らさないようにします。
HPの75%以上のダメージ、今のゲッショーのHPだとおおよそ1700ダメージ以上の攻撃は、45%の大幅カット。
ワイルドホーンを受けても1000ダメ前後におさえられます。
ff11_20180331_urmahlullu002.png
むしろ、1700ダメを下回るエクリプスメテオやアムネジクブラストの方が痛い……。

後半戦。
タイタンで半分〜6割ほど削れたらほぼ勝利確定。
守りと鎧を張り直して、ラムウに変更。
アストラルフロウ→アストラルパッセージ→ボルトストライクの連打で一気に削りきります。1発1万5千〜2万。
残HPが半分からアスフロパッセすると、1回くらいならサンダーボルトでスタンしても、ギリギリで削りきれる感じ。
タイタンで6割くらいまで削れていれば、かなり余裕があります。

1回の戦闘は8分くらい。10分はかかっていません。
何回かやってチャスタイザー以外はすべて手に入れましたが、欲しいのはチャスタイザー……。
からくり用のおしゃれアイテムのつもりなので、なくても困りはしないのですが。

たまに、ゲッショーがダメージログもなく消し飛ぶ時があります。
そのときは、運が悪かったと思って早々に撤退。たぶん、ダブルアタックかトリプルアタックが乗ったワイルドホーンが直撃してます。
ログに出ないのはフィルターの設定がなんかおかしい……?
撤退する時は、タゲられると引き寄せられて戦闘エリアから離脱できなくなるので、召喚獣やフェイスがタゲを持っているうちに、早めに逃走します。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 22:33| Comment(0) | NM/BF

ギアスフェット エスカ-ジ・タ CL119 Angrboda 召ソロ / ルセデティサッシュ

召喚の装備を見直した結果、とり急ぎ召喚魔法スキルを512以上にしないといけない。
というわけで、召喚魔法スキルが上がるルセデティサッシュを取りに、ジタの赤ゴーレム、Angrbodaを殴りに行きました。

ff11_20180330_angrboda001.png

自ジョブは召/赤。
フェイス編成は、オーグスト、アプルル、ユグナス、イングリッドII、セルテウス
盾+範囲回復+白フェイスがいればどうにでもなる感じ。
火属性の範囲攻撃があって火属性ダメージを吸収するので、使用した召喚獣はリヴァイアサン
イフリート(履行に火ダメージが付く)とシヴァ(火に弱い)じゃなければ、なんでもいい気がします。
主なダメージソースは召喚獣。イングリッドIIのMBバニシュもわりといいダメージが出ます。

CL119のAngrbodaは、実装当時ならともかく、装備が増えた今となってはたいして強くはない相手。
特に痛い攻撃はなく、スピニングダイブしているだけで勝てます。2万とかダメージが出て「ウナギもけっこうやるなー」って気になります。
クリスタルレインが「フェイスが回復しない程度の微妙なダメージ」を広範囲に振りまくので、気になったらときどき湧水で回復。

気を付けるのは、HP50%以下から使いだす火属性自己中心範囲のヴォルカニックラス。

削っている途中にくるヴォルカニックラスは大したことないです。フェイスの回復任せで充分。
HPを削りきる直前に使ってくるヴォルカニックラスは特大ダメージで、Angrboda近くにいるフェイスはまとめて全部吹き飛びます。(使わないこともある)
とはいえ、アプルルと同じ程度にいれば届かないし、リヴァイアサンが落ちるほどではないので、離れていればそのまま殴り倒せます。
最後に一気に削るためにアポジーを残しておくと楽かも。

ルセデティサッシュは5回やってドロップ。
あわせて指をエボカーリングに変えて、召喚魔法スキル517になりました。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 12:31| Comment(0) | NM/BF