2018年04月16日

片手剣エンピリアン アルマス - 3 / ブリアレオスヘルム(途中)

アンバスや餅鉄やアニバーサリーエミネンスの合間にブリアレオスヘルムを集めて、ようやく15個。50個はまだまだ遠い。
(ソベクの皮はなぜか持ってた。アペデマクの角はログポ交換)

20180416_mj001.png

時間がかかっているのは、たぶん黒魔でやってるから。
(あと、土曜日はパシフィックリム:アップライジングを観に行ってたから)

黒魔は、青色ビジタントや黄色ビジタントを点けやすかったり、黄色弱点を突きやすかったり、NMをMBで瞬殺できたりと、アビセアではなにかと便利。
移動速度アップ装備を使えるのも、マウントが使えないアビセアでは大きなメリット。

そのかわり、黒魔単独では赤弱点のWSが撃てません。
サポ戦でカバーしても、短剣、片手刀、両手刀は使用不可。両手剣は武器がない。
13種類中6つがハズレ。
おかげでトリガーのだいじなものが、なかなか出ない……。

レベルが上がっている他のジョブはビミョウな状況。
踊/戦だと短剣WS、剣/戦だと両手剣WSが撃てるけど、IL119装備を揃えていない。
忍/戦もできるけどレベルが低い。
そもそも、踊、剣、忍は、「サポジョブ用のつもりだったのがいつの間にかレベルが上がっていた」というもので、アビの効果すら覚えてないレベル。

現状では、武器をなんとかして、からくりの装備を流用した踊/戦で行くのがいいような気もします。


赤弱点WSを撃つために使っている武器はこちら。

片手剣:エクスカリパーII
ff11_20180401_excalip001.png
殴るとポコンポコンという音がする片手剣。専用WS「ナイスオブラウンド」が撃てる。青魔のラーニングでも活躍。

両手鎌:ホワイトジョーカー
ff11_20180416_wj001.png
花鳥風月やってる時に拾った白い鎌。

両手槍:エスクリトリオ
ff11_20180416_escri001.png
殴るとインクがでるペン。ペン先がものすごく頑丈。

片手棍:盛夏団扇+1
ff11_20180416_uchiwa001.png
マンドラ柄の団扇。エンエアロっぽい追加効果がある。

両手棍:メルクリウスポール
ff11_20180401_mercpole001.png
時々2-5回攻撃であっという間にTPが溜まる。


ジョブを黒魔から他のものに変えるなら、All Jobsじゃない両手鎌と両手棍は変えないといけない。

両手鎌:クワ
ff11_20180416_kuwa001.png
見た目通りのクワ。モグガーデンクエストでもらえる。

両手棍:ケイバーショベル
ff11_20180401_shovel001.png
見た目通りのショベル。MMMでもらえる。

タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 21:56| Comment(0) | 武器防具

上位召喚獣BF ★土の試練 タイタン むずかしい 召喚ソロ

タイタンは痛い攻撃もないしクリアも楽。
……そう考えていた時期が私にもありました。
実際にやってみたら、思いのほか大苦戦。
なお、タイタン戦ではアスフロパッセしてないですが、やればたぶん他と同じで2分くらいだと思います。

ff11_20180415_titan001.png

ジョブ:召/赤
フェイス:アムチュチュ、イングリッドII、セルテウス、ユグナス、アプルル
魔法に強いアムチュチュが盾。あとは範囲回復で固めた毎度の編成。

使用する召喚獣はガルーダ
ダメージ力があって回復、強化もできる万能召喚獣。
プレデタークローは、ボルトストライクより少ないMPで同じくらいのダメージが出てコストパフォーマンスがすごくいいです。

▼戦闘の流れ

フェイスをよんだら、タイタンを召喚して、大地の守り、大地の鎧。
大地の鎧はあまりシビアに張り直さなくても、なんとかなる感じでした。
でも、マウンテンバスター対策にあった方がいいと思います。

タイタンを殴ったあとの流れは他の召喚獣戦と同じ。
敵タイタンの履行や魔法を意識して、プレデタークローやディアを入れながら戦闘。
あまり痛い攻撃はないので、とりあえず「!!」出して潰しておく、くらいの感じでやってました。

予想外に苦戦した原因は、MP不足。

全体的に受けるダメージが少なくて、範囲ダメージでHPが黄色になるのは1〜2人ほど。これではフェイスの範囲回復もケアルガも来ません。
範囲ダメージを白魔フェイスが個別にケアルすることになってMP浪費。
ガルーダの風の囁きでも回復はできますが、消費MPは少なくありません。
やがて、プレデタークローを撃つMPにも困るようになってジリ貧。

セルテウスの範囲回復が少ないことの影響は大きくて、MPは回復しないし、ミルキルも使えない。
エレメントサイフォンでごまかしながら履行を撃つものの、戦闘が長期化してMPを浪費する悪循環。
アムチュチュ、セルテウス、イングリッド、アプルルの4体倒された直後にアポジーのリキャストが回復して、アポジー → コンバート → プレデタークロー2発でギリギリ勝利しました。
(コンバ死を警戒してコンバートはぎりぎりまで使わなかった)

戦闘にかかった時間は14分ほど。しかも大箱なし。
時間がかかった上にギリギリの戦闘で、失敗リスクも考えると、効率は良くない印象です。
MP不足の解決策を思いつくまでは、今後はやらないかも。

▼敗退時の主な原因

タイタン戦(むず)は、まだギリギリ勝った1回しかやってません。
とにかくMPがキツイ。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 13:44| Comment(0) | NM/BF