2018年04月25日

上位召喚獣BF ★火の試練 イフリート むずかしい 召喚ソロ

すでにどのくらい負けたかわかりませんが、「むず」イフリートに召喚ソロでなんとか勝利しました!

ff11_20180424_ifrit001.png

ジョブ:召/赤
フェイス:アムチュチュ、ゲッショー、セルテウス、ユグナス、アプルル

問題のフレイムクラッシュ対策は、アムチュチュとゲッショーの2枚盾で行くことにしました。
片方落ちても、もう片方が残っているうちに削りきる作戦です。
アムチュチュ単独で一番削ったときは6割くらい。
ゲッショーでは8割くらい。
計算上はクリア可能。

選択した召喚獣は、素直に火に強いリヴァイアサン
湧水で回復しながらスピニングダイブ。
タイダルロアで少しでもダメージを減らすようにしてみましたが、どのくらい効果があったかは不明。
真空の鎧と空蝉は共存できないので、ガルーダは使いませんでした。

▼戦闘の流れ

戦闘前には、いつものように大地の守りと大地の鎧。

アムチュチュは魔法に強いかわりに、HPが低くて物理攻撃に弱い。
ゲッショーは空蝉があればダメージ受けないけど、範囲攻撃や魔法に弱い。
アムチュチュはフレイムクラッシュで、ゲッショーはファイジャでHPが一気にに減ります。

そこで、リヴァイアサンの履行は湧水を優先。
フェイスのHPが少しでも減っていたら、満タンまで回復。
セルテウスの範囲回復が多めでMPに余裕があったので、100くらいしか減ってなくても湧水していました。
フェイスのHPに余裕があるときは、ときどきタイダルロア。

そして、イフリートのHPを3割ほど削った頃、順調な戦闘を進めていたのにいきなりアムチュチュがリタイア。
HP満タンからフレイムクラッシュの1撃でメンバーリストから消滅。
予想よりだいぶ早いリタイアで、残り7割をゲッショーだけで何とかしないといけなくなりました。

イフリート相手に意外と硬かったのがリヴァイアサン。
わりとタゲを取ることがあったけど、フレイムクラッシュを2〜3発くらいは余裕で耐えます。
もしかして、火属性追加ダメージがほとんど入ってない……?
そして、純粋な火属性ダメージのファイジャやインフェルノではたいしたダメージを受けません。

作戦変更。
リヴァイアサン盾。
インフェルノのログが見えたら履行は少し遅らせて、ヘイトリセットに合わせてスピニングダイブ。
リヴァイアサンのHPの減りをみて、フェイスのHPは満タンでも湧水。
大地の鎧の張り直しとエレメントサイフォンのときだけゲッショーに頑張ってもらって、あとはなるべくリヴァイアサンがタゲを持つようにしたら、予想以上に戦闘が安定。

およそ15分と長い戦闘の末にイフリート撃破に成功。
戦闘が長くなったのは、湧水を優先してスピニングダイブのペースが遅かったからだと思います。
そのかわり、後半はリヴァイアサンが倒されることはありませんでした。
(大地の鎧の張り直しとサイフォンのタイミングで、リヴァイアサンの再召喚はしてる)

▼敗退時の主な原因

2枚盾は1発成功だったので1枚盾の話。
ほぼすべてフレイムクラッシュが原因です。

大地の鎧があっても、アムチュチュは1900とか受けます。耐えられるダメージではありません。

ff11_20180424_ifrit003.png

ゲッショーも、空蝉が切れているときにフレイムクラッシュを受けると1撃で消えます。
精霊で受けるダメージも大きいですが、いちおうファイジャで即死というのはありませんでした。

イフリートはフェイス盾だと、けっこうキビシイBFだと思います。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 13:38| Comment(0) | NM/BF