2018年05月24日

ギアスフェット エスカ-ジ・タ CL119 Vidala 召喚ソロ / サイクロスラッパ

今の青魔装備は、ひとまず物理攻撃でソロジョブポができる程度に集めただけで、魔法攻撃系がいろいろと足りていません。
特にどうしようもなく不足しているのがファストキャスト。
80に届かないどころか、70を割っている惨状。
少しはなんとかしようと、手軽にとれるFC脚のサイクロスラッパを取りに行きました。

ff11_20180523_vidala001.png

ターゲットは、ジ・タの赤トラ「Vidala」。
リゲイン持ちで特殊技を連発するうえに、咆哮のたびにレベルアップ。
おまけに、何度も絶対回避を使用。

特に痛い攻撃はクロススラッシュ。ダメージが大きいだけでなく追加効果にディスペルがついていて、被弾すると白魔フェイスはプロシェルのかけ直しをしてしまってケアルが遅れます。
戦闘開始時に必ずブレイクを使ってくるのも、ソロだとやりづらい相手。

風属性の魔法攻撃(連携を含む)を当てると、弱点の「!!」が出てレベルアップ解除……らしいですが、必ず弱点を突けるわけではないようで、あまり「!!」は見ませんでした。

フェイス編成は、ゲッショー,イロハII,シャントットII,ユグナス,アプルル
咆哮とストンガ以外の攻撃は蝉盾で回避。
イロハIIの連携とシャントットIIの精霊で風属性弱点を狙います。
状態異常に強いユグナスで咆哮対策。
アプルルは固定。

属性攻撃が弱点の相手なら黒魔が楽だと思いますが、今回は召/赤。
ガルーダでウインドブレードを撃ちます。
属性履行がメインになるので、杖はペット魔攻を強化したグリオアヴァールを使用。

▼戦闘の流れ

戦闘前に真空の鎧を使って、開幕ブレイク対策。
空蝉と違って、ブリンクは100%防げるわけじゃないので、石化してしまったら回復するまではガルーダにタゲを取ってもらいます。この辺が、黒魔じゃなくて召喚で行った理由。(黒魔で行くなら黒/忍がいいかも)

クロススラッシュは前方範囲なので、ゲッショーの後ろに他のフェイスが来ないように、開始時の配置にも気を付けます。

沸かせたら(または石化から回復したら)距離を取って、あとはウィンドブレードを連打。
CL119であまり強くないので、回復はフェイス任せにして履行を連打しているだけで勝てます。
セルテウスなしでしたが、MPはかなり余裕がありました。

今回、ソロNM戦で初めてペット魔攻グリオを実戦投入しましたが、予想を上回る成果でした。
ニルヴァーナでプレデタークローを撃ってみたら、だいたい9000ダメ前後。
ペット魔攻グリオでウィンドブレード撃つと、15000〜19000ほどと、ニルの倍近いダメージが出てました。
さらに、イロハの連携に合わせてMBすると20000ダメージを超えます。
ff11_20180523_vidala002.png
杖をペット魔攻にしただけでこれ。
「召喚はニル必須」とかいってたネ実情報はなんだったのか。

サイクロスラッパは、物欲センサーに邪魔されず、1戦目でドロップ。
Type:Dのオグメを付けて、ファストキャスト脚が完成。
ff11_20180523_psyc001.png

ニビルブレードも微塵も1戦目で出たし、エスカ-ジ・タとは相性がいいのかもしれない。
……と思って、マトン強化になるオーバーベアリングも狙ってみましたが、こっちは出ませんでした。
マトンの攻+装備は少ないので、ベアリングはまた狙う予定。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 13:05| Comment(0) | NM/BF

2018年05月23日

vs. 物欲センサー ヘヴィメタル編 第2ステージ

先週はまったくでなかったメタルポーチですが、ついに、ようやく、メタルポーチがドロップ!
63戦目で1個。確率1.6%……?
もっと回数が増えると確率も上がるかもしれませんが、ひとまず今の実績。

ここで少し計算。

メタルポーチ1つから出るヘヴィメタルの平均は9個。
Aello 1戦にかかる時間を仮に5分とすると、63戦で315分。
つまり、ヘヴィメタル1個あたり35分かかったことになります。

そして、アレキを換金してヘヴィメタルを買った場合。
競売のアレキ99個平均取引額が、時価420,000ギル。
ヘヴィメタル99個の平均取引額は、時価5,000,000ギル。
ヘヴィメタル99個買うのに必要なアレキは、約12セット(×99個)。
亜麻の巾着【金緑石】から出るアレキが平均75個とすると、必要な巾着は16個。
からくりでサルベージ 銀海遺構-IIを1回クリアするのにかかるのは15分。
ひとまず、謎の証文を貰えるのがヴァナ1日に1回という制限を無視すると、240分で亜麻の巾着16個=ヘヴィメタル99個。
ヘヴィメタル1個あたりの時間は約2.4分。

やっぱり、アレキを掘って換金する方が圧倒的に効率がいいような……?

ちなみに、謎の証文のヴァナ1日制限を計算に含めると、アレキ換金の場合はメタル1個あたり約9.4分。
Aelloを倒すのは3分でよくて、ポーチが出なかったのは運が悪かっただけでドロップ率がもう少しマシな3%くらいあると仮定すると、メタル1個あたり11.1分になるので、ポーチ狙いも、物欲センサーに邪魔されなければ、極端に効率が悪いわけじゃない、かもしれません。
すくなくとも、VWキャンペーンの時はポーチ狙いの方が良さそう。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 12:55| Comment(0) | FF11日記

2018年05月22日

ダイヤルキー#SP (2018/05/14週分)

ダイヤルキー#SPが溜まってきたので開封。SPキーを使うのは久々な気がする。
SPキーのモトは、SPダイヤルキャンペーンの分と、ユニティポイント交換。
投入したのは31個。

久しぶりにSPキーを使ったら、ANVキーより装備品が出る確率が高い印象。
アタリは、ムセスターバンだと思うけど、詩人は上げてない。
昔は競売でけっこう高かったアレイズは、いつのまにか5万とかなり下がっていました。

  • バンピリックミトン
  • アレイズ
  • ラプトルジャーキン
  • ピルファーマント
  • ブルーピース
  • エボンキュイラス
  • ビジョンボウ
  • アダマン鉱
  • MKシャルワ+1
  • 胴具の破片:踊
  • タバール
  • 軍都の黄銅のカギ
  • コンジュラーリング
  • 箙【デーモン】
  • アトルガン小麦粉
  • ススルスガントレ
  • 昆吾鉄
  • 浅瀬の沖魚汁
  • ムセスターバン
  • カシミア毛
  • スカンダブーツ
  • アルジェントホーズ
  • 黒魂石
  • 闇の脚具:戦
  • レミ貝の殻
  • ブラボーサブリガ
  • ネヴァンスロップス
  • 蜜蝋
  • バービカンピック
  • ポポトイモ
  • タルタルスツール
タグ: FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 12:54| Comment(0) | FF11日記

2018年05月21日

vs. 物欲センサー ヘヴィメタル編

その1週間で手に入れたヘヴィメタルは……0個

1週間かかって、なんの成果も!! 得られませんでした!!

まじかー……

やったことは、Aelloを60。
あとは、プレミアムモグゴブバトルで交換したダイヤルキー#Fo。(こっちは数を数えてない)

固定ドロップのアレキと違って運が絡むとはいえ、ここまで出ないとは。

Aelloは、からくりソロで行っていて、弱点を突きにくいジョブですが、!!!にあたることはわりとありますし、ペットや格闘で!!!!!が来ることもあります。
でも、メタルポーチはでない。
ヴォイドウォッチキャンペーン中のメタルポーチドロップ率は6%くらいらしく、確率半分としても1個くらい出てもいいような気はします……
かわりに、大量に出たのは白水晶の欠片。もうすぐ、ツボチャージで「ヴォイドウォッチ【1】のカチ」が達成できそうな勢い。
……60回やって白水晶80超って、多過ぎない? 箱から出たのが全部白水晶とかあるし。
いちおう、真輝管は青と赤を投入。メタルドロップ率に影響しない説もあるようですが、気休めに。とりあえず1ダース使ったら帰るようにしています。

ダイヤルキー#Foでは、亜麻の巾着【金緑石】や古い箱【ベヤルド】は出てます。
アルマス強化に使うことになる大箱【ボウルダー】もそこそこ。
でも、メタルポーチは無し。
今のところ出てないのは、メタルポーチと古い袋【レジデ】の2つ。

マトンが得意なKaggenに移った方がいいのかもしれない。
それか、アレキを掘ってメタルを買うか。

ちなみに、土日を挟んだ割にAello撃破数が少ないのは、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」や「ランペイジ」や「ゴジラ 決戦機動増殖都市」を観に行っていたから。
ランペイジは獣使いと竜騎士の話。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 13:27| Comment(0) | FF11日記

2018年05月20日

プレミアムモグゴブバトル / たぶんこれが一番稼げると思います(からくり)

タイトルはフラグ('∇')b

マトンのアタッチメントやサポジョブを変えてみて、食事もすることでモグゴブバトルのポイントが大幅にアップしました!

ff11_20180520_pmg002.png

まず、マトンのアタッチメント構成。
使用マトンは、射撃戦(射撃戦ヘッド+射撃戦フレーム)
  • T.スプリングIII
  • ヒートキャパシター
  • インヒビター
  • スコープIII
  • ドラムマガジン
  • リピーター
  • T.プロセッサー
  • スタビライザーIV
  • マナジャマーIII
  • ヒートシンク
  • O.ファイバー
  • O.ファイバーII
射撃マトンで稼ぐときの最重要ポイントは、大ダメージを叩き出すアルクバリスタ(マトンWS)を、どれだけ効果的に運用するか。
そのために特化したアタッチメント構成にしました。

バリスタの回転率を上げるために、ヒートキャパシターでTP生産。
ヒートキャパシターの連用によるオーバーロードを防ぐために、ヒートシンクで負荷低減。
打撃より射撃の方がTPが溜まるので、ドラムマガジン、リピーターで射撃回数を増やします。
バラージタービンも瞬間的にTPを稼げますが、再使用間隔が長すぎるのと、風マニューバを消費するデメリットが大きいので、未使用。

アルクバリスタはダメージが大きくポイントが稼げる反面、外すと大幅なポイントダウン。フェイズ3のマンドラで外すと2000ポイント以上減ります。
そこで、スコープIIIとスタビライザーIVを積んで命中率をアップ。

からくり本体と射撃マトンは、アルクバリスタ → コンボ → 核熱と、コンボ → アルクバリスタ → 溶解のどちらでも連携できますが、当然、ダメージが大きいバリスタ〆の方が連携ダメージも大きくなります。
先読みでコンボを置く事もできますが、インヒビターを積んだ方が確実。

ここまでの構成で、マトンのTPが溜まる速度は本体を大幅に上回るので、本体のTP待ちでアルクバリスタの回数が減るのは避けたいところ。
マトンの行動判断間隔を短くするT.プロセッサーを積んで、「本体のTPが溜まっていないなら、すぐにWSを撃つ」判定が速くなるようにします。

T.スプリングIIIは純粋な火力アップ。
全体的な底上げのために、O.ファイバーを2つ搭載。
マナジャマーIIIは……気休め(枠があまった)。アーマープレートやオートリペアキットでもいいと思います。

次に、本体のサポジョブと装備。

ケアルは放棄します。

メイン白ならともかく、サポ白のケアルで稼げるのはせいぜい200ポイント前後。
それなら、ケアルする間に1発でも多く殴った方がいい――という極めて脳筋式合理的判断により、サポジョブはモンク
からくりの格闘にマーシャルアーツが加わって、攻撃間隔が短くなります。

そして、武器は素手
アタッチメント効果でマトンのTP速度はかなり速く、本体のTP効率もなるべく上げる必要があります。武器の隔+でTP速度が遅くなるのは不利。
それに、Lv5以下の格闘武器で殴ってもあまりダメージは増えません。

低レベル帯でのチートアイテム、デストリアキャップを今回もかぶってますが、サポモで行くなら特にメリットはないです。(サポ白だとケアル連打できる)
ほかの防具は、IL119のまま着替えていません。

食事はマトンの火力アップのために、赤餅

▼開始前

マニューバを3つ点灯するにはわりと時間がかかります。
フェイズが始まってからマニューバ入れると効率が悪いので、開始前に3つ点灯。
最初は火2風1がオススメ。
開幕直後にヒートキャパシターが発動して、一気にTP800溜まります。

▼フェイズ1:スパイダー

開幕直後にヒートキャパシターを使ったあとは、火1風2でマニューバを回します。
本体のTPが溜まる前にフェイズが終わることが多いので、ほぼマトン任せ。
1000ポイント超えていると幸先がいい感じ。

▼フェイズ2:カニ

フェイズ2は、フェイズ3に向けての準備段階。
マニューバは、引き続き火1風2
本体はTPが溜まっていてもWSは撃ちません。本体が撃たないと、インヒビターの効果で、マトンもバリスタ待機。
フェイズ1開幕直後にヒートキャパシターが発動していれば、フェイズ2の途中でも発動しますが、そのTPは消費せずに持ち越します。
マトンの通常射撃をメインに稼ぐので、500ポイント行かない事もありますが、気にしない。その分、次で取り返します。

▼フェイズ3:マンドラゴラ

物理ダメージ大幅アップのボーナスステージ。
マニューバは、火2風1で火力アップ。
フェイズ2で貯めたTPを使って、コンボ → アルクバリスタ → 溶解。一気に3000ポイントゲット。
マトンのTP速度次第では、このフェイズだけで5000ポイント超えも狙えます。

▼フェイズ4:コカトリス

脳筋には範囲静寂など効かない……!
マニューバは火1風2
基本的に、フェイズ1と同じです。
タイミング的にフェイズ4に入ってすぐにヒートキャパシターが発動するので、マニューバの変更はヒートキャパシターを待ってからでいいと思います。

▼フェイズ5:ミニ羊

マニューバは、引き続き火1風2
フェイズの中盤〜終盤でヒートキャパシターが発動します。
直前に火2風1にできればいいですが、無理に狙わなくてもいいと思います。
終盤にヒートキャパシターが発動すると、敵が消えるタイミングでマトンがアルクバリスタを撃ってしまってミス(ポイント無し)になる事があるので、終盤はWSを撃たずにフェイズ6に持ち越すようにすると安全。

▼フェイズ6:ゴブ

マニューバは、火1風2
フェイズ5からTPを持ち越していたら、連携前に火2風1にしてポイントを稼ぐのもアリ。
終了ギリギリでヒートキャパシターが発動する事があるので、それは次回持ち越しで有効活用。(本体のTPはLv5制限受けるタイミングで0になりますが、マトンは呼び直さないかぎりTPを持ち越せます)

今のところ、最高ポイントは15537ポイント。
ff11_20180520_pmg004.png
信頼(物理ダメージ)が13977ポイントで、親愛(魔法ダメージ)の1560ポイントは連携ダメージ。
打撃+連携だけで稼ぐので、ボーナスのうち「ポイントアベレージ」「ポイントダブル」「ポイントトリプル」は発生しません。
というか、マトン依存でポイント調整とかできないので、ボーナスはほぼ無視しています。
posted by Madalto@芝鯖 at 17:21| Comment(0) | FF11日記