2018年05月03日

ウォンテッド アルザダール海底遺跡群 CL128 Vidmapire 召喚ソロ

サルベージに行く途中にある渦で沸かせるヴァンピールNM「Vidmapire」(ヴィドマピール)に、召喚ソロで突撃。
目的はヴィドマピールの爪。
雷鳥を「改」にできないかと思って。

ff11_20180503_vidma001.png

Vidmapireは直前の属性ダメージでモードが変わり、特殊攻撃や追加効果が変わるのが難しいところ。
氷と闇は全ジョブ共通で避けたいモード。
召喚の場合、火、雷モードは比較的楽で、水、土、風は苦しい。
避けたい順に並べると、(難)闇>氷>風>土>水>雷>火(易)。

▽闇モード
追加効果:呪い(最大HP50%ダウン)
特殊攻撃:ノクトサービチュード(前方範囲 魅了)
ソロでPCが魅了されたら終了。
魅了は盾フェイスだけが受けるようにすればなんとかなります。
他にも、通常攻撃の呪い、スリプガ、ディスペガ、ドレッドスパイクと嫌なもの盛りだくさん。

▽氷モード
追加効果:麻痺
特殊攻撃:断罪の瞳(前方視線範囲 死の宣告)
複数のフェイスが宣告に巻き込まれると、カーズナが間に合わない可能性が出てくる。
宣告を受けるのが盾だけなら、イングリッドIIを入れていればたいして怖くない。
通常追加に麻痺がある上にアイスパがかかっていてパライガまで使ってくるので、白魔フェイスがパラナ連打になって回復が遅れる危険があります。

▽風モード
追加効果:静寂
特殊攻撃:ウイング・オブ・ゲヘナ(自己中心範囲 魔法ダメージ+ノックバック+スタン)
風モードで一番嫌らしいのはブリンク。履行が無駄撃ちになって戦闘が長期化します。
ウイング・オブ・ゲヘナは、距離を取る白フェイス入れていれば気にしなくていいかも。

▽土モード
追加効果:石化
特殊攻撃:ヒリオヴォイド(自己中心範囲 強化吸収)
ストンスキンが硬くて、履行が無駄撃ちになります。召喚は短期戦向きのジョブで、長期戦は不利。
プロシェル張り直しで白魔フェイスの回復が止まるのもツライ。

▽水モード
追加効果:
特殊攻撃:ノスフェラトゥキス(自己中心範囲 HP、MP、TP吸収)
MPを吸収されてガス欠になると、召喚は何もできなくなります。昏睡薬が必須。
召喚獣がいる分、吸収量も増えて特殊攻撃連打になりやすい。
吸収以外には痛い攻撃はないですが、水属性攻撃をする手段が少なくて絞り込みにくいのが苦しいところ。

▽雷モード
追加効果:スタン
特殊攻撃:デコレーション(前方範囲 物理ダメージ)
スタンが意外と長い。
しかし、スタンだけともいえます。
蝉盾で回復厚めにしていればわりと楽。

▽火モード
追加効果:悪疫
特殊攻撃:ブラッドレイク(単体 物理ダメージ+HP吸収)
ブラッドレイクのダメージがけっこう大きい。2000ダメージを超える事もあります。
でも、単体物理なので蝉盾なら楽。

一番楽なのは火モード。
イフリートを使えば、灼熱の咆哮(エンファイア)でモード固定も簡単。
しかし、火モードでやるなら蝉盾のゲッショーを使うことになりますが、フレイムクラッシュ → 暫で重力連携が出てしまうのが問題。
闇、土モードに切り替わるのは避けたい。

というわけで、次点の雷モードで行きます。

フェイス編成は、ゲッショー、セルテウス、イングリッドII、ユグナス、アプルル
通常攻撃の追加スタンとデコレーションは、蝉盾のゲッショーで回避する前提。
全弾を回避できなくても、回復で追いつく程度に避ければいいという感じで。
その分、回復は厚め。ほかの4人は全員範囲回復可能。
カーズナも多くて、宣告対策は万全。
精霊を多用してくる相手ですが、アムチュチュを入れるとモードが変わりまくって大変な事になるのでやめました。

召喚獣は、ラムウ
雷鼓でエンサンダーをつけて雷モードに固定します。
カオスストライクやボルトストライクで時々スタンするのもお得。

▼戦闘の流れ

近くのキキルンを殴ってプロシェル。
沸かせる前に雷鼓をかけておきます。

前方範囲を受けるのはゲッショーだけにしたいので、ゲッショーとそれ以外で渦を挟むようにして戦闘開始。

セ イ ユ ア

なるべくラムウがタゲを取って、再召喚の間だけゲッショーがタゲを持つようにすると、空蝉に余裕ができて楽。
なので、アポジーはリキャストごとに使用。瞬間ダメージでタゲを取る感じで。
ゲッショーの横からラムウに攻撃させると、フェイスを範囲に巻き込みにくくて安全。(上のスクリーンショットの配置)
動きがランダムなユグナスとアプルルは、巻き込んでもあきらめます……。

ゲ  セ イ
 ラ
    自
  (ユ アはこの辺)

ラムウは雷属性のくせに、わりとスタンします。
わざわざ再召喚して弱体解除するほどではないですが、ラムウがスタンしている間にゲッショーがタゲを持ってしまうと緊張します。

事故がなければ、1回の戦闘は10分かからないくらい。
事故ってゲッショーが落ちたら、アスフロパッセで強行。やってはないですが、たぶん開幕アスフロパッセすれば勝てると思います。

なお、10戦(ユニポ 24000)やって爪は3つ。
NPCで交換するよりはマシかな……。

▼敗退時の主な原因

アムチュチュを使うと負けます。

今のところ、ゲッショー盾でアスフロパッセを使う事になったのは、運悪く蝉なしのときにサンダーIVを受けた時だけ。

黒魔ソロでもいけそうかと思ったけど、魔法ダメージは通りにくいらしい。残念。

▼2本目

ポストに雷鳥いれてやってたら、2本目の雷鳥が出た。
NQとHQで雷鳥二刀流にするかな……?

ff11_20180503_vidma002.png
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 19:10| Comment(0) | NM/BF

ウォンテッドダイヤルで出たアタリっぽいもの(4/11〜4/30)

4月11日〜4月30日の「春のレリック装束強化応援キャンペーン」のウォンテッドダイヤルで出た、アタリっぽい装備品。
今回は+1は出なかった。

▼ユーゴククリ
ff11_20180503_wd_jk001.png
隔が短い短剣。トリプルアタックも付いてる。
命中+がないのが残念。
なお、シーフはLv99になってないから装備できない。

▼エメットハーネス
ff11_20180503_wd_eh001.png
スコハネIL119みたいな防具。よこちち。
回避+と敵対心+が高い上に物理ダメージ-まである。
でも、青魔、忍者、踊り子で使うならアデマ胴がいいかなー、という感じ。

▼ロゼトジャズラン
ff11_20180503_wd_rj001.png
これはデス用ですね?
手持ちの胴では一番MPが上がるはず。
敵対心-とFC+が付いているのもデス装備に使えそう。
でも、魔攻+、魔命+がないのはツライ。
ひとまず、NQのままだと、アマリク胴の方がデスのダメージは上だった。
HQにすると変わるかもしれない。

(↓ロゼトジャズラン NQ)
ff11_20180503_wd_rj003.png

(↓アマリクダブレット NQ)
ff11_20180503_wd_rj002.png

▼ケンタークベルト
ff11_20180503_wd_kb001.png
ダブルアタック+とストアTP+があって、青魔や忍者の腰によさそう。
ウィンバフベルト+1と悩む。

▼アレテデルルナ
ff11_20180503_wd_al001.png
オンカスーツと合せればレジストスタン+105、HQにすればレジストスタン+110という、すさまじいレジストスタンがつく……!!
posted by Madalto@芝鯖 at 08:52| Comment(0) | 武器防具