2018年05月10日

雷雷 二刀流

ヴィドマピールの箱を開けたり競売で買ったりして爪を50本集めて、「雷鳥改」が完成。
箱から出た2本目と合せて、雷鳥二刀流ができるようになりました。

ff11_20180510_rt001.png
ff11_20180510_rt002.png

メイン武器は雷鳥改に変更。
サブの選択肢が、雷鳥NQ、アチウチカプ、微塵Bの3つになりました。(鷸はまだ作ってない)

▼雷鳥改+アチウチカプ

隔の短さが特徴のアチウチカプ。
ダブルアタックとストアTPも付いてて、TPが溜まるのが早い。
サポ戦でダブルアタックを上乗せして秘→秘を撃つと、闇連携エフェクトが消える前にTP1000溜まることがあるほど。
WSの回転が早い代わりに、ダメージは控えめな気がします。
見た目がカッコイイ。

▼雷鳥改+雷鳥

3つの組み合わせの中では、一番ダメージ力が高い。
サブにアチウチカプを持ったときよりTPが溜まるのは遅いかわりに、WSのダメージが高い。
AGI+は控えめに見えるけど、秘を撃つとアチウチカプを持ったときより目に見えてダメージが増えます。(というか、アチウチカプで秘を撃つとダメージのばらつきが大きい気がする)
命中+が少なめなのが不安要素。
今は、殲滅力の高さを取って、この組み合わせをよく使ってます。

▼雷鳥改+微塵B

D値、隔は雷鳥とアチウチカプの間で、ステータスブーストも少なめ。
ダメージ性能ではコレと言った特徴は無いかわりに、目立つ欠点もない感じ。
Type:Bにすると命中+と飛命+がけっこう増える。
微塵の最大のメリットは単純な武器性能じゃなく、3000シルトとわりと安いコストで場面に合った性能に変える事ができる柔軟性。
1本は持っていると便利だと思います。
タグ:FF11 忍者
posted by Madalto@芝鯖 at 22:39| Comment(0) | 武器防具