2018年07月31日

ウォンテッド バタリア丘陵 CL125 Lumber Jill 召喚ソロ

引き続き、エミネンス目標が未クリアになっているウォンテッドを消化。
今回は、バタリア丘陵のカブトムシ。
Lumber Jackの上位NMです。

マルチアタックに加えて通常攻撃にスタン付き。
エンストーンII、ブレクガ、ストンガVを使用。
ブラッドウェポンとソールエンスレーヴを使ってくるという、暗黒カブトです。

ff11_20180731_jill001.png

ジョブ:召/赤
召喚獣:ガルーダ
フェイス:オーグスト,ユグナス,アプルル,ウルミア,セルテウス

土属性の魔法を使ってくるなら、土耐性が高くてブレクガが効かないガルーダが最適。

フェイスの編成は、オーグストが沈まないようにとにかく回復と支援で固めました。
範囲回復アビがあるユグナス、セルテウスと、ケアルガがあるアプルル。
ユグナスは状態異常耐性が高くて、ブレクガで石化しにくいのも利点。
フェイスにダメージ能力がないので、攻撃の主力はガルーダです。

▼戦闘の流れ

前方範囲ダメージに強化されたパワーアタックの被害を減らすためにオーグストの後ろにフェイスが来ないようにしたかったのですが……開幕の配置に失敗。オーグストがいる位置にウルミアとセルテウスが固まってしまいました。

ひとまず、ブレクガの範囲外になる位置まで移動。
効果範囲が意外と広くて、距離を開ける白魔フェイスよりさらに後ろまで下がる必要がありました。

Lumber Jillの攻撃で一番怖かったのはストンガV。
1人あたり1500ダメージ前後と、フェイスのHPが満タンから一気に赤文字になるほどのダメージを受けます。
オーグストにダメージが残っていたら、HPが白文字からでも即死がありそう。
白魔フェイスのケアルが遅れるようなら、風の囁きでHP満タンを維持するようにしました。

でも、恐い攻撃はストンガVくらいで、ほかの攻撃は十分回復が追い付くレベル。
むしろ、ストンガVで頻繁にセルテウスのリジュヴァネーションがきて、MPにけっこう余裕があったほど。
あとはひたすらプレデタークローで撃破。
CL122のEmperor Arthroより楽なくらいでした。

箱から出たのは、幻光結晶1つと、グラウンドマント+1。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 16:59| Comment(0) | NM/BF

2018年07月30日

モンスター飼育 白アダマンタスの思い出,子クァール

白アダマンタスに餌を与えて9日目。
白アダマンタスの思い出を手に入れました!

ff11_20180730_mg001.png

でもまあ、今のところ、応援は「星月のウィルム」のままで続行。

大きくなった白アダマンタスには元いた場所に帰ってもらって、次の飼育を開始。
まだ1体も飼育してないランク4から子クァールを選択したところ……

なんかものすごく小さいな!?

ff11_20180730_mg002.png

ff11_20180730_mg003.png

ff11_20180730_mg004.png

ほかにいるのがデカいのばかりだから、踏みつぶされそうな気がするw
posted by Madalto@芝鯖 at 23:38| Comment(0) | FF11日記

2018年07月29日

ウォンテッド ジャグナー森林 CL122 Emperor Arthro 召喚 ソロ

エミネンスの未クリア目標消化のために、ジャグナーのカニNMにも突撃。
Emperor Arthroは、King Arthroの上位NM。雑魚カニを10匹倒さなくても沸きます。

マルチアタックに加えて百烈拳も使ってくる物理攻撃が主体のカニ。
魔法はウォタガVを使用。
魔法詠唱中と特殊技の構えのときは強力なダメージカットが発生して、ほぼダメージが通りません。
ダメージが通る通常攻撃中と百烈中に攻撃する事になります。

ff11_20180728_arthro001.png

ジョブ:召/赤
召喚獣:ラムウ
フェイス:オーグスト,アプルル,ユグナス

ウォタガを使に対抗して、水耐性が高いラムウを使用。

用語辞典を参考に、盾と白魔フェイスだけの最小限の編成にして、ケアルMPの節約になるようにしました。

▼戦闘の流れ

戦闘を開始したら、ひとまずウォタガのダメージを受けない距離まで移動。

カニの行動は魔法→特殊技→通常攻撃のループ。ときどき百烈拳。
特殊技を見てからボルトストライクを撃てば、カットされずにダメージが当たります。
あとはこれを繰り返すだけ――と思っていましたが、そう簡単な相手ではありませんでした。

ウォタガで受けるダメージが1500近くあって、オーグストのHPがすぐに赤文字。
百烈拳のダメージも1撃あたり100ほどと大きく、ケアル連打になって白魔フェイスのMPがあっという間になくなります。
そしてそのままオーグストの回復ができなくなって、盾撃沈。

けっきょく、オーグスト死亡後にあわててアストラルパッセンジャー使って、強引に押し切りました。
初めから百烈見た瞬間にパッセ使うことにしていた方が、確実だったかもしれない……。

ともかく、エミネンスの目標はクリア。
CLが119からたった3上がっただけなのに、やけに強い敵でした。
箱から出たのは、オーグリクウィスと、皇帝アースロの甲殻が3つ。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 10:15| Comment(0) | NM/BF

2018年07月28日

ウォンテッド バルクルム砂丘 CL119 Valkurm Imperator 召喚 ソロ

特にほしいアイテムがあったわけではないですが、エミネンスの未クリア目標を消化するために、砂丘のトンボNMを倒してきました。

ff11_20180727_imperator001.png

ジョブ:召/赤
召喚獣:ガルーダ
フェイス:オーグスト,リリゼット,コルモル,アプルル,ユグナス

専用特殊技の「耳障りな羽音」は回復不能なステータスダウンを受けますが、召喚獣ならあまり影響ないかもしれないと考えて、召喚で攻略。
魔法を使わない相手なので、単純にダメージ効率がいいガルーダを使うことにしました。

フェイスの編成はあまり深く考えていません……。

▼戦闘の流れ

戦闘を開始したら敵から距離を開けて、あとはひたすらプレデタークロー。
耳障りな羽音は完全に無視。
カースドスフィアのダメージは意外と大きかったものの、回復は十分足りていました。
CL119のNMはだいぶ楽です。

箱から出たのは、インピラトアの翅が5枚。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 19:56| Comment(0) | NM/BF

2018年07月26日

黒魔 AF119+3 胴 SPコート+3 完成!

桂馬の小札は取っていたけど、金欠(主にアルマスに吸い取られて)で先延ばしにしていた黒魔のSP胴+3がようやく完成しました!

ff11_20180726_blmaf001.png

+1 → +2の時ほどの大幅な性能アップではないですが、SP胴は装備していることが多いだけに、性能微増でも底上げ効果は大きいはず。
武器の魔命スキルを除いた魔命合計も400になりました。

それにしても、合成職人が少なくて、素材がものすごく高いままのがツライ……。
+3強化素材にかかった金額は、およそ670万。呪い装備HQほどじゃないにしても、けっこうな大金。
最近はほとんど金策しかしてないような気がします……。

桂馬の小札はあと1つ残ってて、何に使うか悩み中。
青魔のAF119は、着替え装備には優秀だけど、常時使えるほど高性能って感じがしない。
白魔のAF119は、ほぼ全部位高性能だけど、最近白魔を使っていない。
学者はIL119装備すら揃ってないし、赤魔はレベルが上がってない。
費用対効果では白魔のTE胴かなぁ……?
タグ:FF11 黒魔
posted by Madalto@芝鯖 at 20:43| Comment(0) | 武器防具