2018年08月19日

ヴォイドウォッチ エジワ蘿洞 Morta からくり ソロ

かつてはアラを組んでやっと倒していたMortaも、IL119では楽に倒せるようになりました。

ff11_20180819_morta001.png

ジョブ:か/踊
マトン:白兵戦
フェイス:アムチュチュ,アプルル,セルテウス,イロハII,シャントットII

お供のラフレシアは白兵マトンに任せます。
ソロだとMorta本体とお供を離すのは難しいので、フルブルームで回復されるのは仕方ない。
回復される以上のペースで削りきる作戦です。

アムチュチュは範囲精霊対策。マトンとタゲを取り合ってしまう欠点もありますが、白魔フェイスを減らして攻撃を増やせるメリットは大きい。
セルテウスとイロハIIに連携を連発させて、シャントットIIのMBで削ります。

▼戦闘の流れ

Mortaを沸かせてもすぐには殴らず、まずはマトンをディプロイ。
お供のラフレシアが沸くのを待ちます。
ラフレシアがマトンを攻撃したのを確認して、Mortaの正面を避けて攻撃開始。フェイス起動。

あとは、ただひたすら殴るだけ。
連携とMBで力押し。

フルブルームの回復しだいですが、1回の戦闘は5分前後。
ビューティフルデスが来る前に倒してしまえば事故ることもなく、たぶんリフトシンダーを落とす敵の中では一番弱いと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 10:09| Comment(0) | NM/BF

2018年08月16日

ヴォイドウォッチ ブブリム半島 Botulus Rex 召喚 ソロ

ヴォイドウォッチキャンペーンが始まったので、Botulus Rexをソロで攻略。

ff11_20180814_botulusrex001.png

ジョブ:召/赤
召喚獣:ラムウ
フェイス:アムチュチュ,アプルル,ユグナス,イングリッドII,セルテウス

Botulus Rexの攻撃で特に危険なのは、終盤で使ってくるスライミープロポーズ(自己中心範囲魅了)。
その範囲外から攻撃できるように、ジョブは召喚にしました。

Botulus Rexは物理攻撃が通りにくく、雷と火属性の魔法がやや通りやすいようなので、召喚獣はラムウ。
ペット魔攻装備にして、サンダーストームを撃ち込みます。
(8/25更新)ニルヴァーナ+ボルトストライクでも十分なダメージが出せたから、ボルトストライクを使うように変更しました。

敵の範囲魔法ダメージを軽減するために、盾にはアムチュチュを選択。
あとはすべて範囲回復持ちのフェイスで編成しました。
連続魔中のメテオ対策として、アビで即座に範囲回復できるイングリッドIIは必須。
セルテウスとイングリッドの光連携にサンダーストームでMBしてダメージアップも狙えます。

▼戦闘の流れ

戦闘前にタイタンを喚んで大地の鎧。HPが少ないアムチュチュがメテオで消し飛ぶ可能性を少しでも減らしておきます。
盾以外が前方範囲に巻き込まれないように、アムチュチュと他のフェイスでPlanar Riftをはさんで戦闘開始。

フェイスと召喚獣が攻撃を始めたら、本体は範囲攻撃が当たらない位置まで移動。リキャストごとにサンダーストーム。
セルテウスのルミナスランスと、履行リキャストのタイミングが合えばMB。
フェイスのWSを待つとかえって戦闘が長引くから、MBは無理に狙わずできるようならやる程度。
だいたい1回あたり1万前後で、MBすると2万を越えるくらいのダメージが出ていました。
ちなみに、ニルヴァーナ持ってボルトストライク撃つと7000前後で、だいぶダメージが下がります。
(8/25更新)ボルトストライクは多段物理でダメージのばらつきが大きいけど、15000以上のダメージが出ることもありました。なので、ニル+ボルトストライクを主力にして、タイミングが合えばフェイスのWSと連携するように変更。運が良ければ一気に30000以上削れます。

アムチュチュがいればジャ系のダメージは大したことはありません。
でも、連続魔中のメテオは1000ダメージを越えることもあって、連発されるとフェイスが沈みます。
その時は、すぐにあきらめて逃亡。
沈むのがセルテウスやイングリッドならまだ何とかなりますが、アムチュチュがいなくなるとまず勝てません。
やられる前に離脱して再戦。

連続魔さえしのげば、あとはサンダーストームの連打で勝利。
フェイスと召喚獣だけで囲んでおけば、終盤のスライミープロポーズはノーダメージ。連打されても怖くないどころか、むしろボーナスタイム。
メテオ以外の攻撃で負けることはなくて、かつては強敵だったBotulus Rexも、今となってはかなり楽な相手になっていました。

なお、まだリフトシンダーとヘヴィメタルは見かけていません。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 20:41| Comment(0) | NM/BF

2018年08月10日

アンバスケード2章 水着暗黒? 【2018年8月】 とてやさ からくり

アンバス2章の「とてやさ」は、ほぼ殴ってるだけで勝てる強さの敵が続いていて、ウィークリーの焼印回収が楽でいいです。

8月のアンバス2章は、両手剣を持った暗黒っぽいボス。なぜか水着。
マネキンという設定のようで、種族は突入したPCによって変わるのかも?
火属性の魔法を使用して、火属性ダメージを吸収。
火属性を含むダメージはすべて吸収するようで、光連携も吸収されます。
HPが減るにつれてファイアエレメンタルを召喚。とてやさでは2体まで確認。
両手剣WSで光連携を連発してきます。

ff11_20180809_ambus001.png

ジョブ:か/踊
マトン:白兵戦
フェイス:アプルル,コルモル,リリゼットII,アシェラ,ザイドII

連携ダメージがけっこう痛いらしいので、硬さに優れるマトン盾。
ヘヨカ頭と手を装備して、マトンの敵対心を上げています。

アプルル、コルモルは安定の白魔フェイスセット。
敵の魔法攻撃対策にアシェラ。アムチュチュはマトンからタゲを取ってしまうので今回はお休み。
リリゼットIIは、ラウジングサンバによるダメージアップ狙い。
ザイドIIは、スタンで魔法やWSを止めてくれることを期待して投入。
核熱や光連携を出すフェイスは入れないようにしました。

▼戦闘の流れ

ディプロイしてマトンが挑発を入れたら戦闘開始。

からくり本体がWSを連発するとマトンからタゲを取ってしまうので、初めはTPを3000まで溜めて連環六合圏。
乾坤圏のアフターマス、時々2-3回攻撃を付けたら、マトンのTPが溜まるのを見て連環を撃つようにしました。
からくりの連環→マトンのストリングシュレッダーで闇連携が出て、効率よくダメージを与えられます。

マトンが受けるダメージはほぼ無視できる程度。
両手剣WSで光→光の2回連携が来ても、200ダメージくらいしか受けません。
HPの端っこが少し減るくらいで、すぐにオートリペアキットのリジェネで全快。

なにかギミックがあるのか、終盤でボスに与えるダメージが増えていた気がします。
連環で11187ダメージ。闇連携で23558ダメージ。
たまたまラウジングサンバでクリティカルが乗っただけにしては、多いダメージでした。

「とてやさ」だと、火エレは完全放置で問題なくて、クリア時間は4分ほど。
そのうち初めの1分半はフェイスの選択で悩んだりマニューバ入れたりしていたので、戦闘時間は実質2分半。
ここ最近のアンバス2章でも、特に楽だった印象です。
posted by Madalto@芝鯖 at 14:06| Comment(0) | NM/BF

2018年08月09日

ウォンテッド パシュハウ沼 CL122 Joyous Green からくりソロ

ウォンテッドキャンペーンは終わりましたけど、引き続き、未クリアのウォンテッドを消化。
パシュハウ沼のグゥーブーNM「Joyous Green」(ジョイアスグリーン)です。

通常攻撃にいろいろな追加効果あり。
専用技の「芽生え」を受けるとマンドラゴラになって、アビや魔法が使えなくなります。
魔法の使用はなし。

ff11_20180805_joyous001.png

ジョブ:か/踊
マトン:白兵戦
フェイス:アプルル,ユグナス,リリゼットII,コルモル、ウルミア

専用技の「芽生え」はたぶん効果がないと考えて、マトン盾。
それに、マトンの硬さならアッパーカットやブローは怖くない。

攻撃はマトンと本体で足りるはずなので、フェイスは支援と回復で編成しました。
回復過剰になってるのは気にしない。
格闘と相性が良いラウジングサンバ目的でリリゼットIIを入れましたが、ちょっと失敗だった感じです。

▼戦闘の流れ

戦闘を開始したらマトンをアクティベートしてタゲを取らせて、あとはひたすら殴るだけ。

失敗したと思ったのは、ウルミアのマチマチとリリゼットのラウジングサンバでダメージが出過ぎて、マトンからタゲを取ってしまって、そのうえ剥がれなくなってしまったこと。
せっかく「芽生え」対策でマトン盾にしたのに、しっかりマンドラゴラになってしまいました。

ff11_20180805_joyous002.png

これといって痛い攻撃はなくて、楽に倒せる相手でした。

箱から出たのは、耐火カロル第二楽章。
posted by Madalto@芝鯖 at 22:26| Comment(0) | NM/BF

2018年08月08日

ダイヤルキー#SP&オーラムコッファー (2018/07/30週分)

今回の#SPキーは、ユニティポイントで交換した9個。

アタリっぽいのはオスミアムクウィスだけど、いまいち感。
アチニンスタッフとかボレラブンガとか、なんとなく実装された当初はみんなが求めた装備、って感じのが多かった感じ。

オーラムコッファーは今回は何もなし。

▼ダイヤルキー#SP
  • オスミアムクウィス
  • 温かい肉汁
  • ポルトスバーニー
  • アームブルスト
  • 祐定
  • アチニンスタッフ
  • ボレラブンガ
  • ソーサラーベルト
  • ハーラルマフラー

▼オーラムコッファー
  • (なし)
タグ: FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 13:24| Comment(0) | FF11日記