2018年09月15日

デュナミス-ザルカバード Arch Dynamis Lord シーフ ソロ / アルコンケープ


急にアルコンケープとアルコンリングが欲しくなって、裏ザルカの真闇王にソロで挑戦。
青魔で連携したり、からくりで本体は逃げてる方が楽に倒せる気がしますが、トレハン目的でシーフで行ってきました。
戦闘中はまるで余裕無くてスクリーンショットなし。

ジョブ:シ/踊
フェイス:オーグスト,アムチュチュ,アプルル,ユグナス,ナシュメラII

挑発の数を増やすために、盾フェイス2人という普段は使わない編成にしました。

盾意外のフェイスはすべて回復役。
ナシュメラIIは、白魔専業のフェイスには回復力が劣るものの、ケアルガと異常回復ができて、打撃ダメージもそこそこあって、インペリアルオーソリティでスタンも入るという便利キャラ。

▼戦闘の流れ

マスターにして装備もきっちり揃えたシーフなら、真闇王が分身する前に倒すのも不可能じゃないようですが、そもそもマスターになってもいないシーフでは無理。
なので、前半は普通に殴ります。
終盤で一気に削るためにTPを溜めておきたいので、前半はWSなし。

前方範囲即死のテラスラッシュを回避するためには、自分は分身するすべての真闇王の後ろにいる必要があります。

そこで、分身したすべての闇王を殴ってフェイスに挑発をいれさせる作戦にしました。

例えば、1体目の闇王を殴ってオーグストが挑発したら、攻撃対象を別の闇王に変更してアムチュチュの挑発を待ちます。
盾フェイスをばらけないように配置して、すべての闇王のタゲを取らせることができれば、ひとまず1回はテラスラッシュを受けません。
そして、テラスラッシュを使うくらいまでHPが減らせていれば、不意打ちルドラストームで削りきれるハズ。

という目論見でしたが――

そう簡単にはいかないもので、2回ほど敗退。

敗退1回目は、
闇王のHP3割くらいのときに、オーグストがデスで死亡。
オーグストがタゲを取っていた闇王にタゲられて、テラスラッシュ被弾。
リレイズで復活して、オーグストと白魔フェイス×2の最小限のフェイスで攻撃再開したものの、範囲ダメージに耐えきれませんでした。

敗退2回目は、
ダイナミクインプロージョンでテラーになっている間に、分身で増えた闇王3体に範囲連打されて死亡。
リレイズで復活したあとの流れは1回目のと同じ。

そして3回目。
攻撃する闇王がことごとく分身でハズレ続き。
倒した闇王は3体からあとは数えていない。

いいだろう……
敵が無限に分身を呼ぶというのなら、そのすべてを倒しきる――!!!(脳筋&中二病)

とはいえ、4体まで増えた闇王の猛攻に耐えきれず、1度死亡。
リレイズで復帰したあと、過去2回の教訓から、フェイスは5体すべて再召喚。
闇王のHPは6割以上にまで回復していたけれど、また削れば良いだけのこと。
リレイザーを投入して戦闘再開。

そこで、謎現象が発生。

再開直後、4体に増えていた闇王が、召喚モーションのあと2体に減少。
HPが回復したら、分身の上限数も減る仕様だっけ……?
ともあれ、チャンス到来。
アタリかハズレか、そして勝つか負けるか、確率50%。
闇王が次の分身を呼ぶ前に、今殴っているヤツにTP3000の不意打ちルドラ。
そして、撃破。

直後は分身召喚で消えたのだと思っていて、正直、倒した実感がありませんでした。

ff11_20180915_dload001.png

持っていたのはアルコンケープ。それと100%ドロップのアンブラルマロウ。
まずは1つ。
次は、黒魔のデス用にアルコンリングも欲しいところ。
ひとまず、千魔図譜26〜30頁は再取得しておきました。

▼おまけ

これは、下位闇王は楽勝だと慢心して、殴りっぱなしにしたまま攻略サイトを見ていたら、いつの間にかタゲられていてテラスラッシュで即死して、慌ててリレイズ復活したあと絶対回避して、HPほとんど無いままルドラストームで倒したところ。

ff11_20180915_dload002.png

シャドウリングもちょっと欲しいところでした。
(シャドウマントは持ってる)
posted by Madalto@芝鯖 at 17:35| Comment(4) | NM/BF