2018年09月20日

RMEA武器のどれを強化するか考えた

RMEA武器の強化フラグは、まだレリックをクリアしていませんが、ひとまず手持ち武器の分はクリア。
ソロでジョブポを稼ぐとかイキっていた話はなかったことにする……人間は楽な方に流れる生き物なのだ……)

作成中も合わせると、手持ちのRMEA武器は5つ。
Twitterや他のブログなどの情報により、最終強化したときのオグメはそれぞれ次の通り。

イドリス(エルゴン)
[1]D+22
[2]エクズデーションダメージ+15%
[3]命中+30 魔命+30

乾坤圏(ミシック)
[1]D+24
[2]連環六合圏ダメージ+15%
[3]命中+30 魔命+30

ニルヴァーナ(ミシック)
[1]D+26
[2]ガーランドオブブリスダメージ+15%
[3]召喚獣:命中+30 魔命+30

アルマス(エンピリアン)
[1]D+5
[2]シャンデュシニュダメージ+10%
[3]DEX+20 MND+20

ウルスラグナ(エンピリアン 作成中)
[1]D+20
[2]ビクトリースマイトダメージ+10%
[3]STR+20 DEX+20

このうち、イドリスニルヴァーナは、ジョブ性能が大きく変わるほどのオグメじゃないと思うから、ひとまず後回し。
風水が弱体魔法を撃つことが多かった頃なら魔命+は大きかったかもしれないけど、今は本職を入れることの方が多くて、あまり弱体を撃たない。
召喚獣の命中+と魔命+は欲しいと思うけど、防具で上げる方が先。

ジョブの戦闘能力が大きく上がって、性能が突き抜けている感があるのは、アルマス
青魔がダメージ量産するのに絶賛大活躍中のシャンデュシニュにダメージ+。
その上、シャンデュシニュはDEX修正でTPクリティカル修正だから、DEXが20も増えればかなりのダメージアップになるはず。

同じように、ウルスラグナも真っ当強化のオグメだけど、今の格闘はビミョーに不人気なのと、本職のモンク用というより、からくりでビクスマ撃つときのために作ってるものだから、自分の中の重要度はあまり高くない。


RMEA武器強化が、メナス装備やギアス装備みたいに、いくつでも簡単に強化できるなら悩まなくて済むけど、少なくとも今の時点では、そういうわけではなさそう。

オグメを最終段階まで強化するのに必要なポイント(RP)は、合計 5980ポイント。
デュナミス〔D〕のWAVE3を毎週2回クリアして、個人報酬で「闇の残魂」1個(50RP)+戦利品の「黒の残魂」10個(10RP×10)くらい手に入ると仮定すると、

5980 RP ÷ 150 RP = およそ 40週 = およそ10ヶ月 

最短でも10ヶ月、場合によってはそれ以上。
そのくらいかけても良いくらいの熱意と思い入れのある武器、あるいはジョブでなければ、最終段階まで強化を続けるのは難しい……。

じゃあ、からくり士の乾坤圏で決まりだな!!

ってことで、今後も乾坤圏を最優先に強化します('▽')b
「乾坤圏が最終段階になっている」という事が重要であって、性能はわりとどうでもいい感じ。
そして性能でいえば、マトン強化があるシュコアトルが欲しい。

比較として、恵比寿釣竿を取ったときは、「五色の糸」に3ヶ月、「剣の枝」に15ヶ月で、18ヶ月かかりました。
もっとも、恵比寿竿の方はソロで好きな時に好きなペースで進めることができるクエストでしたが。
タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 21:31| Comment(0) | 武器防具

アタリが続くコスミックオーブキャンペーン

暇があれば「★攻城剛力組」のとてむずをやっていて、この2日ほど、アタリアイテムのドロップが続いています。

9/18は5戦やって、そのうち4戦でアタリ品をドロップ。

ff11_20180918_bfnm001.png
  • イグドリア原木
  • メタルポーチ
  • バズテヴィアの翅
  • モニヨン銀貨(モニヨンの競売価格はだいぶ安くなってるけど)

9/19は3戦やって、3戦ともアタリドロップという高確率。

ff11_20180919_bfnm001.png
  • ギャブラスの角
  • メタルポーチ
  • メタルポーチ

なんか別のリアルラックをごりごり削っている気がする……。

始めの頃とくらべて、戦い方も少し変更しています。

ジョブ:か/戦
マトン:白兵戦
フェイス:ユグナス,アプルル,ザイドII,リリゼットII,セルテウス

ジョブとマトンは変わっていませんが、盾は白兵マトンだけ。
マトンのタゲ固定をサポートするために、ヘヨカとレリック119+3とトレハン装備を適時切り替え。

フェイス編成は、オーグストのかわりに、火力アップ目的でリリゼットIIを追加。
手数が多くて、クリティカル修正多段WSがある格闘は、ラウジングサンバと相性が良いです。

戦闘中のフェイスは、マトンの後ろに来ないように配置。(白魔フェイスがランダムで移動してしまうのはあきらめる)
巨人の前方範囲技を受けないようにするだけで、白魔フェイスのケアルが減って、巨人のタゲがふらつくことがなくなりました。

今のところ、最短で1回11分。
最長は獣巨人のタゲを取ってしまって魅了を受けたときで、魅了回復 → 呪符リレ → 全滅からの再戦で20分かかりました。


ちなみに、3連休中の戦果はアタリ2つ(ギャブラスの角,バズテヴィアの針)だけ。
でもこれはこれで、ちょうどレリック強化に不足していた素材がでて、運が良かったと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 13:16| Comment(0) | NM/BF

デュナミス-サンドリア〔D〕 WAVE3 エンピリアン強化解放

前回に続いて、デュナミス-サンド〔D〕も風水で参加。
すっかり野良イベ参加免許になってるイドリスだけど、最初に作ったRMEAが役に立ってるのは悪い気がしない。
主催側の進行と指示に付いていくだけだったのは変わらず。

WAVE1。
スタート地点の門前にいる石像のうち、一番左の1体をデスで破壊。
残りの石像に見つからないように移動して、速攻でボス終了。
これまでで一番早いWAVE1だったかもしれない。

WAVE2。
モグ前〜脇道(従者横丁)〜東門の間の石像を掃除。
東門前までボスを引っ張ってきて、前衛は下、後衛は門上に陣取ってMBで撃破。

WAVE3は、残り時間1時間40分くらいで突入。
前回と前々回は魔法陣周辺のフォモルを個別に撃破していたけど、今回は黒魔でガジャ焼き。
魔法陣をすべて破壊した時点で、残り50分ほど。
ボスエルヴァーン戦は、お供に沸くコルセアのワイルドカード処理で少し手間取ったものの、時間に余裕があったこともあって順調に削って撃破。
真・斬鉄剣は1回だけ。
事故ナシというわけじゃなかったけど、すごく安定していた攻略だったと思います。

ff11_20180919_dds001.png

「分かたれしエルヴァーンの闇の仮面」と「分かたれしエルヴァーンの光の仮面」を手に入れて、エンピ強化フラグ解放。
手持ちで対象になるのはアルマスと、作成中のウルスラグナ。

ff11_20180919_dds002.png

大量の古びた認識票が手に入りましたが、利用できるほど合成スキルは上がっていません。
黒の残魂はすべて乾坤圏に投入して、Rank4になりました。

ff11_20180919_knkn001.png
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 09:54| Comment(0) | FF11日記