2018年10月08日

シーフAFを手に入れた!

クロリスの気分転換に、まったく進めていなかったシーフのAFクエをスタート。
シーフのレベルは99でIL119装備もそろっているから、すぐに終わると思っていましたが、ほとんど1日がかりになりました。

ff11_20181008_thf000.png

▼天晶堂へ集え

天晶堂のお使いクエ。
ベドーの上の段にいるクゥダフから「クゥダフ風シチュー」を盗む必要があります。
IL119ではダメージを受けるような敵ではなく、さくっと盗んでクリア。

▼アタルフォーネ盗賊団の宝

2つのサブクエで構成されたクエスト。

1つはソロムグの人探し。
ソロムグに6ヶ所ある塔のうち、アタリのものを探します。どれがアタリかはランダム。
マウントで移動が楽になったのと、本のワープでガルレージュ要塞を抜けなくてもよくなったことで、簡単にクリア。

もう1つのダイス勝負も、かなり緩和されていてあっさりとクリア。
勝負に負けても最初からやり直す必要がなくなって、リアルラックでハマる事がなくなりました。

北グスタの滝下に来たのは、ガビアルフィッシュ釣りをしていた時以来で、ずいぶんと久しぶり。

ff11_20181008_thf004.png

▼侯国の栄光

これもまた2つのサブクエで構成。

1つは、ジュノにいるNPCに震天雷を4つトレード。
競売に在庫がなかったから自分で作ったら、HQ3がでて12個もできてしまいました。

ff11_20181008_thf007.png

もう1つが、Lv75キャップ時代に多くのパーティを全滅させたことで悪名高い、ボムNMのChandelier戦。
Chandelierに感知される前に攻撃を当てないとクリアアイテムをドロップしないという、メンドクサイ敵でもあります。
感知されなければ、IL119なら撃破自体は簡単。
その辺の雑魚でTP3000まで溜めて、Chandelierが沸く前にスペクトラルジグ(サポ踊用のマクロがちょうどあったので)。
あとは、不意打ちルドラの1撃で終了。

ff11_20181008_thf008.png

クエストの内容は、プロマシア前にやっておいたら良かったような気もします。

▼箱開け

シーフAFが出る箱は、修道窟(魔手)、オズトロヤ(脚)、ズヴァール(頭)の3ヶ所。
星唄ミッションを進めていればカギはモグから買う事ができて、ものすごく時間短縮になります。

▽修道窟:魔手

で、カギを買うのを忘れて修道窟に行きましたヽ(´ー`)ノ
仕方ないので現地調達。
奥の方はLv99でも絡まれるのを知らずに突っ込んで、わりと大リンクになってしまいました。
箱は、一番奥の脇道の角で発見。

ff11_20181008_thf011.png

▽ズヴァール:頭

魔手クエクリアも合せて、ズヴァールを先に。

闇の炎はほぼノーダメージでゲット。

ff11_20181008_thf012.png

箱は、ゴブ穴から落ちて、中央に突き出した通路の先端にありました。

ff11_20181008_thf014.png

▽オズトロヤ:脚

オズトロヤの箱が沸くのはほぼ一本道になっていて、探すのも楽です。
見つけたのは、池がある部屋の手前の角。

ff11_20181008_thf016.png

ひとまず、これでシーフAFがそろいました。
胴と脚はIL119にするつもりでいますが、他の部位の強化は未定。

ff11_20181008_thf001.png
タグ:FF11 シーフ
posted by Madalto@芝鯖 at 22:15| Comment(0) | 武器防具

格闘エンピリアン ウルスラグナ - 8 / クロリスの双葉 始めました

マンティスをウルスラグナをするために必要なのは、クロリスの双葉×50個。
このクロリスの双葉を取るのが、とにかくメンドクサイ。

Gully Clionid
上質な翼足
Halimede
萎れた翼足
Ophanim
瞼付きのヘクトアイズの目  
Chloris       
Gulch Limule
上質な鋏脚
Vetehinen
萎れた鋏脚
 Beholder
ヘクトアイズの赤眼
Caoineag
禍々しい頭骨
Cannered Noz
鎮められた頭骨
Treble Noctules
裂けたコウモリの翼 
 Blood Bat
血のついた牙
Pachypodium
アルカリ腐葉土
Gancanagh
酸性腐葉土
Hedetet
肉片が付着したサソリの爪 
 Canyon Scorpion
猛毒サソリの針
  Chukwa
すべすべなアダマンタスの甲羅

Chlorisを沸かせるまでに、だいじなものを含めてトリガーを15個も集めないといけない。
アルマスを作ったときはブリアレオスヘルムが一番トリガーが多くて6個だったから、クロリスのトリガーは倍以上。
しかも、NMを沸かせる位置が広くて、タロンギの北から南までほぼ全域を移動する必要があります。

あまりのメンドクサさから放置していましたが、それではウルスラグナが完成しないので、双葉集めを開始。

ff11_20181007_chloris001.png

始めてみると、思っていた以上に時間がかかります。

トリガーをすべて集めてクロリスと1回戦うのに30分。
2時間で4体がやっと。
トリガー1周してSisyphusの沸き待ちができるアペデマクと大違い。

一番メンドウなのは、倒しても倒しても復活するCannered Noz。

ff11_20181007_cannered001.png

秘で瞬殺できる程度の強さとはいえ、7〜8回くらいは戦闘を繰り返す必要があって、とにかく時間がかかります。
おまけに、復活回数が増えるとデスを使うようになって、気を抜くこともできません。

でも、ウルスラグナは競合するプレイヤーが少なくて、ギスギスしないのは気楽です。
時間ポップのChukwaも放置気味でした。

ff11_20181007_chukwa001.png

ひとまず、ログポ交換分と合せて30個。
タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 02:25| Comment(0) | 武器防具