2018年12月25日

連休中の「ナイズル島未開領域踏査指令」戦果

インフルエンザだったり忙しかったり、SSSS.GRIDMANが最終話だったりと、あんまりFF11をする時間が取れていませんが、3連休中はほぼずっとナイズルとエコーズでした。

ナイズルで3連休中に拾った不確定アイテムのうちで、アレキ以外のアタリ品は下のもの。

御方庖丁
ff11_20181223_nyzul001.png

「アシュタリフ号威力偵察」のレアドロップ品で、金色の包丁。
装備ジョブが多くて、オシャレアイテムとしてはなかなか良いものだと思います。
シーフLv99になって同じグラの「四条」が持てるようになったから、御方庖丁じゃなくても金色包丁をlockstyleできるようになりましたが、まぁ、欲しかったので。

彫金師グローブ
ff11_20181224_nyzul001.png

合成スキルが上がる装備でもなく、アタリかどうかというとビミョウなところですが、彫金上げているタイミングででたので確保。

会津新藤五
ff11_20181224_nyzul002.png

3連休中で出たアイテムのうち、一番実用で使えるアイテム。
Palilaは免罪符とりなどで何回か倒してますが、会津新藤五は持っていませんでした。
でも、今のところ忍者はアビセアで弱点つくときくらいしか使ってないから、まだオグメはつけていません。

ほかには、Sarameyaのトリガーの「野牛の屍肉」も1つ出ましたが、すでに4つくらい余ってます。
どうせなら「野牛の燔肉」の方が欲しかった。


ちなみに、エコーズの方は#4を周回してますが、プラチナインゴットとフリギアゴールド鉱が増えたくらいで、特に成果はありません。
posted by Madalto@芝鯖 at 12:48| Comment(0) | FF11日記