2019年01月31日

白魔のアドゥリンジョブマント「メンディングケープ」を手に入れた!

2019年1月のアンバス1章は白魔の「女神の愛撫」の重要度が高くて、女神の愛撫+3がつく「EBミトン+1」を作成しました。
しかし、愛撫が+3までで許されていたのはバージョンアップから2週間くらいまで。
最近は攻略が確立して効率を求めるひとが増えたからか、野良募集シャウトに「ヤグ白愛撫+4」の条件がつくようになってしまいました。
(後衛全員サポ白にして、サチコメに「ヤグなし可」と書かれたシャウトもあるけど)

ヤグルシュはすぐには作れないけど、愛撫+4のほうは何とかしようと、アドゥリンジョブマントを取りに行きました。

……が、

でません。(いつものことですが)

カミールに数日こもってレイアレイヴ、コロナイズレイヴをやっていましたが、白魔マントどころか他ジョブのマントもドロップなし。
レイアレイヴは査定350以上、コロナイズレイヴは査定1000以上で、マントのドロップ判定が付くらしいですが、多めに査定を稼いでも1枚も出ませんでした。

あまりに出ないので、ワールドキーパーレイヴなら少しは出やすいかもしれないと思って、アチュカに青ソロで突入。
サポ剣でエンチャントルーン「ウンダ」を付けて弱点をつきながら、シャンデ連打で撃破。
そして、1発で白魔マントをドロップ!

ff11_20190130_achuka001.png

愛撫を使う時に一時変更するだけの装備ですが、手持ちの「幻光結晶」でオーグメントも付けておきました。

ff11_20190130_whm001.png
タグ:FF11 白魔 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 20:12| Comment(0) | 武器防具

2019年01月30日

A.M.A.N. トローブ 今月の マーズオーブ 2回目

たまたま光曜日にログインできたので、マーズオーブの箱開けしてきました。
光曜日だから何か変わるわけでもないんですが、なんとなく。

今回は、2つ開けたところで「とてとて」が出て、即離脱しました。

ff11_20190125_vo001.png

嫉まれた手袋
ドレッドジュポン
古い袋【黒魂石】

「アポジミトン」(嫉まれた手袋)は悪くない装備ですが、すでに履行+10のマーリン手を持っています。
「ドレッドジュポン」は魔法も使う打撃ジョブに良さそうだけど、アデマ胴と比べると命中とDEXが下がるのが残念。
タグ: FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 14:00| Comment(0) | FF11日記

2019年01月29日

バストゥークに帰還(移籍)

サービス開始時はバストゥークで始めたものの、黒魔で使えるコンクェスト交換品が充実していたウィンダスに移籍。
その後、今はなき聖鯖ではウィンダスのアウトポストテレポが有利な状況(当時は移籍するとOPテレポの記録がリセットされていた)が続いて、ずっとウィンダス所属でしたが……

十数年ぶりにバストゥークに帰還しました!!

ff11_20190128_bas001.png

心のBGMはバストゥーク。
旅立ちのBGMはグスタベルグ。
ウィンダスやサンドリア周辺のBGMも好きですが、やはり最初に始めた地域の曲はいつまでも特別です。

ウィンダスの街は広すぎて移動が大変で使いづらい、というのも理由ですが。
まぁ、ウィンダスには十分な貢献をしたから義理は果たしたハズ。

ff11_20190128_bas002.png

バスの個人戦績が200倍以上の差がついてるウィンを上回るのは、いつになるのだろう……。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 11:55| Comment(0) | FF11日記

2019年01月28日

Surface GoにFF11を入れてみた

(2019/01/29 更新:ターゲットロックのキー割り当てを追記)

MicrosoftのコンパクトタブレットノートのSurface Goに、FF11を入れてみました。

実は、はじめは買うつもりはなくて、使っているカバンに入るサイズか見るだけのつもりだったんですが……。
在庫限りの2割引きだったもんで……。
(たぶん、一般向けLTEモデルの発売が近いんだと思う)
2019/01/29 に、一般向けLTEモデルが9万800円(税抜)で発売されました。WiFiモデルを買った直後の発売。でも、タイプカバーも加えると10万を超えるのは、ちょっと高い印象。LTE版直前の在庫処分値引きで買ったのは正解だったかも)

インストールは問題なく終了。
microSDに保存したインストーラーから内蔵SSDへのインストールだったから、わりと短時間で終わりました。

大変だったのは、POL起動後のバージョンアップ。
チェックだけで15分。
さらに、ダウンロード時間が4時間半以上。(1分で残り時間が5分以上減ったりするから、実際のダウンロード時間はもっと短い)

ff11_20190127_sfgo001.png

おまけに、Surface Goの問題なのか、家の無線LAN環境の問題なのか、長時間のファイルダウンロードが続くと無線LANの接続が切れて、エラー中断してしまうトラブルが多発……!!
(電子書籍のダウンロードでもエラーが出てたから、FF11の問題じゃないと思う)

何度もエラー&リトライを繰返し、バージョンアップに3時間くらいかかりましたが、なんとかFF11が起動できるようになりました。
ウィンドウ表示モード 800x600で表示しています。

ff11_20190127_sfgo002.png

動きは少しもったりした感じはありますが、コンフィグで軽めの設定にしてもあまり変わらなかったので、たぶんウィンドウ表示モードにしたのが良くなかったんだと思います。
フルスクリーン表示だともう少し快適なのかも。

まぁ、FF11は15年くらい前に発売された、「CPU モバイル Celeron 600MHz,GPU MOBILITY RADEON,メモリ 512MB(単位は間違いではありません)というコンパクトPCでも動いたようなソフトなので、パフォーマンス的にはあまり問題ないハズ。

VAIO U101

ひとまず、Surface Go+ウィンドウ表示で少し動かしてみた感想。

  • キー入力に対して反応がわずかに遅れる
    移動やメニュー操作はあまり気になりませんが、マクロを動かすと、キー入力から実行まで少し間があるように感じました。

  • 戦闘はできないことはない
    エフェクトはほぼすべて表示した状態でも、表示キャラが少ないなら問題なく戦闘できます。
    でも、マクロの動作が少し遅れ気味なので、シビアなタイミングが要求される戦闘や、マクロを連打するような操作は難しいと思います。
    白魔でアンバス1章に参加したりとか、召喚でアスフロパッセ履行連打とかは、たぶん無理。

  • コンパクトキーボードは使いづらい
    普段はデスクトップPC+フルキーボードで操作しているので、コンパクトキーボードのキー配置がわかりません……。
    さらに、Surface Goのタイプカバーはカーソルキーが小さくて、うまく押せないことがよくありました。
    (2019/01/29 追記)
    フルキーボードではテンキーの「*」で操作するヒーリング/ターゲットロックができなくて悩んでましたが、コンフィグの「その他2」→「移動カーソルキー」の「ヒーリング」にキー割り当てすると、ヒーリング/ターゲットロックできるようになりました。
    初期割当てがなかったのか、デスクトップ環境を読込んだからなのかは不明……。

  • デスクトップ環境の設定を読込むとハマる
    メインキャラの設定をサーバーに保存してSurface Go側で読込むと、画面表示は広い画面用の設定、キーボードレイアウトはフルキーボードになって、見づらい上に操作がわからなくて混乱しました。
    テキストコマンドに「/map」とか「/logout」とかあるんだから、「/config」ってのも追加して欲しい……。

操作が忙しい戦闘は難しいかもしれませんが、表示キャラ数が少なくてあまり操作しなくていい戦闘、具体的には、上位AATT からくりソロは問題なく攻略できました。

これで、スタバの窓際カウンターで薄型ノートPCを開いてFF11をプレイする意識高い系FF11プレイヤーデビューですw

▼Surface Go or GPD WIN2

Twitterの#FF11タグでは、持ち出しFF11環境としてGPD WIN2がちょうど人気のようです。
Surface Goを買う前に、もちろんGPD WIN2も検討しました。

  • GPD WIN2のメリット
    • CPU性能がSurface Goより高い。
    • キーボード、ジョイスティック内蔵。
    • 小さくて軽くて持ち運びしやすい。
    • SSDの換装が可能。
  • Surface Goのメリット
    • 画面が広い。
    • キーボードが広い。(別売りで高いけど)
    • Windows Helloで顔認証できる。
    • 喫茶店で開いても仕事しているように見える。

Surface Goが優位なのは、実のところ画面の広さだけだと思います。
でも、電子書籍を読んだり、Visual Studio Codeを動かしたりしようとするなら、画面の広さはそれだけで決定的な要素です。
本体にタイプカバーを付けるとGPD WIN2より1万5千円ほど高くなってしまいますが、用途の広さを取ってSurface Goを選びました。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 12:16| Comment(2) | FF11日記

2019年01月27日

アンバス武器「エレタナイフ」を作ってみた

アブダルスオーブが交換できたので、アンバス武器を1つ作ることにしました。
手に入れやすい割に高性能なものもあって、どれを作るか悩みましたが、短剣の「エレタナイフ」を選択。

ff11_20190125_eletta001.png

そこそこ命中と攻撃があるけれど、シーフが使う武器としてはDEXやAGIがなくてイマイチ。
でも、魔攻+がついていて、イオリアンエッジで範囲狩りするときには使えます。
なにより、からくり士が装備できる短剣の中では最強。(属性WS撃つときに使う)

アンバス武器素材はまだあと1つ分残ってますが、他の武器の作成はひとまず保留。
第4段階の実装をみてから考えます。

他のアンバス武器の第3段階までの自分評価はこんな感じ。

  • 格闘(エレタナックル)
    格闘はスキルの影響が大きいから、格闘スキル+が低めな点は大きなマイナス。
    からくり士用には、「乾坤圏」「オータス」「ニャフロンアダーガ」を持ってて、作る予定なし。
    モンク用も、「カマッパンス+1」「デナウメント」と、作成中の「ウルスラグナ」がある。

  • 片手剣(エレタソード)
    剣と魔法を同時に使う赤魔や青魔には便利なのかもしれない?
    でも、「アルマス」と「コラーダ」があるからいらない気がする。

  • 片手刀(エレタカタナ)
    忍術の命中とダメージアップに良さそう。
    でも、忍者はアビセアで弱点つくときしか使っていない。

  • 片手棍(エレタロッド)
    魔命と魔命スキルが高いから、手軽に手に入る弱体棍棒としては優秀な気がする。
    白魔は、メインは「クェラーロッド」で変わらないと思うけど、弱体用にあると良さそう。
    風水は、モヤ付きの「イドリス」があるから、「エレタロッド」はいらない。
    青魔用としては、「ニビルカジェル」よりわずかにダメージが出るらしい。白魔の弱体棍棒と共通にしてアイテム欄を空けるというのもいいかもしれない。

  • 両手棍(エレタスタッフ)
    魔命と魔命スキルが高めだけど、黒魔用の魔命杖ならOboro武器の「カラダンダ」がぶっちぎりの高性能。
    精霊ダメージ用なら、「ニビルスタッフ」や「ラシ」の方がいい。
    どのみち、黒魔は「グリオアヴァール」のオグメ沼にハマるジョブ。
    ペット強化がないから、召喚杖には使えない。
    学者は、やってないからよくわからない。

  • グリップ(エレタグリップ)
    魔命と被ダメージ-はグリップ最高値で、命中と敵対心-も大きいというぶっ壊れ性能のグリップだけど、なんか惜しい感じの性能。第4段階待ち。
    黒魔が弱体を撃つときには良いのかもしれない?
    召喚用のグリップは「エランストラップ」一択。
    魔命+がついてるけど、たぶん前衛用のグリップだと思う。

  • その他
    装備できるジョブのレベルが上がってないか、あまり使わない。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 13:19| Comment(0) | 武器防具