2019年02月11日

ウルスラグナ(IL119+)と乾坤圏(IL119+ Rank:12)でWSダメージを比べてみた

一方で、乾坤圏はすでに残魂でRank:12まで強化しています。

D/隔で比べると、
  • ウルスラグナ IL119+:1.95 (推定実際D/隔 0.67)
  • 乾坤圏 IL119+ R12:2.05 (推定実際D/隔 0.80)
と、乾坤圏が上回ります。
(推定実際D/隔は、格闘スキル440,マーシャルアーツ205の推定値。乾坤圏のマーシャルアーツ効果アップVは別途加算)

しかし、ウルスラグナにはSTR+50が付いていて、攻撃力は乾坤圏を上回ります。

▽ウルスラグナ  IL119+ (殴り装備時)
ff11_20190206_vrth002.png

▽乾坤圏 IL119+ R12 (殴り装備時)
ff11_20190206_knkn002.png

そこで、どちらの方がダメージを出せるのか、銀海IIボスのBloodthirsty Dweorgを殴って試してみました。
Bloodthirsty Dweorgは、からくり(サポ踊)で行くと、
ビクトリースマイト → R.フラリッシュ → 四神円舞(光) → タクティクスウィッチ → ビクトリースマイト(光)
で瞬殺する事ができる相手です。

ff11_20190211_vs001.png

▽ウルスラグナ IL119+
ビクトリースマイト:9106
四神円舞:8474
技連携・光:5124
ビクトリースマイト:11187
技連携・光:12322
(このほかに、マトンの精霊で3832ダメージ)

▽乾坤圏 IL119+ R12
ビクトリースマイト:11911
四神円舞:7790
技連携・光:4711
ビクトリースマイト:10858 (連携出る前に倒した)
(このほかに、マトンの精霊で4718ダメージ)

残魂でRank:12まで強化した乾坤圏と、強化してないウルスラグナがほぼ同じダメージ……!
ウルスラグナを残魂で強化すると、凄いダメージが出そう。

なお、乾坤圏は残魂で強化すると「連環六合圏:ダメージ+」が付くので、WSダメージは連環六合圏の方が出ます。
でも、連携属性が重力/溶解で、格闘には湾曲を出せるWSなく、からくり本体のWSだけでできる連携は、四神円舞 → 連環六合圏(重力)くらい。
実際にBloodthirsty Dweorgに撃ち込んでみると、WSダメージは一番大きいけど、連携ダメージがしょぼい結果になってしまいました。

▽乾坤圏 IL119+ R12 (連環六合圏)
四神円舞:10923
連環六合圏:13618
技連携・重力:2117
(このあと連環を単発で2回撃ち込んで倒した)

湾曲WSがあって闇連携ができるなら乾坤圏。
光連携をするならウルスラグナ。
という事になりそうです。

余談ですが、
銀海IIは、ボスの撃破速度は からくり士の方が圧倒的に早いですが、道中はサブダクで殲滅できる青魔の方が楽でした。
posted by Madalto@芝鯖 at 20:10| Comment(0) | 武器防具

2019年02月10日

彫金スキル110 高級職人キャップ達成 / クレリクトルク合成

スキル109からなかなか上がらなかった彫金スキルが、ようやく110になりました!
1D分の素材を使っても0.1上がるかどうかで、残りスキル1がずいぶん長かった気がします。

ff11_20190210_gs001.png
ff11_20190210_gs002.png

スキル上げに使ったのは、このスキル帯の定番になってるらしい「ヘパテゾインゴット」。
合成スキルキャンペーンで彫金職人が増えたらしく、競売の素材価格は2倍になって、しかも出品があってもあっという間になくなるので、素材は自分で取って集めました。

彫金スキルが110になったので、さっそく「クレリクトルク」を作ってみることにしました。
  • 彫金スキル110
  • 遮光眼鏡:彫金スキル+1
  • 彫金師エプロン:彫金スキル+1
  • 彫金師トルク:彫金スキル+2
  • クラフマスタリング:HQ成功率+1
  • モーグリのすごい応援:彫金マスター(スキル+5)
  • ココナッツラスク(HQ成功率+3)
  • イオニス(合成成功率アップ 中)
  • 上級サポート(スキル+3)
合計スキル122、HQ成功率+4で合成したところ……

ff11_20190210_gs003.png

NQでした。
やっぱりエスカッション進めないとHQは難しいのかも。
せっかくだから、銘入りにしてみました。
タグ:FF11 彫金
posted by Madalto@芝鯖 at 12:55| Comment(0) | 合成

2019年02月06日

裁縫スキル70達成

彫金スキルはまだ110にならず、スキル上げ素材もなかなか集まらない状態ですが、先にいずれ必要になる裁縫スキルを70まで上げきってしまうことにしました。

裁縫は54まで上がっていて、そこからスタート。

▼54 → 61:絹布 (土:絹糸×3 / レシピスキル:53)

ウィンダスの織工ギルドで「絹糸」を大量に買い込んで合成。
スキルが60を超えると上がりにくくなりましたが、「絹布」は次のスキル上げで使うので、購入した「絹糸」はすべて使い切りました。
ちなみに、競売の「絹糸」の取引価格は、ギルド購入の2倍くらいになっていました。

▼61 → 67:グリーンリボン (風:絹布×1 / レシピスキル:62)

大量に作った「絹布」を使って、昔ながらの伝統的な裁縫スキル上げ。
「グリーンリボン」で70まで上げることもできるようですが、残り少しはもう少し上がりやすいものに変更しました。

▼67 → 70:絹のヘッドバンド (土:絹布×1 ,カーボンファイバー×1  / レシピスキル:69)

素材に「カーボンファイバー」が増えただけですが、レシピスキルは7も上がります。(上限80)
素材の素材になる「絹糸」と「ボムの灰」を買い込んで、一気に70まで上げました。

ff11_20190204_cc001.png

あとは、彫金スキルが110になれば、「クレリクトルク」(彫金と裁縫の複合)にチャレンジできるようになります。
エスカッションはまるで進んでいませんが……。

ff11_20190204_skil001.png
タグ:FF11 裁縫
posted by Madalto@芝鯖 at 20:21| Comment(0) | 合成

2019年02月05日

アンバスケード2章 ラズ 【2019年1月】 とてむず からくり士 ソロ

すでに月が変わってしまいましたが、今週の焼印を取るためにアンバス2章を攻略。
前に「ふつう」に行ったときに、「マトン単独盾にしたら『とてむず』も行けるのでは?」と感じで、実際にやってみる事にしました。

ff11_20190205_ambus001.png

ジョブ:か/竜
マトン:白兵戦(盾仕様)
フェイス:ウルミア,ナシュメラII,アシェラ,ユグナス,アプルル

サンプ+ワック+パントのヘイトダウン対策のために、サポ竜騎士のハイジャンプを使うことにしました。

フェイスは単体ケアルと支援を中心に編成。

アシェラはヘイストII、リフレシュIIと、ガイディングライトの支援が便利。
ディスペルでゼラスノートのヘイストを剥がす事もできます。(カウンター&ガード率アップは剥がれない)

ユグナスは、アシェラと同時に呼ぶとリフレシュスフィアを展開します。

マトンのアタッチメントは物理ダメージ防御に振りました。マニューバは火土光です。
  • ストロボII
  • T.スプリングIV
  • インヒビターII
  • アチューナー
  • アーマープレートIV
  • アーマープレートIII
  • イコライザー
  • T.チャージャーII
  • ターゲットマーカー 
  • A.リペアキットIV
  • フラッシュバルブ
  • O.ファイバーII

▼戦闘の流れ

ラズNM「Khalkotaurus」には、怒りゲージという内部ステータスがあるようです。
  • ゼラススノートを使うと怒りゲージがたまる。
  • タゲが変わると怒りゲージはリセット。
  • たまっている怒りゲージの量でサンプ+ワック+パントの威力が上がる。

しかし、いくら大ダメージといっても物理攻撃です。
ナイトに匹敵する物理ダメージカットと、4000に届くHP、3秒あたり150の強リジェネを持つマトンの敵ではありません。

マトンが受けたダメージで一番大きかったのは、ゼラスノートが5回乗ったサンプ+ワック+パントで、ダメージは220+292+436の合計948ダメージ。
この間にリジェネでHPは300ほど回復。
被弾してもすぐに全快する状態でした。

とはいえ、耐えられるのはマトンだけ。

からくり本体がタゲを取ってしまうと、通常被ダメは200以上。
手数が多い格闘でカウンター発動率アップ中に殴ると、あっという間に瀕死になります。

そこで、サンプ+ワック+パントが来たら、すぐに腹話術でマトンにタゲを戻します。
腹話術のリキャストが間に合ってなかったら、殴らないように後ろを向いてハイジャンプ。
マトンが常にタゲをキープするようにしていれば、負ける事はないと思います。

1回の戦闘は18分。
攻撃手段が少なくて戦闘が長くなりましたが、アビを駆使してマトン操作をしながら戦うという、いかにも からくり士的な戦闘が楽しかったです。
posted by Madalto@芝鯖 at 21:51| Comment(0) | NM/BF

格闘エンピリアン ウルスラグナ - 15 / ウルスラグナ 第7段階(IL119+モヤ)

「リフトボウルダー」10000個の納品が完了して、「ウルスラグナ」がモヤ付きになりました!!

ff11_20190205_vereth001.png
ff11_20190205_vereth002.png

2018年9月から作り始めて、モヤが付くまでほぼ5か月。
あまり急がなかったこともあって、「アルマス」の時より1ヵ月ほど多くかかりました。

「リフトボウルダー」はアンバス交換とBFNMで半分ほど、残りが競売からの購入です。
1月に上位BFキャンペーンがあったおかげで「リフトボウルダー」の競売価格が大幅に下落して、想定していたよりも所持金ダメージは少なくて済みました。

すでに持っている「乾坤圏」と比べてみると、命中は残魂オグメがついている「乾坤圏」の方が上。
攻撃はSTR+50がつく「ウルスラグナ」の方が上のようです。

▽ウルスラグナ IL119+
ff11_20190205_vereth003.png

▽乾坤圏 IL119+ R12
ff11_20190205_knkn001.png

「ウルスラグナ」はまだ実戦投入していないので、ビクトリースマイトでどのくらいのダメージが出るかは未確認。
「乾坤圏」は、残魂オグメの連環六合圏ダメージ+の効果で、12000ダメージくらいは出るようになっていますが、ビクトリースマイトも同じくらい出るようだとうれしい。

ひとまず、モヤ付きになって目標達成。
「乾坤圏」をR15にしたあと、残魂を「アルマス」に使うか「ウルスラグナ」に使うか迷うところです。

▽「ウルスラグナ」の記事一覧

タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 13:20| Comment(0) | 武器防具