2019年05月07日

アンバス武器 最終段階「トーレット」を作ってみた

「カジャナイフ」を強化して「トーレット」を作成しました。エフェクト付きアンバス武器は3つめです。

ff11_20190420_tauret001.png

「コルスカンティ」と同じように、抜刀すると雷のエフェクトが発生します。

ff11_20190506_tauret001.png

素材に使ったパルスアームズは、ゴブ箱から出てきた「エフェメロン」。
「ネイグリング」と同じエフェクトなので使うことにしました。
ついでに、2本目の「カジャナイフ」も作成。

手持ちの「スキンフレア」(オグメ付き)と比べると、命中、攻、魔法ダメージは「トーレット」が高く、D値とマルチアタック性能は「スキンフレア」の方が上。

 DD/隔DEXAGIMND命中飛命飛攻魔命魔攻回避魔D武器S防御S魔命Sその他
トーレット1251800.691515154030  4016 217250250250エヴィサレーション 
エヴィサレーション:ダメージ+50% 
TPが少ないほどクリティカルヒットアップ
スキンフレア (Aug)1342100.6415  15101510  22 242242188トリプルアタック+2% モクシャ+8
トリプルアタック+2%

「ネイグリング」vs.「コラーダ」のときのような圧倒的な差はなくて、どちらもそれなりに長所があります。

▼WS試し撃ち

さっそく、WSの試し撃ちをしてみました。
相手はル・オンのヴォイドウォーカー「Aello」。
防具はシーフ装備 (2019/05/02時点)と同じもの。首と腰をフォシャに変更しています。
TP3000で不意打ち+WSを撃ってみて、それぞれ戦闘3回の最大ダメージと最小ダメージをのせました。(ステータスダウンや攻撃力アップがかかった場合を除く)

▽ルドラストーム

まずは、メイン武器だけを「トーレット」と「スキンフレア」にして、不意打ちルドラストームを確認。

トーレット(メイン) & サンダン(サブ)
最大:29555ダメージ / 最小:17289ダメージ
ff11_20190506_tauret_r_td001.png

スキンフレア(オグメ付き,メイン) & サンダン(サブ)
最大:24789ダメージ / 最小:14545ダメージ
ff11_20190506_tauret_r_sd001.png

攻+が大きいからか、「トーレット」の方が最大値も最小値も高めのダメージが出ました。
武器のステータス差以上に差が開いた気がしますが、たまたま……?

次に、「トーレット」と「スキンフレア」を、メイン・サブ入れ替えで不意打ちルドラストーム。

トーレット(メイン) & スキンフレア(オグメ付き,サブ)
最大:29489ダメージ / 最小:15842ダメージ
ff11_20190506_tauret_r_ts001.png

スキンフレア(オグメ付き,メイン) & トーレット(サブ) 
最大:31674ダメージ / 最小:16838ダメージ
ff11_20190506_tauret_r_st001.png

「スキンフレア」をメインにした方がややダメージ多め。
「スキンフレア」の方がD値が高いからと考えることもできますが、誤差の範囲のようにも思えます。
でも、「スキンフレア」をメインにすると、「トーレット」の固有性能を発揮できないのが難点。

ついでに、メインは「トーレット」のままで、サブをアンバス武器の「ネイグリング」と「カジャナイフ」にしてみました。

トーレット(メイン) & ネイグリング(サブ)
最大:26342ダメージ / 最小:15568ダメージ
ff11_20190506_tauret_r_tn001.png

トーレット(メイン) & カジャナイフ(サブ)
最大:32138ダメージ / 最小:15060ダメージ
ff11_20190506_tauret_r_tk001.png

「ネイグリング」はDEX+,攻+が高いからダメージがもっと出るかと思いましたが、あまり伸びませんでした。
サブに「サンダン」を持ったときより少し良い程度。
なお、両手にエフェクト付き武器で見た目はカッコイイ(?)ですが、サブの振りが遅い上にマルチアタック性能もないので、使い勝手はイマイチでした。

「カジャナイフ」をサブに持ったときは、今回の確認で最大のダメージが出ました。
でも、最小ダメージが下から2番目なので、たまたま良い値が出ただけだと思います。

今回の比較の範囲では、メインに「スキンフレア」を装備してサブに「トーレット」を持つのが良さそうです。
でも、「トーレット」の固有性能が活かせなくなるのはもったいないので、当面はメイン「トーレット」、サブ「スキンフレア」で運用することにします。

「スキンフレア」をサブで使うなら、D+は犠牲にして、DEX+15 TA+3を狙うのも良さそうです。

▽エヴィサレーション

「トーレット」についている「エヴィサレーション:ダメージ+50%」も試してみました。
DEX50%修正のWSなので、サブに「ネイグリング」を持った場合も試してます。

トーレット(メイン) & スキンフレア(オグメ付き,サブ)
最大:18247ダメージ / 最小:10544ダメージ
ff11_20190506_tauret_e_ts001.png

トーレット(メイン) & ネイグリング(サブ)
最大:20057ダメージ / 最小:11719ダメージ
ff11_20190506_tauret_e_tn001.png

サブ「ネイグリング」が意外と高性能……?
マルチアタック性能が低くてあまり実用的ではないですが。

エヴィサレーションは多段WSで、不意打ちのメリットがあまりありません。(たぶん)
なので、不意打ちなしの素撃ちでもわりと良いダメージが出ます。

トーレット(メイン) & ネイグリング(サブ) / 不意打ちなし
14225ダメージ
ff11_20190506_tauret_e_tn003.png

連携を考えないなら、不意打ちを乗せるならルドラストーム、素撃ちするならエヴィサレーションが良さそうです。

▼からくり士でエヴィサレーション

「トーレット」「カジャナイフ」の真価は、からくり士が装備できるところにあります。(異論は認める)
からくり/サポ踊(忍)にして二刀流で使うために、2本目の「カジャナイフ」を作ったくらいです。
同じように、Aello相手に試し撃ちした結果。

トーレット(メイン) & カジャナイフ(サブ)
最大:13319ダメージ / 最小:6982ダメージ
ff11_20190506_tauret_ep_tk001.png

「ゴッドハンド」で撃ったビクトリースマイトに引けを取らないダメージが出ました……!
最少ダメージが低いのは、たぶん全段当たらなかったからだと思います。

からくり士の短剣スキルはC-と低めですが、命中+が75も付くので十分実用レベル。
でも、せっかく短剣が使えるのだから、湾曲属性のWSを撃てるようになりたかった……。

▼おまけ

3戦×9パターンで27回戦闘をして、「メタルポーチ」は0でした。
もちろん、「エフェメロン」とか出ません。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 13:06| Comment(0) | 武器防具

2019年05月06日

格闘イオニックウェポン ゴッドハンド を手に入れた!

ゴールデンウィーク中のイオニック攻略募集に参加して、ついに「ゴッドハンド」を手に入れました!
初のイオニックウェポンです。

ff11_20190504_gh004.png
ff11_20190504_gh003.png

「灰色の鉄甲」はもう1年以上前に取っていましたが、人がおらず野良にも乗れずで、ずっと放置になっていました。
今回は、たまたま早くログインできた時に、募集を見かけて参加。
主催を含め参加したメンバーの多くはイオニック攻略経験があったようで、すっかりあとをついて行くだけだったので、ただただ感謝しきりです。

参加ジョブは白魔。
風召黒で行くこともできましたが、白魔の指定でした。「ヤグルシュ」効果?
盾が硬かったので盾の回復は余裕がありましたが、戦闘範囲が広くて自PT以外のアラメンバーの回復は手間取ってしまいました。

NMで苦戦したのは、エスカ-ル・オンの「Warder of Courage」と、醴泉島の「Vinipata」「Yakshi」。

「Warder of Courage」はAVの上位のようなアーンNMで、あと少しで倒せるというところで祝福がきて敗退。
でも2回目は、わりとあっさり勝てました。

ナラカNMの「Vinipata」は、夜叉之型で沸いたようで、召喚の物理履行がカットされて倒しきれずに敗退。
これも、2回目はさっくりと撃破。

イグドリアNMの「Yakshi」は途中まで順調だったけど、カノピアスで盾が2000近いダメージを受けて撃沈。
戦線が崩壊してグダグダになる中、生き残りの召喚が強引に撃ち込んだ履行でかろうじて勝利しました。

主催の方針で安全確実な方法で念入りに打ち合せしてからの戦闘だったので、あまり苦戦せずに撃破できていた印象です。

▼手持ちの格闘武器との比較
▽ゴッドハンド
ff11_20190504_gh005.png

▽乾坤圏(IL119+ Rank:13)
ff11_20190504_kn005.png

▽ウルスラグナ(IL119+)
ff11_20190504_vr005.png

攻撃力はSTR+50がつく「ウルスラグナ」がトップ。
命中は、残魂を投入している「乾坤圏」が飛び抜けています。
「ゴッドハンド」はD+が大きいので、1撃のダメージが大きめ。

からくり士で使うなら、オートマトンにも効果があるアフターマスが便利な「乾坤圏」がやっぱり一番だと思います。
モンクで使うなら、削り性能は「ウルスラグナ」で、連携性能は「ゴッドハンド」が良さそう。
「乾坤圏」「ウルスラグナ」と「ゴッドハンド」では殴り間隔の差が大きくて、使用感はだいぶ違います。

▼究極連携

ようやくイオニックウェポンを手に入れたので、さっそく究極連携を撃ってみました。

試し撃ちの相手は、サルベージ 銀海遺構-IIのボス、Bloodthirsty Dweorgです。
からくり士はマトンにTPを溜めさせてタクティクスウィッチを使うことで、わりと簡単に1人連携を出すことができます。
(その割には、マクロをミスったりスタンで止められたりして、けっこう失敗してしまいましたが……)

TP3000の四神円舞でアフターマスを付けて、R.フラリッシュでTPを回復したあと、ビクトリースマイト → タクティクスウィッチ → ビクトリースマイトで極光。

ff11_20190504_gh006.png

四神円舞→9150ダメージ
ビクトリースマイト→12104ダメージ
ビクトリースマイト→10889ダメージ
技連携・極光→10878ダメージ

WSのダメージは「ウルスラグナ」とほぼ同じかやや上。
マトンに「アンプリファイア」を乗せていたら、いい感じにMBしたかもしれません。

▼おまけ

醴泉島のボチュルスNM「Zerde」が落とした「スワイヤ」も手に入れて、格闘武器コレクションがまた1つ増えました('▽')

ff11_20190504_suwaiyas001.png
タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 01:12| Comment(0) | 武器防具

2019年05月04日

ギアスフェット エスカ-ジ・タ CL135 Pazuzu からくり ソロ / エンパスネックレス

オートマトンを強化できる装備を見ていたら、首装備の「エンパスネックレス」はソロでも取れそうだったので、取りに行くことにしました。
ドロップするのは、エスカ-ジ・タのガルー族NM「Pazuzu」です。

ff11_20190504_pazuzu001.png

ジョブ:か/忍
マトン:白兵戦ヘッド+射撃戦フレーム
フェイス:ArkEV,セルテウス,アシェラ,ユグナス,アプルル

湧かせた直後の通常攻撃で大ダメージを受けるのを避けるために、サポ忍で空蝉を使うようにしました。
でも、空蝉を使うのは開幕時だけです。

フェイスは、盾のArkEVが沈まないように、回復多めの編成。
アシェラは範囲回復とディスペル要員です。

アタッチメント構成は最近のAATTとてむず戦と同じものを使用。マニューバは、
  • アチューナー
  • インヒビター
  • インヒビターII
  • マグニプラッグII
  • T.スプリングIII
  • トゥルーサイツ
  • アーマープレートIV
  • コイラーII
  • ターゲットマーカー
  • A.リペアキットIV
  • O.ファイバー
  • O.ファイバーII

オートマトンの命中は「ターゲットマーカー」だけでも十分足りていましたが、最大火力のデイズとアルクバリスタを外すと時間に余裕がなくなるので、ミスが目立つなら「コイラーII」を「スコープIV」や「スタビライザーV」に変えた方が良いかもしれません。

本体装備はAATT戦で使っているものとほぼ同じですが、武器を「乾坤圏」にしてアフターマスを乗せています。

▼戦闘の流れ

「乾坤圏」のアフターマスを付けるために、戦闘前に周辺の雑魚で本体のTPを3000まで溜めて準備。

Pazuzuは自己中心範囲の技が多くて、白魔フェイス以外はほぼ巻き込まれてしまうので、開始時のフェイス配置はあまり気にしなくても良さそうです。

空蝉弐を張ったら戦闘開始。(空蝉を使うのはここだけです)

ArkEVがタゲを取ったのを確認して、Pazuzuの後ろからマトンをディプロイ。
前方範囲攻撃を受けないように配置します。
連環六合圏でアフターマスをつけたら、オーバードライヴ。

あとは範囲攻撃とメテオが当たらない位置まで離れて、マニューバ入れながら見てるだけ。

マトンのHPは大きく減ることなく、リペアキットのリジェネで間に合っていました。
AATTとてむず戦より多めのダメージが出ていたので、Pazuzuの防御力はあまり高くないのかもしれません。

危険な攻撃は、回復無効の呪いがつく「オブリビオンマント」くらい。
ArkEVが沈まない限りまず負けないと思います。

戦闘時間は3分と少し。
オーバードライヴの効果時間は30秒ほど余っていました。

ドロップは「エンパスネックレス」が2つ。(Rare Exだから1つは流れた)
パルス防具の「摩虎羅明光鎧」は出ませんでしたが、目的のものが手に入ったからOKです。

ff11_20190504_empath001.png

「シェパードチェーン」と比べると、

ff11_20190504_shepherd001.png

マトンが大ダメージを受けるときや受けるダメージの間隔が短いときは「シェパードチェーン」が有利。
リジェネに余裕があるときは「エンパスネックレス」で命中,攻を上げた方が有利。
「エンパスネックレス」にはペット:リジェネ+1がついていますが、どちらかと言えば攻撃寄りの首装備だと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 10:31| Comment(0) | NM/BF

2019年05月03日

サブ合成スキルをまとめて印可(70)まで上げた

彫金エスカッション第2段階で出されるギルドマスターからの課題では、革細工も必要になるので、70まで上げることにしました。
ついでに、70になっていなかった骨細工と調理もあわせてスキル上げ。
彫金と釣りは110、錬成は80、他のスキルは70になって、すべて青文字達成です。

ff11_20190503_syn001.png

でも、合成用のキャラを作ってないので、中間素材作りが難しかったりします……。

▼スキル上げに使った合成品

▽革細工
34-46 雄羊のなめし革
46-54 ラムマント
54-58 革の盾
58-67 スミロドンの革
67-70 スミロドンリング

▽骨細工
44-51 ホルン
51-61 サソリの矢尻
61-66 スコピオリング
66-70 ビーストホーン

▽調理
60-66 パンプキンスープ
66-70 アルザビコーヒー
posted by Madalto@芝鯖 at 19:40| Comment(2) | 合成

2019年05月02日

ジョブ装備まとめ (2019/05/02時点)

2019/04/03 → 2019/05/02の間は、「ヤグルシュ」と「ネイグリング」の追加が一番の変化。「アデマジャケット」がHQになって、青魔の物理攻撃力がけっこう上がった気がします。

「ヤグルシュ」はモヤ無しIL119まで。5月VUの「エスナ」の効果変更しだいでは、いきなり死亡する可能性があります……。
ff11_20190420_yag005.png

「ネイグリング」は「ドゥッカ」を素材に作成しました。「コラーダ」のオグメガチャは終了。
ff11_20190406_naegling001.png

残りのパルスアームズは2つ。
「トーレット」は作るつもりですが、あと1つは「ウルル」か「コーンスー」か「カランビット」か……。

以下、2019/05/02時点のそれぞれのジョブの装備。

▼ 黒魔装備
黒魔装備 (2019/02/03時点) から変更なし。

通常装備:INT 406 / 魔攻 429 / 魔命 400
FC装備:FC 80(合計 101)
デス装備:MP 2084 2029 / 魔命 315 〜 298 / 魔攻 429〜420

まだレリックの強化をしていません。
手は残り素材が少ないから勲章消費でもいいと思っていますが、足は破片を1つも取れていないのがけっこうキツイです。

▼風水装備

03/03 から変わったところは、

  • バグアチャーム Rank:9 → バグアチャーム Rank:15

  • (追加)龍脈の外套(風水スキル+6 インデ魔法効果時間+18% 被ダメージ-3% ペット:被ダメージ-5%)
  • 両脚
    BAパンツ+1 → BAパンツ+2
通常装備:羅盤リジェネ24 / 羅盤カット87.5(合計96) / 風水魔法 + 風水鈴 : 合計 920

インデ効果時間用の装備を調整。
背のオグメは効果時間+20%を目指したいところ。

▼召喚装備

02/03 から変わったところは、

  • CNホーン+2 → CNホーン+3

  • (追加)召喚士の首輪+1 Rank:17
物理履行装備:召喚魔法スキル 519 〜 513 / 履行+159 〜 141

AFの強化はひとまず終了。
レリックの強化はあまり急がないつもりです。

これから先はオーメン装備になると思いますが、なかなか参加できていません。

▼からくり装備

「シュコアトル」が欲しいけど、資金も出品もありません。
ダイバー首はマトン魔攻アップだから放置。

AATT特化のアタッチメントはいろいろ変更していますが、汎用的な構成はあまり変更していません。


▼青魔装備

04/03 から変わったところは、

▽物理装備
  • サブ
    コラーダ → ネイグリング

  • アデマジャケット → アデマジャケット+1

「コラーダ」を「ネイグリング」に置き換えました。
島武器はオグメを消去して倉庫キャラに送れるようになって欲しい……。

アデマ頭HQもあると良さそうだけど、手持ちのヘルクリア頭のオグメがわりと良いので悩むところです。


▼シーフ装備

02/03 から変わったところは、

  • アデマジャケット → アデマジャケット+1

「アデマジャケット」は装備できるジョブが多くて便利です。
ダークマターオグメキャンペーンがあるようなので、「スキンフレア」か「ヘルクリアトラウザ」にトレハン+2付きで良いものがでて欲しい。

▼白魔装備

04/03 から変わったところは、

▽通常装備
  • メイン
    (追加)ヤグルシュ IL119
通常装備:ケアル回復量 50(装備合計 67〜59) / ケアル回復量II 4 / ケアル詠唱 80(ケアル詠唱+FC合計 98〜92) / ヘイスト 23 / 敵対心 -50〜-38
カーズナ装備:回復魔法スキル 519 / カーズナ効果アップ 100 (カーズナ成功率 54%)
強化魔法装備:強化魔法スキル 504 / 属性耐性 230

「ヤグルシュ」が実戦投入になりました。
残魂を使わない限り、魔命は「マクセンチアス」の方が上なので、モヤはつけない予定です。

オーメンキャンペーンでジョブカードが溜ったら、AFを強化する予定。

▼その他の装備
まだジョブポを上げていないジョブの装備。
基本的に、ほかジョブで使っているものやユニクロ装備の寄せ集め。

モンク
武器は、ウルスラグナ IL119+。
防具は、真膝丸+ヘルクリア+アンバスマント。
AFクエ未クリア。
十分ソロジョブポ稼ぎができる装備になってるから、ページを独立させてもいいかも。

忍者
武器は、金糸雀(D+18 命中+9 攻+3 トリプルアタック+2%)+アチウチカプと、戸隠手裏剣。
防具は、アデマ胴+ヘルクリア+アンバスマント。

▼AF強化の進行状況
▽AF状況 (左から優先)
黒:足 +3 / 胴 +3 / 脚 AF
風:手 +2 / 脚 +2
召:胴 +3 / 足 +3 / 頭 +3
か:胴 +3
青:胴 +1 / 手 +1
シ:脚 AF / 胴 AF / 頭 AF 
白:頭 +2 / 胴 +1 / 脚 +1 / 手 +1

▽ジョブカード
黒:69 / 54
風:4 / 80
青:11 / 60
シ:111 / 162
白:166 / 194

▽小札
歩(獣竜召か):0 / 0
香(吟狩コ風):1 / 2
桂(白黒赤青学):8 / 6
銀(シ忍踊剣):2 / 3
金(戦モナ暗侍):2 / 0

▼レリック強化の進行 
▽フラグ・破片・闇具
黒 手:フラグ○ 破片4 闇具1
黒 足:フラグ○ 破片0 闇具3
風 脚:フラグ○ 破片0 闇具1
召 頭:フラグ○ 破片0 闇具1
白 脚:フラグ○ 破片1 闇具1
獣人勲章 39
獣神勲章 25

▽+2素材
頭:ギャブラスの角 6 / 3
胴:イグドリア原木 6 / 0
手:バズテヴィアの針 6 / 3
脚:ワクタザの嘴 4 / 3
足:ロックフィンの鋭歯 6 / 3

▽+3素材
頭:デフィアントの襟巻 12 / 3
胴:冥王の爪 12 / 0
手:マスイルの装甲 12 / 3
脚:冥界の魂 12 / 6
足:プロビッドの皮 12 / 3
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 23:42| Comment(0) | ジョブ装備