2019年06月06日

マーベラスチアが届いた!

「ナウいヴァナ スクリーンショットキャンペーン」の景品の「マーベラスチア」が届いていました!

ff11_20190605_marvelous002.png

詩人は「『SHINING BLESS』スペシャルライブ」イベントでLv30にしただけで呪歌はほぼ無し。
ひとまず、Lv1から使える「重装騎兵のミンネ」でスクリーンショットを撮りました。

ff11_20190605_marvelous001.png

スキル0だから、スクリーンショットを撮るだけでスキルが上がる……。
Lv1 AllJobsのおしゃれアイテムですが、デュナミス ダイバージェンスでシーフがトレハン乗せるために、サポ詩で達ララばらまくときには使えそうです。

キャンペーンに応募したスクリーンショットはコレ。

コメント: 今のマトンは……その程度では沈まないッ!!

ff11_20190518_urmahlullu001.png

盾フェイスでも直撃すると即死するほどの大ダメージを受けるワイルドホーンも、今のマトンなら余裕で耐えます。(なお、オーバードライヴ使用)

初期の頃のオートマトンは、レベル上げで倒す「とてとて」どころか「おなつよ」相手でもタゲを取ると沈むくらいだったのに、今では格上相手に盾ができるくらいに硬くなりました。
posted by Madalto@芝鯖 at 12:48| Comment(0) | FF11日記

2019年06月05日

オートマトンと協同で究極連携してみた

  1. イオニックウェポンで武神流秘奥義WSを撃ってアフターマスを付ける。
  2. 「5−アフターマスレベル」回数のWSを繋いで、光 → 光連携または闇 → 闇連携を発生させる。
アフターマス中は武神流秘奥義WSに光または闇の連携属性が発生。
光/闇連携属性が付くのはアフターマス後なので、アフターマスなしの時は通常の連携属性のまま。

「ゴッドハンド」を使った一人連携で、WS回数最少で極光を出したい場合は、
  1. TP3000で四神円舞を撃ってアフターマスLv3を付ける。
    (ちなみに、このときの四神には光属性は付いていないから、ビクスマに繋いでも、核熱 → 分解連携になって光しか出ない)
  2. 四神円舞(光)またはビクトリースマイト(光)を2回繋げて極光を出す。
という流れになります。
つまり、最低でもWSを3回撃たないといけません。

しかし、からくり士はオートマトンと連携することもできます。

オートマトンに「インヒビター」や「チェインアンプ」を積めば、本体のWSに合わせて連携するようになるので、

TP3000の四神円舞(アフターマスLv3)
→ マトンのボーンクラッシャー(連携:光)
→ 四神円舞またはビクトリースマイト(連携:極光)

と、アフターマスを付けるための四神を起点にして、そのまま極光まで持っていくことが可能……!

ということで、実際にやってみました。

ff11_20190605_gh001.png

相手は、5月のアンバス2章の「Guayota」と「O Tokata」。
「とてやさ」でやったら極光を出すための連携で一気に4割以上削れてしまって、試行回数は少なめです。

▽O Tokata(白ガルー)
四神円舞 → 5999
ボーンクラッシャー → 7163
技連携・光 → 8498
四神円舞 → 4738
技連携・極光 → 13283
合計 39681 ダメージ

▽Guayota(黒ガルー)
四神円舞 → 4838
ボーンクラッシャー → 5512
技連携・光 → 8248
四神円舞 → 5599
技連携・極光 → 19575
合計 43772 ダメージ

「とてやさ」相手とはいえ、かなり良いダメージでは……!?
WSダメージに対して、極光連携のダメージがスゴイです。

タクティクスウィッチでマトンのTPを使用すれば、簡単に四神/ビクスマ → 四神/ビクスマで極光を出せますが、再使用3分の縛りがあります。

それに比べて、ボーンクラッシャーを挟んだ連携は、
  • 本体とオートマトンの両方でTPを溜めるので連発しやすい。
  • 締めの極光用TPはオートマトンが光連携している間に溜めればいいので、時間に余裕がある。
    (多少ミスったりマルチアタックが乗らなくてもTPが間に合う)
  • 2連携になるので、光WS → 光WS(極光)の1連携よりダメージ倍率が上がる。
  • オートマトンと本体で敵対心を分散させることができる。
と、メリットが多い上に、これといってデメリットがありません。

しかも、初弾の四神円舞の後にフェイスのWSで割り込まれても、初めから間にWSが挟まる前提でいるから、極光連携をミスしにくくなります。
(ちなみに、四神円舞からはルミナスランスもリヴァレーションも繋がらないので、セルテウスが余計なことをしないというメリットもありますw)

最近は物理ダメージが必要な時には「白兵戦ヘッド+射撃戦フレーム」のオートマトンばかりを使っていましたが、
「白兵戦ヘッド+白兵戦フレーム」を「極光の繋ぎに入れて連携で削る」という用途で使うことができそうです。
posted by Madalto@芝鯖 at 13:00| Comment(0) | FF11日記

2019年06月02日

ジョブ装備まとめ (2019/06/02時点)

2019/05/02 → 2019/06/02の間の変更は、やっぱり「ゴッドハンド」が一番。
アンバス武器は「トーレット」を加えて、3つが最終段階になりました。

「ゴッドハンド」を手に入れて、究極連携ができるようになりました。支援が十分なら一人連携で大ダメージが出せます。
ff11_20190603_gh002.png
打撃での削り性能は「ウルスラグナ」の方が上なので、使いどころは選ぶかもしれません。

「トーレット」は「エフェメロン」を使用して作成。
ff11_20190420_tauret001.png
「ネイグリング」を作ったときは「コラーダ」を使わなくなりましたが、「スキンフレア」はまだ活躍しそうです。

以下、2019/06/02時点のそれぞれのジョブの装備。

▼ 黒魔装備
黒魔装備 (2019/02/03時点) から変更なし。

通常装備:INT 406 / 魔攻 429 / 魔命 400
FC装備:FC 80(合計 101)
デス装備:MP 2084 2029 / 魔命 315 〜 298 / 魔攻 429〜420

勲章消費してレリック手を強化するつもりでしたが、放置したままでした。
足は、破片をもう少し取ってからにしたい……。

▼風水装備

05/02 から変わったところは、


  • 龍脈の外套(風水スキル+6 インデ魔法効果時間+18% 被ダメージ-3% ペット:被ダメージ-5%) → 龍脈の外套(風水スキル+6 インデ魔法効果時間+20% ペット:被ダメージ-3%)

通常装備:羅盤リジェネ24 / 羅盤カット87.5(合計96) / 風水魔法 + 風水鈴 : 合計 920

「龍脈の外套」のオグメで効果時間+20%達成。
インデの時間は5秒くらいしか変わりませんが、気分的な問題として。

風水の精霊MBをダメージソースにする野良PTを見かけることが増えたので、どうにかした方が良いような気がしています。

▼召喚装備

05/02 から変わったところは、

▽物理履行装備

  • 召喚士の首輪+1 Rank:17 → 召喚士の首輪+1 Rank:20

▽ペット魔攻装備(部分着替え)
  • メイン
    グリオアヴァール(契約の履行ダメージ+5 ペット: INT+12 魔命+1 魔攻+30) → グリオアヴァール(契約の履行ダメージ+9 ペット: INT+8 魔命+25 魔攻+26)

物理履行装備:召喚魔法スキル 519 〜 513 / 履行+161 〜 141

グリオアヴァールのオグメを久々に更新。
ダメージは若干下がるようですが、魔命+を取ることにしました。

レリックは、ひとまず頭を強化予定。

▼からくり装備

03/03 から変わったところは、

▽共通

  • (追加)エンパスネックレス

▽本体火力装備
  • メイン
    (追加)ゴッドハンド
  • 両脚
    (追加)ヘルクリアトラウザ(DEX+15 命中+20 攻+20 トリプルアタック+3%)

「Pazuzu」のトリガーを交換できるようになったからソロで倒しにいったら、1発で「エンパスネックレス」をドロップしました。

「ゴッドハンド」は、「乾坤圏」や「ウルスラグナ」の振り速度に慣れるとだいぶ遅く感じます。
でも、タクティクスウィッチでオートマトンのTPを使えるので、究極連携は出しやすそう。
オートマトン強化がついていないから、主力はやっぱり「乾坤圏」です。

アタッチメント構成は、最近NM戦でよく使っているもので更新しました。


▼青魔装備

05/02 から変わったところは、

▽物理装備
  • 両脚
    ヘルクリアトラウザ(DEX+12 命中+30 攻+31) → ヘルクリアトラウザ(DEX+15 命中+20 攻+20 トリプルアタック+3%)

変更というか、使っていなかったものを改めて採用。
命中がだいぶ下がるのが気になるところ。

アデマ頭と手のHQがあると良さそうですが、優先度は低め。

覚えてない青魔法がかなりあるから、覚えに行かないと……。


▼シーフ装備

05/02 から変わったところは、

  • メイン
    (追加)トーレット
  • 右耳
    ディグニタリピアス → シェリダピアス
  • 両脚
    (追加)ヘルクリアトラウザ(命中+20 攻+20 魔命+12 コンサーブMP+1 トレジャーハンター+2)
    ヘルクリアトラウザ(DEX+12 命中+30 攻+31) → ヘルクリアトラウザ(DEX+15 命中+20 攻+20 トリプルアタック+3%)

メインを「トーレット」に変更して、トレハンを調整しました。

レリックを強化したいところですが、まだフラグが解放できていません。

▼白魔装備

05/02 から変わったところは、

▽通常装備
  • サブ
    (削除)シンドリ
  • 矢弾
    (追加)インパティエンス
  • 左耳
    メンデカントピアス → ノーヴィアピアス

  • (追加)アノインカラシリス

通常装備:ケアル回復量 50(装備合計 67〜62) / ケアル回復量II 4 / ケアル詠唱 80(ケアル詠唱+FC合計 99〜96) / ヘイスト 23 / 敵対心 -50〜-45
カーズナ装備:回復魔法スキル 519 / カーズナ効果アップ 100 (カーズナ成功率 54%)
強化魔法装備:強化魔法スキル 504 / 属性耐性 230

「ノーヴィアピアス」で敵対心を調整して、「アノインカラシリス」を実戦投入しました。
ナイズルで運良く「インパティエンス」が出たから、MPに余裕があるときはこちらを使うように変更。

ジョブカードがそろったから、そろそろAFを強化する予定。

▼モンク装備


ジョブポ上げを始めたのでページ作成しました。

▼AF強化の進行状況
▽AF状況 (左から優先)
黒:足 +3 / 胴 +3 / 脚 AF
風:手 +2 / 脚 +2
青:胴 +1 / 手 +1
シ:脚 AF / 胴 AF / 頭 AF 
白:頭 +2 / 胴 +1 / 脚 +1 / 手 +1

▽ジョブカード
黒:71 / 54
風:25 / 80
青:11 / 60
シ:121 / 162
白:207 / 194

▽小札
歩(獣竜召か):0 / 0
香(吟狩コ風):4 / 2
桂(白黒赤青学):8 / 6
銀(シ忍踊剣):2 / 3
金(戦モナ暗侍):2 / 0

▼レリック強化の進行 
▽フラグ・破片・闇具(*は優先して強化)
黒:頭(3, 1) 胴(5, 3) 手(4, 1)* 脚(1, 0) 足(1, 3)*
白:頭(0, 0) 胴(1, 3) 手(0, 1) 脚(1, 1)* 足(0, 0)
風:頭(0, 0) 胴(1, 0) 手(3, 1) 脚(0, 1)* 足( 済 )
召:頭(0, 2)* 胴(1, 2) 手(2, 1) 脚(0, 1)* 足(0, 3)
モ:頭(0, 0)* 胴(0, 0) 手(0, 0)* 脚(0, 0)* 足(0, 0)
獣人勲章 41
獣神勲章 28

▽+2素材
頭:ギャブラスの角 6 / 6
胴:イグドリア原木 6 / 0
手:バズテヴィアの針 6 / 6
脚:ワクタザの嘴 5 / 12
足:ロックフィンの鋭歯 6 / 3

▽+3素材
頭:デフィアントの襟巻 12 / 6
胴:冥王の爪 12 / 0
手:マスイルの装甲 12 / 6
脚:冥界の魂 12 / 12
足:プロビッドの皮 12 / 3
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 23:59| Comment(0) | ジョブ装備

オートマトンのアタッチメント構成 (2019/06/02時点)

今のアタッチメント構成メモ。
ジョブポ1200以上で、オートマトンの属性値+4の状態。
マトンは良く使っている順。

▼白兵戦ヘッド+射撃戦フレーム(攻撃)
  • 基本構成
    • インヒビター
    • インヒビターII
    • マグニプラッグII
    • T.スプリングIII
    • トゥルーサイツ
    • アーマープレートIV
    • A.リペアキットIV
    • O.ファイバー
    • O.ファイバーII
  • 敵によって変更
    • アチューナー (NM戦、攻撃力アップ)
    • チェインアンプII (連携ダメージ重視)
    • ターゲットマーカー (NM戦,命中アップ)
    • コイラーII(マルチアタック,TP速度重視)
    • スコープIV(射命アップ)
    • バラージタービン(瞬間ダメージ)
    • スタビライザーIV(命中アップ)

オーバードライヴを使うことが前提の、短期決戦マトン。
主に使うマニューバは、火、雷、光。

白兵ヘッド+射撃フレームのオートマトンは、敵に接近して攻撃しながら射撃WSを使うようになります。

WSを撃つペースが重要なので、インヒビターを2つ積んでストアTPを上げています。
TPが十分なら、マトン単体で デイズ → アルクバリスタ(連携:溶解) → アーマーシャッタラー(連携:核熱) → アーマーピアッサー(連携:重力)の連携が出ます。

ほぼNM戦用なので、たいていは「アチューナー」と「ターゲットマーカー」を搭載。
格下や防御力が高い相手には、「チェインアンプII」の方がダメージが出ることもあります。
命中が足りなくてWSを外すようなら、「スコープIV」や「スタビライザーIV」に変更します。
「バラージタービン」は、デイズ並みのダメージを出す上にTPも大幅に得ることができますが、オーバードライヴ中は1回しか使えないのが残念。

▼白兵戦(盾)
  • 基本構成
    • ストロボII
    • T.スプリングIV
    • インヒビターII
    • アーマープレートIV
    • イコライザー
    • バリアモジュールII
    • スタビライザーIV
    • マナジャマーIV
    • A.リペアキットIV
    • フラッシュバルブ
    • O.ファイバーII
  • 敵によって変更
    • フレイムホルダー (WSダメージアップ)
    • アチューナー (NM戦、攻撃力アップ)
    • ターゲットマーカー (NM戦、当たらないとき)
    • アナライザー (NM戦、特殊攻撃対策)
    • スチームジャケット (NM戦、特殊攻撃対策)
    • アクセラレーターIV (つよとて連戦など)
    • ガルバナイザー (つよとて連戦など)
    • シュルツン (大ダメージ対策)

NM戦でよく使う盾マトン。
主に使うマニューバは、火、土、光。

四神円舞 → ボーンクラッシャーで光、連環六合圏 → ストリングシュレッダーで闇と、どちらも対応できるのが便利。
ボーンクラッシャーもストリングシュレッダーもVIT補正で、盾マトンと相性がいい。

物理ダメージカットを重視して、タゲ取りアタッチメントを追加した構成。
イコライザーはロマン。
NMの攻撃内容によってはマナジャマーを増やすこともあります。
フレイムホルダーは大ダメージを出せるけどオーバーロードしやすくて、乾坤圏かミッドナイトがないと使いづらいアタッチメント。
シュルツンは針万本をマトン単独で耐える対サボテンダー最終装備。

▼射撃戦(ヘーゼルサジタリウス)
  • 基本構成
    • T.スプリングIV
    • インヒビターII
    • アーマープレートIV
    • スコープIII
    • スコープII
    • ドラムマガジン
    • リピーター
    • スタビライザーIV
    • マナジャマーIV
    • A.リペアキットIV
    • O.ファイバーII
  • 敵によって変更
    • フレイムホルダー (WSダメージアップ)
    • アチューナー (NM戦、攻撃力アップ)
    • ターゲットマーカー (NM戦、当たらないとき)
    • H.キャパシターII (WS発動回数アップ)
    • ヒートシンク (風、火マニューバ連打するとき)

主に使うマニューバは、火、風、雷、光。

マニューバは使いたいWSに合わせて変更。
格上にはアーマーシャッタラー(風)が強く、格下にはアルクバリスタ(火)が大ダメージを出せます。
火力は大きいものの、タゲを取ると脆いのが難点。

ビクトリースマイト → アーマーシャッタラー:光 → ビクトリースマイト:光 のひとり3連携がわりと強力。
フェイスのシャントットIIがいると合計ダメージがかなり跳ね上がります。

アーマーシャッタラーの防御力ダウンはランクが高くて、敵の防御力アップをほぼ無効にできるのが便利。

▼魔法戦(赤魔)
  • 基本構成
    • マナブースター
    • スキャナー
    • ラウドスピーカーIV
    • ラウドスピーカーII
    • アーマープレートIV
    • マナジャマーIV
    • レジスターII
    • ダメージゲージII
    • V.チューブII
    • O.ファイバーII
    • マナタンクIV
    • マナタンクIII

万能支援型の赤魔マトン。
主に使うマニューバは、氷、光、闇。

ケアルと精霊に加えて、本体にヘイストII、ストンスキン、ファランクスがかかります。
格闘が苦手とするスライムやゴーストを相手にするときは、マトンの精霊が活躍。

フェイスが呼べるところではあまり使いませんが、ナイズルやエインヘリヤルでは便利。

▼魔法戦(白魔)
  • 基本構成
    • マナブースター
    • スキャナー
    • パワークーラー
    • アーマープレートIV
    • マナジャマーIV
    • レジスターII
    • ダメージゲージII
    • V.チューブ
    • V.チューブII
    • O.ファイバーII
    • マナタンクIV
    • マナタンクII

主に使うマニューバは、氷、光、闇。
ケアルと状態異常回復ができるのが特徴ですが、白魔フェイスがいれば十分であまり出番がありません。

アタッチメント枠に余裕があるので、V.チューブを2つ乗せています。

▼魔法戦(黒魔)

  • 基本構成
    • アイスメーカー
    • アンプリファイアII
    • ラウドスピーカーIV
    • スキャナー
    • アーマープレートIV
    • マナジャマーIV
    • O.ファイバー
    • O.ファイバーII
    • A.リペアキットIII
    • マナコンサーバー
    • マナタンクIII
    • マナタンクIV

主に使うマニューバは、氷、闇。

黒魔マトンがMBすれば、瞬間ダメージは射撃マトンを上回る事もあります。
マニューバ連打になってオーバーロードしやすいのが難点。
タグ:FF11 からくり
posted by Madalto@芝鯖 at 23:58| Comment(0) | ジョブ装備

モンク装備 (2019/06/02時点)


モンクのジョブポ上げを始めたので、装備をまとめました。

部位装備備考
メインウルスラグナ
IL119+ (関連記事
 ゴッドハンド関連記事
サブ  
遠隔  
矢弾銀銭 
ヘルクリアヘルムDEX+14 命中+30 攻+10 ウェポンスキルのダメージ+4%
リソムネックレス 
左耳セサンスピアス 
右耳ディグニタリピアス 
アデマジャケット+1
Type:A (関連記事
両手ヘルクリアグローブSTR+2 命中+35 攻+26 ウェポンスキルのダメージ+3%
左指エポナリング 
右指ラジャスリング 
セゴモマントSTR+30 命中+20 攻+20 ストアTP+10 カウンター+10
月虹帯 
両脚ヘルクリアトラウザDEX+15 命中+20 攻+20 トリプルアタック+3%
両足ヘルクリアブーツDEX+11 命中+34 攻+29

ほぼ全て、からくり士と青魔からの流用です。
モンク固有の装備はアンバスマントだけ。

AFなどのジョブ戦用装備はまだ1つも取っていません。
装備を強化するならAFなどからになりますが、例によってアイテム欄の空きが問題です。
タグ:FF11 モンク
posted by Madalto@芝鯖 at 23:58| Comment(0) | ジョブ装備