2019年07月31日

ウォンテッド ロ・メーヴ CL125 Douma Weapon 黒魔 ソロ

未クリアのウォンテッドを消化するために、わりと楽そうな「Douma Weapon」を倒しに行きました。

「Douma Weapon」は、ロ・メーヴのイビルウェポンNM「Shikigami Weapon」の上位NM。
怒りの旋風の後に、お供の「Katashiro Weapon」を複数召喚(最大6体)。
お供はしばらくするとワープして怒りの旋風をばらまくので、速攻で倒す必要があります。

ff11_20190728_douma001.png

ジョブ:黒/赤
フェイス:ArkEV,ザイドII,セルテウス,ユグナス,アプルル

最大6体のお供を速攻で倒すために、範囲攻撃性能に優れる黒魔で行きました。

フェイスは、盾と範囲回復がいれば、わりとなんでもいいと思います。
蝉盾の方が有利だと思いますが、ArkEVでも問題なく耐えられました。
ウェポンは火,光弱点なので、光連携が出やすい編成にしています。

▼戦闘の流れ

「Douma Weapon」を沸かせて旋風の範囲外まで離れた後は、フェイスの連携を待ってMB。
旋風を使ってきたら、お供の召還を待ってガ系,ジャ系で殲滅。

お供が残っていると危険なので、お供処理を優先するようにしました。
連携とお供召喚のタイミングがかぶったら、MBはあきらめてガジャ準備。
本体はたいして強くないので、お供を速攻で倒すようにしていれば、まず負けない相手だと思います。

フェイスの連携次第ですが、1回の戦闘は3分ほど。
周囲の通常ウェポンがLv99でも絡んでくる強さなので、戦闘終了直後に絡まれるのがめんどうでした。

「ドウマの箱」から装備はなく、ギルと深成岩でした。
タグ:FF11 ソロ 黒魔
posted by Madalto@芝鯖 at 11:43| Comment(0) | NM/BF

2019年07月30日

格闘レリック スファライ - 1 / レリックナックル → スファライ

ついに「スファライ」を手に入れました!
初のレリック武器です。

「スファライ」(Lv75)にするまでにかかった期間はおよそ2ヶ月。
でも、2段階目の「ミリタントナックル」から「スファライ」にするまでは、2日ほどで完了しました。

▼レリックナックル → ミリタントナックル
ff11_20190728_spharai002.png

コー・イ・ヌール:合成(彫金 22)
グリフィンなめし革:コスミックオーブBFのドロップ
アダマン板:合成(鍛冶 85)
100バイン紙幣 4枚

一番時間がかかった強化です。

「アダマン版」は、合成キャラの鍛冶スキルを95にするときに作って大量に余っていました。
「グリフィンなめし革」は、7月のコスミックオーブキャンペーンで攻城剛力組を連戦しているときに、たまたまドロップ。

大変だったのは「コー・イ・ヌール」。
彫金スキル 110+職人装備 4+彫金カウンター 5でスキル合計119。
「クラフマスタリング」と「ココナッツラスク」でHQ成功率アップ。
それなのに、「コー・イ・ヌール」を1個作るのに「輝く透石」を5ダースも使ってしまいました。
スキル+51でHQ3は3.12%じゃなかったのか……?
「輝く透石」をメインシーフにして自力で取りに行っていたので、ここでずっと足止めを受けていました。

▼ミリタントナックル → デュナミスナックル
ff11_20190729_spharai003.png

ブロンズナックル:エミネンス交換
メタルナックル:合成(鍛冶 21,木工 6)
ケーニヒスナックル:競売
モニヨン銀貨 14枚

「デュナミスナックル」はあっさり終了。
合成キャラの鍛冶スキルは95で「ケーニヒスナックル」の91をクリアしていますが、彫金を上げていなかったので、「ケーニヒスナックル」は競売で購入しました。

「モニヨン銀貨」はわりと余ってて、14枚くらいなら楽勝。

▼デュナミスナックル → カエストス
ff11_20190729_spharai004.png

不撓不屈の証:デュナミス-ボスディン
ルンゴナンゴ翠貝貨 61枚


「ルンゴナンゴ翠貝貨」は10枚ほどバザーで購入しました。

▼カエストス → スファライ
ff11_20190729_spharai005.png

プシュケー:ナイズル
魔拳の欠片:デュナミス-ザルカバード
10,000バイン紙幣 1枚


「プシュケー」はナイズルで発掘。

「10,000バイン紙幣」は、「100バイン紙幣」を40枚ほどバザーで購入して交換しました。

要求されたアイテムと「カエストス」をそろえて、オズトロヤ城最上階の玉座にある「  」にトレードすると、「スファライ」をゲット。

ff11_20190729_spharai005a.png

専用WSの「ファイナルヘヴン」は、横から見るとかなり派手です。

ff11_20190729_fh001.png

後ろから見た時はイマイチわかりにくいエフェクトですが……。

これからIL119まで強化するためのノックがスタート。
モヤらせるところまで行きたい。
タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 12:20| Comment(0) | 武器防具

2019年07月29日

ウォンテッド 聖地ジ・タ CL122 Keeper of Heiligtum からくり ソロ

7月キャンペーンも残り少し。剛力組連戦も飽きてきたので、未クリアのウォンテッドを進めることにしました。

「Keeper of Heiligtum」は、ジ・タのグゥーブーNM「Keeper of Halidom」の上位NM。
百烈拳を何度も使う上に、百烈拳中は回避能力ダウンスフィアを展開してきます。

ff11_20190728_heiligtum001.png

ジョブ:か/踊
マトン:白兵戦ヘッド+白兵戦フレーム(盾仕様)
フェイス:ザイドII,ウルミア,コルモル,アプルル,ユグナス

「Keeper of Heiligtum」は百烈拳さえ何とかすれば勝てる相手だと思います。
なので、物理攻撃に強いマトン盾で百烈拳を受けるようにしました。

フェイスは支援を中心に編成。
ザイドIIはスタナー。
ウルミアとコルモルは、マチマチとヘイストII用。
百烈中に本体がタゲを取ってしまったときのために回復は多めにしました。

アタッチメント構成は次の通り。
  • アチューナー
  • ストロボ
  • ストロボII
  • インヒビターII
  • マグニプラッグII
  • アーマープレートIII
  • アーマープレートIV
  • T.チャージャーII
  • ターゲットマーカー
  • A.リペアキットIV
  • フラッシュバルブ
  • O.ファイバーII

マニューバは、火土光。
とりあえず、ストロボI+II,アーマープレートIII+IV,A.リペアキットIV,フラッシュバルブ,O.ファイバーIIがあれば、あとは何でもいいと思います。

▼戦闘の流れ

オートマトンをディプロイしてタゲを取らせた後は、本体がタゲを取らないように殴っていれば勝てます。

連環六合圏は威力が大きくてタゲを取る危険があったので、やや威力が低い四神円舞を使うようにしました。

四神の悪疫の影響か特殊技は少なく、逆位相波が1回来ただけ。
ヘイトリセットが付いているらしいアッパーカットは来なくて、ザイドIIのスタンの出番はありませんでした。
運悪く本体がタゲを取ったとしても、1回だけなら腹話術で対応できます。

1回の戦闘は1分半ほど。
痛い範囲攻撃がなく、CL122のなかでも楽に倒せるNMだと思います。

「ハイリグタムの箱」から出たのは「ハイリグタムの苔」だけでした。
posted by Madalto@芝鯖 at 22:25| Comment(0) | NM/BF

2019年07月28日

モグボナンザで交換したマーズオーブを使った結果

ボナンザの5等でマーズオーブを4個交換。
まとめて箱開けに行ってみました。

1個目のマーズオーブはバルガの舞台で挑戦。
1箱目でいきなりカスワックでした……。
でも、「シャドウリング」と「アルコンリング」で無効化には成功!

ff11_20190728_mo001.png
ff11_20190728_mo001a.png

その後、2発で死にましたw

2個目もバルガの舞台。
3箱開けたものの、4箱目でカスワック。
無効化も失敗して即死。

バルガの舞台は相性が悪いようなので、3個目はワールンの祠に変更。
3箱開けたところで脱出。

ff11_20190728_mo002.png
ローハイドベスト
古い袋【綺麗な翅】
カッゲンの外殻
インデヘイスト

4個目もワールンの祠。
「とて」や「とてとて」は無かったけれど、6箱開けて脱出。

ff11_20190728_mo003.png
ラビットバイザー
袋【細い白石+1】
インデグラビデ
袋【薄い黒石+1】
古い袋【綺麗な翅】
袋【細い緑石+1】
インデヘイスト

これといってアタリがなく、なんとも微妙な結果でした……。
タグ: FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 19:24| Comment(0) | FF11日記

2019年07月21日

アンバスケード1章 サハギン【2019年7月】 むず 風水(PT)

月の後半に入って、ようやくアンバス1章のサハギンに参加しました。
今月は忙しすぎて寝落ちが多いのがいけない……。

2017年8月のリバイバルらしいのですが、前回やったかどうかすら覚えてなくて、実質初参加と同じでした。

ff11_20190721_ambus001.png

Bozzetto Songstres(ボス,詩)
Bozzetto Flowspear(竜)×2
Bozzetto Wavefist(モ)×2
Bozzetto Hydrophile(白)

今月はギミックがかなり複雑です。

とりあえず、
ボスに弱体を4つ以上入れて歌いづらくしておきながら、なるべく早くお供を倒せばクリア。
「むず」なら倒すお供は6体ほど。

ちなみに、「とてむず」は恐ろしく難しいようです……。

PT編成:剣侍暗白詩風
参加ジョブ:風/赤

盾+火力+支援の安定PT。

風水は、インデウィルト,ジオフレイルと、盾にエントラバリア。
開幕からグローリー&エンリッチ使用。
ボスに弱体をいれて「ボスの歌いづらさは計り知れない」を維持して、合間にお供にディスペルを連打していました。

▼戦闘の流れ

強化が終わったら、盾が突っ込んで敵を集めたところで詩人の達ララ。
グロリッチ付きのフレイルを置いたら、前衛は「Bozzetto Flowspear」をひたすら撃破。
倒したお供はしばらくすると再召喚されます。
Flowspearの召喚待ちになるときは、「Bozzetto Wavefist」も倒していました。

前衛がお供を倒している間、詩と風でボスに弱体。
ボスが「歌いづらさは計り知れない」になっていたら、前衛が殴っているお供にひたすらフィナーレ&ディスペル。

LSメンバーから「風水用の魔命装備が必要」と言われていましたが、「むず」のレベルなら全身ジャリ+2装備と「ペアクレープ」でほぼレジなしでした。

メインとサブは「イドリス(IL119+)」と「アムラピシールド」。
「イドリス」がモヤってなければ、「マクセンチアス」でも良いと思います。
「ペアクレープ」が切れるとレジレジになったので、食事は重要。

これまで風水用のアンバスマントは、金粉で「回避,魔回避」をつけていましたが、今回のアンバス1章にあわせて「魔命,魔法ダメージ」に変更しました。

1回あたりの戦闘時間は7分ほど。
はじめの数回は危ないところもありましたが、全滅などの事故はなし。
運良く突入待ちがほとんどなかったこともあって、効率良く稼げたと思います。
タグ:風水 FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 21:04| Comment(0) | NM/BF