2019年09月27日

上位ミッションBF ★翼もつ女神 Lady Lilith とてやさ シーフソロ(その2:作戦変更)

「★翼もつ女神」の「とてやさ」を1日に2〜3回のペースで突入していますが、少し作戦を変更しました。
(2019/10/06 「ちょっとした工夫」に追記)

▼装備

普段使っているシーフ装備 (2019/07/01時点) から、首と指を変更してダメージカットを増やしました。
  • 首:ロリケートトルク+1
  • 指:守りの指輪,VCリング+1

白魔フェイスのケアルが異常回復で遅れることがあったので、ダメージカットが多い方が良さそうです。
別に一人連携はしなくてもいいので、マルチアタックやSTPは減らしても問題ありません。
むしろ、火力を減らして多少戦闘が延びた方が、トレハンが上がる可能性があります。

▼編成
  • セルテウス(範囲回復,MP回復)
  • コルモル(ヘイストII,ファランクスII,ディアIII,補助ケアル)
  • クピピ(イレース,単体ケアル)
  • アプルル(イレース,ケアル,ケアルガ)
  • ユグナス(イレース,単体ケアル,範囲回復)

全員回復能力持ちで編成しました。
イレース多め。
クピピやユグナスのMP消費が早いので、リジュヴァネーションを誘発するための「昏睡薬」があると楽です。

ヘイトリセット技があるのと、回復対象が増えて事故りやすくなるようだったので、盾フェイスは外すことにしました。

▼ちょっとした工夫

メリポを振り直して、フェイントを4振りに変更。
リキャストのたびにフェイントを使って、トレハンを稼ぐようにしました。

外周部の罠は「とてやさ」では床の十字模様の先には無いので、床の模様を参考に吹っ飛ぶ方向を確認しながら戦闘をしています。

ヘイトリセット対策のために、サポ戦にして挑発マクロを追加しました。
逃げ回って罠の範囲内に突っ込んだアプルルやユグナスからタゲを取り返すのに便利です。

セルテウスのWS「ルミナスランス」や「リヴァレーション」のあとに「エヴィサレーション」を撃つと、重力連携が発生してリリスが大量回復してしまいます。
「ルミナスランス」や「リヴァレーション」は連携受付時間が妙に長いようで、PCの連携と同じ感覚で時間をあけても、連携が繋がってしまうことがあります。
そこで、「ルミナスランス」や「リヴァレーション」が出たら、多少時間があいていても「エクゼンテレター」(繋がったら光連携になる)を撃って、連携受付を確実に切るようにしました。
posted by Madalto@芝鯖 at 13:03| Comment(0) | NM/BF

2019年09月26日

胡蝶のイヤリング を取り直し / 白魔用クイックマジック装備

風水装備で使っていた「胡蝶のイヤリング」を取り直すことにしました。

ff11_20190925_am_lilith002.png

これまでは、オグメに「魔命+4 潜在能力:リフレシュ+1」を付けて、風水用のリフレシュ装備に使っていました。
でも最近では、風水でMPに困るケースが少なくなってきました。
風水が入るPTでは、たいてい赤魔や詩人がいて強力なリフレシュがかかります。
ペットダメージカット装備やペットリフレシュ装備が増えて、羅盤が長持ちするようになったのもMP節約になっています。

というか、風水のMPが足りなくなるような時は、すでに戦闘がグダグダになっていてほぼ負け確定です。

そこで、「胡蝶のイヤリング」を別の用途で使うことにしました。

よく見かけるオグメは「命中+4 TPボーナス+250」。
「TP:クリティカルヒット確率修正」や「TP:ダメージ修正」のWSに有効なオグメです。
よく使っているジョブのWSでは、「ビクトリースマイト」「連環六合圏」「シャンデュシニュ」「エヴィサレーション」が当てはまります。

このうち、「シャンデュシニュ」と「エヴィサレーション」は、TP+250より、DEXを増やしてクリティカル率とダメージ修正両方上げた方がいいらしいです。
そして、「ビクトリースマイト」「連環六合圏」「シャンデュシニュ」は、RMEA武器を使ってTP3000で撃つことも多いWS。TP3000時はTPボーナスの効果がありません。
ついでに言えば、「連環六合圏」はオートマトンからタゲを取らないように、あまりダメージが出ない方がいい時もあります。

というようなことを考えた結果、前衛火力用のオグメはやめて、白魔用に「クイックマジック+3%」を付けることにしました。

ff11_20190925_am_lilith003.png

これで、白魔のクイックマジックが装備枠上限の10%達成。
  • インパティエンス(クイックマジック+2%)
  • ウィトフルベルト(クイックマジック+3%)
  • レベッチェリング(クイックマジック+2%)
  • 胡蝶のイヤリング(クイックマジック+3%)

MB失敗の原因になって黒魔からは嫌われる「クイックマジック」ですが、白魔にとってはまったくデメリットがありません。

ところが、今の白魔装備で「メンデカントピアス」と入れ替えると、ケアル回復量が不足します。
そこで「GEカウビーン+1」に「黒霊石+2」を大量投入して、頭装備のケアル回復量を+18%にしました。(TEキャップ+3:ケアル回復量+12% → GEカウビーン+1:ケアル回復量+18%)

ff11_20190925_gende001.png

ただ、魔命が大幅に下がるのがツライところ。
アンバス1章とてむずなどで白魔も弱体を入れる必要があるときは、装備変更マクロで対応することにします。
タグ:FF11 白魔
posted by Madalto@芝鯖 at 12:09| Comment(0) | 武器防具

2019年09月23日

からくり士 ジョブマスター武器 「シュコアトル」 Rank:25

想定外に落札してしまった「シュコアトル」が、ようやくRank:25になりました!

ff11_20190923_xiucoatl001.png

溜めていた「英雄の結晶」をすべて投入してRank:13まで強化。
残りは、野良デュナミス〜ダイバージェンス乱獲(W1〜W2攻略)に、からくり士で参加して強化しました。
Rank:25までに参加したダイバー乱獲は3回。
拾った「英雄の結晶」も投入しています。
ちなみに、ダイバーでは本体よりオートマトンの方が火力がありました。

オーグメントは、オートマトン強化になるType:Cを選んでいます。
からくり士なら、本体強化よりオートマトン強化です。
ほかの選択肢はありません。

用語辞典によると、「ウェポンスキルのダメージ+」はWSの初段にのみ有効。
格闘は多段WSが多くて、効果が薄くなってしまいます。
例えば、「ウェポンスキルダメージ+15%」がついた「シュコアトル」で「連環六合圏」(6回攻撃)を撃つと、全段合計したダメージは+2.5%しか上がらない計算になります。

一方、オートマトンのWSはあまり攻撃回数が多くありません。
特に、火力重視のオートマトンで主力になる射撃戦WSはすべて単発。
「オートマトン:特殊技ダメージ+25%」の効果がフルに出るはずです。

(TPを溜めるのがメンドウなので)アビセアで試し撃ちしてみました。
試し撃ちの相手は、アビセア-グロウベルグの雑魚ワイバーン。
紫苑,終焉,皆勤のアートマをつけて、オートマトンのTP3000でWSを撃たせた結果です。

▽乾坤圏
アーマーシャッタラー:10734ダメージ
ff11_20190923_xiucoatl002k.png

アルクバリスタ:23650ダメージ
ff11_20190923_xiucoatl003k.png

▽シュコアトル
アーマーシャッタラー:13417ダメージ
ff11_20190923_xiucoatl002x.png

アルクバリスタ:29562ダメージ
ff11_20190923_xiucoatl003x.png

13417 ÷ 10734 = 1.25
29562 ÷ 23650 = 1.25

ぴったり+25%ダメージアップ!

元のダメージが大きなアルクバリスタだと6000ダメージ近く増えました。
これだけのダメージが出るなら、火力前衛ジョブにも引けを取らないような気がします。

まぁ、実のところ、「乾坤圏」でアフターマス(時々2-3回攻撃)を付けたり、「オータス」でリゲイン+ヘイストを付けたりしてWSの回数を増やした方がいい、という話もありますが……。
タグ:FF11 からくり
posted by Madalto@芝鯖 at 19:41| Comment(0) | 武器防具

2019年09月19日

片手棍エンピリアン ガンバンテイン - 6 / ガンバンテイン 第2段階 (Lv85)

「ブッキスの翼」×50個の納品が完了。
「ガンバンテイン」が、ダガンを撃てて時々2倍撃がでる片手棍になりました!

ff11_20190918_gamban001.png

まだ実戦で使える性能ではないですが。
なお、ダガンはコイン武器で習得済み。

▼No.2140:ブッキスの翼 ×50個
ff11_20190918_bukhis001.png

「ブッキスの翼」はトリガー集めが簡単です。
がんばれば、およそ10分に1回のペースでBukhis戦をすることも可能。
あまり時間をかけずに50個集めることができました。

……ChlorisやGlavoidが異常なんだと思います。

Bukhisは視線無視の宣告技「アポカリプティクレイ」を使ってくるので、アプルル+クピピを入れてカーズナ2枚で対抗。
それでも、トドメを刺す直前にアポカリプティクレイを使われて、カーズナが間に合わずに2回ほど相打ちになってしまいました。

ちなみに、「ブッキスの翼」で「ガンバンテイン」と競合する武器は、「ファルシャ」(片手斧)と「ガーンデーヴァ」(弓)の2つ。
50個集まるまで、ライバルになるプレイヤーは1人もいませんでした。

次は、「アルファルドの牙」を75個。
金の大箱からトリガーのだいじが出ないので、「ドラグアの鱗」ほど短い時間では終わらないと思います。
でも、「アペデマクの角」よりはたぶん楽。
タグ:FF11 白魔 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 11:48| Comment(0) | 武器防具

2019年09月18日

アンバス武器 最終段階「五虎退」を作ってみた

「ガンバンテイン」用のアビセア素材を集めるのに便利かもしれないと思って、「五虎退」を作ってみました。
素材に使ったのは「碇切」。

ff11_20190916_gokotai002.png
ff11_20190916_gokotai001.png

これまで、忍者用の片手刀は「金糸雀」と「アチウチカプ」を使っていました。
どちらも、アビセアのNMを倒すだけなら、特に不便はない武器です。

しかし、どちらも魔攻が上がりません。

IL119片手刀で魔攻が上がるのは「微塵」「烏秋」と、エレタ以上のアンバス武器くらい。
属性WSのダメージが低くて、黄色ビジタントをつけるタイミングがかなりシビアです。

武器を「五虎退」+「トーレット」に変えると、属性WSのダメージが倍以上にアップ。
黄色ビジタントを楽につけることができて、開始30分くらいで大箱が出るようになりました。

「空:ダメージ+60%」の効果は意外と大きくて、10000〜17000くらいのダメージが出るようになりました。
「秘」や「瞬」よりもダメージが出ます。
ただ、「空」の連携属性(重力/貫通)がイマイチ使いづらくて、「秘」を連打して闇連携するのと合計ダメージはあまり変わらない感じです。

「二刀流効果に応じてリゲインアップ」の効果は、今のモンク装備をほぼ流用で、3秒あたりTP41。
アビセアで「紫苑のアートマ」と「皆勤の人工アートマ」をつけると、3秒にTP71の強力なリジェネが発生します。
でも、残念ながら……アビセア素材集めの時は武器を変えることが多くて、移動中にたまったTPはたいてい無駄になっていました。

そして、

属性WSのダメージを上げるだけならすでに持っている「トーレット」と「ネイグリング」でも十分で、
むしろ「トーレット」をメインにしてイオリアンエッジで範囲狩りした方が楽だ、
ということに、作った後で気付きました……。

ひとまず、これで「金糸雀」の魂石オグメから解放。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 12:02| Comment(0) | 武器防具