2019年10月21日

ウォンテッド テリガン岬 CL128 Vedrfolnir 青魔 ソロ

(2019/10/24更新:フェイスの編成を変更)

10月の「ウォンテッドキャンペーン」は、暇があればテリガンの「Vedrfolnir」(ヴェドルフォルニル)を倒しに行っています。
「ユーゴククリ+1」はすでに作ったので、今の目的は「リフトボウルダー」です。

ff11_20191021_vedrfolnir01.png

「Vedrfolnir」は、ロック鳥NM「Kreutzet」の上位NM。
CL128のウォンテッドNMの中では最弱の相手です。

下位の「Kreutzet」と同じように、ストームウィンドを連続して使ってきます。
1回のストームウィンドで600ダメージを超えることもあるので、範囲回復は必須。

もともとの回避が高い上にフェザーバリアを使ってくるので、命中は1200くらいあった方が良さそうです。

WSや氷属性の攻撃を当てると、ときどき青色の「!!」マークが出てしばらく動きを止めることができます。
氷属性を持つ湾曲や闇連携をだすことで、高確率で「!!」をだすことができるようです。

▼編成
ジョブ:青/戦 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:アプルル,セルテウス,ウルミア,クルタダ,リリゼットII
フェイス:クイン・ハスデンナ,アプルル,クルタダ,ウルミア,キング・オブ・ハーツ

WSを連打しやすいジョブということで、青魔を選択。
青魔法のセットは、命中1200を確保できれば、なんでいいと思います。

範囲回復にアプルルとセルテウス。
ウルミアとクルタダでWS回数アップ。
リリゼットIIは、ビビファインワルツで範囲回復できる上に、ラウジングサンバでシャンデュシニュのダメージを上げることができて、かなり強力です。

WSを連打しているとタゲを取って剥がれなくなるので、盾フェイスは入れていません。
フェイスは、なぜか敵のフェザーバリアにディスペルを入れてくれないので、ディスペル持ちのフェイスも外しました。

(2019/10/24更新)
セルテウスの連携割り込みがあまりにも邪魔なので、セルテウスを外すことにしました。
ついでに、同じく連携に割り込むリリゼットIIも除外。

かわりに、命中アップスフィアを展開するクイン・ハスデンナを入れました。フェザーバリア中のミスが大幅に減ります。
キング・オブ・ハーツは、ディアIII目的。
ウルミア、クルタダと合わせて、WS回数を増やすようにしました。

▼戦闘の流れ

「オカルテーション」と「エラチックフラッター」を使って戦闘開始。
あまりガッツリ強化はしませんでした。

あとはひたすらWSを連打するだけ。

「シャンデュシニュ → シャンデュシニュ(光)」より、「レクイエスカット → シャンデュシニュ(闇)」の方がダメージが出やすかった気がします。
WSダメージはシャンデュシニュの方が大きいですが、連携ダメージは闇連携の方が大きくなります。

シャンデュシニュはセルテウスに邪魔されて、レイクエスカットはリリゼットに邪魔されるのが難点。

「セクエンス」をメインにして、「レクイエスカット → シャンデュシニュ(闇) → レクイエスカット(黒闇)」を出すと、3分の1から半分を一気に削って、さらに高確率で「!!」をつけることができます。

ff11_20191021_vedrfolnir02.png
(↑戦闘開始から1回の黒闇連携で削ったところ)

……たいていは、フェイスに連携を邪魔されますが。

(2019/10/24更新)
セルテウスがあまりにも連携を邪魔してくるので、連携を狙うフェイスをすべて外すことにしました。
連携的には絶対に繋がらないのに、「レクイエスカット → シャンデュシニュ(闇)」の後に毎回のように「ルミナスランス」を入れてきて、とにかくウットウシイです。

また、連携は「シャンデュシニュ → シャンデュシニュ(光)」をやめて、「レクイエスカット → シャンデュシニュ(闇)」「レクイエスカット(AM2以上) → シャンデュシニュ(闇) → レクイエスカット(黒闇)」をメインに使うようにしました。
闇連携や黒闇連携にすると、ほぼ確実に「!!」マークが出ます。
戦闘中、Vedrfolnirはほとんど硬直しっぱなしになって、ストームウィンド連発もあまり受けなくなりました。
(あと、黒闇連携はエフェクトが中二病的でカッコイイ)

セルテウスとリリゼットIIを外して範囲回復は減りましたが、受けるダメージが大幅に減ってかえって安全に倒せるようになりました。

1回の戦闘は1〜2分ほどと短時間。
10戦やれば「餅鉄」「深成岩」「リフトボウルダー」が1〜2回出る感じでした。
箱1つからでる量はだいたい40個前後。
上位リヴァイアサンほどではないですが、戦闘時間が短くて連戦もしやすいので、悪くない効率だと思います。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 16:22| Comment(0) | NM/BF

2019年10月20日

ユーゴククリ+1を作った

ウォンテッド装備の強化がくるかもしれない?という話があるらしく、シーフのサブ武器に使えそうな「ユーゴククリ+1」を取りに行きました。

……で、

いつものように出ないわけです。

「ヴェドルの羽根」が50個を超えてもHQが出なかったので、NQを強化して「ユーゴククリ+1」を手に入れました。

ff11_20191020_jugo01.png

でも、「スキンフレア」の方が命中やDEXで有利なので、ひとまず装備は入れ替えない予定。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 17:44| Comment(0) | 武器防具

2019年10月15日

アンバスケード1章 モーグリ 【2019年10月】 とてむず (PT,パッセ)

(2019/10/22更新:シーフのところに、「ラーセニー」と「ぬすむ」について追記)

10月のアンバス1章は、ギミックが面倒くさくて超不人気のモーグリです。
モグハウスのモーグリを無限に殴れる感情表現コマンドが欲しい……!!

今回は2種類のパッセ編成で行きました。
難易度は「とてむず」です。

ff11_20191012_ambus001.png

▽ボス:Bozzetto Voyager Moogle
残HPの割合で、「マイティストライク」「百烈拳」「女神の祝福」「魔力の泉」「連続魔」「絶対回避」からどれか1つをランダムに使用。(祝福は「ふつう」以上)
1度使ったSPアビは使わない。
SPアビ使用後しばらくして、超広範囲で大ダメージのメルトン+悪疫スフィアを展開。
シーフの「ラーセニー」でSPアビを盗めば、スフィアは展開しません。
フレンド招待で Bozzetto Steward を召喚。
お供が残っていても、ボスだけ倒せばクリア。

▽お供1:Moogle
ボスがメルトンスフィアを展開している間、PCに強力なリジェネ+リフレシュ+アムネジアの効果があるスフィアを展開。
HPは少ない。

▽お供2:Bozzetto Steward
ボスのフレンド招待で、タゲを持っているPC(ペット)の位置にPOP。
PCに強力なディアダメージのスフィアを展開。
しばらくすると自爆します。

▼パッセ攻略

モーグリ戦は、「近接攻略」「パッセ攻略」のどちらかで攻略することが多いようです。

「近接攻略」は、時間はかかるものの、ギミックを消化しながら確実にクリア。
「パッセ攻略」は、運要素が多くて勝率は高くないけど、短時間でクリア。

今回は、「パッセ攻略」のPTに参加しました。

盾がボスのタゲを取ったら、召喚の「アストラルパッセージ」で履行を連打。
ボスがSPアビを使ったら、シーフが「ラーセニー」で盗んでメルトンスフィアを封殺。
1回目のSPアビのあと2回目を使うまでに若干の間があくことを利用して、やられる前にやる作戦です。

かなり運の要素が大きくて……

ボスにSPアビで「女神の祝福」を使われると、ほぼ負け確定。
「絶対回避」でも敗退率高め。
ボスの特殊技「ビルトス(前方範囲テラー)」に召喚士や召喚獣が巻き込まれると高確率で負け。
スリプガやパライガで履行や「ラーセニー」を潰されても負ける可能性が高い。(麻痺で「絶対回避」を盗むのが遅れるとほぼ絶望的

体感では、勝率が6割を超えれば好調な方という印象でした。
勝っても負けても2分以内と、すぐに終わるのがメリット(?)です。
連続して祝福や回避を引くと気まずい雰囲気になるので、積極的に盛り上げていくのがいいと思います。

スリプガ対策に「毒薬」があると便利。
マウラは「イエローグローブ」がよく釣れるので、釣り竿と「さびき針」と「水銀」があれば「毒薬」の補充が楽です。(「水銀」はモグガーデンで「デニズアナス」を買って分解)

▼盾あり(剣盾)編成
PC編成:剣シ召召召風
参加したジョブ:召/赤,風/赤

ff11_20191014_ambus001.png

魔剣が盾をして、パッセで削る編成です。
パッセ履行には「フレイムクラッシュ」を使用。
お供のMoogleは、パッセ前に倒すようにしていました。
攻撃は召喚獣だけ。魔剣とシーフは殴っていませんでした。

メリットは、
「ビルトス(前方範囲テラー)」に召喚獣が巻き込まれにくくて、パッセ中の履行連打が中断しない。
「ガンビット」や「レイク」で「フレイムクラッシュ」のダメージを上げられる。

▽剣
「ワンフォアオール」などで強化。
ボスを釣ったら、開始位置の角まで移動。
「ビルトス」回避のために、ボスに背を向けて、壁側を向いてタゲを維持。
ボスは引っ張らずに、部屋の中央でそのまま戦闘をしていました。
「ビルトス」回避のために、魔剣は奥側でタゲ維持。
召喚のパッセに合わせて「ガンビット」とか「レイク」とか。

編成中ではSPアビを使わなくてもいいジョブなので、コルセアに着替えて「ワイルドカード」することができます。

▽シ
ボスに「まどわす」を入れたあとは、「ラーセニー」をがんばる。
ボスのSPアビエフェクトに合せて「ラーセニー」するとアビ発動直後に盗めますが、祝福が来たときに無駄撃ちになってしまうリスクもあります。

パッセ開始までに時間の余裕があるなら、「ぬすむ」でボスに強化を盗んでおくと良さそうです。プロテスやシェルを盗めたらアタリ。

チャットフィルターをめいっぱい絞り込んで、
「戦闘中のNPCが関係するエフェクトの開始」
「戦闘中のNPCが関係するエフェクトの効果」
だけを表示して、それ以外は全部フィルターON(非表示)くらいの勢いでいいと思います。

▽召 x3
戦闘開始前に、分担して「大地の守り」「ヘイスガII」「ノクトシールド」で強化。

パッセで使う召喚獣はイフリート。
お供のMoogleのアムネジアスフィアが邪魔になることがあるので、ボスの前にMoogleを2体とも倒していました。
Moogleは「フレイムクラッシュ」1発で倒せますが、ふらふらと移動しているので、遠くて履行が当たらないことがあります。
なので、外した時に備えて「アポジー」はお供Moogleに使っていました。

Moogleを倒して風水が羅盤を置いたら、「アストラルフロウ」と「アストラルパッセージ」を使って「フレイムクラッシュ」を連打。
パッセ戦法は、召喚獣に通常攻撃をさせない勢いで履行を連打するのがコツです。

▽風
戦闘開始前に、自分に「インデマレーズ」、魔剣に「エントラスト → インデトーパー」。
召喚がMoogle 2体を倒したら、「ボルスター」を使って「ジオフレイル」。
羅盤を置いたあとは、死なないのが最大の仕事。
風水関連スキルが900を割らない範囲で、ダメージカットを積みます。
余裕があればボスにディアIIとか魔剣にケアルとか。

戦闘時間が短いので、エントラスト用のインデ延長装備はなくても、たぶん大丈夫だと思います。
魔命に自信があるならボスにサイレス入れると楽になると思いますが、「イドリス(モヤ付き)」+「アムラピシールド」+ジャリ+2装備くらいではレジレジでした。魔命食事とフォーカスがないとキビシイ。


▼盾なし(シ盾)編成
PC編成:シ召召召コ風
参加したジョブ:シ/戦,召/赤,風/赤

ff11_20191014_ambus002.png

開幕の釣りとパッセ開始までのタゲはシーフが取る編成です。
パッセ履行には「ボルトストライク」を使用。
パッセ中は、召喚獣がタゲを取っても放置していました。
なるべくシーフがタゲを持った方がいいと思いますが、がんばってタゲ固定するより「ラーセニー」に集中した方がいいと思います。

メリットは、
コルセアのロールで召喚獣に支援が受けられる。
「ボルトストライク」の「追加効果:スタン」でボスの魔法を中断させやすい。

▽シ
サポ戦。
強化が終わったら、ボスに突っ込んで「挑発」。
すぐに「絶対回避」を入れて耐えます。
戦闘位置は部屋の中央。
ボスに「フェイント」と「まどわす」を入れたあとは、「ラーセニー」に集中。

「ぬすむ」でボスの強化を盗めるといいですが、こっちの戦法ではあまり時間に余裕が無いことが多いです。

チャットフィルターをめいっぱい絞り込んだ方がいいのは同じ。
シーフは攻撃の手数が多いので、「自分からの攻撃」が一番邪魔でした。
「フェイント」を入れたあとも殴ってWSを入れたりしてましたが、ボスの特殊技を減らすために殴らない方が良かった気がします。

ちなみに、
「パーティが関係するエフェクトの開始」は表示していたほうが便利ですが、ボスの「絶対回避」から「ラーセニー」で盗む間に履行ログが5〜6行並ぶと、わりとヘコみます。
それと、何度かやっていると、なぜか勘が働いて先読みで「ラーセニー」を入れることができる瞬間がありますw(アセって「ラーセニー」してしまっただけともいう)
ff11_20191014_ambus009.png

▽召 x3
戦闘開始前に「大地の守り」「ヘイスガII」「ノクトシールド」で強化するのは同じ。
風水が羅盤を置いたら、アスフロパッセして全力で「ボルトストライク」連打。

お供のMoogleは放置でした。
倒してしまってもいいと思います。

▽コ
「ビーストロール」や「ドラケンロール」で召喚獣を強化。
戦闘開始したら、ディアIIを入れて「ライトショット」。
この編成の「ワイルドカード」は、もちろん本職が担当。

▽風
戦闘開始前にシーフに「エントラスト → インデトーパー」。
開始に合わせて、「ボルスター」を使って「ジオフレイル」。
あとは、シーフにケアルなど。

インデの枠が空くので、「インデフォーカス」をかけてボスにサイレスを入れると、戦闘がだいぶ楽になります。

▼そして誰もいなくなった

ボスやお供が展開するスリップダメージのスフィアは、ボスを撃破してクリアフラグがたってもしばらく持続するようです。
なので、たまに敵味方全員死亡の相打ちが発生しますw

ff11_20191014_ambus003.png
posted by Madalto@芝鯖 at 14:17| Comment(0) | NM/BF

2019年10月13日

格闘WS調整?

10月のバージョンアップで、格闘WS全般に調整が入りました。

ウェポンスキルに調整が行われました。

以下のウェポンスキルについて、従来初段のみに有効だったいくつかのボーナスが、全段に適用されるようになりました。
コンボ/タックル/短勁/バックハンドブロー/乱撃/スピンアタック/空鳴拳/双竜脚/
夢想阿修羅拳/アスケーテンツォルン/連環六合圏/闘魂旋風脚/ビクトリースマイト/四神円舞
※TPダメージ修正や、一部のWSに有効な装備特典が、全段に適用されます。
※ダブルアタック等のマルチアタックにも適用されます。

これにともない、以下のウェポンスキルでダメージ補正の効果値が全段に均した値に調整されました。
コンボ/乱撃/空鳴拳/双竜脚/闘魂旋風脚/ビクトリースマイト/四神円舞

以下のウェポンスキルの威力が引き上げられました。
夢想阿修羅拳/四神円舞

イマイチわかりづらい説明ですが、次のような内容のようです。
  • WSのTP修正のうち、初段のみにかかっていたものが全段に適用。
  • フォシャ装備のダメージアップが全段に適用。
  • これまで1段目のみにかかっていた修正値が全段に平均的にかかるように変更。
  • 「夢想阿修羅拳」と「四神円舞」は威力上昇。
  • 装備の「ウェポンスキルのダメージアップ」はこれまで通り1段目のみ。

つまり、ほとんどの格闘WSのダメージは変更なし。
「夢想阿修羅拳」と「四神円舞」のみダメージアップ。
ただし、「クリティカルヒット+」装備などでダメージが増える可能性が増えた。
ということだと思います。

どのくらいのダメージが出るようになったか、実際に撃ってみることにしました。
試し撃ちの相手は、ルフェーゼのCL119ウォンテッドNM「Immanibugard」。
HP多くてTPを溜めやすく、危険な攻撃はなく、過疎ってて長時間占有しても問題がない敵です。

ジョブはか/戦
TP3000でWSを使用。
「Immanibugard」を2体倒して、一番ダメージが大きかったものを載せています。

▼ビクトリースマイト

▽乾坤圏 IL119+ Rank:15 (フォシャ装備なし)
7143ダメージ
ff11_20191010_vkn001.png

▽ウルスラグナ IL119+ (フォシャ装備なし)
8096ダメージ
ff11_20191010_vvs001.png

▽シュコアトル Rank:25 (フォシャ装備なし)
8218ダメージ
ff11_20191010_vsh001.png

「乾坤圏」のダメージがやや少ないのは、「ビクトリースマイト」のダメージが増えるステータスを持ってないからだと思います。
あとは、誤差の範囲と言えるレベル。
そもそも、あまり大したダメージが出てないというか……。
(ちなみに、青魔で「アルマス」+「ネイグリング」を装備して「シャンデシニュ」を撃つと、フォシャなしで15885ダメージ出た相手です)

なお、「シュコアトル」のオグメ性能「ウェポンスキルダメージ+15%」は初段だけにしかかからないので、4回攻撃の「ビクトリースマイト」だと実質的には+3.75%だけです。

そして、首と腰を「フォシャゴルゲット」と「フォシャベルト」に変えて撃ってみました。

▽乾坤圏 IL119+ Rank:15 (フォシャ装備)
10052ダメージ
ff11_20191011_vkn_f002.png

▽ウルスラグナ IL119+ (フォシャ装備)
11718ダメージ
ff11_20191011_vvs_f001.png

▽シュコアトル Rank:25 (フォシャ装備)
9370ダメージ
ff11_20191011_vsh_f001.png

「乾坤圏」と「ウルスラグナ」のダメージがものすごく増えた……?
どちらも40%以上増えていてフォシャ装備の性能を超えているので、たぶんマルチアタックかクリティカルが多めに乗ったんだと思います。
あまりダメージが伸びてないように見える「シュコアトル」が、たぶん普通の増加量。

ただ、「乾坤圏」は9000以上、「ウルスラグナ」は10000以上をわりと連発していたので、ダメージが増えやすくなってる気はします。

▼連環六合圏

▽乾坤圏 IL119+ Rank:15 (フォシャ装備なし)
9507ダメージ
ff11_20191010_rkn001.png

▽乾坤圏 IL119+ Rank:15 (フォシャ装備)
14685ダメージ
ff11_20191011_rkn_f001.png

次に、残魂を投入した「乾坤圏」が得意とする「連環六合圏」。
もともと、残魂オグメをつけると「ビクトリースマイト」よりダメージが出るようになりますが、フォシャ装備をつけるとものすごくダメージが伸びました。
むしろ、こっちも伸びすぎのような……。
およそ54.5%のダメージアップ。
ビクスマの時も40%以上増えたので、ばらつきはあるものの、大きめのダメージが出やすくなっているようです。

ちなみに、「シュコアトル」(フォシャなし)で撃ってみたときのダメージがこちら。

▽シュコアトル Rank:25 (フォシャ装備なし)
7209ダメージ
ff11_20191010_rsh001.png

「シュコアトル」は「ウェポンスキルダメージ+15%」。
「乾坤圏」は「連環六合圏:ダメージ+15%」。
同じ+15%ですが、「シュコアトル」のダメージがかなり低いので、やはり「ウェポンスキルダメージ+」は初段のみなんだと思います。

▼四神円舞

▽ゴッドハンド (フォシャ装備なし)
9016ダメージ
ff11_20191010_sgh001.png

▽ゴッドハンド (フォシャ装備なし)
9084ダメージ
ff11_20191013_sgh_f001.png

「四神円舞」はバージョンアップで威力が上がったWSです。
なんというか、あまり威力が上がった気がしませんが。
フォシャ装備をつけてもあまりダメージが変わらなかったけど、マクロミスじゃないハズ……。
「ビクトリースマイト」に近いダメージは出るようになったので、「四神円舞」で極光をだしても良くなったことにはなります。

▼夢想阿修羅拳

▽ウルスラグナ IL119+ (フォシャ装備なし)
7703ダメージ
ff11_20191011_mvs001.png

▽カランビット (フォシャ装備なし)
10534ダメージ
ff11_20191010_mkb001.png

▽カランビット (フォシャ装備)
11426ダメージ
ff11_20191011_mkb_f001.png

「夢想阿修羅拳」も強化されたWSです。
あまり使わないWSなので、以前との違いがイマイチわかりませんが……。

フォシャ装備なしのときは、「カランビット」+「夢想阿修羅拳」が最高ダメージを出しました。
フォシャありでも、「ウルスラグナ」装備時の「ビクトリースマイト」と同じくらい。
命中+が付いていて、TPが溜まりやすい性能を持っているので、「カランビット」があればRMEAはいらないかも……?

▼モンク全力

もともと、格闘WSの変更は、モンクの調整の一部として実装されたものです。
そして、「モンクがアビ使ってWS撃つと強い」という話を聞きました。

そこで、アビを乗せまくってWSを撃ってみました。

ジョブは、モ/戦
ジョブポは1121で、まだジョブマスターになっていません。
「ウルスラグナ」と「フォシャゴルゲット」「フォシャベルト」を装備して「ビクトリースマイト」を使用。

使った強化アビリティは、
  • インピタス(攻撃力、クリティカル率アップ)
  • 集中(命中率とクリティカル確率をアップ)
  • バーサク(攻撃力アップ、防御力ダウン)
  • ウォークライ(範囲内のパーティメンバーの攻撃力アップ)

ff11_20191013_vvs_m002.png
18792ダメージ……!

フォシャ装備使用時からさらに+60%アップ。
着替えなしからだと+132%と大幅にダメージが上がりました。
ただし、5分に1回

「ためる」を使わずに「ウォークライ」にしたのは、「ためる」だとトータルのダメージ性能が落ちるから。
「ためる」状態中は通常打撃ができないので、「インピタス」中に「ウルスラグナ」でAM3を付けていると、5000〜10000くらい与ダメージが減ってしまいます。

一発芸的な感じはしますが、強くなったと言えるかもしれません。
でも、火力勝負のコンテンツに参加できるかというと、ビミョウな気がします。
posted by Madalto@芝鯖 at 22:17| Comment(0) | FF11日記

2019年10月09日

片手棍エンピリアン ガンバンテイン - 7 / ガンバンテイン 第3〜6段階 (IL119)

「アルファルドの牙」×75個の納品を完了して、そのまま一気にIL119まで強化しました。

ff11_20191008_gamban004.png

「ガンバンテイン」は、IL119時点でも使い物にならないのがツライところ。

HPとMPが少し増えるくらいで、ほかの性能は殴りも含めて全面的に「マクセンチアス」に負けてるし、重要性の高いMND,魔命,魔命スキルは「カジャロッド」にも届きません。
時々2倍撃がついても、もっと簡単に手に入る「シンドリ」で殴った方がいいくらい。
なので、モヤがつくまで終わりません。

Lv75時点の性能で完成する「ヤグルシュ」と差がありすぎる……。

▼No.2547:アルファルドの牙 ×75個
ff11_20191008_alfard002.png

中間NMの「Ningishzida」を倒して、トリガーのだいじなものを取るタイプのNM。
画面に入りきれないほど巨大です。

沸かせる条件は「Apademak」や「Orthrus」とほぼ同じ。
でも、人気の2体と違って、「Alfard」はライバルがまったくいないのが楽です。

トリガーの「毒々しいハイドラの牙」は大きな金箱からは直接出ません。
「Ningishzida」トリガーの「ミナルジャの頭骨」と「ジャキュルスの翅」は、小さな金箱から出ます。
そのため、黄色ビジタントを上げすぎて大箱ばかりになると、箱からトリガーが取れなくなります。
黄色ビジタントは、低すぎるとトリガーアイテムは出なくて、100以上だと大箱が増えるようなので、だいたい60〜80くらいにしておくのが良さそうです。

「ジャキュルスの翅」がまるで出なかったり、坂を登ったり降りたりに飽きたり、ジョーカーを観る前にダークナイトの復習をしていたりして、75個集めるのにわりと時間がかかってしまいました。

▼No.2980:ヘヴィメタル ×1500個

これまで「アルマス」「ウルスラグナ」は物欲センサーに敗退して大出費になっていましたが、今回は違います。

アンバスのポイント交換は「ヘヴィメタル」を優先していたことと、前回の「ウルスラグナ」から1年近くたっていたことで、出費0で納品完了しました!

▼No.3443:リフトドロス ×60個

アンバスで交換した「リフトドロス」が53個。
残りは競売で購入して完了しました。

「ヘヴィメタル」と「リフトドロス」「リフトシンダー」の納品が1日もかからずに終わる日が来るとは……。

▼Oboro:リフトボウルダー ×300個

手持ちの小箱,大箱を使って、「リフトボウルダー」300個も即日完了。

次の「リフトボウルダー」10000個は、手持ちを投入して残り8800個ほどになりました。
残りをすべて競売で買うと……だいたい5800万ギルくらい。
そんな大金はないので、上位リリスBFを減らしてボウルダー集めをしようと思います。
タグ:FF11 白魔 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 10:52| Comment(0) | 武器防具