2020年02月16日

アンバス報酬に新しい片手棍があった

累積ホールマーク交換品のおしゃれ装備は、特にアナウンスがなければ過去に追加されたものの復刻だと思ってスルーしていましたが、リストを見ると「バロアーワンド」という見慣れないものがありました。

「こんなのあったっけ……?」と思いながら交換してみたら、2月新規追加の新アイテムでした。

ff11_20200216_burrowers01.png

2月のアンバス1章ボスと同じタイプのソウルフレアが持っている片手棍。
「ソウルフレアワンド」よりちょっとカッコイイ気がします。

それにしても、

ff11_20200216_burrowers02.png

このバージョンアップ情報で新アイテムに気づけというのもキビシイ……。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 21:05| Comment(0) | 武器防具

2020年02月15日

アンバスケード1章 ソウルフレア 【2020年02月】 とてむず (PT)

(2020/02/16変更:盾,召,白の内容に追記)
(2020/02/17変更:セイレーンの加護について追記)

2020年2月のアンバス1章は、範囲攻撃を連発してくるソウルフレアとインプのセットです。
範囲攻撃が痛いので、遠隔編成での攻略が定番のようです。

ff11_20200215_ambus01.png

▽ボス:Master Manipulator(ソウルフレア)

強力な範囲青魔法と範囲攻撃を使ってきます。
青魔法はモンスター版と同じか、さらに高性能になっていて、PC版のものよりはるかに強力です。

戦闘開始時に範囲化されたマイティガードを使います。

HPが減ると「アジュールロー」を使用。
通常の青魔法のほか、七支公青魔法も連打してきます。

気を付けた方がいい特殊技は3つ。

「イモータルシールド」のバリアエフェクト中は、強力なダメージカット、基準値以下のダメージ無効、近接攻撃に対してTP吸収、静寂スフィアが発生します。
バリアは一定以上のダメージを与えれば破壊可能。
最大2枚まで重なるようです。

「トリビュレーション」は、自己中心範囲の暗闇+バイオ。
被弾自体にはダメージはありませんが、バイオのスリップ量が3秒あたり1000ダメージにもなります。

「レプロベーション」は、広範囲の強化全消し(食事を含む)。
魔法の射程ギリギリでも強化を消されます。

危険な青魔法は次の通り。

「パラライズトライアド」
前方範囲の物理ダメージ+麻痺。
麻痺の深度が深く、被弾するとほぼ何もできなくなってしまいます。

「ネクターデルージュ」
自己中心範囲の水属性ダメージ+毒。
毒のスリップ量が結構大きいです。

「D.ワールウィンド」
「アジュールロー」中に使用。
自己中心範囲の風属性ダメージ+ディスペル。
強化を全消しされることがあります。

▽インプ:Bozzetto Imp

「とてむず」では初めから8体います。
範囲静寂、範囲アムネジア、範囲麻痺技に加えて、ジャ系精霊を使ってきます。
一番めんどうな技は、自己中心範囲のダメージ+強化全消し+麻痺の「ダークリサイタル」。

▼編成
PT編成:ナ狩コ召風白
参加ジョブ:白/赤

▽盾(ナ/剣,剣/ナ)
(2020/02/16 剣盾について追記)

メイン盾で、全体のタゲを固定します。

ナ盾の場合は、
「フィールティ」を使って敵に突入。
絡まれたらまず「センチネル」。
続いて「ランパート」「パリセード」「ソードプレイ」「ヴァレション」「フルーグ」「リアクト」と連続で使います。
ナ盾はHPが多くて、「トリビュレーション」のバイオに耐えやすいのがメリットです。

剣盾の場合は、
そのまま敵に突っ込んで、絡まれたらまず「センチネル」。
続けて「ヴァレション」「ソードプレイ」「ワンフォアオール」「バットゥタ」「リエモン」「フルーグ」「フォイル」を連続で使います。
剣盾は、状態異常をレジストしやすいのがメリットです。強化全消しもレジストすることがあります。

スタン,テラー,麻痺,石化,静寂と、行動できなくなる事が多いので、敵対心は稼げるときに稼ぐ感じです。

▽狩 or コ

メインのダメージソースです。
射程ギリギリから攻撃して、敵の範囲に巻き込まれないようにします。

コルセアのロールは、「カオスロール」と「サムライロール」。
どちらかはサポ侍にして「護摩の守護円」があると良さそうです。
WSは光連携になるものを使用。

事故で盾が落ちたときは、ボスを影縫いで足止めします。

▽召

主に強化と攻撃。

シヴァの「クリスタルブレシング」と、イフリートの「紅蓮の咆哮」で強化。
余裕があれば、盾にセイレーンの「風の守り」。

セイレーンの「ルナティックボイス」をインプにかけると、ジャ系を抑えることができてだいぶ楽になります。

攻撃はラムウの「ボルトストライク」か、セイレーンの「ヒステリックアサルト」。
インプには「ヒステリックアサルト」、ボスには「ボルトストライク」が、ダメージが出やすいようです。

「イモータルシールド」で狩コの射撃ダメージが出なくなったら、履行でバリアを壊します。
(2020/02/16追記)「アポジー」を使っておくとバリアを壊しやすいです。

(2020/02/17追記)狩コにセイレーンの加護がかかっていると、「モクシャ」がついて敵の特殊技を抑えることができます。

▽風

風水魔法は「インデプレサイス」と「ジオフューリー」。
弱体系ジオは敵の範囲攻撃ですぐに割れてしまって使いづらいです。

「エントラスト」は、召喚か白魔に「インデリフレシュ」。

サポ赤で、敵に「ディアII」と、狩コに「スナップ」。

インプが残っているときに「トリビュレーション」がくると回復が追いつかないことがあるので、余裕があるなら補助ケアルもあるといいと思います。

▽白

とにかく弱体が多いので「クレリクトルク」が必須。NQで十分です。
「ヤグルシュ」は要りません。

戦闘前にプロシェルと「アディアジル」「オースピス」。
(2020/02/16追記)アムネジア対策に「バファイラ」と「バアムネジラ」。

「トリビュレーション」のバイオは放置できないので、盾への「イレース」を最優先にします。
盾にかかっている弱体が2つ以上残らないように。

MPに余裕があるようなら、ケアルを過剰気味にして「ハートオブソラス」のストンスキンを乗せておくと安全です。

強化全消しがきたときは、盾への「シェルV」を優先してかけ直します。
余裕があればその他の強化もかけなおした方がいいかもしれませんが、基本的には回復と「イレース」優先。

▼戦闘の流れ

強化が終わったら、盾が突っ込んでタゲ取り。
開始位置の角まで引っ張ります。
ほかのひとは射程ギリギリに移動。

狩コ召でインプを倒して、ボスに攻撃。
「イモータルシールド」は、履行2発くらいで割れるようです。

「レプロベーション」の強化全消しは、食事や「ハートオブソラス」も消えます。
食事とソラスの再使用を忘れずに。

1回の戦闘は7分前後でした。
「イモータルシールド」や「レプロベーション」が多いと長引きます。

白魔が魔法詠唱〜硬直中に「トリビュレーション」がくると事故ることもありますが、難しいギミックもなくて攻略しやすい回だと思います。

「ラストスタンド」の反動で吹っ飛ぶタルタルは癒し。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 23:38| Comment(0) | NM/BF

2020年02月14日

宝探し月間スタート / ナイズル島未開領域踏査指令 攻略 青魔

「ナイズル島未開領域踏査指令」不確定アイテムキャンペーンが始まりました。
ウィザードリィで「?ぶき」を求めて10階を周回していたときのようで、個人的に一番好きなキャンペーンです。

ff11_20200211_nyzul01.png

今回は、キャンペーン初日からブロック100達成!
これはなかなか幸先がいい……と思ったら、「野牛の屍肉」が2つも出たり(在庫12個)、ブロック1ランプ手順5本が2連打になったりと、いきなり荒れ模様になりました。

今のところ、「ナイズル島未開領域踏査指令」の攻略は、次のように進めています。

▼ジョブの選択

青/白

メインジョブは、範囲攻撃性能に優れる青魔にしています。
物理、魔法ともに十分な火力があって、攻略を進めやすいジョブです。
レーダーに敵の位置が表示されるのも便利。

サポジョブは白魔が便利です。
サポ赤やサポ踊でも良いと思います。

サポでよく使う魔法は次の通り。
  • プロテスIII
  • シェルII
  • スニーク
  • イレース
  • ケアルIV
  • ヘイスト
  • サイレス
  • ディア
  • ディアガ

「プロテス」「シェル」は防御/魔防アップだけでなく、30分タイマーとして使えます。
プロシェルの残り時間から1〜2分引いた値が、強制退出までの残り時間になります(突入ムービー中も制限時間のタイマーは進んでいて、その分の時間が減るため)。

「スニーク」は、視覚感知の敵がいないブロックでランプを点けるときに使います。
姿を消しているとランプを操作できないので、「インビジ」は使いません。

「ケアルIV」と「ヘイスト」は、青魔法詠唱禁止になった時の保険。
「ヘイスト」は「エラチックフラッター」より効果は落ちますが、それでもあった方がいいです。

「サイレス」は、「連続魔」「魔力の泉」「ソウルボイス」を使うNMを黙らせる時に使います。
通常の精霊魔法は大したダメージを受けないので放置です。

「ディア」と「ディアガ」は釣り用。


サポ白のメリットは「イレース」や「パラナ」などの異常回復魔法が使えること。
オートリジェネも、移動中のHP回復量が増えて地味に役に立ちます。

サポ赤にすると、INTが若干増えます。ただ、サポ白との差はあまりありません。
一番の特徴である「コンバート」は、ナイズル攻略で使うことはたぶんないと思います。
青魔法に「エラチックフラッター」と「サブダックション」をセットしていると、サポ赤の「ファストキャスト」や「魔法攻撃力アップ」の特性は効果がない(たぶん)ので、いまひとつメリットが薄い気がします。

サポ踊も、状態異常回復,HP回復,インスニができて便利です。
サポ白,サポ赤に比べて弱いところは、青魔法詠唱禁止のときに魔法感知するノンアクの敵(壺)を集めるのがメンドウなことと、ヘイストの効果が低いことです。

▼青魔法セット


デルタスラスト (二刀流 4)
偃月刀(二刀流 4)
アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
重い一撃(ダブルアタック 4)
T.アッサルト(ダブルアタック 8)
エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
オカルテーション (物理回避率アップ 4)
ファンタッド (ストアTP 4)
サドンランジ (ストアTP 4)
ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
シンカードリル (C.インクリース 8)
パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ 8)
サブダックション (魔法攻撃力アップ 8)
スペクトラルフロー (魔法攻撃力アップ 8)
夢想花 (魔法攻撃力アップ 4)
マジックハンマー (魔法攻撃力アップ 4)
マジックフルーツ (レジストスリープ 4)

固定セット物理用基本セットをもとに、ナイズル攻略用に編成しています。

敵の攻撃はあまり痛くないので、物理用基本セットから「牙門」を外しました。
「牙門」がないと「HPmaxアップ」が有効にならないので、「グルーティナスダート」も除外。

主力は「サブダックション」です。
魔攻を上げるためと、風属性吸収のPuk対策に「スペクトラルフロー」を追加しました。

「Archaic Gearを壊すな!」が来たときは、「夢想花」でギアを寝かせます。

MPが減りすぎているときは「マジックハンマー」で回復。
カニ,プリン,インプなど、大量回復できる敵がたくさんいます。
「夢想花」と「マジックハンマー」で魔攻アップが1段階増えるのもお得です。

「シアリングテンペスト」は「スペクトラルフロー」がリキャスト待ちの時に使っています。
物理攻撃力が上がって、NMを物理で倒すときにも有利。
アンデッドやスライムなど、火属性が通りやすい敵が多いのも選択の理由です。

「シアリングテンペスト」の枠は、
「エントゥーム」(範囲石化と物理防御力アップ)
「アンビルライトニング」(DEX+と物理命中アップ)
「B.フルゴア」(ナイズルは光天候なので属性帯が使える)
「テネブラルクラッシュ」(妖蟲の髪飾り+1でダメージを稼げる)
など、ほかのエレメンタル青魔法でもいいと思います。

▼装備

青魔装備 (2020/02/01時点) の魔法装備をメインに、20ブロックごとのNMや硬い敵が相手の時は物理装備に着替えています。
「サブダックション」が主力なので、FC装備はあまり気にしていません。

普段使っている装備セットを変更して、「ハラカーラ」と「カマインクウィス+1」は、魔法・物理に関係なく固定して使っています。
「ハラカーラ」はギア釣り用。
「カマインクウィス+1」は移動速度アップ目的です。

魔法装備と移動時の「ロスメルタケープ」は、「INT+30 リジェネ+5 ファストキャスト+10 魔命+20 魔法ダメージ+20」のものにしています。
移動中は、「サンクトネックレス」+「ロスメルタケープ」+サポ白で、リジェネ+8になって、「マジックフルーツ」でHP回復する回数をかなり減らすことができます。

▼攻略の流れ

▽突入

突入直後に「プロテスIII」「シェルII」をかけます。
攻略中は、プロシェルの残り時間を目安に進めます。

目的ブロックは「100」を選択。
時間がある限り到達ブロックを延ばします。
実際に100ブロックまで行くことはあまりなくて、たいていは70〜80ブロックくらいで終わります。

▽目標攻略

敵の殲滅

大量に敵を集めて、まとめて「サブダックション」で撃破。
魔法の使用回数をなるべく減らして、攻略時間を短縮します。
あまり敵が多すぎると被ダメージも無視できなくなるので、ある程度集めたところで倒すようにしています。

敵にPukがいるときは「スペクトラルフロー」か「シアリングテンペスト」を使用。

移動速度アップ装備があるとトレイン中にタゲが切れることがあるので、レーダーを見ながら離れすぎた敵が出ないようにしています。

特定モンスターの駆逐

通称「とくちく」。
通常のモンスターと同じ名前で、強さが「計り知れない」の敵を1体倒します(門(ランパート),ギア,NMは除く)。

「計り知れない」敵を見つけるまでは、絡んでくる敵は無視してダッシュ。
目標以外は倒す必要がないので、走っている間にタゲが切れても放置します。

目標の「計り知れない」敵を見つけたら、絡んでいる敵と一緒にまとめて撃破。

ブロックの攻略時間が短いことが多いので、見かけたNMは積極的に釣るようにしています。

特定モンスターの殲滅

通称「とくせん」。
「計り知れない」表示の敵をすべて倒します。
用語辞典によれば、敵の数は2〜5体。

対象の「計り知れない」敵を見つけるまでは、他の雑魚は絡んできても放置。
何体いるかわからないので、対象を見つけたらそのたびに撃破しています。

敵のヘッドの駆逐

進め方は「特定モンスターの駆逐」と同じ。

魔法が通りにくいソウルフレアや、HPが多いチャリオットは、物理装備で倒すこともあります。

ランプの点灯

認証コード

視覚感知敵がいないブロックなら「スニーク」をかけてダッシュ。

攻略時間が短いので、20ブロック以上のNMは積極的に撃破しています。
NM以外の敵にからまれたときは、「サブダックション」でヘヴィにして放置。

同時に点灯

認証コードと同じで、視覚感知敵がいないブロックなら「スニーク」をかけてダッシュ。

認証と同じく、NMは積極的に撃破。

正しい手順

一番時間がかかるやつです。

詳しい攻略の手順は、用語辞典を参照。
点灯した順番を覚えておいて、消えたものの順番をずらしていきます。

例えば、4本のランプをABCDの順で点けたとすると、
  1. ABCD → 全部消えたら全部1つずらす。
  2. DABC → Aが点きっぱなしになったらそこは確定。ほかをずらして再試行。
  3. CADB → これで正解になるハズ。
3回目の時点で、
Aは2回目の時点で確定。
Bは1番目か4番目。CとDが確定するので、残った4番目で確定。
Cは、3番目と4番目ではなく、2番目は埋まっているので、1番目で確定。
Dは、1番目と4番目ではなく、2番目は埋まっていて、1番目はCで確定するので、3番目で確定。

ランプ3本なら、殲滅と同じかそれ以下の時間でクリアできるので、むしろ当たりです。

4本は、攻略時間5分を目標。
20以下の低いブロックで5分を超えるようなら、離脱して再突入。
20以上のブロックなら、課題クリアを目指しています。

5本の時は、1回目の点灯で確定ゼロなら、NMだけ倒して離脱しています。

▽ギア対策

なお、Archaic Gearに注意せよ!

ギアに感知されるとペナルティ。
視覚,聴覚,魔法感知,インスニ無効。

感知されるとペナルティですが、釣って倒すのはOKです。
感知範囲外から投てきで釣ったり、壁越しに範囲で巻き込んだりして倒します。
釣るのが難しい時は、ペナルティ覚悟で突っ込むこともあります。

感知された後でタゲが完全に切れると、再度ペナルティが発生するので、見つかったら倒した方が安全です。

なお、Archaic Gearを壊すな!

ギアを倒すとペナルティ。
感知されただけなら問題ありません。

倒さなければいいだけなので、突っ込んで「夢想花」で寝かせています。

▽20ブロックごとのNM

20,40,60,80ブロックのNMは、あまり積極的には狙っていません。

「???ボックス+2」からは「亜麻の巾着【金緑石】」や花鳥風月NMのトリガーが出ることもありますが、ブロックを進めて他のNMを狙った方が、お宝が出る可能性が高い気がするからです。
それに、「野牛の屍肉」ばかり出ますし……。

でも、39とか59ブロックをクリアして時間に余裕があるときは、40,60ブロックのNMを倒すことはあります。

20,40,60と、100ブロックのNMは、殴っているだけでも勝てる相手です。

80ブロックのヴァンピールは、「断罪の瞳」(死の宣告)や「ノクトサービチュード」(魅了)で事故ることがあります。
「断罪の瞳」は後ろを向いて回避。
「ノクトサービチュード」は「サドンランジ」で止まりますが、スタンそのものが入りにくいようです。
できるだけ戦わない方向で。

▼小技

  • コ型の部屋は同じ向きが連続することはないので、左右どちらに曲がれば移動距離が短くなるかを予想することができます。

  • 「同時」と「手順」のランプは、点灯するとタゲを切ることができます。
    倒す必要のない敵は、ランプ点灯でタゲを切って放置しています。

  • 茶箱は魔法モーション中にも開けることができます。
    箱を開けると若干の硬直が発生しますが、魔法モーションにまぎれさせて無駄な時間を短縮しています。

  • 範囲攻撃魔法はターゲットが視界内にないと使えませんが、効果範囲内なら壁を越えてダメージを与えられます。
    これを利用して、壁に寄って「サブダックション」などを使うと、壁向こうの敵もまとめて倒すことができて、移動の短縮になります。
    また、ギアは壁を挟めば魔法感知しないので、「ギアに注意(倒していい)」のときは壁越えで範囲魔法に巻き込むと安全に倒せます。
タグ:FF11 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 12:21| Comment(0) | FF11日記

2020年02月13日

セイレーン取得BF 静かなる森 からくり ソロ

2020年2月12日のバージョンアップで、召喚獣「セイレーン」が追加されました。

ff11_20200212_siren02.png

バージョンアップ情報によれば、取得クエストの発生条件は次の通り。
  • アドゥリンの魔境 ミッション「若き指導者」をコンプリートしている。
  • ヴァナ・ディールの星唄 第3章「すべてが星の唄となる」をコンプリートしている。
  • フェイス「アシェラ」を習得している。

西アドゥリンのパイオニアワークス内にいる「Levil」に話しかけると、クエスト開始。
具体的なクエストの進め方は、「じゅえ的FFXIめも」さんの「新召喚獣「セイレーン」取得方法」などがわかりやすいと思います。

▼BF攻略

クエストの最後に、Siren Primeと戦うBFがあります。
エレメンタル類に含まれるらしく、物理ダメージは通りにくいようです。
でも、危険な攻撃もあまりないので、時間はかかるものの倒すのは難しくないと思います。

危険な攻撃は「クラーサクコール」と「エンタイス」の2つ。

「クラーサクコール」は、残りHP50%のタイミングで使ってくる究極履行。
広範囲の風属性攻撃で、1000前後のダメージを受けます。
HPが減っていなければ、全滅するようなダメージは受けません。

「エンタイス」は前方範囲の魅了。
フェイスやペットにタゲを取らせて、自分は後ろから殴るようにすれば安全です。

▼編成

ジョブ:か/踊 (装備:からくり装備 (2020/01/01時点),オートマトン強化装備)
オートマトン:白兵戦ヘッド+白兵戦フレーム

フェイス:
アムチュチュ(盾,ワンフォアオール)
アプルル(回復)
ユグナス (回復)
セルテウス(範囲回復)
コルモル (補助回復,弱体,ヘイストII)

オートマトン盾にして、魅了を回避するようにしました。

属性履行を警戒してアムチュチュを入れましたが、いなくても良かったと思います。
他のフェイスはすべて回復要員。

「クラーサクコール」以外のダメージは大したことがなかったので、マトン盾ならフェイスなしでも勝てたかもしれません。

▽アタッチメント
  • アチューナー
  • インヒビターII
  • ストロボ
  • ストロボII
  • マグニプラッグII
  • フレイムホルダー
  • アーマープレートIV
  • ターゲットマーカー
  • マナジャマーIV
  • A.リペアキットIV
  • フラッシュバルブ
  • O.ファイバーII

マニューバは、
属性攻撃があるので「マナジャマーIV」を入れました。

▼戦闘の流れ

マニューバをつけてオートマトンをディプロイしたら、あとは後ろから殴るだけです。

Siren Primeは風属性ダメージを吸収するようで、分解連携,光連携でも回復します。
そこで、連携は「連環六合圏」→「ストリングシュレッダー」(闇連携)を主力にしました。
そして、分解や光を出すアムチュチュとセルテウスがかなり邪魔でした……。

物理で殴ったので、戦闘時間はやや長めの10分ほど。
BFに勝利すると、セイレーンとの契約が選択できます。

ff11_20200212_siren01.png

召喚獣セイレーンは、まだ取っただけで実際には使っていません。
Twitterなどをみるとわりと評判は良いようです。
とりあえず言えることは、めっちゃ揺れます。(どこがとは言わない)
風の召喚獣はエロくなければならないルールでもあるのだろうか……。
posted by Madalto@芝鯖 at 11:33| Comment(0) | NM/BF

2020年02月11日

イラブラットリング で ラジャスリング 置き換えか……?

オーメンのKinとOuの野良募集があったので乗っかってみました。
なお、攻略中のスクリーンショットは撮り忘れ。

参加ジョブは風水。
KinもOuもかなり久しぶりで攻略をすっかり忘れていましたが、なんとか撃破できました。

といっても、Kinで忙しいのは主に前衛で、風水はほぼ立っているだけです。
「インデフレイル」と「ジオアトゥーン」を置いて死なないようにするだけ。

Ouは「ガールデ」に後衛が巻き込まれて事故発生。
早まって「ボルスター」を使ってしまい、衰弱待ちの間に「ボルスター」が切れてしまいました。
やむなく、「プロフィラクシス」は「グローリーブレイズ」+「サークルエンリッチ」で開始。
そして、暗黒のWSで瞬殺でした。
暗黒強いな……。

装備品のドロップは、Kinが「イラブラットリング」、Ouが「王将の耳飾り」。
ロットに勝って「イラブラットリング」を手に入れました!

ff11_20200210_ilabrat01.png

「イラブラットリング」はDEXとAGIが大きく増えるので、シーフの「不意打ち」「だまし討ち」強化に最適。
DEX補正の「シャンデュシニュ」や、「TP:クリティカルヒット確率修正」のWSにも使えます。
ストアTPもついていて、「ラジャスリング」を置き換えることもできそう。

でも、「イラブラットリング」を装備できないジョブ(からくり士とか)もあるので、まだ「ラジャスリング」は片付けられません。

ff11_20200210_rajas01.png

というか、
2006年2月に実装されたLv30装備の「ラジャスリング」が14年過ぎたいまでも現役で、むしろ最終装備の1つといえるくらいの性能というのは、どうかしてる気がします。

ちなみに、一緒に使っている「エポナリング」も、実装から9年以上も現役のぶっ壊れ性能装備です。

ff11_20200210_epona01.png
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 14:30| Comment(2) | 武器防具