2020年02月13日

セイレーン取得BF 静かなる森 からくり ソロ

2020年2月12日のバージョンアップで、召喚獣「セイレーン」が追加されました。

ff11_20200212_siren02.png

バージョンアップ情報によれば、取得クエストの発生条件は次の通り。
  • アドゥリンの魔境 ミッション「若き指導者」をコンプリートしている。
  • ヴァナ・ディールの星唄 第3章「すべてが星の唄となる」をコンプリートしている。
  • フェイス「アシェラ」を習得している。

西アドゥリンのパイオニアワークス内にいる「Levil」に話しかけると、クエスト開始。
具体的なクエストの進め方は、「じゅえ的FFXIめも」さんの「新召喚獣「セイレーン」取得方法」などがわかりやすいと思います。

▼BF攻略

クエストの最後に、Siren Primeと戦うBFがあります。
エレメンタル類に含まれるらしく、物理ダメージは通りにくいようです。
でも、危険な攻撃もあまりないので、時間はかかるものの倒すのは難しくないと思います。

危険な攻撃は「クラーサクコール」と「エンタイス」の2つ。

「クラーサクコール」は、残りHP50%のタイミングで使ってくる究極履行。
広範囲の風属性攻撃で、1000前後のダメージを受けます。
HPが減っていなければ、全滅するようなダメージは受けません。

「エンタイス」は前方範囲の魅了。
フェイスやペットにタゲを取らせて、自分は後ろから殴るようにすれば安全です。

▼編成

ジョブ:か/踊 (装備:からくり装備 (2020/01/01時点),オートマトン強化装備)
オートマトン:白兵戦ヘッド+白兵戦フレーム

フェイス:
アムチュチュ(盾,ワンフォアオール)
アプルル(回復)
ユグナス (回復)
セルテウス(範囲回復)
コルモル (補助回復,弱体,ヘイストII)

オートマトン盾にして、魅了を回避するようにしました。

属性履行を警戒してアムチュチュを入れましたが、いなくても良かったと思います。
他のフェイスはすべて回復要員。

「クラーサクコール」以外のダメージは大したことがなかったので、マトン盾ならフェイスなしでも勝てたかもしれません。

▽アタッチメント
  • アチューナー
  • インヒビターII
  • ストロボ
  • ストロボII
  • マグニプラッグII
  • フレイムホルダー
  • アーマープレートIV
  • ターゲットマーカー
  • マナジャマーIV
  • A.リペアキットIV
  • フラッシュバルブ
  • O.ファイバーII

マニューバは、
属性攻撃があるので「マナジャマーIV」を入れました。

▼戦闘の流れ

マニューバをつけてオートマトンをディプロイしたら、あとは後ろから殴るだけです。

Siren Primeは風属性ダメージを吸収するようで、分解連携,光連携でも回復します。
そこで、連携は「連環六合圏」→「ストリングシュレッダー」(闇連携)を主力にしました。
そして、分解や光を出すアムチュチュとセルテウスがかなり邪魔でした……。

物理で殴ったので、戦闘時間はやや長めの10分ほど。
BFに勝利すると、セイレーンとの契約が選択できます。

ff11_20200212_siren01.png

召喚獣セイレーンは、まだ取っただけで実際には使っていません。
Twitterなどをみるとわりと評判は良いようです。
とりあえず言えることは、めっちゃ揺れます。(どこがとは言わない)
風の召喚獣はエロくなければならないルールでもあるのだろうか……。
posted by Madalto@芝鯖 at 11:33| Comment(0) | NM/BF