2020年05月04日

短剣エンピリアン トゥワシュトラ - 1 / NMメイジャン終了

リモートワークってNM 沸き待ちにちょうどいいと思いませんか?

というわけで、1年以上も前に交換したまま放置していた「ピーラー」のメイジャンを進めてしまいました。
……「グランツファウスト」で RMEA 作成は一段落とは書きましたが、別に作らないとはいっていないのです。

ff11_20200428_kartika01.png

少々やっかいな NM もありましたが、わりと順調に終了。

次の課題は「グラヴォイドの殻」50個。
アビセア-タロンギの素材集めは、倒す NM が多くて大変です。

▼No.2:Nocuous Weapon ×3(内ホルトト遺跡)
ff11_20200415_nocuous01.png

内ホルトト遺跡の魔封門がある部屋に出現するウェポン NM。
部屋内の東側の柱周辺にいる 3体の Boggart との抽選。
倒したあとすぐに再抽選になるようです。
Boggart の再 POP 間隔は 10分くらい?

POP 範囲が狭くて見つけやすいのがいいです。

3体倒すのにおよそ 2時間かかりましたが、ずっと監視していたわけではないので、早かった方だと思います。

▼No.3:Black Triple Stars ×3(ロランベリー耕地)
ff11_20200415_black_triple_stars01.png

ロランベリー耕地の I-9 〜 I-10 の段差にわく、3連コウモリ NM です。
出現範囲が広い上に、18:00 〜 6:00 の夜間にしかわかなくて、かなり手間取りました。

広域スキャンして、I-9 〜 I-10 の段差の北側、または南側どちらかにいる 4匹グループの Midnight Wings の一番上が抽選対象。
I-9 〜 I-10 の段差以外の場所に 4匹グループが出ることもありますが、それは対象外です。

サポ狩で広域スキャンの範囲を広げて、I-9 〜 I-10 の境目でスキャンするとほぼ全域をカバーできます。
でも、I-9 の北端や I-10 の南端にも抽選対象が沸くと、スキャン範囲から漏れるようです。

ff11_20200415_black_triple_stars02.png

再抽選間隔は短縮されて短くなっているようですが、夜間にしか沸かなくて昼間は放置なので、あまり関係ない気がします。
Midnight Wings の再 POP 間隔は 5分。

ヴァナ 1日に 1匹ずつ倒して、3時間ほどかかりました。

▼No.4:Serra ×3(プルゴノルゴ島)
ff11_20200415_serra01.png

プルゴノルゴ島の西海岸にわくプギル NM。
広域スキャンしたときに、Coralline Uragnite 2匹(または Kraken と Coralline Uragnite)の間に、1匹だけ挟まれている Jagil が抽選対象。
再抽選間隔は 60分。
Jagil の再 POP 間隔は 5分。

1匹目はすぐにわきましたが、2匹目が 3時間かかってもわかず、3匹倒すのに 2日がかりで 6時間もかかってしまいました。

▼No.5:Bugbear Strongman ×4(ムバルポロス旧市街)
ff11_20200421_bugbear01.png

ムバルポロス旧市街の、I-11 と J-11 にわくバグベア NM。
2ヶ所の通路で見張りをしている Bugbear Bondman のうち、2体になった方の片方が抽選対象。
I-11 が2体の時は北側、J-11 が2体の時は東側の Bugbear Bondman が抽選対象になっています。
再抽選間隔は 60分。
Bugbear Bondman の再 POP 間隔は 14分。

1体目が沸くのに 3時間もかかりましたが、2体目以降はわりと順調に POP。
それでも、4体倒すのに 8時間かかりました。

▼No.6:La Velue ×4(バタリア丘陵〔S〕)
ff11_20200424_lavelue02.png

バタリア丘陵〔S〕の G-7 〜 H-8 に現れる、スミドロンNM。
G-8 〜 H-8 の境目で広域スキャンすると、Smilodon が 29 〜 30体並びます。
そのうち、上から 10番目が抽選対象です。
再抽選間隔は 60分。
Smilodon の再 POP 間隔は 5分。

広域スキャンする場所は、頂上に石柱(?)が並ぶ丘を目印にするといいと思います。

ff11_20200424_lavelue00d.png

この丘を東に 1段下がったところが、ほぼ G-8 〜 H-8 の境目。

抽選対象は、G-8 の西側に出現します。
Smilodon が並ぶリストの 10番目を選んだとき、西側にマーカーが出たら、抽選対象です。

ff11_20200424_lavelue00a.png

10番目が東〜南東にいるときは、抽選対象がまだ沸いていません。

ff11_20200424_lavelue00b.png

La Velue 自体は、G-7 〜 H-8 のわりと広範囲に沸くようです。

かかった時間は 6時間ほど。

▼No.7:Hovering Hotpot ×4(ガルレージュ要塞)
ff11_20200427_hotpot01.png

ガルレージュ要塞 第2門奥の東端、謎の装置前の通路にわくマジックポット NM。
通路東端にわく Fallen Major または Fallen Mage で 2体になった方のうち、広域スキャンで 下側に並ぶものが抽選対象になります。
再抽選間隔は短縮されて、倒してからすぐに抽選に入るようです。
Fallen Major,Fallen Mage の再 POP 間隔は 5分。

3時間で 4体終了。
通常 NM 目標で一番最後なのに、一番楽な NM でした。
実装当時はソロでは行けない場所だったからかもしれません。

▼No.8:Yacumama ×6
ff11_20200427_yacumama01.png

東ロンフォール,ジャグナー森林の現在,過去エリアで、「変色ジェイド」を持っていると湧かせることができる、第2段階アビセアンのタコ NM。
対象エリアの第2段階アビセアンは、Yacumama と Capricornus の 2体がいます。
再 POP は 1時間。

すぐ近くに第3段階がいることが多くて、探すのにかなり手間取ってしまいました。
6体倒すまでにハズレは 2回で、引きはよかったと思います。

▼No.9:Feuerunke ×6
ff11_20200427_feuerunke02.png

ボスディン氷河,ザルカバードの現在,過去エリアで、「変色ジェイド」を持っていると湧かせることができる、第2段階アビセアンのドゥーム NM。
対象エリアの第2段階アビセアンは、Feuerunke と Erebus の 2体がいます。
再 POP は 1時間。

北方エリアのアビセアン NM は初めてな気がします。

「紫色のジェイド」を持っていなくて、1体目を倒したときに紫色に変化。
すぐに無色から作り直したものの、誤って第3段階の Lord Ruthven を沸かせてしまって紫色が黒色に変化。
そしてまた、変色が紫色に変化と、かなり寄り道してしまいました。

第2段階 NM だけみても、6体倒すのにハズレ 3回で、ハズレ率高かったと思います。

▼No.1092:Tammuz ×8
ff11_20200428_tammuz01.png

3国テレポ岩エリアで「変色ジェイド」を持っていると沸かせることができる、第2段階アビセアンのデカ羊 NM。
対象エリアの第2段階アビセアンは、Tammuz と Chesma の2体がいます。

何度も倒しているアビセアン NM ですが、今回は特にハズレが多くて、8体倒すまでに 7回もハズレを引いてしまいました。
タグ:FF11 シーフ RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 15:05| Comment(0) | 武器防具

2020年05月03日

ウォンテッド CL145 エジワ蘿洞 Tumult Curator (6人PT)

最強のウォンテッド NM、Tumult Curator(タムルトキュラーター)を倒すことができました!
花鳥風月の最終ボス Pandemonium Warden の上位 NMで、ウォンテッド3 目標の Thu'ban,Sarama,Shedu を倒すと、挑戦できるようになります。

ff11_20200503_tumult01.png

戦闘の流れは、Pandemonium Warden とほぼ同じ。
Tumult Curator が次々とアトルガンを代表する NM に変身するので、連戦して撃破します。
NM の名前はすべて Tumult Curator なので、見た目で区別。
各 NM セットが終わるたびにドゥエルグの姿に戻って、「カックル」「ヘルスナップ」を使います。

【開幕】お供を連れてドゥエルグの姿でPOP。「ヘルスナップ」を使って消滅。

【第一陣】旧サルベージのボスのチャリオット 4体+お供のギア。

危険な技は 2つです。
Long-Armed Chariot(上に腕がついたタイプ)の「ブレインジャック」(単体魅了+スリップ)。
Long-Bowed Chariot(見分けにくい 2体の内の片方)の「ディスコイド」(10,000ダメージ頭割り)。

盾が魅了されると詰むので、Long-Armed Chariot から倒します。
残りの撃破順は特にないようです。
見分けが付くなら、「ディスコイド」を使う Battleclad Chariot を 2番目に倒すのが楽そうです。(てっぺんのフタ(?)にお皿が乗ってる方が Battleclad Chariot)

【第二陣】アトルガン獣人ボス 3体+お供の獣人。

NM それぞれに厄介な特殊技があります。

Gulool Ja Ja(マムージャ)の「微塵がくれ」。
Gurfurlur the Menacing(トロール)の「プレアデスレイ」(自身中心範囲ダメージ+大量の状態異常)。
Medusa(ラミア)の「産石のダンス」(自身中心、視線判定石化)。

撃破順は特になし。
「プレアデスレイ」対策に、「万能薬」と「パナケイア」があると楽です。
後衛は、Medusa を見ないようにします。

【第三陣】ケルベロス,ハイドラ,キマイラ+お供。

撃破順は特にないようですが、「ユルレーション」で範囲麻痺を連発してくるケルベロスから倒すと楽なようです。

【最終ボス】ドゥエルグ(赤色)+お供のドゥエルグ。

最終形態になった直後に「鮮血の饗宴」(自身中心範囲ダメージ+テラー+ヒューマンキラー)を使用。
ヒューマンキラーの効果時間は 3分。

残り HP が 75%,50%,25%,死亡直前のタイミングで召喚獣 9体(イフリート,シヴァ,ガルーダ,タイタン,ラムウ,リヴァイアサン,カーバンクル,フェンリル,ディアボロス)を召喚して「アストラルフロウ」+「究極履行」を使用します。

HP 75% のときの「アストラルフロウ」使用中に、HP をさらに 25% 以上削り込むと、召喚獣が消えてすぐに次の「アストラルフロウ」を使うので、その他の特殊技を封じることができます。

▼編成

PT編成:剣侍コ詩風白
参加ジョブ:白/学

▽全員共通

全員「毒薬」「万能薬」「パナケイア」を用意。
盾とアタッカー以外は、1D あれば足りそうです。
スリプガ対策の毒は、「エルシモパキラの実」より、効果時間が長い「毒薬」の方がいいです。

第一陣(チャリオット)は、全員で盾の周りに集まって戦闘。
「ディスコイド」の頭割りダメージを軽減するのが目的です。

第二陣(獣人ボス)と第三陣(ケルベロス,ハイドラ,キマイラ)は、盾とアタッカーは距離をあけて戦闘。
盾がキープして、1体ずつ抜いて撃破します。

最終形態になったら、スリプガ対策に全員で服毒。
敵全体を寝かせたあと、ヒューマンキラーが切れるまでの 3分間待機して、その間に再強化。
盾もアタッカーの位置に合流して、がんばって倒します。

▽魔剣

第一陣〜第三陣は、抜刀せずに敵全体のキープ。
「ファランクス」「ストンスキン」をなるべく維持。
「ショックスパイク」も良さそうでした。

最終形態では、詩人が全体を寝かせたら、ほかの5人と合流。
ボスのタゲを固定。
「ドレッドスパイク」対策に、「ルックス」と「ヴァリエンス」を使用。

1回目の「アストラルフロウ」で「ワンフォアオール」。
コルセアの「ワイルドカード」をもらって、2回目の「アストラルフロウ」にあわせて、再度「ワンフォアオール」。

▽侍(物理アタッカー)

すべての NM をほぼ一人で倒します。
第一陣〜第三陣で即死しないだけの防御&ダメージカットと、最終形態のドゥエルグを1分以内に削りきる瞬間火力が必要です。

第一陣は、Long-Armed Chariot(腕つき)から倒して、残りは順不同。
第二陣は、特に順番なし。
第三陣は、ケルベロスから倒して、あと2体はどちらからでも。

第一陣〜第三陣の NM は HP 少なめで、連携で一気に削るといいようです。

最終形態では、敵の HP を 75% 削って 1回目の「アストラルフロウ」が来たら、SP アビを使って一気に削りきります。
SP アビの使用が早すぎると、時間が足りなくて削りきれなくなります。

▽コルセア

ロールは、カオス+サムライ、またはカオス+モンク。
WS を撃つときは、侍の連携に割り込まないように注意。

最終形態では、「ディアII」に対して「ライトショット」。
1回目の「アストラルフロウ」後に「ワイルドカード」を使って、魔剣のアビリティを回復させます。

▽詩人

「ギャッラルホルン」「ダウルダヴラ」「カルンウェナン」「マルシュアス」推奨。(いつ見ても多い)

第一陣〜第三陣は、栄典,マーチ,メヌエット,スケルツォ。
後衛にバラード×2。

最終形態では、魔剣の周りにボスとお供が集まったら、「ナイチンゲール」+「トルバドゥール」+「マルカート」を使って、お供(Tumult Lamp)に対して「魔物達のララバイII」をかけて敵全体を寝かせます。
寝かせ時間は 5分以上が目標のようです。

敵が寝ている間に、「ソウルボイス」を使って再強化。
前衛に、栄典,マーチ,メヌエット,メヌエットと、「クラリオンコール」を使って「怪力のエチュード」。
後衛にバラード×2。

▽風水

「イドリス」推奨。

第一陣〜第三陣は、「インデフューリー」「ジオフレイル」。
前衛が釣った敵に「ディアII」。

最終形態では、ボスのヒューマンキラーが切れる頃合いをみて、「ディアII」をいれて戦闘再開。
「ボルスター」を使って、「インデフェイド」「ジオフレイル」。
「エントラスト」+「インデフューリー」。

▽白魔

「ヤグルシュ」「クレリクトルク」推奨ですが、全員が「万能薬」と「パナケイア」を使うなら不要。
薬ガブ飲み前提ならユニクロ白魔でもいけます。

強化は、「プロテアV」「シェルラV」「バサンダラ」「アディスト」「オースピス」。
サポ学で範囲化「リジェネIV」をかけておくと、ちょっと楽。

第一陣は、前衛と一緒に固まって回復。
第二陣、第三陣は、前衛と盾の中間で回復。
最終形態では、「アストラルフロウ」の前に HP が減った人がいないようにします。

MP にあまり余裕がないようだったので、「バイルエリクサー」など MP 回復薬があるといいと思います。

第一陣は、「ディスコイド」が来たら即座に回復。

第二陣は、常に Medusa を見ないように後ろを向いておきます。
盾がキープ中に石化を受けていることがあるので、見逃さないように注意。
Gurfurlur the Menacing の「プレアデスレイ」は、ナ系と「イレース」で回復するとかなり手間がかかってケアルが中断してしまうので、「万能薬」と「パナケイア」を使ってもらった方が安全だと思います。

第三陣は、ハイドラの「ナーブガス」で、呪いで HP -50% になっているところにスリップ量の多い猛毒がくるので、回復を急ぎます。

最終形態は、ケアルガを連打しているだけでいいです。

▼戦闘の流れ

強化が終わったら、魔剣が湧かせて戦闘開始。
他のメンバーは、初めは離れておきます。

魔剣は、そのまま沸かせた位置で敵全体をキープ。
(柱の奥に行くと、視線をさえぎられて白魔からケアルを飛ばせないことがあるので、沸かせ位置のままの方がいいです)

敵がドゥエルグからチャリオットに変化したら、全員で盾の位置に集合。
前衛が、Long-Armed Chariot(腕つき) → その他 3体の順に撃破。

チャリオット 4体を倒したら、魔剣以外の 5人は離れます。

第二陣,第三陣を撃破。

最終形態のドゥエルグ(ボス+ドゥエルグ 6体)になってボスが「鮮血の饗宴」を使ったら、詩人がお供に達ララをかけて、全体を寝かせます。

ボスのヒューマンキラーが切れるまで、3分ほど待機。
この間に、強化のかけ直しをしておきます。

3分たったら戦闘再開。

ボスが1回目の「アストラルフロウ」を使ったら、全力で攻撃。

ff11_20200503_tumult02.png

4回ほど失敗したあと、5回目で撃破!

戦闘時間は 13分 30秒。
ボスの戦闘再開から撃破までにかかった時間は 40秒でした。

タグ:FF11 白魔
posted by Madalto@芝鯖 at 18:02| Comment(0) | NM/BF

2020年05月02日

ジョブ装備まとめ (2020/05/02時点)

2020/04/01 → 2020/05/02 は、モンク,シーフ,青魔を中心に、かなり大きく装備が変わりました。

モンクの装備で一番大きな変更は、「グランツファウスト」のモヤ付きが完成!

ff11_20200425_glanzfaust01a.png

命中不足気味だった装備も見直して、いろいろなコンテンツに参加できるようになったと思います。

シーフは、「エーネアス」と「ガンドリング」を追加。

ff11_20200419_aeneasl01a.png
ff11_20200502_gandring01.png

「ガンドリング」の強化はまだ途中。
回避装備も作って、まだしばらくは装備の入れ替えが続きそうです。

他に大きな変更としては、風水と青魔で使っているジャリ装備の整理に入っています。
ジャリ装備は命中,攻,魔命,魔攻がすべて高くて使い勝手が良いのですが、汎用性が高い分、特化した用途には力不足です。
なので、アイテム欄を空けて、用途に合った装備に置き換えようと思っています。

以下、2020/05/02 時点のそれぞれのジョブの装備。

▼ 黒魔装備

04/01 から変わったところは、

▽通常精霊装備

  • エスカンストーン → アキュイテベルト+1 Rank:15

▽デス装備

  • アマリクゲージ → AMゲージ+1

通常精霊装備:INT 438〜380 / 装備魔攻 256〜241 / 装備魔命 363〜347
FC装備:FC 80(合計 105)
デス装備:MP 2220 〜 2071 / 装備魔命 270 〜 212 / 装備魔攻 298 〜 247

INT が大きく上がる装備が増えて、「レーヴァテイン」が使いやすくなりました。
「グリオアヴァール」を片付けて「レーヴァテイン」を主力にしてもいいような気がしています。

▼風水装備

04/01 から変わったところは、

▽魔命装備

  • エスカンストーン → アキュイテベルト+1 Rank:15

▽精霊装備

  • ジャリコロナル+2 → マーリンフード(INT+12 魔命+38 魔攻+25)

  • ジャリローブ+2 → AMダブレット+1 Type:D

  • ジャリカフス+2 → AMゲージ+1 Type:D

  • イーサベルト → アキュイテベルト+1 Rank:15

  • ジャリスロップス+2 → BAパンツ+3

  • ジャリピガッシュ+2 → BAサンダル+3

通常装備:羅盤リジェネ 21 / 羅盤カット 87.5(合計97) / 風水魔法 + 風水鈴 : 合計 923〜903

精霊装備にジャリ装備を使わないようにしました。
MB+ が下がるので、オーメンの「MB で 30,000」はクリアできるかわかりませんが、「MB せずに 15,000」はクリアできると思います。

風水のジョブカードがそろったので、AF119 を +3 まで強化する予定。

▼召喚装備
召喚装備  (2020/02/01時点) から変更なし。

物理履行装備:召喚魔法スキル 519 〜 513 / 履行+161 〜 141

4月に装備を変更しなかった、数少ないジョブ。
当面の課題はペット命中です。

▼からくり装備

01/01 から変わったところは、

▽オートマトン強化装備

  • ハンドラーピアス+1 → ハンドラーピアス+1 Rank:15

久しぶりの装備変更。
しばらくは、ペットSTPオグメ更新を狙います。


▼青魔装備

04/01 から変わったところは、

▽物理装備
  • メイン
    アルマス Rank:11 → アルマス Rank:12

  • ヘルクリアブーツ(DEX+11 命中+34 攻+29) → ヘルクリアブーツ(DEX+8 命中+32 攻+32 ストアTP+3)

▽魔法装備
  • メイン
    マクセンチアス → ネイグリング
  • サブ
    カジャロッド → マクセンチアス

  • 怯懦の耳 → フリオミシピアス

  • ジャリローブ+2 → AMダブレット+1 Type:D

  • ジャリカフス+2 → AMゲージ+1 Type:D

  • エスカンストーン → アキュイテベルト+1 Rank:15

▽FC装備

  • ヘルクリアヘルム(命中+25 攻+40) → ヘルクリアヘルム(INT+9 魔命+6 魔攻+22 ファストキャスト+4%)

  • (削除)ジャリカフス+2

  • サイクロスラッパ Type:D → ピンガズボン

  • (削除)ジャリピガッシュ+2

4月では一番大きく変更したジョブだと思います。
主に魔法関連の装備が変わりました。
いずれ、脚と足のジャリ装備も他のものに置き換えようと思います。

「グランツファウスト」の作成が一段落したので、「アルマス」の強化を再開しました。


▼シーフ装備

03/01 から変わったところは、

▽通常装備
  • メイン・サブ
    (追加)エーネアス
    (追加)ガンドリング Rank:18
  • 遠隔
    ウィングカッター+1 → ウィングカッター+1 Rank:15

  • セサンスピアス → テロスピアス

  • ヘルクリアブーツ(DEX+11 命中+34 攻+29) → ヘルクリアブーツ(DEX+8 命中+32 攻+32 ストアTP+3)

▽回避装備 を追加

「エーネアス」が完成!
そして、「ガンドリング」も追加しました。

回避装備をかき集めたので、行動の幅が広がるんじゃないかと思います。
でも、オーメンでイオリアン狩りするには、魔攻装備が足りなくてまだキビシかったです。

当面は、青魔のジャリ外しとあわせて、ヘルクリア装備に魔攻オグメを付けようと思います。

▼白魔装備
白魔装備 (2020/04/01時点) から変更なし。

通常装備:ケアル回復量 50(装備合計 66〜42) / ケアル回復量II 8 / ケアル詠唱 80(ケアル詠唱+FC合計 94〜91) / ヘイスト 23 / 敵対心 -60〜-40
カーズナ装備:回復魔法スキル 566 / カーズナ効果アップ 205 (カーズナ成功率 85%)
強化魔法装備:強化魔法スキル 504 / 属性耐性 230

風水の AF 強化を優先していて、白魔の AF119 脚の強化は後回しになっています。

ピンガ装備を集めるか悩み中。

▼モンク装備

01/01 から変わったところは、

  • メイン
    (追加)グランツファウスト IL119+

  • アデマボンネット+1 → HEクラウン+3
    (削除)ヘルクリアヘルム(DEX+14 命中+30 攻+10 ウェポンスキルのダメージ+4%)

  • ディグニタリピアス → テロスピアス

  • エポナリング → シーリチリング+1

  • セゴモマント(STR+30 命中+20 攻+20 ストアTP+10 カウンター+10) → セゴモマント(STR+20 命中+30 攻+20 ストアTP+10 被ダメージ-5%)

  • ヘルクリアトラウザ(DEX+15 命中+20 攻+20 トリプルアタック+3%) → HEホーズ+3

  • ヘルクリアブーツ(DEX+11 命中+34 攻+29) → ヘルクリアブーツ(DEX+8 命中+32 攻+32 ストアTP+3)

「グランツファウスト」のモヤ付きが完成。
格闘RMEAが揃いました!

命中不足もだいぶ解消できたと思います。

レリック防具を全ヶ所強化できるだけの素材が集まりましたが、強化するかは未定。

▼AF強化の進行状況
▽AF状況 (左から優先)
黒:足 +3 / 胴 +3 / 脚 +3
風:手 +3 / 頭 +3 / 胴 +2 / 脚 +2
召:足 +3 / 胴 +3 / 頭 +3
か:胴 +3
青:手 +2 / 胴 +1
シ:脚 AF / 胴 AF / 頭 AF 
白:頭 +3 / 手 +3 / 脚 +1 / 胴 +1
モ:足 AF / 胴 AF / 手 AF

▽ジョブカード
風:101 / 95
青:11 / 53
シ:184 / 162
白:135 / 114
モ:98 / 138

▽小札
歩(獣竜召か):6 / 0
香(吟狩コ風):2 / 2
桂(白黒赤青学):6 / 4
銀(シ忍踊剣):2 / 3
金(戦モナ暗侍):3 / 3

▼レリック強化の進行
▽フラグ・破片・闇具
黒:頭(5, 3)* 胴(5, 3) 手(5, 3)* 脚(5, 3)* 足(2, 3)*
風:頭(1, 2) 胴( 済 ) 手(3, 1) 脚(3, 3)* 足( 済 )
召:頭(2, 3)* 胴(5, 3) 手(2, 2) 脚(5, 3)* 足(2, 3)
か:頭( 済 )* 胴( 済 )* 手( 済 ) 脚( 済 ) 足( 済 )
シ:頭(2, 2) 胴(1, 3) 手( 済 ) 脚(2, 0) 足(2, 1)*
白:頭(0, 0) 胴(2, 3) 手(0, 1) 脚(1, 2)* 足(0, 0)
モ:頭( 済 )* 胴(5, 3) 手(5, 3)* 脚( 済 )* 足(5, 3)
獣人勲章 71
獣神勲章 60

▽+2素材
頭:ギャブラスの角 11 / 10
胴:イグドリア原木 13 / 0
手:バズテヴィアの針 13 / 7
脚:ワクタザの嘴 17 / 12
足:ロックフィンの鋭歯 14 / 6

▽+3素材
頭:デフィアントの襟巻 12 / 9
胴:冥王の爪 12 / 0
手:マスイルの装甲 12 / 6
脚:冥界の魂 15 / 15
足:プロビッドの皮 12 / 6
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 21:34| Comment(0) | ジョブ装備

モンク装備 (2020/05/02時点)


前回(2020/01/01時点)からは、「グランツファウスト」IL119+ が完成しました!
そして、命中を上げるためにいろいろ変更。
(変更したところは赤文字)

部位装備備考
メインウルスラグナIL119+ (関連記事
 グランツファウストIL119+ (関連記事
 スファライIL119+ (関連記事
 ゴッドハンド関連記事
 カランビット関連記事
サブ  
遠隔  
矢弾銀銭 
HEクラウン+3関連記事
リソムネックレス 
左耳テロスピアス関連記事
右耳シェリダピアス 
アデマジャケット+1Type:A (関連記事
両手アデマリスト+1Type:A (関連記事
左指シーリチリング+1関連記事
右指ニックマドゥリング関連記事
セゴモマントSTR+20 命中+30 攻+20 ストアTP+10 被ダメージ-5%
月虹帯+1 
両脚HEホーズ+3関連記事
両足ヘルクリアブーツ
DEX+8 命中+32 攻+32 ストアTP+3

「グランツファウスト」にモヤがついて、格闘 RMEA が揃いました!

ff11_20200425_glanzfaust01a.png
「グランツファウスト」は条件が揃えばわりと強くて、1人連携が出しやすい格闘武器です。
しかし、やはり削り性能の高さと、クリティカル支援があるときのWSダメージの大きさから、「ウルスラグナ」をメインに使っています。

命中は、ひとまず 1200 を確保していますが、ここから装備を変更すると命中足りなくなるのが悩みどころです。
タグ:FF11 モンク
posted by Madalto@芝鯖 at 21:18| Comment(0) | ジョブ装備

シーフ装備 (2020/05/02時点)


前回(2020/03/01時点)からは、「エーネアス」と「ガンドリング」を追加。
(変更したところは赤文字)

▼通常装備
手数と火力を優先した装備です。

部位装備備考
メイン・サブエーネアス関連記事
 ガンドリングRank:18 (関連記事
 トーレット関連記事
 スキンフレアD+18 DEX+15 トリプルアタック+2%
 サンダン 
遠隔ウィングカッター+1Rank:15 (関連記事)(関連記事
矢弾  
アデマボンネット+1Type:A
 ヘルクリアヘルムDEX+14 命中+30 攻+10 ウェポンスキルのダメージ+4%
リソムネックレス 
左耳テロスピアス関連記事
右耳シェリダピアス 
アデマジャケット+1Type:A (関連記事
両手PDアムレット+3関連記事
 メガナダグローブ+2 
 アデマリスト+1Type:A (関連記事
左指エポナリング 
右指イラブラットリング関連記事
トゥタティスケープDEX+30 命中+20 攻+20 ストアTP+10 被ダメージ-5%
チャークベルト 
両脚ヘルクリアトラウザ命中+20 攻+20 魔命+12 コンサーブMP+1 トレジャーハンター+2
 ヘルクリアトラウザDEX+15 命中+20 攻+20 トリプルアタック+3%
両足ヘルクリアブーツ
DEX+8 命中+32 攻+32 ストアTP+3

「エーネアス」と「ガンドリング」を手に入れて、武器の選択が増えました。
メインとサブは特に固定せず、敵やコンテンツによって手動で変更しています。

ff11_20200419_aeneasl01a.png
「エーネアス」の「TPボーナス+500」は「ルドラストーム」と相性がいいと聞きますが、体感では急に便利になったという感じはありません。
意外に「エヴィサレーション」のダメージが伸びます。
究極連携を撃つことは、シーフではあまりない気がします。

ff11_20200502_gandring01.png
2つ目の青武器は「ガンドリング」になりました。
火力が上がる要素はありませんが、回避が高くて「ガンドリングは防具」と言われるくらいの性能があります。
でも、まだ強化途中。
ジョブ首貯金に加えて、倉庫キャラで持っていた素材などを大量に売りまくって、だいぶ無理して買いましたが、青武器の価格は今後値上がりが予想されているようなので、タイミングとしては悪くなかったと思います。

「ヘルクリアブーツ」は、青魔の装備と連動して変更。

「テロスピアス」は、前回の更新忘れです。

「トレハンは増やしまくっても誤差レベルでは?」という検証を見たので、トレハン装備を少し減らしています。

▼回避装備
回避を上げて敵の攻撃を受けないようにした構成です。

部位装備備考
メインガンドリングType:C Rank:18 (関連記事
サブトーレット関連記事
 サンダン 
遠隔ウィングカッター+1Rank:15
矢弾  
マリグナスシャポー 
サンクトネックレス 
左耳テロスピアス関連記事
右耳エアバニピアス 
マリグナスタバード関連記事
両手PDアムレット+3関連記事
左指守りの指輪 
右指イラブラットリング関連記事
トゥタティスケープAGI+20 回避+10 ストアTP+10 回避+20 魔回避+20 被物理ダメージ-10%
カシリベルト 
両脚マリグナスタイツ 
両足マリグナスブーツ 
(回避 1304)

回避装備と言いつつ、命中もそこそこ高いので、わりとこの装備のままうろついてることが多いです。

回避装備を集めたときから、少し変更しています。
倉庫を整理したら「エアバニピアス」が見つかったので追加しました。

「ウィングカッター+1」は「ヤメラング」を取るまでの暫定。
どちらかと言えば「アマークラスター」の方が良いような気がします。

なお、オーメンでイオリアン狩りをやってみたところ、魔攻が低くてだいぶ苦戦しました。
できなくはないですが、普通に 1匹ずつ倒す方が楽なくらいです。
タグ:FF11 シーフ
posted by Madalto@芝鯖 at 21:07| Comment(0) | ジョブ装備