2020年09月15日

三度笠 衣装合わせ

2020年9月のログインポイント交換品に追加された「三度笠」をさっそく交換しました。

錬成釜に 2つ放り込んで、燃料投入 1発で会心の錬成!
「おにぎりの真の味がわかる」上に、おにぎりが無限に沸いてくる「三度笠+1」になりました。

ff11_20200912_sandogasa01.png

なお、会心の錬成でも完成品の性能は変わりません。

Wikipedia によれば「三度笠」とは「深く顔を覆う形状のもの」となっていますが、風水士の AF 頭を流用した形状なので、顔のところが大きく切り取られています。
しかしこれは、「戦闘時の視界を確保するため」というような「ヴァナ冒険者の風習や工夫」と考えれば、有りだと思います。

Twitter を見ると、「三度笠」にはやはり和装を合わせている人が多いようでした。
でも、しっくりくる感じの和装が手持ちになかったので、洋風の装備と合わせることにしてみました。

▽エボンコート 合わせ
頭:三度笠+1
胴:エボンコート
手:SVブレーサー+2
脚:SVパンツ+2
足:エボンゲートル
ff11_20200912_sandogasa02.png

時代劇とかで見かける黒い道中合羽や外套のイメージです。
「エボンハット」とセットの胴装備ですが、頭が和風になった和洋混在のわりには、あまり違和感ない(?)気がします。

▽フリアベスト 合わせ
頭:三度笠+1
胴:フリアベスト
手:SVブレーサー+2
脚:SVパンツ+2
足:エボンゲートル
ff11_20200912_sandogasa03.png

胴をヘソ出し装備の「フリアベスト」にしてみました。
意外と合ってるような(?)気がします。
白色の「エブルベスト」より、赤色の方が合うな印象です。
足装備は、赤色の「フリアゲートル」も持っていますが、足元は黒の方が落ち着いてて良い感じでした。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 11:40| Comment(0) | 武器防具

2020年09月14日

短剣ミシック ヴァジュラ - 5 / ヴァジュラ 第1段階 アレキ納品完了

ようやく「アレキサンドライト」3万個の納品が完了。
「任務、任務……また任務!」「英魂と鎮魂」「アトルガンの秘宝」をクリアして、シーフ用ミシック「ヴァジュラ」を手にいれました!

ff11_20200913_vajra02.png
ff11_20200913_vajra04.png

手持ちの「亜麻の巾着」が 200個溜まったところで、残りの「アレキサンドライト」は 14,971個でした。(9月のホールマーク交換分は投入済)

巾着を 199個開けたところで、残り 53個。
この時、すでに勝利を確信していました。

ff11_20200913_alex03a.png

そして、最後の1個を開封……!

ff11_20200913_alex03b.png

アレキサンドライトを50個得た。

敗北しました……。
なぜそこで最小値を引くのか……。

足りなかった 3個を銀海II から拾ってきて、「任務、任務……また任務!」をクリア。
なお、「亜麻の巾着」 1個から出たアレキの平均数は 74.84個で、期待値の 74.5個は超えたようです。

「英魂と鎮魂」で必要になる「ティンニンの牙」「サーラメーヤの皮」「ティガーの尾」はすでに倉庫に持っていたので、花鳥風月 NM は省略。

「英魂と鎮魂」の BF は強い武器を持っていくとクリアできなくなるので、メインは「ヴァジュラ」、サブには「ノルギッシュダガー」を持って突入しました。

Zahak 戦は、ダメージがあまり出ない「シャドーステッチ」を 3回撃ってクリア。

Balrahn 戦は、「グランツファウスト」の時とは違って、相手がすぐに「マンダリクスタッブ」を使ってきたので、わりと短時間でクリアできました。
モクシャがつかない二刀流ジョブは楽です。

「ヴァジュラ」の性能が解放されて、ようやくスタートライン。
これから、メイジャンの WS ノックが始まります。

ff11_20200913_vajra05.png
タグ:FF11 シーフ RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 11:26| Comment(0) | 武器防具

2020年09月13日

アンバスケード1章 クゥダフ 【2020年09月】 とてむず (PT)

2020年09月のアンバス 1章は、20ヶ月ぶりのクゥダフです。
あまりに久しぶりで攻略内容を覚えていなくて、撃破が安定するのに少しかかってしまいました。

ff11_20200912_ambus01.png

▼敵の情報

▽ボス:Bozzetto High Vicar (白魔)

ギミックがいろいろと複雑ですが、覚えることはあまりありません。

甲羅が光っている間は大幅なダメージカットがかかっています。

開幕で「インパーフェクトディフェンスシェル」を使用して、甲羅が発光。
Devout(ナイト)と Berserker(戦士)を召喚。

Devout(ナイト), Berserker(戦士)を両方撃破すると、30秒間、甲羅の発光が解除。
30秒後、「インパーフェクトディフェンスシェル」を使って、Devout(ナイト)と Berserker(戦士)を再召喚。
30秒以内に HP を 50% まで減らすと、Devout(ナイト)と Berserker(戦士)の再召喚はありません。

HP を 50% まで減らすと、「女神の祝福」と「インパーフェクトディフェンスシェル」を使用。
同時に Elementalist(黒魔)を召喚します。

Elementalist(黒魔)を倒すと、直後に「グ・ダの哀しみ」を使用。
自身中心範囲ダメージ+呪い+悪疫+ヘイトリセット+引き寄せ。
呪いは、HP と MP が -75% ダウン。
悪疫は、3秒あたり TP-50 と MP-500 減ります。
効果範囲がとても広くて、魔法射程範囲ギリギリでも届きます。
白魔は巻き込まれないように注意。

これ以降は、特殊技が「トーメント・オブ・グ・ダ」(自身中心範囲の土属性ダメージ+石化+ヘイトリダウン)に固定。

Elementalist(黒魔)を倒さない場合は挙動が違うようですが、無視します。

「トーメント・オブ・グ・ダ」の構え〜発動の間は大ダメージを与えることができるようです。

▽お供1:Bozzetto Devout (ナイト)

「インビンシブル」を使用。
ちょっと硬い亀。

▽お供2:Bozzetto Berserker (戦士)

「マイティストライク」を使用。
カウンターがあるようです。

▽お供3:Bozzetto Elementalist (黒魔)

「魔力の泉」を使用。
泉中は「メテオ」「インパクト」「カーズ」「デス」を使うようですが、わりと余裕で「サイレス」が入ります。
通常攻撃に毒の追加効果(HP-100/3秒)。

▽お供4:Bozzetto Disruptor (赤魔)

召喚させないので無視します。

▽お供5:Bozzetto Defiler (暗黒)

同じく、召喚させないので無視します。

▼編成

PT編成:剣侍戦詩風白
参加ジョブ:白/赤,風/赤

▽盾(魔剣,ナイト)

Elementalist (黒魔)を撃破するまで、High Vicar(ボス)とお供 2体のタゲ維持。

Elementalist (黒魔)撃破直後、「グ・ダの哀しみ」の呪いで HP が大幅に減るので、魔剣なら「ヴァリエンス」「ワンフォアオール」など、ナイトなら「ランパート」などで被ダメージを減らすと事故を防げます。

Elementalist (黒魔)撃破したあとは、ボスは特殊技中に被ダメージが大幅に上がるので、魔法とアビだけでタゲ固定するのは難しいようです。
攻撃に参加してヘイトを稼いだり、タゲを持ってるアタッカーに「かばう」をしたりしていました。

▽アタッカー ×2

火力があるならジョブは何でも。

初めは、Devout (ナイト)を攻撃。
「インビンシブル」を使ったら、Berserker (戦士)を撃破。
続けて、Devout (ナイト)を撃破。

High Vicar(ボス)の「インパーフェクトディフェンスシェル」が切れるので、30秒の間に HP 50% まで削ります。
ボスが「女神の祝福」を使って Elementalist (黒魔)を呼んだら、Elementalist (黒魔)撃破。(直後にボスの「グ・ダの哀しみ」)

残った High Vicar(ボス)を撃破。

「グ・ダの哀しみ」のヘイトリセット対応で、安定度が変わります。
詩人に「冒険者のダージュ」をもらったり、
サポ竜で「ハイジャンプ」をしたり、
「シテレアパール」を装備したり、
Elementalist (黒魔)担当を決めてボスへの攻撃を控えたり、
という対応をしていました。

「グ・ダの哀しみ」の呪いと病気は、白魔の「カーズナ」「ウィルナ」を待つより、「聖水」と「万能薬」で自己回復する方が立て直しが早くて安定します。

モンクがいると、Devout (ナイト)の「インビンシブル」中も削れます。

▽詩人

歌唱スキル+楽器スキルの合計 900以上。

強化歌は
前衛に、栄典,マーチ,メヌエット×2曲。
後衛に、栄典,マーチ,バラード×2曲。
栄典がなければ、マーチ2曲にしたりマドリガルにしたり。

サポ白でケアル補助や異常回復があると、白魔が楽です。

▽風水

風水魔法スキル+風水鈴スキルの合計 900以上。

ボスの「トーメント・オブ・グ・ダ」中は被ダメージアップがあってフレイルのメリットが少ないので、「イドリス」はなくても良いようです。

Devout(ナイト), Berserker(戦士)攻撃中は、「インデフューリー」と「ジオフレイル」。

ボス攻撃に入ったら、「インデフェンド」「ジオフレイル」と、「エントラスト」+「インデフューリー」。

Elementalist (黒魔)が湧いたら「サイレス」を入れます。

ボスを挟んで盾と反対側に立つと、白魔の範囲回復の射程が伸びて、「グ・ダの哀しみ」に白魔が巻き込まれにくくなります。

盾 ボス    白

コルセアで、支援しつつ攻撃に参加するのも良いようです。

▽白

「EBミトン+1」と「メンディングケープ」推奨。

「ヤグルシュ」があると楽ですが、「女神の印」やサポ学の「女神降臨の章」で範囲化してもいいです。

強化は、プロシェルと「アディスト」「オースピス」。
バ系は、「シェルバッシュ」や「ヘッドバット」のスタン対策に「バサンダラ」か、
「シェルチャージ」の麻痺対策の「バブリザラ」「バパライラ」。
盾に「リジェネIV」と「ヘイスト」もあると良さそうです。

風水がいない編成なら、Elementalist (黒魔)に「サイレス」。

Elementalist (黒魔)が湧いたら、「グ・ダの哀しみ」に巻き込まれないように High Vicar(ボス)から大きく離れます。

「グ・ダの哀しみ」が来たら、範囲内にいた前衛に「カーズナ」→「ケアルガ(IV〜V)」→「ウィルナ」。
または、範囲内にいた人に「聖水」と「万能薬」を使ってもらいます。

「トーメント・オブ・グ・ダ」が来たら、初回の石化に「女神の愛撫」+範囲化「ストナ」をかけて、以降の石化を無効化します。

全員が「聖水」を用意していて、前衛の火力が十分なら、ナ系の範囲化は「トーメント・オブ・グ・ダ」直後の範囲化「ストナ」 1回で足ります。

▼戦闘の流れ

強化が終わったら、盾がボスを釣って戦闘開始。
ノックバック対策で、戦闘位置は入室位置の角にします。

お供が 2体湧くので、まずは Devout (ナイト)を攻撃。
「インビンシブル」が来たら、Berserker (戦士)を撃破。
その後、Devout (ナイト)を撃破。
モンクがいるときは、インビン中でもナイトをそのまま撃破して OK です。

High Vicar(ボス)の甲羅の発光が消えるので、30秒以内にボスの HP を 50% 以下まで減らします。
この時、Elementalist (黒魔)撃破後のヘイトリセットで High Vicar(ボス)がすっ飛んでいかないように、High Vicar(ボス)を攻撃するのは前衛の内どちらか片方だけにしていました。

「インパーフェクトディフェンスシェル」のログが出て Elementalist (黒魔)が召喚されたら、白魔は「グ・ダの哀しみ」に巻き込まれない位置まで避難。

Elementalist (黒魔)を撃破して「グ・ダの哀しみ」が来たら、白魔は「カーズナ」→「ケアルガ(IV〜V)」→「ウィルナ」で回復。
白魔が「ヤグルシュ」を持っていない場合は、「グ・ダの哀しみ」に巻き込まれた人が「聖水」と「万能薬」を使用して自己回復。
「ヤグルシュ」があっても、前衛が薬で自己回復した方が安定します。

「トーメント・オブ・グ・ダ」が来たら、白魔は石化を「女神の愛撫」+範囲化「ストナ」で回復。
「ストナ」の範囲化は、「ヤグルシュ」か、「女神の印」や「女神降臨の章」を使用。

……このあたりの、Elementalist (黒魔)〜「トーメント・オブ・グ・ダ」の間は、白魔がものすごく忙しいです。

High Vicar(ボス)の「トーメント・オブ・グ・ダ」に合せて WS を撃ち込んで撃破。

1回の戦闘は 5分くらい。
Devout(ナイト), Berserker(戦士)が再召喚されると 2分くらい延びます。

やや時間がかかっていますが、覚えたり考えたりすることを減らして固定パターンで倒せるやり方になってます。
Twitter などをみると効率よくやれば 3分を切るらしいです。
タグ:風水 FF11 白魔
posted by Madalto@芝鯖 at 10:20| Comment(0) | NM/BF

2020年09月11日

8月バージョンアップ CL135 〜 CL145 ウォンテッド装備強化の感想

オデシー C が実装されて、CL145 までのウォンテッド装備がすべて強化できるようになりました。
まだ「色褪せた皮」の強化がぜんぜん終わっていないですが、強化が追加された装備のうち、気になるものを確認してみました。

実装直前の予想? 妄想? は、こちら → 「確保済みの CL135 〜 CL145 ウォンテッド装備」

▼カマッパンス+1 (Tumult Curator / エジワ蘿洞)
ff11_20200910_comeuppances01.png

今回の強化で一番期待していた本命です。

「カマッパンス+1」は、もともとかなり高性能な格闘武器です。
ジョブマスターのモンク(格闘スキル 440,マーシャルアーツ 210)が装備した場合の D/隔を比較すると、RMEA と同等以上の基本性能を持っています。

  • カマッパンス+1 → 0.691
  • スファライ IL119+ → 0.679
  • ゴッドハンド → 0.679
  • ウルスラグナ IL119+ → 0.678
  • グランツファウスト IL119+ → 0.631

しかし、「ウルスラグナ」と同じように、TP が溜まりにくいという問題も抱えています。

その「カマッパンス+1」が、今回のバージョンアップで、欠点を補い利点を大きく伸ばす形で強化されました。

まず、隔が短すぎて、マーシャルアーツの影響で TP が減りすぎてしまう問題に対しては、「ストアTP+10」が付きました。
これでもまだ減少分を補えていないようですが、「ダブルアタック+1〜5%」もあるので、だいぶ緩和されたと思います。

そして、もともと高かった命中+ がさらに上乗せされました。
命中+ の合計だけでも +81。
さらに、DEX も +20 増えるので、合計すると命中は +96 も増えます。
他の格闘武器と比較すると、青武器を超えて格闘武器トップの命中です(たぶん)。

  • +297 カマッパンス+1 Rank:15
  • +276 サギッタ,シュコアトル
  • +271 ンイェーペル Rank:15,オータス Rank:15
  • +264 カランビット
  • +256 グランツファウスト IL119+ Rank:15,乾坤圏 IL119+ Rank:15,ゴッドハンド IL119+ Rank:15
  • +251〜241 峨嵋刺改 Rank:15
  • +242 カマッパンス+1
  • +241 ウルスラグナ IL119+ Rank:15
  • +226 スファライ IL119+ (Rank:15),グランツファウスト IL119+,乾坤圏 IL119+,ウルスラグナ IL119+,ゴッドハンド
  • +221〜211 峨嵋刺改
  • +201 格闘スキル+242 の IL119 武器

格闘武器はサブ武器スロットで命中を補えないので、武器単独の命中が高くなるのは、かなり嬉しい強化です。

火力が直接あがるような強化はありませんでしたが、DEX+20 でクリティカル率が上がって、「ビクトリースマイト」や「連環六合圏」などのダメージアップに繋がります。

一方で、急に発生した「ペット:命中+40 魔命+40」は、中途半端な印象です。

「本体とオートマトンの命中が両方上がる共闘用武器」と見ることもできますが、それなら からくり士の最終装備の 1つでもある「オータス」の方が高性能で、しかも遥かに簡単に手に入ります。
それに、からくり士本体の命中が不足するような相手なら、本体性能は犠牲にしてオートマトンを強化しまくった方が強いんじゃないかと思います。

ペット強化をつけるなら別の方向が良かったと思いますが、殴り武器性能としてはわりと良い強化だと思います。
RMEA 格闘武器と性能があまり競合しないのも好印象です。

というわけで、「カマッパンス+1」は強化決定。
「色褪せた羽」装備の中では、1番に強化するつもりでいます。

ちなみに、ソロ撃破はまず不可能な Tumult Curator のドロップ品ですが、僕はゴブ箱から手に入れました。

▼ロリケートトルク+1 (Sovereign Behemoth / ベヒーモスの縄張り)
ff11_20200910_loricate01.png

もともと高性能だからこんなもんかなぁ、という気がします。
装備の防御力はイマイチ効果を実感しづらいですが、防60 は Lv99 胴装備に匹敵する値なので、けっこう硬くなりそうです。

強化しなくても十分便利なので、余裕ができたら強化します。

▼タンモガイ+1 (Sarama / ゼオルム火山)
ff11_20200910_tanmogayi01.png

「命中+15 以上ほしい」と書いていましたが、+40 も上がりました。
さらに攻が +40 も増えます。
でも、DEX+ が欲しかったです……。

命中が増えた結果、片手剣スキル+ を反映した命中合計は「ネイグリング」も「アルマス IL119+」も超えます。

  • +279 アルマス IL119+ Rank:15
  • +277 タンモガイ+1 Rank:15
  • +263 アルマス IL119+
  • +260 ネイグリング
  • +237 タンモガイ+1
  • +226 セクエンス

「ネイグリング」でも当たらない敵には使えるかもしれません。
モンブロー先生がいれば青魔は Sarama を比較的楽に倒せるので、「アルマス」より手軽に作れると思います。

十分に強い性能だと思いますが、Rank:15 まで強化した「アルマス」を使いたいので、「タンモガイ+1」は強化しない予定です。

▼コンテムプレータ+1 (Tumult Curator / エジワ蘿洞)
ff11_20200910_contemplator01.png

「弱体魔法スキル+20」は、武器では最高値だと思います。
「メフィテスグリップ」も使えば、合計で +25 まで増やせます。
しかし、使いどころが難しい気がします。
「弱体魔法を通すには魔命よりも弱体魔法スキルが重要」という話も聞きますが、「マクセンチアス」+「アムラピシールド」を置き換えるほどのものかというと、ビミョウな気がします。

弱体魔法の重要度が高い戦闘では、使えるかもしれません。
先月実装していれば、アンバス1章 魔法マムージャ戦で活躍したかもしれないのに……。

▼セプトプテック+1 (Shedu / カダーバの浮沼)
ff11_20200910_septoptic01.png

魔攻が +46 もあってなんか強そうです。
青魔用に良さそうと思いましたが、「魔法ダメージ+ が低いから、サブダックションのダメージはあまり伸びないはず」という話を聞きました。
残念。

NQ も持っていなくて、Shedu はソロ撃破がツラいので、たぶん放置すると思います。

▼ドミネンスピアス+1 (Sovereign Behemoth / ベヒーモスの縄張り)
ff11_20200910_dominance01.png

耳部位で DEX+10 もあるのは便利そうです。
便利だと思いますが、「テロスピアス」と入れ替えてまで使うかというと、悩ましいです。
アイテム欄に余裕があるなら、WS 装備として持っておくのは良いかもしれません。

「オンカスーツ」+「アレテデルルナ」+「ドミネンスピアス」で、どのくらいスタンをレジれるかは、ちょっと興味があります。

▼楯無装備

楯無腹巻 (Tumult Curator / エジワ蘿洞)
ff11_20200910_tatenashi_b01.png

楯無篭手 (Shedu / カダーバの浮沼)
ff11_20200910_tatenashi_h01.png

楯無佩楯 (Sarama / ゼオルム火山)
ff11_20200910_tatenashi_l01.png

楯無脛当 (Thu'ban / ワジャーム樹林)
ff11_20200910_tatenashi_f01.png

「楯無佩楯」だけ持ってました。

わりと良い性能だと思いますが、装備できるジョブで普段使っているのがモンクだけなので、乾闥婆装備でいいんじゃないかと思います。
なにより、「楯無腹巻」と「楯無篭手」は手に入れるのがキツいです。


「色褪せた羽」の強化は、全体的に「その強化で必須装備になるのはがんばって避けた」という感じの内容だった気がします。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 13:29| Comment(0) | 武器防具

2020年09月07日

やみおーの日 / ナイヒリティ を手に入れた

「やみおーの日」キャンペーンで追加された片手剣、「ナイヒリティ」を取りに行ってきました。
なお、両手剣の「ラメント」は、1回目の「やみおーの日」の時に入手済みです。

ff11_20200906_nihility03.png

「すべての難度において入手できる可能性があり」ということなので、「とてやさ」(CL113) に突入。
攻略も何もなく、物理で殴るだけで倒しました。
IL119装備がそろっていれば、ジョブは何でもいいと思います。
闇王の第1段階は、物理無効モード/魔法無効モードがありますが、「とてやさ」なら物理で力押しして問題ありません。

「ナイヒリティ」は、1戦目でドロップ。

ff11_20200906_nihility02.png

個人報酬なのでトレハンは効果がないかもしれませんが、「ラメント」も 1発ドロップだったので、もともと出やすいのだと思います。
タグ:FF11 シーフ
posted by Madalto@芝鯖 at 17:57| Comment(0) | 武器防具