2020年09月16日

コスミックオーブ ★攻城剛力組 とてもむずかしい シーフ ソロ

コスミックオーブキャンペーン中なので、「★攻城剛力組」にシーフ ソロで行ってみました。

ff11_20200915_gouriki01.png

これまで「★攻城剛力組」の「とてむず」は、からくり士で行っていました。


からくり士での攻略時間は、だいたい 11分 〜 12分。
やや時間はかかりますが、盾マトンの被ダメージはリジェネでほぼ相殺してしまうので、マンガを読みながらでも楽にクリアできます。

しかし、せっかくならトレハンを乗せたいと思って、シーフで行くことにしました。
(ちなみに、からくり士でもトレハン付きの装備で、トレハン 4 までは乗せていました)

▼敵の情報

巨人族が 4体出現し、すべて倒すとクリアです。

▽ボス:Nephiyl Moatfiller(獣)

HP が減ると、SPアビ「あやつる」を使用。
PC が受けると魅了になります。
たいていは、わりと早い段階で「あやつる」を使ってきますが、たまに HP が半分を切るくらいまで使わないことがありました。
完全睡眠耐性を持っています。

▽お供1:Nephiyl Rampartbreacher(戦)

HP が半分くらいまで減ると、SPアビ「マイティストライク」を使用。
あまり強くないです。

▽お供2:Nephiyl Keepcollapser(モ)

HP が半分くらいまで減ると、SPアビ「百烈拳」を使用。
HP が多いです。

▽お供3:Nephiyl Pinnacletosser(狩)

HP が減ると、SPアビ「イーグルアイ」を使用。
早い段階で使ってくることが多いですが、残り HP が 3分の1 くらいになるまで使わないこともありました。
まともに食らうと、2000以上のダメージを受けたりします。

▼編成

▽ジョブ

シ/ナ (装備:シーフ装備 (2020/09/01時点),回避装備)

「ガンドリング」は防具。

回避過剰気味なので、腰装備は「セールフィベルト+1 Rank:15」に変えています。
また、運悪く「イーグルアイ」を被弾したときのために、首を「ロリケートトルク+1」にしました。

タゲ取り手段を増やす目的で、サポジョブはナイトを選択。

シーフは「だまし撃ち」や「アカンプリス」「コラボレーター」でヘイトコントロールできますが、緊急タゲ取り性能は弱いです。
また、複数のタゲをまとめて取る手段がありません。

サポナにすると、「フラッシュ」で瞬間的にヘイトを稼ぐことができます。
そして、複数のタゲを集めることができる「センチネル」も使えるようになります。
さらに、「アカンプリス」「コラボレーター」のリキャストを「かばう」で補うこともできます。

火力はサポ戦より落ちますが、シーフで回避盾をするには強力なサポだと思います。

▽フェイス

オーグスト(盾)
クルタダ(支援)
セルテウス(範囲回復,MP回復)
アプルル(回復)
モンブロー(回復,MP回復 / 他:リリゼットII,ナシュメラII)

フェイスは「範囲攻撃をしないこと」を条件に選びました。

敵の「あやつる」と「イーグルアイ」を避けるために、盾フェイスは 1人必要です。

白魔フェイスは、ケアルガが使えるアプルルにしました。
敵から離れるアプルルは「かばう」を使いづらいので、離れないナシュメラII でもいいと思います。

状態異常が来ない BF ですが、「エーテルドライ」での MP 回復目的でモンブロー先生を入れています。
セルテウスの「リジュヴァネーション」だけでも足りるので、ほかの回復フェイスでもいいと思います。
範囲攻撃があるミリ・アリアポーやユグナスは避けた方がいいです。

▼戦闘の流れ

フェイスを呼んだら、Nephiyl Moatfiller(獣)に対して武器を構えて突入。
開幕で「センチネル」を使って、敵全体のタゲを集めます。(開幕センチとか、まるで盾ジョブみたいです……!)

トレハンレベルを上げるために、「フェイント」は積極的に使用。
なお、「フェイント」のメリポは 4振りにしています。

回復フェイスには時々「コラボレーター」をいれて、タゲがふらつかないようにしていました。
それでも、回復フェイスがタゲを取ってしまうなら、「フラッシュ」を入れたり、「かばう」でダメージを引き受けたりして対応。
「アカンプリス」より、リキャストが短い「コラボレーター」の方が使いやすかったです。

各敵の攻略順は 獣 → 戦 → モ → 狩 にしました。

▽Nephiyl Moatfiller(獣)

TP3000 まで溜めたら、「だまし撃ち」+「ルドラストーム」をいれて盾フェイスにタゲを固定。
敵が「あやつる」を使うまではタゲを取らないように削ります。
PC が魅了されると終了するので、「だまし撃ち」の位置取りには十分に気をつけます。

「あやつる」を使ったあとは、全力で攻撃。
タゲを取ってしまっても OK です。

▽Nephiyl Rampartbreacher(戦)

タゲは盾フェイスに任せても、自分が取っても良いと思います。
特に危険はないです。

▽Nephiyl Keepcollapser(モ)

「ガンドリング」があるならボーナスキャラです。
WS をガンガン打ち込んだり「フラッシュ」を入れたりして、積極的に PC でタゲを取りにいきます。

敵の「百裂拳」は、回避シーフなら大半を避けることができます。
おまけに、「ガンドリング」のおかげで高速に TP が溜まります。
HP は多いですが、WS を撃ち込みまくって撃破。

▽Nephiyl Pinnacletosser(狩)

倒し方は、Nephiyl Moatfiller(獣)とほぼ同じです。

盾フェイスに「だまし撃ち」+「ルドラストーム」をいれてタゲ固定。
「イーグルアイ」が来るまではタゲを取らないようにします。

「イーグルアイ」を使ったあとは、HP が少し多いだけの巨人です。
盾フェイスは蒸発しているかもしれませんが、PC でタゲを取っても痛くありません。

「イーグルアイ」が来る前に盾フェイスが倒されているときは、カット装備と「センチネル」で耐えます。

1回の戦闘時間は、11分 〜 12分くらい。
からくり士と変わらないクリアタイムです。
火力が低いためか、攻略時間の短縮にはなりませんでした。

タゲがふらつくとグダグダになることもあって、攻略は、マンガを読みながらでも勝てる からくり士の方が楽だと思います。
しかし、シーフだと高レベルのトレハンを乗せることができるので、大当たりを狙うこともできるハズです。

ただ、今のところ当たりは「セフエジの爪」が 1つ出たくらいで、「メタルポーチ」も「亜麻の巾着」も出ていないのですが……。
「ヘヴィクラスター」とかいうアイテムは実装されていません。
posted by Madalto@芝鯖 at 11:34| Comment(4) | NM/BF