2020年11月15日

アンバスケード1章 マムージャ 【2020年11月】 とてむず (PT)

2020年11月のアンバス1章は、ギミックが複雑な物理系マムージャです。
10月に続いてメンドクサイ相手が来ました。


ff11_20201114_ambus01.png

▼敵の情報

▽共通

魔法ダメージを与えると、それぞれ固有の反撃技を使用。(エン系,反撃ダメージ,属性WSダメージは除く)
特殊技の構え〜発動の間,魔法詠唱中,睡眠中は、反撃技はありません。
ダメージが発生しない魔法でも、反撃技が来ることがあります。

それぞれ、色違いのモヤエフェクトがついています。

お供のモヤエフェクトは、モヤの色に対応した Lv2 連携、またはクリティカルで解除。
お供モヤエフェクトを解除すると、「ボスからのプレッシャーが弱まる!」とログがでて、ボスの強化効果が減少します。
お供のモヤエフェクトをすべて解除すると、ボスの白色モヤが消失。

▽ボス:Bozzetto Autarch(忍)

白色モヤ発生中は、ダメージカットと攻撃力アップがつきます。
お供のモヤをすべて解除すると、ボスのモヤは解除。

HP の残りが 75%,50%,25%,10% のときに黒色モヤが発生して、参系遁術を「火→水→雷→土→風→氷」の順で遁術回ししたあと、「微塵がくれ・改」(即死レベルの大ダメージ)を使用。
黒色モヤは光または闇連係で解除できて、遁術回しも止まります。

火遁〜風遁の間は、離れすぎた PC があると、全体引き寄せがあります。

反撃技「ヒモトクシンホイール」は、ダメージ+毒(3秒あたり HP-50)+魅了。
毒で寝かせられない上にスリップ量が多くて、食らった人はほぼ死亡します。

その他に危険な技は2つ。

「デカセート」
自身中心範囲の物理ダメージ。
ダメージカット無しだと 1000以上のダメージを受けます。

「マイアズマ」
自身中心範囲の毒+悪疫+スロウ。
毒のスリップダメージは、3秒あたり HP-50と大きめ。
悪疫の TP スリップも大きくて、早めの回復が必要です。

▽お供1:Bozzetto Protector(ナ)

ヴィヴィルに乗ったマムージャ。
「インビンシブル」を使用。
「インビンシブル」を使うと敵対心の上位と下位が入れ替わり、後衛にタゲが向かいます。
重力連携でモヤを解除可能。

▽お供2:Bozzetto Lancer(竜)

小竜を 3体召喚。
「竜剣」を使用。
湾曲連係でモヤを解除可能。

▽お供3:Bozzetto Moraingist(モ+詩)

サハギン。
「百烈拳」を使用。
「サッカーパンチ」にヘイトリセットがあります。
分解連係でモヤを解除可能。

▽お供4:Bozzetto Erudite(白+黒)

魔道士タイプのマムージャ。
「女神の祝福」を使用。
スロウガ,パライガ,サイレガなど範囲弱体で PC の空蝉を剥がされます。
核熱連係でモヤを解除可能。

▼編成

PT編成:剣忍忍詩白風
参加ジョブ:風/忍,白/赤

▽盾(ナ,剣)

強化が終わったら、敵を釣って開始位置の角まで移動。
ノックバック対策に、壁を背にしておきます。

ジョブは、ナイトでも魔剣でもいいと思います。
「フラッシュ」は寝ている敵に使用。
起きている敵に魔法を当てると反撃技が来ることがあります。

Bozzetto Protector(ナ)の「インビンシブル」と、Bozzetto Moraingist(モ+詩)の「サッカーパンチ」は、タゲがぶれやすいので注意。
Moraingist の反撃技「フェティッドフラッド」はあまり痛くないので、「サッカーパンチ」のタゲ取り返しには「フラッシュ」を使ってもいいと思います。

▽前衛(忍 ×2)

お供は、クリティカル重視にしてモヤ消しを優先。
「ボスからのプレッシャーが弱まる!」のログを確認したら撃破。

ボスは、風水士が羅盤をおいてから攻撃を開始。
羅盤を置く前にボスを殴って起こすと、風水士が反撃技の魅了を受けることがあります。

ボスに黒色モヤがついたら、光連携,闇連携を入れてモヤ解除。
念のために「身替の術」を使っておくと、「微塵がくれ・改」を回避できます。

安定してモヤ消しできるなら、シーフ,踊り子,青魔などクリティカルを出しやすい他のジョブでも良さそうです。

▽詩

歌唱スキル+楽器スキルの合計 900以上。

前衛には、栄典,マーチ,メヌエット×2
後衛には、栄典,マーチ,バラード×2

命中が不足するなら、前衛歌の 1曲はマドリガル。
多少クリア時間はかかりますが、「マルシュアス」や「ダウルダヴラ」なくても良さそうです。

盾が敵を釣って角に集めたら、範囲ララバイで寝かせます。(Bozzetto Protector(ナ)と小竜は睡眠耐性ありで寝ません)

あとは、寝かせ管理しながらフィナーレや回復補助など。

ボスの氷遁のログを見たら、全力で逃げます。

▽支援(風,コ)

風水の場合

風水魔法スキル+風水鈴スキルの合計 900以上。
サポ忍を推奨。

お供を倒すまでは「インデデック」。
命中が足りないようなら、「インデトーパー」と「ジオデック」。

前衛がお供を倒し終わったら、ボスが寝ている間に「グローリーブレイズ」を乗せて「ジオフレイル」+「サークルエンリッチ」+「デマテリアライズ」。
「インデフューリー」と、忍者に「エントラスト」+「インデトーパー」または「インデウィルト」。

ボスの「デカセート」は、ダメージカット無しだと 2000近いダメージを受けるので、サポ忍の空蝉で回避します。
空蝉は 2枚以上をキープ。

前衛の位置にいる風水士は、氷遁を見てから移動を始めると「微塵がくれ・改」から逃げられない事があります。
少し早めに下がるようにするといいと思います。

コルセアの場合

お供を倒すまでは、「ローグズロール」と「サムライロール」。
ボス攻撃に入ったら、「ハンターズロール」と「カオスロール」。

お供のモヤ消しやボスの削りに参加すると、攻略時間を短縮できると思います。

▽白

「EBミトン+1」と「メンディングケープ」、「ヤグルシュ」またはサポ学を推奨。

強化は、プロシェル,バファイラ,アディデック,オースピス。
リレイズは切らさないようにします。

ボスの「マイアズマ」の悪疫は、3秒あたり TP-250 とかなり大きくて連携が止まるので、早めの回復が必要。
「女神の愛撫」+範囲化「ウィルナ」で回復すると、かなり楽です。
毒を薬で自力回復してもらえば、サポ学でも回復は追いつくと思います。

ボスの氷遁のログを見たら、全力で逃げます。
「パーティからの攻撃」と「パーティへのダメージ」のフィルターを ON にして非表示すると、氷遁の見逃しが減ります。

▼戦闘の流れ

盾が敵を集めて、入室位置の角に引っ張って戦闘開始。
盾はそのまま壁を背にしてタゲ維持します。
小竜が沸く前にタゲを集めると、小竜が後衛にすっ飛んでいくので注意。

詩人が全体をララバイで寝かせたら、お供のモヤを消して撃破。
倒す順は、Protector(ナ) → Lancer(竜)→ Moraingist(モ+詩)→ Erudite(白+黒)。
お供のモヤがあるうちは、通常攻撃だけ(クリティカルでモヤ消し狙い)。
「ボスからのプレッシャーが弱まる!」のログが出たら、WS で一気に倒します。

ボスは、
黒色モヤがあるときは、モヤ消しを優先。
モヤが無いときは、火力優先で攻撃。

後衛は、氷遁ログを見たら全力で退避して「微塵がくれ・改」を避けます。

「微塵がくれ・改」の効果範囲はかなり広く、左右の柱を通り過ぎたあたりまで逃げないと被弾します。

ff11_20201114_ambus02.png

「微塵がくれ・改」を被弾して PT が半壊しても、忍者が 1人でも生き残っていれば立て直しはできます。

1回の戦闘は 12分くらいでした。
コルセアを多くして火力を上げると、攻略時間をかなり短縮できるようです。
タグ:風水 FF11 白魔
posted by Madalto@芝鯖 at 18:19| Comment(0) | NM/BF