2021年11月20日

上位召喚獣 BF ★暁よりの使者、再び ケット・シー ふつう モンクソロ

上位ケット・シーもカウンターで殴り倒せるようなので、モンクで倒してみることにしました。

ff11_20211120_caitsith_s01.png

▼敵の情報

Cait Sith が 1体登場。

強化魔法は、プロテスV,シェルV,ヘイストII,リジェネV,エンライト,オーラ を使用。
バニシュガIII,フラッシュ,ディスペガと範囲弱体、さらに ケアルVI も使用します。

攻撃間隔が短めで、ヘイストII,オーラがかかるとさらに攻撃回数が増えます。
これに、エンライトで 3桁の追加ダメージが発生。
放置していると、あっという間に押し込まれてしまいます。
強化はディスペルで消去可能です。

HP が半分より減ったところで、必ず 1回「女神の祝福」を使用。
祝福を使わせないまま倒すことはできません。
祝福を使ったあとは、Cait Sith の能力が強化されるようです。

危険な特殊技は、「HP?ホーリー」と「リーガルスクラッチ」の 2つ。

「HP?ホーリー」は、HP がサイコロの出目の倍数の相手に光属性魔法ダメージ。
効果範囲が広く、距離を取るフェイスでも被弾します。
「ディバインフェーバー」(自身の弱体効果消去)を使うと、次に使用する「HP?ホーリー」の威力が上がります。
難易度が「ふつう」で「フェイスの絆キャンペーン」中でも、HP が低い後衛フェイスは 1発で蒸発することがあります。
回復なしでクリアするのは、さすがに難しいです。

「リーガルスクラッチ」は単体物理の 3回攻撃。
「かまえる」中は防御力が大幅に下がるので、ダメージは 1000以上になることも多いです。
マルチアタックが乗るようで、運が悪いと 3000以上のダメージで 1撃死することもあります。

ff11_20211120_caitsith_s02.png

一方で、「イアリーアイ」と「ミュインララバイ」は放置で問題ありません。

「イアリーアイ」は、前方視線判定の静寂+アムネジア。
アムネジアの効果は 40秒を超えることもあります。
視線判定なので、後ろを向けば無効化できます。
しかし、後ろを向くとカウンターが発動しないため、被ダメージが増えてかえって危険です。
そこで、あえて正面から受けます。
WS を撃てなくなりますが、カウンターだけで十分削れるので問題ありません。
ダメージがない分、「イアリーアイ」を連発してくれた方が助かるくらいです。

「ミュインララバイ」は、対象中心範囲の睡眠+TP リセット。
PC がタゲを取るなら、寝てもすぐに起きます。
WS を撃つペースが落ちるくらいの効果しかなく、難易度「ふつう」なら通常打撃とカウンターだけでも削りきれます。
フェイス全員が巻き込まれないように、位置取りだけ注意。

▼編成

▽ジョブ

ジョブ:モ/戦(M.Lv 0,モンク装備 (2021/11/01時点)

メリットポイントは、「練気」と「発剄」に 5振り。

サポ戦にして、「挑発」で開幕時のタゲを固定します。
「バーサク」は厳禁。
「かまえる」(防御力-50%)と「バーサク」(防御力-25%)が合わさると、「リーガルスクラッチ」でほぼ確実に蒸発します。

おすすめの格闘武器の次の通り。

スファライ Rank:15

カウンターダメージは 1500 〜 2100 くらい。
2200 を超えることもあります。
おそらく、1800 以上はカウンタークリティカル。
ディスペガで「かまえる」を消されても、素のカウンターが高くて十分に火力を維持できます。

D値と攻撃力が高くて通常打撃や WS のダメージも大きく、2倍撃までついているので、最も短時間でクリアできる格闘武器です。

この BF ではオーグメントの「カウンターダメージ+30%」に火力が依存しているので、残魂で強化していないなら NQ の「ジョルトカウンタ」の方が強いと思います。

ジョルトカウンタ+1

カウンターダメージは 1500 〜 2100 くらいで、「スファライ Rank:15」とほぼ同じ。
難易度「ふつう」では、「カウンター:対象の攻撃力に比例した攻撃力修正」の効果が「スファライ Rank:15」を大きく超えることはありませんでした。

通常攻撃と WS ダメージは、「スファライ Rank:15」から 2割くらい落ちます。
カウンターの性能に差がないなら、やはりどうしても「スファライ Rank:15」よりクリアに時間がかかってしまいます。

それでも、「イリーアイ」のアムネジア中に、カウンターだけで押し込むことができるくらいの火力はあります。
素のカウンターが高くて「かまえる」が消えても強いのは、「スファライ」と同じです。

ジョルトカウンタ

カウンターダメージは 1500 〜 1900 くらい。
2100 を超えるカウンターダメージを出すこともありますが、「スファライ Rank:15」や「ジョルトカウンタ+1」に比べると回数は少ない印象でした。

HQ と同じように、通常攻撃と WS ダメージは「スファライ Rank:15」と比べるとやや低め。
また、STR+ がやや少ない分、大きなダメージが出にくいようでした。

それでも、カウンターの火力は十分で、クリア時間は「スファライ Rank:15」や「ジョルトカウンタ+1」とあまり変わらないくらいです。

サギッタ Type:A Rank:25

カウンターダメージは 1100 〜1500 くらい。
「スファライ Rank:15」や「ジョルトカウンタ」と比べると、カウンターダメージが低いのは仕方ありません。
そのかわり、通常攻撃で 2倍撃が出る確率が高く、ダメージも 1500 〜 1900 くらい出ます。

被ダメージ-10% のおかげで死ににくいのが特徴です。
「リーガルスクラッチ」で即死するリスクが減ります。

ストア TP が大きくて WS と連携を連発できますが、「イリーアイ」で WS を封じられると火力がかなり下がります。
NQの「ジョルトカウンタ」よりも、クリアに時間がかかる感じでした。

素のカウンター確率が上がらないので、「かまえる」が消えたときにケット・シーのエンライトが残っていると、一気に削られる危険があります。

▽フェイス

アプルル(回復)
ユグナス(回復)
ウルミア(支援,スケルツォ)
アシェラ(ディスペル)
モンブロー(回復 / 課金済み,エリクサーなし)

PC がタゲを取るので、盾フェイスなしです。

「リーガルスクラッチ」で即死するリスクを減らすために、スケルツォが使えるウルミアを入れました。

アシェラはモードチェンジがあるため、ディスペルが遅れることがありますが、即座に消さないといけない強化もないので問題ありません。
「ガイディングライト」の強化が便利です。

範囲弱体対策には、モンブロー先生。
サイレガやパライガを 1発で回復できます。

白魔フェイスを 1体にして、リリゼットII やクルタダを入れた方がクリア時間は早くなります。
しかし、「HP?ホーリー」で白魔フェイスが落ちるとジリ貧になるので、安全をとって白魔フェイス 2体にしました。

▼戦闘の流れ

フェイスを呼ぶ前に、「アスクサッシュ」+「ためる」で TP を溜めておきます。

「かまえる」を発動してから攻撃開始。
「挑発」でタゲを取って、「発剄」つきの「気孔弾」と「インピタス」を使用。
Cait Sith をはさんでフェイスとは反対側に立って、フェイスが「イリーアイ」に巻き込まれないようにします。

あとは、足を止めてひたすら殴り合いです。

武器が「スファライ」なら、「ファイナルヘヴン」でアフターマスを付けておくと、蹴撃で若干火力が上がります。

「イリーアイ」は正面から受けます。
アムネジアになっても、カウンターで十分に削れます。

ff11_20211119_caitsith_s01a.png

「イリーアイ」中に TP 3000 まで溜まったら(そして「ミュインララバイ」で TP を消されなかったら)、WS は「空鳴拳」を使っていました。
TP が多いときの「空鳴拳」は、「ビクトリースマイト」の 2倍以上のダメージがでます。

ff11_20211120_caitsith_s03.png

「スファライ Rank:15」使用時のクリアタイムは 4 〜 5分。
「ジョルトカウンタ+1」「ジョルトカウンタ」もあまり変わりません。
「サギッタ Type:A Rank:25」だと、もう少し時間がかかります。
たまに「リーガルスクラッチ」で事故ることもありますが、勝率わりと良いと思います。

戦利品は、「パルーグストーン」「パルーグハンマー」「パルーグリング」「パルーグピアス」までは出ました。
一番欲しい「パルーグクラウン」は、物欲センサーが働いてまだ出ていません……。
posted by Madalto@芝鯖 at 23:40| Comment(0) | NM/BF