2022年09月07日

エンピリアン防具 +2 黒魔と学者の感想

マスターにしているジョブのうち、モ白赤シ竜召青か風はソロで強化フラグを解放。
黒魔と学者はパーティで入って解放しました。
これで、コンテンツに出せるジョブはすべて解放が完了。
まだ強化の感想を書いていない、黒魔と学者のエンピリアン防具+2 について性能をみてみます。

▼黒魔

ff11_20220904_blm01.png
ff11_20220904_blm02.png
ff11_20220904_blm03.png
ff11_20220904_blm04.png
ff11_20220904_blm05.png

レリック IL119 より魔命が高く、魔攻は低めの設定になっている感じです。
魔命が足りるならレリック、不足するならエンピという使い方ができそうです。

両脚はジャ系の相乗効果時間が長くなります。
これまでは「WCショウス+1」を使ってジャ系の魔命と魔攻は捨てていましたが、+2 ならジャ系自体のダメージも大きくなりそうです。

両足は「マナウォール」の効果が上がるうえに、被ダメージカットがつきます。
もともと、「WCサボ+1」でも「マナウォール」の効果上限に届いていました。
そこに被ダメージカットが加わって、「マナウォール」が長持ちしやすくなります。
実用的な魔命と魔攻もついて、「マナウォール」中も火力を維持しやすくなりました。

大きな被ダメージカットがつく頭と両手は、ダメージを受けながら魔法を撃つ必要がある Ongo Veng+20 で役に立ちそうです。

こうしてみると、他の部位に比べて、胴の「WCコート+2」は優先度がやや下がります。
火力も魔命も「アグゥローブ Rank:25」とあまり変わらないくらい。
MB が +40 に届いていれば「WCコート+2」の方がやや有利。
精霊魔法の再詠唱間隔が短くなるので、サポジョブが使えないオデシー ジェールでは役に立つかもしれません。

強化の順番は、両足→両脚→頭→両手を予定。
胴は強化しないかもしれません。

▼学者

ff11_20220904_sch01.png
ff11_20220904_sch02.png
ff11_20220904_sch03.png
ff11_20220904_sch04.png
ff11_20220904_sch05.png

頭と両手は重要度高め。

頭はリジェネ回復量が増加。
学者の回復はリジェネによるところが大きいので、リジェネ回復量の部分だけでも優先して強化する理由になります。
「気炎万丈の章」の効果も上がるので、計略やメルトンのスリップで削るのにも使えると思います。
+1 のときは魔命も魔攻もなくて「気炎万丈の章」用には使いづらい装備でしたが、実用的な魔命と魔攻がつきました。

両手は「令狸執鼠の章」の効果が上がって、強化魔法の効果時間がさらに伸びます。
その 1点だけが何よりも重要。
MB ダメージが増えたりもしますが、魔法火力が目的なら「アグゥゲージ Rank:25」の方が良いと思います。

両脚は魔命が大きく上がります。
さらに、弱体魔法スキルも増加。
いまのところ、学者で弱体用の装備は用意していませんが、強化しておくと弱体魔法を使うときに便利そうです。

両足は、虚誘掩殺の策によって魔法のダメージが大きく伸びるようです。(コメントより)
今のところ、学者では支援や回復がほとんどですが、行動の幅を増やすためにも強化しておくと良さそうです。

胴は被ダメージカットくらいしか強みがなさそうに感じますが、ニャメ胴よりカット量が多いので、強化しても良いかもしれません。

強化の順番は、両手→頭→両脚→両足→胴を予定。
両足も悪くはないと思いますが、装備を追加するなら「アグゥピガッシュ」を強化した方が良い気がします。

タグ:FF11 学者 黒魔
posted by Madalto@芝鯖 at 11:48| Comment(4) | FF11日記

2022年09月06日

ソーティ からくり ソロ 攻略(60分) - 探索ルートを検討中

欠片ボスを狙わないルートとしては、ほぼ決定した感じです。
後半は NM の位置にあわせて柔軟に対応。
というわけで、からくり士で突入です。

突入したジョブは、か/踊(ソロ)。
今回は、ちゃんと「スペクトラルジグ」のインスニ目的のサポ踊です。

装備は、からくり装備 (2022/09/01時点) のもの。
武器は「乾坤圏 Rank:15」。
移動中は「エルメスサンダル」(移動速度+12%)を使用。

オートマトンは、白兵ヘッド+白兵フレームで火力盾構成にしました。

ff11_20220904_sortie_pup03.png
  • アチューナー
  • ストロボ
  • ストロボII
  • インヒビター
  • インヒビターII
  • フレイムホルダー
  • アーマープレートIII
  • アーマープレートIV
  • イコライザー
  • A.リペアキットIV
  • フラッシュバルブ
  • O.ファイバーII
前回の召ソロで盾フェイスがフォモル NM に瞬殺されたので、大ダメージ対策で「イコライザー」を搭載しています。

フェイスは、コーネリア,シルヴィ,イロハII,モンブロー,シャントットII
盾フェイスは無し。
フォモル NM も同じ編成のまま戦闘に入りました。

宝箱は、簡単に取れるものを優先。
NM 以外の戦闘はなるべく回避。
鍵 #A 〜 #D と 板 #A 〜 #D を持っている状態です。

ff11_20220904_sortie_pup01.png

Device(スタート地点) → Device #A

(1) Chest #A2:Device #A 付近で魔法(フェイス召喚)
(2) Chest #A1:Gate #A1 を開く
(3) Casket #A2:Gate #A1 を越えた先でヒーリング

Device(スタート地点) → Device #D

(4) Chest #D2:「カザナル帰巣蝶」を捨てる

Device #D → Device #B

(5) Chest #B2:Device #B に /hurray

ポークシー NM を撃破

(6) Chest #B1:Gate #B1 〜 #B6 を順に開く
(7) Casket #B2:Locked Gate #B を開ける
(8) Chest #C1:C区画に入った後、モンスターを倒さずに Gate #C1 または #C2 を開く

ゴースト NM を撃破

(9) Chest #C2:Device #C の近くで敵を倒す

Device #C → Device #D

(10) Chest #D1:Gate #D2 → Gate #D1,1つめを開いてから一定時間内に2つめを開く

リーチ NM を撃破

(11) Coffer #A:リーチ NM を倒す

フォモル NM を撃破

(12) Aurum Coffer:NMを 4体倒す
(13) Coffer #D:フォモル NM 撃破後に雑魚フォモルを 3体撃破

突入してすぐ、Device #A から北側のアクエフエリアに向かったときはリーチ NM を見かけなかったのに、一通りまわって戻ってきたら北側のアクエフエリアで発見しました。
はじめはどこにいたのかわかりません……

フォモル NM は今回も雑魚フォモル集団の中にいました。

からくり士もオートマトンで釣ったあとに「ディアクティベート」して NM だけ抜くことはできますが、今回はオートマトンを突入させるだけで釣ることにしました。
理由は、オートマトンの再呼び出しは召喚ほど手軽ではないから。
それと、再呼び出ししてマトンにタゲを取らせるまでに殴られるのが危険だと考えたからです。

そこで、オートマトンがタゲを取っている間に、Device #D → Device #A を移動してタゲ切り。
リンクした雑魚フォモルが減ったところで、あらためてオートマトンにフォモル NM のタゲを取らせるようにしました。
フォモル NM 単独で抜くことには失敗して、戦士タイプのフォモルが 1体おまけで付いてきましたが、オートマトンの硬さなら問題ないと判断して戦闘開始。

今回のフォモル NM は黒+モの防具に短剣二刀流のタルタルでした。
ソロで短剣タイプは初めてだと思います。

オートマトンは本職の盾に匹敵するほどの硬さがあるだけあって、フォモル NM の通常攻撃も、特殊技や短剣 WS も、ふつうに被弾したときは無視できる程度。
「破鎧陣」(防御力-75%)の後に特殊技を受けたときは、さすがに HP が減りますが、もとの HP が 4000 近くあるのに対して 500ダメージくらいで、だいぶ余裕がありました。

ff11_20220904_sortie_pup02.png

回復に使用した「ルブリカント+3」は 4本。
そのうち 3本は「破鎧陣」の防御力ダウンを消去するために使用。
1本は、防御力ダウン中にフォモル NM と雑魚フォモルの WS を同時に受けて、HP が半分くらいになったときに使いました。

ソロ突入では、一番楽なフォモル NM 戦だったと思います。

宝箱は 13個。
金箱と D区画の赤箱も取ることができました。

ガリモーフリーは +4536 です。
サファイアなし。
小箱からモンクの耳装備が出ました。

ff11_20220904_sortie_e_mnk01.png

命中+ は低いですが、カウンターを稼ぐのに良さそうです。

からくり士のエンピリアン防具+2 の性能は、次のようなものでした。

ff11_20220904_pup01.png
ff11_20220904_pup02.png
ff11_20220904_pup03.png
ff11_20220904_pup04.png
ff11_20220904_pup05.png

全部位でオートマトンの命中と魔命が大きく上がります。
ただ、オートマトンの命中は余裕があることが多く、あまり重要な要素では無いと思います。

オートマトンの火力が上がるのは、頭手脚の 3ヶ所。

頭の「KGカペッロ+2」は TPボーナスで WS のダメージが上がります。
レリック頭の「PIタージ+3」で攻撃力を上げるのとどちらがいいかは、比べてみないとわかりません。
タリア頭でペット STP を増やした方が良い気もします。

両手の「KGグアンティ+2」は、射撃戦マトンにはいいかもしれません。
DEX が上がるので、射撃 WS のダメージが上がります。
白兵戦マトンの WS は、威力が大きなものは VIT 修正のものが多くて、効果はあまりなさそうです。

両脚の「KGパンタロニ+2」でオートマトンのスキルが上がると、命中と攻撃力、盾発動率も上がります。
これは便利だと思いますが、「マーシャルアーツ+11」が邪魔です。
ただでさえ TP が溜まりにくい「乾坤圏」が、ますます使いづらくなります。

なお、胴は、レリックの「PIトベ+3」が高性能すぎるので……

いまのところ、全部位とも強化は後回しでいいと思っています。
posted by Madalto@芝鯖 at 14:47| Comment(2) | FF11日記

2022年09月05日

ソーティ 召喚 ソロ 攻略(60分) - 探索ルートを検討中

効率のいい探索ルートを検討しながらのソロソーティ。
今回は、召喚で突入です。

探索ルートを少し変更。
このところ、リーチ NM は Device #D 北西の正方形部屋近くで見かけることが多いので、Device #A に飛んだあとは歩いて Gate #A1 に向かうようにしました。

突入したジョブは、召/踊(ソロ)。
直前にサポ踊にしていたので「インスニが使えるなら何でもいいか」とそのまま突入しましたが、サポ赤にするべきでした……

装備は、召喚装備 (2021/10/01時点) のもの。
移動中は「クライヤーゲートル」(移動速度+12%)を使用。
ガルーダの「真空の具足」も使いました。

フェイスは、ヴァレンラール,コーネリア,イロハII,モンブロー,シャントットII
フォモル NM と戦闘時は、ヴァレンラール,コーネリア,ユグナス,ザイドII,モンブロー
履行間隔にコーネリアのヘイストは意味がありませんが、ザイドII のスタンのリキャストが短くなるかもと思って入れました。

宝箱は、簡単に取れるものを優先。
NM 以外の戦闘はなるべく回避。
鍵 #A 〜 #D と 板 #A 〜 #D を持っている状態です。

ff11_20220902_sortie_smn01.png

Device(スタート地点) → Device #A

(1) Chest #A2:Device #A 付近で魔法(フェイス召喚)

リーチ NM を撃破

(2) Coffer #A:リーチ NM を倒す
(3) Casket #A1:区画内のモンスターを5体倒す
(4) Chest #A1:Gate #A1 を開く
(5) Casket #A2:Gate #A1 を越えた先でヒーリング

Device(スタート地点) → Device #B

(6) Chest #B2:Device #B に /hurray

ポークシー NM を撃破

(7) Chest #B1:Gate #B1 〜 #B6 を順に開く
(8) Casket #B2:Locked Gate #B を開ける
(9) Chest #C1:C区画に入った後、モンスターを倒さずに Gate #C1 または #C2 を開く

ゴースト NM を撃破

(10) Chest #C2:Device #C の近くで敵を倒す

Device #C → Device #D

(11) Chest #D2:「カザナル帰巣蝶」を捨てる
(12) Chest #D1:Gate #D2 → Gate #D1,1つめを開いてから一定時間内に2つめを開く

フォモル NM に敗退

戦闘時の召喚獣は、イフリートを使いました。

狙い通り、リーチ NM は、北側のアクエフエリアで発見。
リーチ NM 探し回る必要がなくなって時間に余裕ができるハズと考えて、続けてアクエフ 5体撃破。
アクエフは格打耐性と火弱点があるので、「フレイムクラッシュ」(格闘+火)が有利なのか不利なのかわかりませんでしたが、連携トスになればいいと割り切ることにしました。

ポークシー NM も ゴースト NM も、予定していたルート上で見つけて順調に撃破。

雑魚フォモル集団の中にいた フォモル NM はいったんスルーして、先に Chest #D1(Gate #D2 → Gate #D1)を開けました。

フォモル NM は、召喚士のメリットを生かしてペット釣り。
召喚獣に殴らせて帰還させれば、リンクした雑魚フォモルを残して NM だけ釣ることができます。

しかし、このフォモル NM に大苦戦。

今回のフォモル NM は、モ+白の防具を装備した格闘猫でした。

使用した召喚獣はイフリート。

盾フェイスはヴァレンラール。
オーグストは「デイブレイク」を使うまでは被ダメージカットが発生しないので、初めから被ダメージカットがあった方がいいと考えて、ヴァレンラールを選びました。

格闘猫の HP を 3分の1 ほど削ったところで、「アストラルパッセージ」開始。
ここで「インスニが使えるならサポは何でもいい」と安易にサポ踊で突入したことが裏目に出て、残り 25% を切ったくらいのところで MP 切れ。

直後に、格闘猫の「ビクトリースマイト」を受けて、ヴァレンラールが陥落。
そのままイフリートとフェイスを倒されて全滅しました……

リレイズで復活したあと、フェイス編成を変更して再戦。
ヴァレンラール,オーグスト,ユグナス,ザイドII,モンブロー に変えて、2枚盾にしました。

HP が全快していた格闘猫を釣って戦闘開始。

ところが、ほとんど HP を削らないうちに、あっという間に盾フェイスが 2人とも倒されてしまいました。
ヴァレンラールは「ビクトリースマイト」。
オーグストは、格闘フォモル専用技の「連環拳」。

ff11_20220902_sortie_smn02.png

どちらも、ほぼ 1撃即死だったと思います。

再度リレイズで復活したものの、時間はほとんど残っていなくてそのまま終了。

1戦目にヴァレンラールが倒された時のダメージを見ていなくて、1撃死するほどのダメージとは思わず、「大地の鎧」を使わなかったのが敗因だと思います。
最大の敗因はサポ赤にしなかったことですが。

宝箱は 12個。

金箱が出なかったので、ガリモーフリーは +2593 とだいぶ少なくなりました。
サファイアもジョブ耳も無しです。

召喚士のエンピリアン防具+2 の性能は、次のようなものでした。

ff11_20220902_smn01.png
ff11_20220902_smn02.png
ff11_20220902_smn03.png
ff11_20220902_smn04.png
ff11_20220902_smn05.png

「神獣の加護」の効果が上がる、頭の「BCホーン+2」は強化必須だと思います。

しかし、その他の部位はびみょうな性能。
召喚獣の命中が大きく上がって履行ダメージも増えますが、履行ダメージ+ は他にもっと高いものがあります。
アルブメンのような回避が高い相手のときに、ペット命中も履行ダメージも稼ぐには良い装備かもしれませんが、命中が足りているなら強化しなくても良さそうです。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 12:40| Comment(0) | FF11日記

2022年09月04日

ソーティ 赤魔 ソロ 攻略(60分) - 探索ルートを検討中

効率のいい探索ルートを検討しながらのソロソーティ。
今回は、赤魔で突入。

前回のシーフソロでは Chest #B1「Gate #B1 〜 #B6 を順に開く」を省略しましたが、箱の数はあまり変わらなかったので、やっぱり Chest #B1 は取るようにしました。

突入したジョブは、赤/踊(ソロ)。
赤魔は自力でインスニができますが、「二刀流」ができて物理命中も上がるのが便利でサポ踊にしました。

装備は、赤魔装備 (2022/09/01時点) のもの。
基本はエン系装備で、「クロセアモース Type:C Rank:25」と「グレティナイフ Rank:25」を使いました。
移動速度アップのため「カマインクウィス+1」(移動速度+18%)を使用。

フェイスは、ヴァレンラール,コーネリア,イロハII,モンブロー,シャントットII
フォモル NM と戦闘時は、ヴァレンラール,コーネリア,ユグナス,ザイドII,モンブロー
盾フェイスがフォモル NM に倒されるのを防ぐために、ケアル役とスタン役を増やしています。

宝箱は、簡単に取れるものを優先。
NM 以外の戦闘はなるべく回避。
鍵 #A 〜 #D と 板 #A 〜 #D を持っている状態です。

ff11_20220831_sortie_rdm01.png

Device(スタート地点) → Device #A

(1) Chest #A2:Device #A 付近で魔法(フェイス召喚)

Device #A → Device(スタート地点)

(2) Chest #A1:Gate #A1 を開く
(3) Casket #A2:Gate #A1 を越えた先でヒーリング
(4) Chest #D2:「カザナル帰巣蝶」を捨てる

Device #D → Device #B

(5) Chest #B2:Device #B に /hurray

ポークシー NM を撃破

(6) Chest #B1:Gate #B1 〜 #B6 を順に開く
(7) Casket #B2:Locked Gate #B を開ける
(8) Chest #C1:C区画に入った後、モンスターを倒さずに Gate #C1 または #C2 を開く

ゴースト NM を撃破

(9) Chest #C2:Device #C の近くで敵を倒す
(10) Chest #D1:Gate #D2 → Gate #D1,1つめを開いてから一定時間内に2つめを開く

リーチ NM を撃破

(11) Coffer #A:リーチ NM を倒す

Device #C → Device(スタート地点)

(12) Casket #A1:区画内のモンスターを5体倒す

フォモル NM を撃破

(13) Aurum Coffer:NMを 4体倒す

9箱目の Chest #C2(Device #C の近くで敵を倒す)までは順調。

Device #D 南東のフォモルが大量にいる部屋のど真ん中にフォモル NM がいて、釣るのはあまりにも危険すぎたので、いったんはスルー。

箱をさらに 2つ取ったり、リーチ NM 倒したりして間を開けて、ふたたびフォモル NM の様子を見に行きましたが、あまり移動していませんでした。

そこで、強行作戦をとることにしました。

フォモル集団のど真ん中にいるフォモル NM にディアIII。
ヴァレンラールがウリエルブレードで大量にリンクしたフォモルのタゲを取ったのを確認して逃走。
スタート地点の Device まで走って、いったん Device #D に飛んでタゲ切り。
Device に戻ったあとフォモル NM にふたたびディアIII。
何体か残っていたフォモルがリンクしましたが、部屋をマラソンしながらタゲを切って、なんとかフォモルNM だけを残して倒すことに成功しました。

今回のフォモル NM は、白+モの装備に片手剣二刀流。
片手剣二刀流のときは特殊技の威力が高いことが多いですが、パライズII とスロウII をいれて、ヴァレンラールにファランクスII をかけることで、わりと安全に倒すことができました。

しかし、フォモル NM を釣るのに様子見していた時間が長くて、D区画の赤箱は取れずに終了。

今回の宝箱は 13個。

稼いだガリモーフリーは +4028 でやや少なめ。
「カザナルサファイア」は 2つドロップしました。

赤魔のエンピリアン防具+2 の性能は、次のようなものでした。

ff11_20220831_rdm01.png
ff11_20220831_rdm02.png
ff11_20220831_rdm03.png
ff11_20220831_rdm04.png
ff11_20220831_rdm05.png

特に、胴と手が高性能。
胴の「LTサヨン+2」は弱体魔法の効果が上がります。
両手の「LTガントロ+2」は弱体魔法スキルが増えるうえに、「サボトゥール」の効果も上がります。

+1 をすでに使っている頭胴手足は、そのまま強化する予定。
両脚は、弱体用としては「カイロンホーズ」が便利なので、後回しになると思います。
タグ:FF11 ソロ 赤魔
posted by Madalto@芝鯖 at 15:24| Comment(0) | FF11日記

2022年09月03日

ソーティ シーフ ソロ 攻略(60分) - 探索ルートを検討中

前回の青魔ソロに続いて、効率のいい探索ルートを検討します。
今回は、シーフソロ。
移動に時間がかかる Chest #B1「Gate #B1 〜 #B6 を順に開く」を省略して、別の箱を狙ってみました。

突入したジョブは、シ/踊(ソロ)。
サポ踊は「スペクトラルジグ」のインスニが目的です。

装備は、シーフ装備 (2022/09/01時点) のもの。
タゲを取っていないときの武器は「ヴァジュラ Rank:15」と「トゥワシュトラ Rank:15」を使用。
敵から攻撃を受けているときは、メインを「ガンドリング Rank:25」に変更していました。
移動中は「PLプーレーヌ+3」(移動速度+18%)を装備。

フェイスは、オーグスト,コーネリア,イロハII,モンブロー,シャントットII
フォモル NM と戦闘時は、オーグスト,ユグナス,ザイドII,モンブロー,シャントットII
盾フェイスがフォモル NM に倒されるのを防ぐために、ケアル役とスタン役を入れることにしました。

宝箱は、簡単に取れるものを優先。
NM 以外の戦闘はなるべく回避。
鍵 #A 〜 #D と 板 #A 〜 #D を持っている状態です。

ff11_20220830_sortie_thf01.png

Device(スタート地点) → Device #A

(1) Chest #A2:Device #A 付近で魔法(フェイス召喚)

Device #A → Device(スタート地点)

(2) Chest #A1:Gate #A1 を開く
(3) Casket #A2:Gate #A1 を越えた先でヒーリング
(4) Chest #D2:「カザナル帰巣蝶」を捨てる

Device #D → Device #B

(5) Chest #B2:Device #B に /hurray

ポークシー NM を撃破

(6) Casket #B2:Locked Gate #B を開ける
(7) Chest #C1:C区画に入った後、モンスターを倒さずに Gate #C1 または #C2 を開く

ゴースト NM を撃破

(8) Chest #C2:Device #C の近くで敵を倒す

Device #C → Device(スタート地点)

リーチ NM を撃破

(9) Coffer #A:リーチ NM を倒す
(10) Chest #D1:Gate #D2 → Gate #D1,1つめを開いてから一定時間内に2つめを開く

フォモル NM を撃破

(11) Aurum Coffer:NMを 4体倒す
(12) Coffer #D:フォモル NM 撃破後に雑魚フォモルを 3体撃破
(13) Casket #D1:ジョブの重複なく雑魚フォモルを 6体撃破

Device #C 付近でコースを倒すまでは順調でした。
ポークシー NM と ゴースト NM が戦いやすい位置にいたこともあり、わりと早いうちに 8箱確保。

しかし、リーチ NM が見つからず、広い範囲を歩き回ることになりました。

フォモル NM は戦いやすい位置にいましたが、盾フェイスが倒されてしまう事故が発生。
赤+忍の防具に片手棍と盾を装備していて、あまり痛い攻撃はないと思っていましたが、「ジャッジメント」で一気に削られてしまいました。
盾フェイスが落ちたあとは、「ガンドリング Rank:25」とニャメ装備に変更して、なんとか撃破。

NM 2体に時間がかかってしまい、アクエフ 5体を倒す途中で時間切れ。

Coffer #D と Casket #D1 の雑魚フォモルも、リンクさせないように釣るのが難しく、時間が足りなくなった原因だと思います。

取ることができた宝箱は 13個。

Chest #B1「Gate #B1 〜 #B6 を順に開く」を省略したのに、青魔ソロの 14個より少ない結果でした。
Casket #D1「ジョブの重複なく雑魚フォモルを 6体撃破」を狙わずに、Casket #A1「モンスターを5体倒す」をやった方が楽だったかもしれません。

稼いだガリモーフリーは +4698。
「カザナルサファイア」は 1つドロップ。
耳装備は、戦士用の「ボイイピアス」が出ました。

ff11_20220830_sortie_e_war01.png

戦士はほぼまったくやってないのが残念。

シーフのエンピリアン防具+2 の性能は、次のようなものでした。

ff11_20220830_thf01.png
ff11_20220830_thf02.png
ff11_20220830_thf03.png
ff11_20220830_thf04.png
ff11_20220830_thf05.png

いまひとつ、強さが分かりにくい印象を受けました。
「ぶんどる」とか「アカンプリス」「コラボレーター」あたりは、あまり頻繁に使わないからだと思います。

両足の「SKプーレーヌ+2」は、「トレジャーハンター」の調整に便利そうです。
トレハン+8 を維持するために今は「PDアムレット+3」がほぼ固定装備になっていますが、「SKプーレーヌ+2」でトレハンを上げれば、両手を違う装備に変更できるようになります。

頭の「SKボンネット+2」はトリプルアタック+ の値が大きいうえに、「アデマボンネット+1」よりも高い命中を確保できるのが良さそうです。

両手の「SKアムレット+2」は、DEX と不意打ち+ が上がって、「アデマリスト+1」の「不意打ち」WS ダメージを超えることができるかもしれません。

スカルカ装備の威力は、「コンビネーション:トリプルアタック性能アップ」にあると思います。
効果は、トリプルアタックに時々3倍撃が発生。
「トゥワシュトラ」のアフターマス「時々3倍撃」と同時に発動することもあるようで、乗算して 9倍撃が出る可能性があります。
スカルカ装備+2 は攻撃力も高いので、通常攻撃の火力がかなり上がりそうです。

ひとまず、両足を強化の予定。
いずれ全ヶ所を +2 にしようと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 10:39| Comment(2) | FF11日記