2019年01月01日

白魔装備 (2019/01/01時点)

前回(2018/12/02時点)からは、AFをIL119に強化して、かなり入替えました。
そして、カーズナ装備を追加。

(変更したところは赤文字)

▼通常装備
普段はだいたいいつもこの装備。
待機(リフレ)装備は作っていません。

部位装備オグメ
メインクェラーロッドType:A
サブチャンターシールド 
 玄冥盾 
 アムラピシールド 
遠隔  
矢弾ホミリアリ 
TEキャップ+1 
オルンミラトルク 
右耳メンデカントピアス 
左耳朝露の耳飾 
TEブリオー+1 
両手カイロングローブCHR+3 魔命+22 魔攻+27 ケアル回復量+11%
右指クチェクラリング 
左指レベッチェリング 
アラウナスケープHP+20 MP+60 ファストキャスト+10 回避+20 魔回避+20 被ダメージ-5%
ウィトフルベルト 
両脚EBパンタロン+1 
両足ヴァニヤクロッグType:D
(ケアル回復量 50(装備合計 61) / ケアル回復量II 4 / ケアル詠唱 80(ケアル詠唱+FC合計 96) / ヘイスト 23 / 敵対心 -47)

AF頭をIL119に強化してケアル回復量に余裕ができたので、盾の選択肢を増やせるようになりました。

通常は、FC+3%のチャンターシールド。
ケアル詠唱速度はキャップに足りていますが、そのほかの魔法には効果があります。
このチャンターシールドは、12月キャンペーンでナイズルから発掘してきたものです。

ダメージを受ける事が多い場合は、被物理ダメージ-10%がついている玄冥盾。
弱体の重要度が高いときはアムラピシールド。

クェラーロッドは、Type:BからType:Aに変更して敵対心-をつけました。
弱体を入れるにはType:Bもあった方がいいと思いますが、2本持てるほどカバンに余裕がありません。

指のレベッチェリングは、倉庫キャラのアイテム整理をしていたら見つかったものです。
敵対心-とケアル回復量+がついていて、わりと高性能。

アンバスマントはオグメを変更。というか、樹脂のオグメをつけていませんでした……。
あとは、魔命を魔回避に変更して、HP+を追加。

足はヴァニヤクロッグ Type:Dに変更。
ケアル回復量+とケアル詠唱-がつく高性能装備。敵対心-がないのが残念。
ケアル詠唱-には余裕があるので、PIダックビル+1に戻してもいいかもしれません。

AFは、頭、胴、手を+2にしたいところですが、胴と手を+2にするとケアル回復量が大幅に足りなくなるのが困りものです。
クェラーロッド二刀流にしたい……。

ヘイストと敵対心-がちょっと不足中。

▼カーズナ装備(部分着替え)
「死の宣告」を解除するときに使う装備。

部位装備オグメ
マリソンメダル 
両手ファナチクグローブMP+50 ファストキャスト+7% コンサーブMP+7 回復魔法スキル+10
右指ハオマリング 
左指ハオマリング 
アラウナスケープHP+20 MP+60 ファストキャスト+10 回避+20 魔回避+20 被ダメージ-5%
両脚TEパンタロン+1 
両足ヴァニヤクロッグType:B
(回復魔法スキル 519 / カーズナ効果アップ 100 (カーズナ成功率 54%))

なんとか成功率50%を超えて、「治るか治らないか確率2分の1」と言えるくらいになりました。

ガンバンテインがあると成功率100%を超える事もできるようですが、1段階目の「フィスチュルの体液」がすでにかなりツライので、作る予定はありません。
タグ:FF11 白魔
posted by Madalto@芝鯖 at 20:23| Comment(0) | ジョブ装備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: