2019年04月25日

持ち出し用 FF11環境をVAIOに変えてみた

Surface GoにFF11を入れてプレイ環境を持ち出せるようにしてからまだ2ヶ月くらいしかたっていませんが、
持ち出しFF11環境をVAIOノートに変えてしまいました。

Surface Goは軽くて持ち運びしやすく、マクロ実行がシビアな戦闘じゃなければ十分プレイできる性能がありましたが、使っていた個体の問題なのか、妙に動作が不安定。
無線LAN接続しているときは特にひどく、Windowsごと強制終了することもたびたびありました。
エリチェンのタイミングで強制終了して、マクロや設定が吹っ飛んだことも数回。
ついには、POL,FF11が起動しなくなる問題まで発生。(修復しましたが)

FF11が起動しなくなったことがあまりにショックで、衝動的にVAIOのノートPCを注文してしまいました(汗)

購入したのは、軽量モバイルノートのVAIO S11(2018年モデル)。
1年ほど前のノートPCになります。
CPUは控えめのCore i5-8250U、ストレージも少なめの256GBにしたかわりに、メモリは最大量の16GBを選択しました。

Surface Goから比べると、メモリとストレージが2倍。画面が少し広くなって、CPU性能は大幅アップ。
そのかわり、重量は1.6倍。
サイズも少し増えたので、小さめのカバンには入らなくなってしまいました。

まだ環境を変更したばかりで安定具合はわかりませんが、おおむね良好。
人が多い街中ではもっさり感があるものの、移動や戦闘はだいぶ滑らかに感じます。

そして何より、エリチェンの時にモニタに自分の顔が映らない。

すごく重要。

エリチェンの時に自分の顔が映らない。

これだけでも、環境を変えて良かったと思います。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 17:35| Comment(0) | FF11日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: