2019年07月19日

アサルトは2つクリアで実質9割終了

「レーヴァテイン」の土台を貰ったまま放置していましたが、LSメンバーがアサルトに行くというので便乗。
「ペリキア架橋作戦」「指輪捜索指令」「青の症例」をクリアしました。

ff11_20190718_assault001.png

久しぶりの「ペリキア架橋作戦」はマップを思い出せなくて、すぐにラミアに見つかってしまいました。
入口に近い南と西のスイッチはすぐに押せますが、距離がある東と北はなかなか難しいです。
なんとか4ヶ所ともスイッチを押せたものの、1回は時間切れ。
2回目でなんとか全員クリアできました。

「指輪捜索指令」はソロだと難しいですが、複数人いればわりと簡単です。
1つ目の手がかりを見つけたら、PC同士の間隔をすこし広げてNPCに話しかけて、大体の位置を絞り込みます。
あとは、ゆっくり歩きながら???を探してクリア。

「青の症例」は、一人だけレベルが低いジョブで突入して、範囲状態異常を受けてクリア。
こんなこともあろうかと、「メルクリウスポール」は常備。

難関アサルト四天王の「ペリキア架橋作戦」と「指輪捜索指令」が終了。
「オリハルコン鉱脈調査」と「レベロス補給作戦」が残っていますが、運の要素が大きいだけでソロクリアは難しくありません。
つまり、これでアサルトはほぼ完了したも同然……!

アンプルとトークンは足りているので、残りはアレキだけです。
タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 16:08| Comment(0) | FF11日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: