2019年07月21日

ウォンテッド ボストーニュ監獄 CL122 Garbage Gel 黒魔 ソロ

せっかくウォンテッドキャンペーンなので、格闘武器コレクションを増やすことも兼ねて、「Garbage Gel」を倒しに行きました。

「Garbage Gel」(ガーベジジェル)は、ボストーニュ監獄のスライムNM「Sewer Syrup」の上位NM。
専用技はなく、単純に強いだけのスライムですが、フルイドスプレッドの威力が凶悪。
ナイトフェイスでも1000以上のダメージを受けることがある上に、ヘイトダウン(ヘイトリセット?)の効果までついています。

ff11_20190720_garbagegel001.png

ジョブ:黒/赤
フェイス:ArkEV,ArkHM,ブリジット,アプルル,ユグナス

スライムの特殊技はすべて空蝉で回避可能なので、蝉盾のArkHMを入れています。
ArkEVは事故ったときのサブ盾&補助ケアル。
フルイドスプレッドのダメージを少しでも抑えるために、ブリジットで防御力を上げています。

白魔フェイスは、敵から離れるタイプを2人。
蝉盾がいるとケアル過剰になりますが、フルイドスプレッドに巻き込まれると1撃で死んでしまうので、念のために白魔多めにしました。

▼戦闘の流れ

ストンスキンを張って「Garbage Gel」を沸かせたら、1発殴ってフェイスを起動。
フルイドスプレッドの範囲外まで移動して待機。

フルイドスプレッドは痛すぎるので、なるべくスタンで止めるようにしました。
あとは、フェイスのWSを待ってMB。

ArkHMはTPの溜まりが早くて、たいていはHM→EVの順で連携します。
発生する連携は次の2通り。
シャンデュシニュ → シャンデュシニュ(光)
スウィフトブレード → シャンデュシニュ(闇)
(絶双十悶刃を撃ったときは連携が発生しない)

EVがWSを撃たなかったり、連携タイミングがやけに遅かったりすることがありますが、だいたい連携2回で撃破。

フェイスの連携が早ければ、1回の戦闘時間は2分半ほど。
たまに白魔フェイスがフルイドスプレッドに巻き込まれて即死したり、ArkEVにダメージが残っていてフルイドスプレッドで即死したりしますが、わりと楽な相手だと思います。

箱から出た装備は、「峨嵋刺」と「ゼラチナスリング」「ゼラチナスリング+1」。

「峨嵋刺」は「ガーベジオイル」を集めて、「峨嵋刺改」に強化しました。

ff11_20190720_gabishi001.png

トリプルアタック,ストアTP,被物理ダメージカット,命中+といろいろてんこ盛りの格闘武器です。

「ゼラチナスリング」は、「守りの指輪」と「VCリング+1」があるからたぶん使わないと思います。

ff11_20190720_gelatinous001.png
タグ:FF11 ソロ 黒魔
posted by Madalto@芝鯖 at 08:48| Comment(0) | NM/BF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: