2019年10月26日

ウォンテッド ウルガラン山脈 CL128 Camahueto からくり ソロ

暇を見つけてはエミネンスクリア数を増やしていくスタイル。
今回は、ウルガランの「Camahueto」(カマウェート)です。

ff11_20191022_camahueto01.png

「Camahueto」は、バッファローNM「Bonnacon」の上位NM。
CLは128と高めですが、特殊技の対処がしやすくて、わりと楽な相手でした。

危険な攻撃は、単体物理大ダメージの「ビッグホーン」と「ランパントナウ」の2つ。
さらに、「ビッグホーン」を使った後は、通常攻撃に「スノート」「ビッグホーン」「ランパントナウ」が含まれるようになります。(特殊技の構え無しで使ってくる)

用語辞典によると、ヘイトリセットかヘイト減少があるようですが、あまり気になりませんでした。

WSを当てると、ときどき!!が出て硬直させることができます。

▼編成

ジョブ:か/竜 (装備:からくり装備 (2019/10/01時点) オートマトン強化装備)
オートマトン:白兵戦ヘッド+白兵戦フレーム(盾仕様)
フェイス:リリゼットII,ウルミア,コルモル,ユグナス,アプルル

危険な攻撃は、単体物理大ダメージだけ。
目標中心や自己中心の範囲ダメージ技なし。
こういう敵が相手の時は、マトン盾の独壇場。
ベヒーモスの「ワイルドホーン」を被弾しても余裕で耐えるマトン盾にとって、バッファローの「ビッグホーン」とか雑魚です。

なお、本体が受けると死にます。

2019年10月のバージョンアップで「WSダメージアップ」が追加されて、急に注目をあびるようになったサポ竜ですが、「ハイジャンプ」によるヘイト減少も優秀です。
「Camahueto」と同じように単体物理大ダメージが主力だった、2019年1月アンバス2章のラズNM「Khalkotaurus」でも、サポ竜の「ハイジャンプ」が活躍しました。

オートマトンが盾をするので、フェイス盾なし。
本体が「ビッグホーン」や「ランパントナウ」を受けた時のために、回復を多めにしました。
ウルミアも、マチマチよりはスケルツォが目的。
ラウジングサンバが便利なリリゼットIIを入れていますが、この1枠はわりとなんでもいいと思います。

▽アタッチメント
  • ストロボ
  • ストロボII
  • アチューナー
  • インヒビターII
  • フレイムホルダー
  • マグニプラッグII
  • アーマープレートIII
  • アーマープレートIV
  • ターゲットマーカー
  • A.リペアキットIV
  • フラッシュバルブ
  • O.ファイバーII

使うマニューバは、火土光

タゲ取り性能を上げるために、「ストロボ」「ストロボII」「フラッシュバルブ」の3つを搭載しています。
魔法攻撃は無視して「マナジャマー」はなし。
かわりに「アーマープレート」を2つつけて、物理カットを増やしています。

▼戦闘の流れ

戦闘を始めてフェイスを起動したら、オートマトンからタゲを取らないように攻撃。
本体が使うWSも弱めのものを使うようにしました。
「連環六合圏」はアフターマスを付けるときだけ。
メインに使うのは「四神円舞」でした。

本体がタゲを取ってしまったときは、「腹話術」と「ハイジャンプ」でマトンにタゲを戻します。
敵対心を入れ替える「腹話術」より、単純に本体の敵対心が減る「ハイジャンプ」の方が使いやすいと思います。

オートマトンが受けるダメージは、「ランパントナウ」で100ダメージ前後。
「ビッグホーン」でも200ダメージくらいしか受けません。
ブレスダメージの「スノート」の方がダメージが大きく、500ダメージくらい受けていました。
オートマトンのHPは3000を超えていて、どれも余裕で耐えられるダメージです。

ちなみに、本体が「ビッグホーン」を受けたときは、1500ダメージを超えていました……。

1回の戦闘は3分半ほど。
「リペアー」を使うこともなく撃破できました。
posted by Madalto@芝鯖 at 18:02| Comment(0) | NM/BF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: