2020年09月11日

8月バージョンアップ CL135 〜 CL145 ウォンテッド装備強化の感想

オデシー C が実装されて、CL145 までのウォンテッド装備がすべて強化できるようになりました。
まだ「色褪せた皮」の強化がぜんぜん終わっていないですが、強化が追加された装備のうち、気になるものを確認してみました。

実装直前の予想? 妄想? は、こちら → 「確保済みの CL135 〜 CL145 ウォンテッド装備」

▼カマッパンス+1 (Tumult Curator / エジワ蘿洞)
ff11_20200910_comeuppances01.png

今回の強化で一番期待していた本命です。

「カマッパンス+1」は、もともとかなり高性能な格闘武器です。
ジョブマスターのモンク(格闘スキル 440,マーシャルアーツ 210)が装備した場合の D/隔を比較すると、RMEA と同等以上の基本性能を持っています。

  • カマッパンス+1 → 0.691
  • スファライ IL119+ → 0.679
  • ゴッドハンド → 0.679
  • ウルスラグナ IL119+ → 0.678
  • グランツファウスト IL119+ → 0.631

しかし、「ウルスラグナ」と同じように、TP が溜まりにくいという問題も抱えています。

その「カマッパンス+1」が、今回のバージョンアップで、欠点を補い利点を大きく伸ばす形で強化されました。

まず、隔が短すぎて、マーシャルアーツの影響で TP が減りすぎてしまう問題に対しては、「ストアTP+10」が付きました。
これでもまだ減少分を補えていないようですが、「ダブルアタック+1〜5%」もあるので、だいぶ緩和されたと思います。

そして、もともと高かった命中+ がさらに上乗せされました。
命中+ の合計だけでも +81。
さらに、DEX も +20 増えるので、合計すると命中は +96 も増えます。
他の格闘武器と比較すると、青武器を超えて格闘武器トップの命中です(たぶん)。

  • +297 カマッパンス+1 Rank:15
  • +276 サギッタ,シュコアトル
  • +271 ンイェーペル Rank:15,オータス Rank:15
  • +264 カランビット
  • +256 グランツファウスト IL119+ Rank:15,乾坤圏 IL119+ Rank:15,ゴッドハンド IL119+ Rank:15
  • +251〜241 峨嵋刺改 Rank:15
  • +242 カマッパンス+1
  • +241 ウルスラグナ IL119+ Rank:15
  • +226 スファライ IL119+ (Rank:15),グランツファウスト IL119+,乾坤圏 IL119+,ウルスラグナ IL119+,ゴッドハンド
  • +221〜211 峨嵋刺改
  • +201 格闘スキル+242 の IL119 武器

格闘武器はサブ武器スロットで命中を補えないので、武器単独の命中が高くなるのは、かなり嬉しい強化です。

火力が直接あがるような強化はありませんでしたが、DEX+20 でクリティカル率が上がって、「ビクトリースマイト」や「連環六合圏」などのダメージアップに繋がります。

一方で、急に発生した「ペット:命中+40 魔命+40」は、中途半端な印象です。

「本体とオートマトンの命中が両方上がる共闘用武器」と見ることもできますが、それなら からくり士の最終装備の 1つでもある「オータス」の方が高性能で、しかも遥かに簡単に手に入ります。
それに、からくり士本体の命中が不足するような相手なら、本体性能は犠牲にしてオートマトンを強化しまくった方が強いんじゃないかと思います。

ペット強化をつけるなら別の方向が良かったと思いますが、殴り武器性能としてはわりと良い強化だと思います。
RMEA 格闘武器と性能があまり競合しないのも好印象です。

というわけで、「カマッパンス+1」は強化決定。
「色褪せた羽」装備の中では、1番に強化するつもりでいます。

ちなみに、ソロ撃破はまず不可能な Tumult Curator のドロップ品ですが、僕はゴブ箱から手に入れました。

▼ロリケートトルク+1 (Sovereign Behemoth / ベヒーモスの縄張り)
ff11_20200910_loricate01.png

もともと高性能だからこんなもんかなぁ、という気がします。
装備の防御力はイマイチ効果を実感しづらいですが、防60 は Lv99 胴装備に匹敵する値なので、けっこう硬くなりそうです。

強化しなくても十分便利なので、余裕ができたら強化します。

▼タンモガイ+1 (Sarama / ゼオルム火山)
ff11_20200910_tanmogayi01.png

「命中+15 以上ほしい」と書いていましたが、+40 も上がりました。
さらに攻が +40 も増えます。
でも、DEX+ が欲しかったです……。

命中が増えた結果、片手剣スキル+ を反映した命中合計は「ネイグリング」も「アルマス IL119+」も超えます。

  • +279 アルマス IL119+ Rank:15
  • +277 タンモガイ+1 Rank:15
  • +263 アルマス IL119+
  • +260 ネイグリング
  • +237 タンモガイ+1
  • +226 セクエンス

「ネイグリング」でも当たらない敵には使えるかもしれません。
モンブロー先生がいれば青魔は Sarama を比較的楽に倒せるので、「アルマス」より手軽に作れると思います。

十分に強い性能だと思いますが、Rank:15 まで強化した「アルマス」を使いたいので、「タンモガイ+1」は強化しない予定です。

▼コンテムプレータ+1 (Tumult Curator / エジワ蘿洞)
ff11_20200910_contemplator01.png

「弱体魔法スキル+20」は、武器では最高値だと思います。
「メフィテスグリップ」も使えば、合計で +25 まで増やせます。
しかし、使いどころが難しい気がします。
「弱体魔法を通すには魔命よりも弱体魔法スキルが重要」という話も聞きますが、「マクセンチアス」+「アムラピシールド」を置き換えるほどのものかというと、ビミョウな気がします。

弱体魔法の重要度が高い戦闘では、使えるかもしれません。
先月実装していれば、アンバス1章 魔法マムージャ戦で活躍したかもしれないのに……。

▼セプトプテック+1 (Shedu / カダーバの浮沼)
ff11_20200910_septoptic01.png

魔攻が +46 もあってなんか強そうです。
青魔用に良さそうと思いましたが、「魔法ダメージ+ が低いから、サブダックションのダメージはあまり伸びないはず」という話を聞きました。
残念。

NQ も持っていなくて、Shedu はソロ撃破がツラいので、たぶん放置すると思います。

▼ドミネンスピアス+1 (Sovereign Behemoth / ベヒーモスの縄張り)
ff11_20200910_dominance01.png

耳部位で DEX+10 もあるのは便利そうです。
便利だと思いますが、「テロスピアス」と入れ替えてまで使うかというと、悩ましいです。
アイテム欄に余裕があるなら、WS 装備として持っておくのは良いかもしれません。

「オンカスーツ」+「アレテデルルナ」+「ドミネンスピアス」で、どのくらいスタンをレジれるかは、ちょっと興味があります。

▼楯無装備

楯無腹巻 (Tumult Curator / エジワ蘿洞)
ff11_20200910_tatenashi_b01.png

楯無篭手 (Shedu / カダーバの浮沼)
ff11_20200910_tatenashi_h01.png

楯無佩楯 (Sarama / ゼオルム火山)
ff11_20200910_tatenashi_l01.png

楯無脛当 (Thu'ban / ワジャーム樹林)
ff11_20200910_tatenashi_f01.png

「楯無佩楯」だけ持ってました。

わりと良い性能だと思いますが、装備できるジョブで普段使っているのがモンクだけなので、乾闥婆装備でいいんじゃないかと思います。
なにより、「楯無腹巻」と「楯無篭手」は手に入れるのがキツいです。


「色褪せた羽」の強化は、全体的に「その強化で必須装備になるのはがんばって避けた」という感じの内容だった気がします。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 13:29| Comment(0) | 武器防具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: