2022年09月03日

ソーティ シーフ ソロ 攻略(60分) - 探索ルートを検討中

前回の青魔ソロに続いて、効率のいい探索ルートを検討します。
今回は、シーフソロ。
移動に時間がかかる Chest #B1「Gate #B1 〜 #B6 を順に開く」を省略して、別の箱を狙ってみました。

突入したジョブは、シ/踊(ソロ)。
サポ踊は「スペクトラルジグ」のインスニが目的です。

装備は、シーフ装備 (2022/09/01時点) のもの。
タゲを取っていないときの武器は「ヴァジュラ Rank:15」と「トゥワシュトラ Rank:15」を使用。
敵から攻撃を受けているときは、メインを「ガンドリング Rank:25」に変更していました。
移動中は「PLプーレーヌ+3」(移動速度+18%)を装備。

フェイスは、オーグスト,コーネリア,イロハII,モンブロー,シャントットII
フォモル NM と戦闘時は、オーグスト,ユグナス,ザイドII,モンブロー,シャントットII
盾フェイスがフォモル NM に倒されるのを防ぐために、ケアル役とスタン役を入れることにしました。

宝箱は、簡単に取れるものを優先。
NM 以外の戦闘はなるべく回避。
鍵 #A 〜 #D と 板 #A 〜 #D を持っている状態です。

ff11_20220830_sortie_thf01.png

Device(スタート地点) → Device #A

(1) Chest #A2:Device #A 付近で魔法(フェイス召喚)

Device #A → Device(スタート地点)

(2) Chest #A1:Gate #A1 を開く
(3) Casket #A2:Gate #A1 を越えた先でヒーリング
(4) Chest #D2:「カザナル帰巣蝶」を捨てる

Device #D → Device #B

(5) Chest #B2:Device #B に /hurray

ポークシー NM を撃破

(6) Casket #B2:Locked Gate #B を開ける
(7) Chest #C1:C区画に入った後、モンスターを倒さずに Gate #C1 または #C2 を開く

ゴースト NM を撃破

(8) Chest #C2:Device #C の近くで敵を倒す

Device #C → Device(スタート地点)

リーチ NM を撃破

(9) Coffer #A:リーチ NM を倒す
(10) Chest #D1:Gate #D2 → Gate #D1,1つめを開いてから一定時間内に2つめを開く

フォモル NM を撃破

(11) Aurum Coffer:NMを 4体倒す
(12) Coffer #D:フォモル NM 撃破後に雑魚フォモルを 3体撃破
(13) Casket #D1:ジョブの重複なく雑魚フォモルを 6体撃破

Device #C 付近でコースを倒すまでは順調でした。
ポークシー NM と ゴースト NM が戦いやすい位置にいたこともあり、わりと早いうちに 8箱確保。

しかし、リーチ NM が見つからず、広い範囲を歩き回ることになりました。

フォモル NM は戦いやすい位置にいましたが、盾フェイスが倒されてしまう事故が発生。
赤+忍の防具に片手棍と盾を装備していて、あまり痛い攻撃はないと思っていましたが、「ジャッジメント」で一気に削られてしまいました。
盾フェイスが落ちたあとは、「ガンドリング Rank:25」とニャメ装備に変更して、なんとか撃破。

NM 2体に時間がかかってしまい、アクエフ 5体を倒す途中で時間切れ。

Coffer #D と Casket #D1 の雑魚フォモルも、リンクさせないように釣るのが難しく、時間が足りなくなった原因だと思います。

取ることができた宝箱は 13個。

Chest #B1「Gate #B1 〜 #B6 を順に開く」を省略したのに、青魔ソロの 14個より少ない結果でした。
Casket #D1「ジョブの重複なく雑魚フォモルを 6体撃破」を狙わずに、Casket #A1「モンスターを5体倒す」をやった方が楽だったかもしれません。

稼いだガリモーフリーは +4698。
「カザナルサファイア」は 1つドロップ。
耳装備は、戦士用の「ボイイピアス」が出ました。

ff11_20220830_sortie_e_war01.png

戦士はほぼまったくやってないのが残念。

シーフのエンピリアン防具+2 の性能は、次のようなものでした。

ff11_20220830_thf01.png
ff11_20220830_thf02.png
ff11_20220830_thf03.png
ff11_20220830_thf04.png
ff11_20220830_thf05.png

いまひとつ、強さが分かりにくい印象を受けました。
「ぶんどる」とか「アカンプリス」「コラボレーター」あたりは、あまり頻繁に使わないからだと思います。

両足の「SKプーレーヌ+2」は、「トレジャーハンター」の調整に便利そうです。
トレハン+8 を維持するために今は「PDアムレット+3」がほぼ固定装備になっていますが、「SKプーレーヌ+2」でトレハンを上げれば、両手を違う装備に変更できるようになります。

頭の「SKボンネット+2」はトリプルアタック+ の値が大きいうえに、「アデマボンネット+1」よりも高い命中を確保できるのが良さそうです。

両手の「SKアムレット+2」は、DEX と不意打ち+ が上がって、「アデマリスト+1」の「不意打ち」WS ダメージを超えることができるかもしれません。

スカルカ装備の威力は、「コンビネーション:トリプルアタック性能アップ」にあると思います。
効果は、トリプルアタックに時々3倍撃が発生。
「トゥワシュトラ」のアフターマス「時々3倍撃」と同時に発動することもあるようで、乗算して 9倍撃が出る可能性があります。
スカルカ装備+2 は攻撃力も高いので、通常攻撃の火力がかなり上がりそうです。

ひとまず、両足を強化の予定。
いずれ全ヶ所を +2 にしようと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 10:39| Comment(2) | FF11日記
この記事へのコメント
フォモルNMは最初キングかアシェラにだまし連携入れてタゲを取らせてから
絶対回避を使用して倒しています。瀕死時のWS即打ちモードだとフォモルの特殊技
ばかりなので、絶対回避が切れても事故死は今のところありません。
Posted by at 2022年09月03日 12:27
コメントありがとうございます!

絆キャンペーンが終わってフェイスが倒されやすくなってるので、盾フェイスを頼りすぎない方がいいかもですね……
Posted by Madalto@芝鯖 at 2022年09月03日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: