2022年09月05日

ソーティ 召喚 ソロ 攻略(60分) - 探索ルートを検討中

効率のいい探索ルートを検討しながらのソロソーティ。
今回は、召喚で突入です。

探索ルートを少し変更。
このところ、リーチ NM は Device #D 北西の正方形部屋近くで見かけることが多いので、Device #A に飛んだあとは歩いて Gate #A1 に向かうようにしました。

突入したジョブは、召/踊(ソロ)。
直前にサポ踊にしていたので「インスニが使えるなら何でもいいか」とそのまま突入しましたが、サポ赤にするべきでした……

装備は、召喚装備 (2021/10/01時点) のもの。
移動中は「クライヤーゲートル」(移動速度+12%)を使用。
ガルーダの「真空の具足」も使いました。

フェイスは、ヴァレンラール,コーネリア,イロハII,モンブロー,シャントットII
フォモル NM と戦闘時は、ヴァレンラール,コーネリア,ユグナス,ザイドII,モンブロー
履行間隔にコーネリアのヘイストは意味がありませんが、ザイドII のスタンのリキャストが短くなるかもと思って入れました。

宝箱は、簡単に取れるものを優先。
NM 以外の戦闘はなるべく回避。
鍵 #A 〜 #D と 板 #A 〜 #D を持っている状態です。

ff11_20220902_sortie_smn01.png

Device(スタート地点) → Device #A

(1) Chest #A2:Device #A 付近で魔法(フェイス召喚)

リーチ NM を撃破

(2) Coffer #A:リーチ NM を倒す
(3) Casket #A1:区画内のモンスターを5体倒す
(4) Chest #A1:Gate #A1 を開く
(5) Casket #A2:Gate #A1 を越えた先でヒーリング

Device(スタート地点) → Device #B

(6) Chest #B2:Device #B に /hurray

ポークシー NM を撃破

(7) Chest #B1:Gate #B1 〜 #B6 を順に開く
(8) Casket #B2:Locked Gate #B を開ける
(9) Chest #C1:C区画に入った後、モンスターを倒さずに Gate #C1 または #C2 を開く

ゴースト NM を撃破

(10) Chest #C2:Device #C の近くで敵を倒す

Device #C → Device #D

(11) Chest #D2:「カザナル帰巣蝶」を捨てる
(12) Chest #D1:Gate #D2 → Gate #D1,1つめを開いてから一定時間内に2つめを開く

フォモル NM に敗退

戦闘時の召喚獣は、イフリートを使いました。

狙い通り、リーチ NM は、北側のアクエフエリアで発見。
リーチ NM 探し回る必要がなくなって時間に余裕ができるハズと考えて、続けてアクエフ 5体撃破。
アクエフは格打耐性と火弱点があるので、「フレイムクラッシュ」(格闘+火)が有利なのか不利なのかわかりませんでしたが、連携トスになればいいと割り切ることにしました。

ポークシー NM も ゴースト NM も、予定していたルート上で見つけて順調に撃破。

雑魚フォモル集団の中にいた フォモル NM はいったんスルーして、先に Chest #D1(Gate #D2 → Gate #D1)を開けました。

フォモル NM は、召喚士のメリットを生かしてペット釣り。
召喚獣に殴らせて帰還させれば、リンクした雑魚フォモルを残して NM だけ釣ることができます。

しかし、このフォモル NM に大苦戦。

今回のフォモル NM は、モ+白の防具を装備した格闘猫でした。

使用した召喚獣はイフリート。

盾フェイスはヴァレンラール。
オーグストは「デイブレイク」を使うまでは被ダメージカットが発生しないので、初めから被ダメージカットがあった方がいいと考えて、ヴァレンラールを選びました。

格闘猫の HP を 3分の1 ほど削ったところで、「アストラルパッセージ」開始。
ここで「インスニが使えるならサポは何でもいい」と安易にサポ踊で突入したことが裏目に出て、残り 25% を切ったくらいのところで MP 切れ。

直後に、格闘猫の「ビクトリースマイト」を受けて、ヴァレンラールが陥落。
そのままイフリートとフェイスを倒されて全滅しました……

リレイズで復活したあと、フェイス編成を変更して再戦。
ヴァレンラール,オーグスト,ユグナス,ザイドII,モンブロー に変えて、2枚盾にしました。

HP が全快していた格闘猫を釣って戦闘開始。

ところが、ほとんど HP を削らないうちに、あっという間に盾フェイスが 2人とも倒されてしまいました。
ヴァレンラールは「ビクトリースマイト」。
オーグストは、格闘フォモル専用技の「連環拳」。

ff11_20220902_sortie_smn02.png

どちらも、ほぼ 1撃即死だったと思います。

再度リレイズで復活したものの、時間はほとんど残っていなくてそのまま終了。

1戦目にヴァレンラールが倒された時のダメージを見ていなくて、1撃死するほどのダメージとは思わず、「大地の鎧」を使わなかったのが敗因だと思います。
最大の敗因はサポ赤にしなかったことですが。

宝箱は 12個。

金箱が出なかったので、ガリモーフリーは +2593 とだいぶ少なくなりました。
サファイアもジョブ耳も無しです。

召喚士のエンピリアン防具+2 の性能は、次のようなものでした。

ff11_20220902_smn01.png
ff11_20220902_smn02.png
ff11_20220902_smn03.png
ff11_20220902_smn04.png
ff11_20220902_smn05.png

「神獣の加護」の効果が上がる、頭の「BCホーン+2」は強化必須だと思います。

しかし、その他の部位はびみょうな性能。
召喚獣の命中が大きく上がって履行ダメージも増えますが、履行ダメージ+ は他にもっと高いものがあります。
アルブメンのような回避が高い相手のときに、ペット命中も履行ダメージも稼ぐには良い装備かもしれませんが、命中が足りているなら強化しなくても良さそうです。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 12:40| Comment(0) | FF11日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: