2023年01月24日

オデシー ジェール アトーンメント2 Procne Veng+25 を撃破

ジェール AT2 に出現するトゥルフェイア NM、Procne の Veng+25 を撃破しました。

ff11_20230117_procne02a.png

Veng+20 のときは 1陣編成で撃破。
お試しで Veng+25 に 1陣編成で突入したところ削り切れなかったので、2陣編成で攻略しました。

【簡単な戦闘メモなので、詳しい攻略は他のブログや動画などを参考にしてください】

▼敵の情報

弱点は突属性。

特殊技が前方範囲ばかりなので、後ろにいれば安全です。

▽Veng+25 共通

残 HP 75% と  40% くらいで SP アビリティを使用。

SP アビリティを使ったタイミングでお供が出現(2回)。
さらに、弱体スフィアが発生。

出現した直後のお供は、ボスに対する敵対心 2位の PC をターゲット。
敵対心 1位の PC ではお供のタゲ固定不可。
スリプルに強い耐性あり。
バインド,グラビデ有効。
いずれも、数回で耐性が発生。
お供が沸くと、ボスに対してリジェネが発生。
お供を撃破すると、ボスのリジェネは解除。

弱体スフィアは、攻撃力ダウン,防御力ダウン,魔法攻撃力ダウン,魔法防御力ダウン、魔法命中率ダウン,魔法回避率ダウンのいずれかランダムで 1つ。
2回目の SP アビリティで弱体効果が変わることはあるけれど、発生する効果は 1つのみ。

ボスには同一 WS 耐性あり。
同じ WS を連続して当てるとダメージが減少。
間に他の WS をはさむと、ダメージ減少は徐々に解除。
お供には同一 WS 耐性なし。

2陣目以降は――

ボスの HP を削っていた場合、ボスのリジェネで戻った HP は無視して、最も削った残 HP の状態から開始。
ただし、5% 単位で回復(切り上げ)。
(例えば、1陣目で 18% 削って 2陣目に入ると、15% 減った状態で登場する)

条件を満たしていれば、ボスは SPアビリティを使用。
前の戦闘で倒していたお供は再出現しない。

▼編成

2陣構成で攻略しています。
1陣目はお供 1体出現を目標に、少しでも削る感じで。
2陣目が本戦です。

【1陣目】

PT編成:剣狩踊風白か
参加ジョブ:

1陣目はボスの HP をできるだけ減らして、2陣の負担を軽くするのが目的です。

▽魔導剣士
(2陣目 → ナイト)

ボスのタゲ維持。
特殊技にノックバックがあるので、壁を背にして固定。

状態異常回復用に「パナケイア」を用意。

お供はオートマトンで移動させるので、お供が出現しても戦闘位置はそのまま。

▽狩人
(2陣目 → 戦士)

アビリティを使いつつ、射撃でボスを攻撃。
WS は「ラストスタンド」を主力に。

視線をさえぎるオブジェクトに注意。

▽踊り子
(2陣目 → コルセア)

ステップを入れながら、短剣でボスを攻撃。
WS は「ピリッククレオス」「エヴィサレーション」など。

▽風水士
(2陣目 → 赤魔道士)

準備部屋で「エントラスト」を使ってインデ系をばらまき。
剣 → インデバリア(防御力)
踊 → インデヘイスト(ヘイスト)
白 → インデリフレシュ(リフレシュ)

インデ系は、インデフューリー。
ジオ系は、「グローリーブレイズ」「サークルエンリッチ」「デマテリアライズ」を併用してジオフレイル。

死なないのが一番の仕事。

▽白魔道士
(2陣目 → 吟遊詩人)

強化はプロテアV,シェルラV,バアムネジラ,オースピス,アディストを使用。

戦闘中は状態異常回復とケアル。

1陣目は MP 回復役がいないので、大回復を連発すると MP がすぐに枯れます。
「バイルエリクサー」など MP 回復アイテムを用意。

▽からくり士
(2陣目 → 竜騎士)

からくり士本体は攻撃しません。
離れた位置でマニューバ回しだけ。

オートマトンのアタッチメントは盾構成。

お供がわくまでは、オートマトンはボスを攻撃。
盾マトンの攻撃は斬属性(一部の WS は打属性)でダメージソースにはなりませんが、オートマトンが敵対心を稼ぐのが目的です。

お供が出現したら、オートマトンでお供のタゲを取って、ボスから離れた位置でキープ。

【2陣目】

PT編成:ナ戦コ赤詩竜
参加ジョブ:

2陣目が本戦。
温存していた SP アビリティも使って、全力で殴ります。

▽ナイト
(← 1陣目 魔導剣士)

「マジェスティ」を使ってプロテス。
および、前衛の HP 回復。

ボスのタゲ維持。
特殊技にノックバックがあるので、壁を背にして固定。

お供が出現したら、赤魔が足止めするのを待って、戦闘場所を移動。

▽戦士
(← 1陣目 狩人)

両手槍「シャイニングワン」を持ってボスを攻撃。
WS は「インパルスドライブ」を使用。
リキャストごとに「バーサク」「ウォークライ」「ブラッドレイジ」。

2体目のお供が出現したら赤魔が寝かせるのを待ってから、「ブラーゼンラッシュ」や「マイティストライク」を使って全力で攻撃。

▽コルセア
(← 1陣目 踊り子)

「クルケッドカード」を乗せて、カオスロールとサムライロール。

射撃と短剣でボスを攻撃。
WS は「ラストスタンド」「エヴィサレーション」など。

パーティメンバーと調整して「ランダムディール」。
戦士が SP アビリティを使ったのに合わせて「ワイルドカード」を使用。

▽赤魔道士
(← 1陣目 風水士)

準備部屋で風水士に変えて、「エントラスト」を使ってインデ系をばらまき。
ナ → インデバリア(防御力)
戦 → インデフレイル(敵防御ダウン)
コ → インデヘイスト(ヘイスト)
竜 → インデフューリー(攻撃力)

戦闘エリアに入ったら、ヘイストII,ファランクスII,リフレシュIII。
敵からの魔法攻撃はないのでシェルは不要。
リフレシュは「シェレピアス」を使っている前衛にもかけます。

お供が出現したら、バインド,グラビデで足止め。
さらにスリプルを入れます。

余裕があるときに、ボスに対してディアIII や、パライズII,ディストラIII などの弱体。

▽吟遊詩人
(← 1陣目 白魔道士)

「ソウルボイス」を使って、
盾と後衛に、栄典,ミンネ,バラード×2,シルベント。
前衛に、栄典,メヌエット×3,ダージュ。

戦闘中は、ボスにエレジー,レクイエムなど。

▽竜騎士
(← 1陣目 からくり士)

ボスを追いかけながら攻撃。
リキャストごとに「アンゴン」。

武器は「グングニル」を使用。
「ゲイルスコグル」が良いダメージを出していました。
使っていた WS は「ゲイルスコグル」「スターダイバー」「カムラン」あたり。

SP アビリティは使いませんでした……

▼戦闘の流れ

【1陣目】
ff11_20230117_procne01a.png

準備部屋で「エントラスト」+インデ系をばらまき。

強化が終わったら、魔導剣士が Procne を釣って壁際でキープ。

狩人と踊り子は Procne の後ろから攻撃。

からくり士は、オートマトンを Procne にぶつけたあとは、お供がわくまで離れた位置で待機。
お供が出現したら、オートマトンでタゲを取って離れた位置でキープ……の予定でしたが、狩人が稼いだ敵対心が高くてなかなかタゲを取れませんでした。
「ストロボ」(挑発)を 5回ほどいれて、ようやくタゲが取れてキープ。
2陣目は竜騎士で SP アビリティを使う予定はなかったので、からくり士の SP アビリティ「ヘディーアーテフィス」でオートマトンに「インビンシブル」を使わせた方が良かったと思います。

1陣目はお供 1体目を出現させるまでが目標でしたが、ほぼ半分まで削ることができました。

【2陣目】
ff11_20230117_procne03a.png

準備部屋で「エントラスト」+インデ系をばらまき。

強化が終わったら、ナイトが Procne を釣って攻撃開始。
Procne の HP はほぼ半分から開始で、1体目のお供は初めから出現した状態。
赤魔がお供の足止めを待って戦闘位置を移動。

HP が 40% くらいまで減ったら、Procne が SP アビリティを使用して 2体目のお供が出現。
この時は「E.スフォルツォ」だったので攻撃続行。
赤魔が 2体目のお供を足止めしたら、戦闘位置を移動。

お供が離れたあたりで、戦士は SP アビリティを使用。
コルセアの「ワイルドカード」は、使う前に撃破できました。

残り時間は 8分 9秒。
だいぶ余裕があったと思います。
Procne V25 初挑戦のときも、「お試し」ではなくちゃんと準備して入れば、1陣で倒せたかもしれません。
posted by Madalto@芝鯖 at 22:37| Comment(0) | NM/BF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: