2020年05月28日

短剣エンピリアン トゥワシュトラ - 4 / トゥワシュトラ 第3〜4段階(Lv95)

「オルトロスの爪」75個の納品が終わりました!
さらに、「ヘヴィメタル」1500個の納品まで完了です。

ff11_20200527_twashtar03.png

「オルトロスの爪」集めは、思ったより時間がかかりました。

Orthrus のトリガー、だいじなもの「灼熱のケルベロスの舌」は、金の大箱から出ません。
なので、「灼熱のケルベロスの舌」を取るために、Amarok を湧かせる必要があります。
ところが、そのトリガーがなかなか出ませんでした。

「虎王の毛皮」は、Ansherekh が時間 POP で 10分に 1回しか倒せないのに、ドロップなしが連続したり……。
「シャラブハの毛皮」もドロップなしが多かった上に、Sharabha のトリガーの「埋もれた牙」がなかなか出なかったり……。

「虎王の毛皮」も「シャラブハの毛皮」も、トレハン 4 つけてもドロップなしが 3回連続したことがありました。
たぶん NM ドロップより金箱から出たものの方が多かったと思います。

ちなみに、「上質なダルメル毛皮」は箱からのドロップはなしでした。
用語辞典には「アビセアの宝箱(Sturdy Pyxis)から得られる可能性がある」とあるのに……。

トリガーのだいじが箱から出ないので、大箱が出るくらいまで黄色の発光を上げてしまうと、かえって効率が悪くなります。
「天運のジェイド」が3つある状態だと、黄色は 30 前後、多くても 50 くらいまでにするのが良いようでした。

ff11_20200527_orthrus03.png

「オルトロスの爪」を納品した後は、「ヘヴィメタル」の納品です。
倉庫に貯めていたものを納品して、残り 368 個。
「ヴォイドウォッチキャンペーン」中だから残りは自力で集めようと思いましたが…… 24戦して成果ゼロだったので、あきらめて競売で購入。
「アルマス」を作った時に比べて、99個の取引値が 250万も上がっていて、大量の出費になってしまいました。

次の課題は、「リフトドロス」を 60個納品。
手持ちは 31個。
からくり士と相性のいい Morta を倒しながら、金策をしようと思います。
タグ:FF11 シーフ RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 12:09| Comment(2) | 武器防具

2020年05月25日

マレヴォレンス MAX(-2)

シニスターレインの3戦モードを連戦して、「マレヴォレンス」の良オグメ品が手に入りました。

ff11_20200523_malevolence01.png

MAX まで魔攻が 2 だけ足りない!!
あと 2 だけなら、MAXオグメが来てほしかった……。
これでも十分な強さですが。

ちなみに、「ルビカンディティー」のMAXオグメも出ました。
でも、いまひとつ使いどころがなくてオシャレ装備枠に入れています。
posted by Madalto@芝鯖 at 13:37| Comment(0) | 武器防具

2020年05月24日

峨嵋刺改 が Rank:15 になった!

オデシー 1回で鱗 316個と自己最多記録を更新するなどして、「峨嵋刺改」(がびし・かい)は意外と早く Rank:15 になりました。

ff11_20200523_gabishi01.png

「峨嵋刺改」は Rank:15 にすると、トップクラスに並ぶほどの高性能な格闘武器になります。

▼高いダメージ性能

「峨嵋刺改」を Rank:15 にすると、D+ は 177 とかなり高い値になります。
これは、モヤ付き「グランツファウスト」や、モヤ付き「ウルスラグナ」を超える値です。

格闘のダメージは格闘スキルの影響も大きく、「峨嵋刺改」には1撃のダメージを引き上げる追加性能がないので、実際のダメージは少し減ると思いますが、それでも RMEA 武器と並ぶくらいのダメージ性能があります。

参考に、RMEA や他の最終武器と「峨嵋刺改」で D/隔を計算してみると、次のようになります。

武器D/隔D/隔
(スキル反映)
備考
カマッパンス+12.063.05STR+20
タムルトの箱
ウルスラグナ IL119+1.952.94STR+50
ミシック モヤ付き
カランビット1.882.69STR+20 攻+30
アンバスケード武器 第5段階
チャスタイザー1.642.51STR+20 攻+33
Urmahlullu からドロップ,パルスアームズ
サギッタ Rank:25
シュコアトル Rank:25
1.692.35ジョブマスター武器 Su5
スファライ IL119+1.572.26攻+60
レリック モヤ付き
峨嵋刺改 Rank:151.462.11ガーベジジェルの箱
ゴッドハンド1.432.01イオニック
グランツファウスト IL119+1.351.98ミシック モヤ付き
(スキル反映:格闘スキルから算出される D値を加算したもの)

▼高い命中+

「峨嵋刺改」には、ユニティランク変動する「命中+10〜20」がありますが、強化するとさらに「命中+30」が加わります。
ユニティランクが 1位の時は「命中+50」。
そこから、ランクが 1つ下がるごとに 2ずつ下がって、ランキング 6位以下だと「命中+40」です。

これ以上に高い命中+ がついている格闘武器は、命中に特化した Oboro 武器の「ンイェーペル」(命中+70)くらい。
同じくらいのものだと、
  • サギッタ,シュコアトル(命中+50,Su5)
  • カマッパンス(命中+40,+1 だと 命中+41)
  • カランビット(命中+40,アンバスケード武器 第5段階)
と、最終武器クラスが並びます。
(なお、格闘スキルと DEX+ も加えると、「サギッタ」と「シュコアトル」は「命中+75」相当、「カランビット」は「命中+63」相当になります)

これだけ高い命中があれば、「インピタス」中の火力維持も楽になりそうです。

▼TP の溜まりやすさ

「ストアTP+5」で TP が溜まりやすいことに加えて、「峨嵋刺改」は隔が長めという特徴があります。

格闘武器は、マーシャルアーツの影響で、隔+ が短すぎると攻撃間隔は変わらないのに取得 TP が減ります。
通称、「TP ペナルティ」と呼ばれている現象です(「二刀流」でも起きます)。
具体的には、ジョブマスターになったモンク(マーシャルアーツ 210)がヘイスト最大の時、隔+97 以下の格闘武器で TP ペナルティが発生します。

「カマッパンス+1」(隔+79)や「ウルスラグナ」(隔+81)は、D/隔だけを見れば突出して高い性能を持ちますが、同時に TP が溜まりにくい格闘武器でもあります。

一方、「峨嵋刺改」は、「隔+121」と攻撃間隔が長めです。
これなら、ヘイスト最大のときでも、「マーシャルアーツ+7」までは TP ペナルティが発生しません。
それだけ、効率よく TP を溜めることができます。
(とはいえ、「マーケピアス」(マーシャルアーツ+10)が使いづらいことには変わりありませんが……)

さらに、「峨嵋刺改」には「トリプルアタック+3%」もついています。
TP ペナルティがない攻撃間隔でマルチアタックが出るので、TPの溜まりやすさは飛び抜けています。

「峨嵋刺改」以上に TP が溜まりやすい格闘武器となると、「サギッタ Type:A Rank:25」「ゴッドハンド」と、アフターマス Lv3 時の「グランツファウスト」くらいで、やはり最終武器クラスのものが並びます。

▼高いクリティカルヒット+

「峨嵋刺改」を Rank:15 まで強化したときの、一番の特徴かもしれません。

Rank:15 になった「峨嵋刺改」は、格闘武器の中では最大のクリティカルヒット+ がつきます。

他のクリティカルヒット+ つきの格闘武器は、「フューリーフィスト+1」や「フレシュカーバー」くらいで、どちらも「クリティカルヒット+4%」と「峨嵋刺改 Rank:15」の半分以下です。
(「デストロイヤー」は条件付きで「クリティカルヒット+6%」になりますが、Lv73 武器なので比較対象外)

高い命中+ とあわせて、モンクのアビリティ「インピタス」との相性がとても良い武器です。
さらに、「TP:クリティカルヒット確率修正」の格闘 WS「ビクトリースマイト」や「連環六合圏」のダメージが、はね上がる可能性もあります。

▼入手のしやすさ

「峨嵋刺改」は、RMEA に並ぶほど高性能なのに、比べものにならないほど楽に手に入ります。

今でこそ「スファライ」「グランツファウスト」「ウルスラグナ」はソロでも作れるようになりましたが、それでもモヤ付きの RMEA を手に入れようとしたら半年近くかかります。
「ゴッドハンド」や「カマッパンス」は、ソロでの入手は困難です。
「サギッタ」や「シュコアトル」は競売で 1億ギル以上の値が付いている上に、ジョブマスターにしなければ装備できず、おまけに Rank:25 まで強化しなければなりません。
「カランビット」や「チャスタイザー」は、「パルスアームズの入手」という高いハードルがあります。

それに比べると、「峨嵋刺改」は 1日あれば手に入るくらいに楽です。

「峨嵋刺(改)」は、CL122 の Garbage Gel を倒せば手に入れることができます。
Garbage Gel は専用技も変なギミックもない、少し強いだけのスライム。
他のジョブでも、サポ忍で空蝉を切らさないようにすればソロ攻略できるようです。

そして、Rank:15 にするための「色褪せた鱗」も、自力で集めても 1ヶ月かからないと思います。
(「色褪せた鱗」をすべて競売で落札しようとしたら、「アレキサンドライト 3万個よりはちょっとマシ」くらいの大金が必要になりますが…… 訂正、そんなにかかりませんでした(汗) 芝鯖のいまの相場でだいたい 1600万ギルくらい。安くはないけどがんばればなんとか、くらいだと思います)

▼総評

「峨嵋刺改 Rank:15」は、突出した性能は持ってないものの「高性能にまとまっていて欠点のない格闘武器」だと思います。

格闘武器の最強は「ウルスラグナ」と言われますが、それに及ばないまでも引けを取らない高性能。
それなのに、圧倒的に手に入れやすくて、Lv99 からジョブマスターまでずっと使えます。

モンクを Lv99 にしたばかりの人が、「エミネンバグナウ」や「ンイェーペル」の次に狙うハイエンド武器としては一番じゃないでしょうか。
(からくり士は、Oboro武器の「オータス」が最強武器なので……)
posted by Madalto@芝鯖 at 18:46| Comment(2) | 武器防具

2020年05月20日

セールフィベルト+1 が Rank:15 になった!

このところオデシーはサボり気味になっていましたが、なんとか「セールフィベルト+1」を Rank:15 まで強化できました。

ff11_20200510_sailfi01.png

用語辞典によると、ダブルアタック換算で +9% に相当するマルチアタック性能らしいです。

これまでは、マルチアタック用の腰装備には「ウィンバフベルト+1」を使っていました。
こちらは、ダブルアタックに換算すると +10% に相当するようです。

「ウィンバフベルト+1」から「セールフィベルト+1 Rank:15」に変えると、マルチアタック性能がわずかに下がるかわりに、攻+ と STR+ で火力が大きく増えます。
「ヘイスト+9%」は、装備ヘイストがわずかに足りないときのひと押しになりそうです。

全ジョブで装備できる「ウィンバフベルト+1」は便利ですが、火力アップを取って「セールフィベルト+1 Rank:15」に乗り換えることにしました。
「ウィンバフベルト+1」は倉庫送りです。

なお、前衛火力ジョブの中では唯一モンクだけ「セールフィベルト+1」を装備できませんが、モンクの腰は「月虹帯」から変えないので影響ないと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 16:18| Comment(0) | 武器防具

2020年05月18日

短剣エンピリアン トゥワシュトラ - 3 / トゥワシュトラ 第2段階(Lv85)

「イツパパの鱗粉」50個の納品が終わって、「トゥワシュトラ」の装備レベルが Lv85 になりました。

ff11_20200514_twashtar01.png

「イツパパの鱗粉」は、「グラヴォイドの殻」よりかなり楽に集まりました。

Glavoid と違って、Itzpapalotl のトリガーを集めるときに倒す敵はすべて黄色ビジタントがつきます。
黄色ビジタントを最大まで育てたら、チゴー地帯に突っ込んで「イオリアンエッジ」を撃つだけでも、高確率でだいじな物が手に入っていました。
(アビセア素材は忍/戦で集めていますが、片手刀には属性範囲 WS がないので、メイン「トーレット」,サブ「五虎退」にして「イオリアンエッジ」を使っていました)

ff11_20200514_itzpapalotl01.png

次の課題は、「オルトロスの爪」を 75個。
トリガーの「灼熱のケルベロスの舌」は金箱から出ないので、下位 NM の Amarok のトリガーから地道に集める必要があります。
タグ:FF11 シーフ RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 11:28| Comment(0) | 武器防具