2021年07月08日

ティソーナ Rank:15 達成!

青魔専用の片手剣「ティソーナ」が Rank:15 になりました!

ff11_20210707_tizona01.png

今回は少しずつ強化するのではなく、「黒の残魂」を 596個集めて一気に Rank:15 まで強化するようにしました。
そのため、どれを強化するかギリギリまで迷いました。
「ティソーナ」を強化することにしたのは、強化していない 11本の RMEA のうちで火力が一番上がりそうだったからです。

「ティソーナ」を Rank:15 にすると、「エクスピアシオン」のダメージが +15% 上がります。
初期状態からは合わせて +45% の上昇。
TP 3000 で「エクスピアシオン」を撃つと、「アルマス Rank:15」の TP 3000 「シャンデュシニュ」を超えるダメージが出ることもあります。

▽ティソーナ Rank:15:エクスピアシオン 17179 ダメージ
ff11_20210707_tizona_ex3000_01.png

▽アルマス Rank:15:シャンデュシニュ 10847 ダメージ
ff11_20210528_am_cc01.png

「エクスピアシオン」は「TP:ダメージ修正」の WS なので、TPボーナス装備と相性が良いです。
サブに「シブロン」(マカイラ+2)を持つと、TP 1000 を超えてすぐに即撃ちしても十分に大きなダメージが出ます。

▽ティソーナ Rank:15+シブロン:エクスピアシオン 11466 ダメージ
ff11_20210707_tizona_ex1000_01.png

「アルマス Rank:15」で撃つ「シャンデュシニュ」はクリティカルが出やすく、まれにさらに大きなダメージが出ることもあります。
それに対して、「ティソーナ Rank:15」で撃つ「エクスピアシオン」は、安定して高いダメージが出る印象でした。

Lv3 アフターマス中は TP が溜まりやすくて WS を連発できるので、ウナギ漁の時間をさらに短縮することができそうです。

タグ:FF11 青魔 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 13:22| Comment(0) | 武器防具

2021年06月25日

王将の指輪を手にいれた

5月中ごろから「王将の首飾り」取り手伝いで、オーメン Ou 戦にたびたび参加しています。
なぜか目的の首飾りだけ出ないのですが、持っていなかった「王将の指輪」を手に入れることができました。

ff11_20210624_ouring01.png

前衛ジョブが欲しいステータスと攻撃力がまとめて上がるのが便利。
AF119+2/+3 と組み合わせると、コンビネーションで命中も上がります。

似たような性能の指輪は、「ニックマドゥリング」「イラブラットリング」「カコエシクリング+1 Rank:15」の 3つ。

モクシャの重要性が上がっているようなので、「ニックマドゥリング」を装備できるジョブは、優先して「ニックマドゥリング」を選択。
命中が足りているなら、ストアTP がつく「イラブラットリング」が良さそう。
命中が足りないなら、どのジョブでも使える「カコエシクリング+1 Rank:15」が便利。
AF119+2/+3 を使っていて装備できるなら「王将の指輪」。

という感じになると思います。
青魔が「王将の指輪」を使えないのが残念。

そして、首飾り手伝いに参加するようになって、「王将の帯」と「王将の玉」も手に入りました。

「王将の帯」は、物理履行が当たりにくいときに使えると思います。

ff11_20210513_oubelt01.png

「王将の玉」は赤魔の定番装備のようですが、赤魔を実践で出せるほどの装備は(ジョブマスターなのに)そろっていないので、当面は倉庫で保管することになりそうです。

ff11_20210624_ougem01.png
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 18:36| Comment(0) | 武器防具

2021年06月24日

ソーサラストール+2 Rank:25 完成

黒魔用のジョブ首「ソーサラストール+2」を購入して、Rank:25 までの強化が完了しました!

ff11_20210624_blm01.png

もともと、「ソーサラストール+2」を購入する予定はありませんでした。

以前、ジョブ首 HQ2 の購入を検討したときも優先度は低め。
「『水影の首飾り』から置き換えるにはコスパが悪い」というのが、優先度を下げた理由でした。

それから 1年、デフレが進んで「ソーサラストール+2」の競売価格はおよそ半額に下落。
まだまだ高いとはいえ、3700万で手に入れることができました。
(ちなみに、「ソーサラストール+2」用に貯金していたわけではなく、白魔用ジョブマスター武器の「アスクレピウス」購入の余りです)

購入の理由は、オデシー ジェール アトーンメント3 のワクタザNM、Ongo の Veng+15 で魔命不足を感じたからです。
必要魔命がどのくらいかはわかりませんが、装備魔命 +350 くらいでは足りない印象でした。

そこで、「ソーサラストール+2」を購入して魔命を強化。
強化すれば INT+ に加えて MB命中+ も上がって、MB を主力にするときはかなり有利です。

ところが、

強化が終わる前に Ongo Veng+15 をクリアしました。

……まぁ、目的は達成したので問題は無いです。

なお、「水影の首飾り」は赤学風でも使えるので片付けるわけにもいかず、アイテム欄のやり繰りはさらに苦しくなりました。
タグ:FF11 黒魔
posted by Madalto@芝鯖 at 16:36| Comment(0) | 武器防具

2021年06月20日

白魔 ジョブマスター武器 「アスクレピウス」 Rank:25 完成

白魔専用のジョブマスター武器「アスクレピウス」を購入して、Rank:25 まで強化完了しました!
強化の種類は Type:C です。

 ff11_20210617_whm01.png

「ハートオブミゼリ」を強化する性能が目立ちますが、
「アスクレピウス」の真価は「回復魔法再詠唱時間-25%」と「被ダメージ-15%」の方にあると思います。

白魔のケアル詠唱速度は、「ケアル詠唱時間-」や「回復魔法の詠唱時間-」による部分が大きいです。
この 2つの性能は詠唱時間が短くなるだけで、再詠唱時間は短縮されません。
そのため、ケアルやケアルガを連打する必要がある敵では、再詠唱が間に合わないことがあります。

「アスクレピウス Type:C」を持っていると、回復魔法の再詠唱間隔を大幅に短縮できます。

いまの白魔装備 (2021/06/01時点) は、ヘイスト+23%,ファストキャスト+28 です。
これをもとに計算すると、装備だけでの再詠唱間隔はおよそ -34% しかありません。
「アスクレピウス Type:C」を装備すると、再使用間隔は -53% まで大幅に上がります。
ヘイストやマーチの効果が最大なら、サポジョブに関係なく再詠唱間隔 -79% になり、ほぼ上限達成できます。(残り 1% は装備ヘイストが不足している分です)

ここまで再詠唱間隔が短くなれば、「ケアルVI」や「ケアルガV」は再詠唱間隔をほぼ無視して連打できるようになります。
再詠唱 120秒の「アレイズ」も 24秒間隔です。
詠唱が速い代わりに再詠唱が長くて使いづらいケアルラ系も 6〜10秒間隔まで短縮できて、実用的な回復手段になります。

そして、「アスクレピウス Type:C」には「被ダメージ-15%」がつきます。
片手棍では最大量のダメージカット量です。
さらに、盾に「玄武盾」や「玄冥盾」を持てば物理ダメージは -25% になって、「マリグナスポール」を超えます。
HP が +130 も増えることも合わせて、白魔の死亡リスクをかなり下げることができるはずです。

白魔の装備を変更して、武器なしでケアル回復量+50%,ケアル詠唱時間-80%,敵対心-50 に届くようになったので、ケアル回復量+ がついていない武器も選べるようになりました。
ダイバーやオデシーなど、回復を連打したり白魔がダメージを受けたりするような戦闘では、「アスクレピウス Type:C」が最適な片手棍になるんじゃないかと思います。

ちなみに、「アスクレピウス」は芝鯖の競売にも在庫がありましたが、最終取引価格が 1億3000万。
「ガンドリング」や「ロスタム」などよりも 2倍近く高く、他の青武器と同じくらいの金額では落札できなかったので、Asura鯖から輸入しました。
タグ:FF11 白魔
posted by Madalto@芝鯖 at 13:12| Comment(0) | 武器防具

2021年06月18日

ナジの包帯を手にいれた!

引き続き「蝕世のエンブリオ」を進行中。
15番目のミッション「復讐のド・ボ」で、「ナジの包帯」を手に入れました。

ff11_20210614_najisloop01a.png

値は小さいものの、白魔に必要な性能が一通り揃った指装備です。
「装備位置がよくわからない物」は投てきアクセサリになることが多いので、指装備というのはかなり珍しい気がします。
性能は「レベッチェリング」の方が上ですが、「ナジの包帯」は「ケアル回復量II」の存在が光ります。

そしてこれで、ケアル回復量+50 を防具だけで達成できました。
つまり、ケアル回復量+ が付いていない武器も選択できるということです。

ダメージカット目的で「マリグナスポール」を持っても、常時「ヤグルシュ」にしていても、ケアル性能が落ちません。
サポ忍で「ヤグルシュ」と「ガンバンテイン」の二刀流にすることもできます。
敵対心- が大きな「クェラーロッド Type:A」が使いやすいのは変わりませんが、敵にあわせて装備を変える事ができるのは、大きなメリットだと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 15:55| Comment(2) | 武器防具