2019年11月05日

ギアスフェット エスカ-ル・オン CL119 Peirithoos 青魔 ソロ / 土星の免罪符:両手

アデマ手HQが欲しいと思って、「土星の免罪符:両手」を取りに行ってきました。
(免罪符はすでに持ってるつもりだったけど、なかった……)

ff11_20191104_peirithoos01.png

「土星の免罪符:両手」を落とすのは、エスカ-ル・オンの馬「Peirithoos」(ペリトス)。
CLは低めの119ですが、メンドクサイ特性を持っています。

物理・火・土・風・氷・水・雷・光・闇のいずれかのダメージを吸収。
吸収する属性は時間経過で変化。
「Peirithoos」が使用した魔法の属性を吸収するらしいです。(「メテオ」を使ったときは物理吸収)

「グレース・オブ・ヘラ」で回復した状態異常の数に応じて、「シンチラントランス」の威力アップ。

弱体を入れないようにして、吸収に気を付けながら倒す感じになりますが……
実際には、いつものように力押しでした。

▼編成

ジョブ:青/戦 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:ArkEV,ユグナス,アプルル,クルタダ,ウルミア

速攻を目指して火力重視にしました。
物理ダメージが通るときに、吸収属性が変わらないうちに倒してしまう作戦です。

前方範囲の「シンチラントランス」に巻き込まれるフェイスを減らすために、盾フェイスの後に距離をとる白魔フェイスを入れています。

この編成なら、弱体は「フラッシュ」くらい。
「シンチラントランス」の威力も抑えられるハズ。
……と思っていました。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ 8)
  • R.デルージュ (魔法防御力アップ 8)
  • コクーン

精霊VI系やガIV系を使ってくるので、固定セット物理用基本セットに魔防を加えた上位リヴァイアサン用セットで行きました。

▼戦闘の流れ

「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」「N.メディテイト」で強化。
「マイティガード」が使えるときは使っていましたが、なくても戦闘時間はあまり変わりませんでした。

フェイスが「シンチラントランス」に巻き込まれるのを避けるために、盾と白魔で「???」を挟むように配置してから戦闘開始。

物理吸収じゃないようなら、ひとまず「シャンデュシニュ」を2発。
光連携が吸収されなかったらそのまま連打。
吸収されたら「レクイエスカット」→「シャンデュシニュ」の闇連携に変更。
……と考えていましたが、たまたま光連携が吸収されることなく、撃破できていました。

警戒していた「シンチラントランス」のダメージは500前後くらいで、即死するほどじゃない……と安心していたら、
ArkEVにいきなり2100の大ダメージが出て撃沈。
ユグナスの「セイクリッドケーパー」で、敵にラスプの効果が入るようです……。

でも、ArkEVが撃沈したその戦闘で「土星の免罪符:両手」が出たから、結果オーライです。

ff11_20191104_peirithoos02.png

戦闘時間は1分〜1分半ほど。
トリガーに使う「サーメットチップス」は2ダース用意しましたが、わずか4戦目で「土星の免罪符:両手」がドロップ。
出ないと思っているとすぐに出て、出ると思っているとなかなか出ないヤツです。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 11:58| Comment(0) | NM/BF

2019年11月04日

ウォンテッド ゼオルム火山 CL128 Grand Grenade 青魔 ソロ

「Grand Grenade」(グランドグレネード)は、ハルブーンのボムNM「Big Bomb」の上位NM。
CL128の中では特に強いわけではないですが、事故の危険はわりと高めの相手です。

ff11_20191031_grenade01.png

ダメージを与えるとだんだん大きくなって、最大サイズになると「ヘルストーム」を使ってきます。
「ヘルストーム」は前方範囲の火属性ブレスで、ダメージは1500ほど。
ダメージが残っているときに受けると事故死する可能性が出てきます。

それ以外には特に危険な攻撃なし。
特殊技でブリンクが消えることがないので、ファイガにだけ気を付けておけば、安全に倒せます。

▼編成

ジョブ:青/剣 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:アプルル,ユグナス,クルタダ,キング・オブ・ハーツ,リリゼットII

火属性ダメージを減らすためにサポ剣で「ウンダ」を使うことにしました。
ボムは火弱点なので、追加の水属性ダメージはおまけ程度。

「ヒートウェーブ」のバーンがわりと痛いようなので、フェイスはイレース多めにしました。
クルタダとリリゼットIIは火力アップ。
リリゼットIIは範囲回復もできるところが便利です。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ 8)
  • R.デルージュ (魔法防御力アップ 8)
  • コクーン

物理火力に魔防を追加した、上位リヴァイアサン用セットにしました。

▼戦闘の流れ

エンチャントルーンは、「ウンダ」を2つ。
「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」「N.メディテイト」で強化。
「マイティガード」もかけましたが、なくてもいい気がします。

フェイスが「ヘルストーム」に巻き込まれないように、「Grand Grenade」を沸かせたら配置を調整。

「ヴァレション」をかけて、「シャンデュシニュ」連打でガンガン削ります。
なるべく戦闘時間を短くした方が、「ヘルストーム」の危険が減って楽な気がします。

戦闘時間は1分ほど。
装備品はでませんでした。
posted by Madalto@芝鯖 at 21:07| Comment(0) | NM/BF

ウォンテッド ルフェーゼ野 CL125 Vermillion Fishfly 青魔 ソロ

「Vermillion Fishfly」(ヴァーミリオンフィッシュフライ)は、リヴェーヌA01のフライNM「Carmine Dobsonfly」の上位NM。
CLは125。速攻で倒せばすぐに終わりますが、時間がかかると逆に瞬殺される相手です。

ff11_20191031_vermillion01.png

戦闘開始直後、いきなり10体沸くのが最大の特徴。
お供というわけではなく、同じ強さのNMが10体沸きます。

通常攻撃は1撃100ダメージ前後。
それが10発。
「オカルテーション」はあっという間に消えて、もの凄い勢いでHPを減らされます。

「サマーソルト」のダメージも大きめで500前後。
いち度に複数被弾するとケアルも間に合いません。

マラソンしながら少しずつ倒す方法と、
範囲攻撃でまとめて倒す方法があるようですが、
今回は、範囲で倒すやり方でやってみました。

▼編成

ジョブ:青/赤 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 魔法装備)
フェイス:アムチュチュ,アプルル,ユグナス,星の神子,セルテウス

エレメンタル青魔法でまとめて一気に倒します。
ファストキャスト目的でサポ赤。

「カースドスフィア」対策でアムチュチュを入れましたが、あまり役に立っていなかった感じです。
同じく、セルテウスもあまり役に立っていませんでした。

「耳障りな羽音」のステータスダウンにイレース連打になってしまって、アプルル,ユグナスのケアルが遅れ気味だったので、イレースを持たない回復フェイスを入れた方がよかったと思います。

魔攻アップ目的で、星の神子を入れました。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • サブダックション (魔法攻撃力アップ 8)
  • スペクトラルフロー (魔法攻撃力アップ 8)
  • エントゥーム (物理防御力アップ 8)
  • アンビルライトニング (物理命中率アップ 8)
  • テネブラルクラッシュ (魔法命中率アップ 8)
  • 夢想花 (魔法攻撃力アップ 4)
  • マジックハンマー (魔法攻撃力アップ 4)
  • R.デルージュ (魔法防御力アップ 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • コクーン

固定セット範囲魔法用基本セットをもとに、魔防アップの「R.デルージュ」と、ファランクスの「牙門」を追加しています。

いつものように、「コクーン」には特に意味はありません。

▼戦闘の流れ

「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」で強化。
エレメンタル青魔法が中断すると致命的なので、「カルカリアンヴァーヴ」は必須です。

沸かせてすぐに、「Vermillion Fishfly」が10体に増えます。
厄介なことに、PCを取り囲んでぐるぐる回ってしまって、「見えないためコマンドが実行できない」になってなかなか攻撃開始できませんでした。

フェイスが起動したら、すかさずエレメンタル青魔法を開始。
使ったのは、「スペクトラルフロー」「アンビルライトニング」「テネブラルクラッシュ」の3つ。
テラーやスタンは入っていないようだったので、順番はどれからでもいいと思います。

エレ魔法3つが発動するまで生きていれば勝利。
詠唱が少しでも遅れると敗退。

戦闘時間は約20秒。ウォンテッドNM中最短の攻略タイムでした。
「カコエシクリング」が出ましたが、リクレームマークポイントにしてしまいました。
posted by Madalto@芝鯖 at 17:15| Comment(0) | NM/BF

2019年11月03日

ウォンテッド 流砂洞 CL125 Centurio XX-I 青魔 ソロ

すでにPTで倒していてエミネンスのクリア数は増えませんが、「Centurio X-I」の上位アンティカNM「Centurio XX-I」(ケントゥリオ XX-I)を青ソロで倒してきました。
CL125ですが、拍子抜けするほど楽な相手でした。

ff11_20191031_centurio01.png

黒魔タイプのアンティカで、高レベルの単体・範囲精霊を使用。
HPが減ると「魔力の泉」を使って、高威力の魔法を連発。
「砂の呪縛」(自己中心範囲石化+ヘイトリセット)と「スリプガ」を使ってきて、フェイスが機能不全になっている間に一方的に魔法攻撃を受ける危険があります。

――ところが、

黒魔なので防御が低くて、「シャンデュシニュ」のダメージが高めに出ます。
さらに、風属性弱点だからか、光連携ダメージも多め。
HPが少なく、もの凄い勢いで削れます。
その上、WSを当てると「!!」が出て硬直する新設設計。

「!!」の硬直中にHP半分ほど削れてしまうくらいで、CL125のウォンテッドNMの中では一番楽だった気がします。

弱点の「!!」は、敵の特殊技や魔法に合せてWSを撃ち込むと出やすいらしいです。
でも、WSを撃っていないときにも出ていたので、ほかの条件でも弱点を突くことができるようです。(風属性ダメージ?)

▼編成

ジョブ:青/剣 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:セルテウス,ミリ・アリアポー,クピピ,キング・オブ・ハーツ,クルタダ

特殊技の土属性ダメージを減らすために、サポ剣にしてみました。
「フラブラ」(エンチャントルーン)で、「砂の呪縛」の石化をレジストすることもできるようです。
残念ながら、「Centurio XX-I」はストーン系以外も使ってくるので、精霊や泉対策にはなりません。

用語辞典のアドバイスに従って、距離をとる白魔フェイスは外しました。
セルテウス,ミリ・アリアポー,クピピが回復。
キング・オブ・ハーツ,クルタダが火力支援です。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ 8)
  • R.デルージュ (魔法防御力アップ 8)
  • コクーン

魔法ダメージが痛い敵が相手で、物理火力も必要なので、上位リヴァイアサン戦とまったく同じ構成にしました。

サポ剣でも魔防アップは2ランクまで付くので、「R.デルージュ」を外して火力アップになる青魔法をつけても良かったかもしれません。

▼戦闘の流れ

沸かせる前に、周りの雑魚を殴ってプロシェルをかけておきます。

エンチャントルーンは、「フラブラ」を2つ。
「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」「N.メディテイト」「マイティガード」をかけて、戦闘開始。
「マイティガード」は「ディフュージョン」で範囲化して、フェイスにもかけておきました。

すっかり忘れていましたが、サポ剣のワード「フルーグ」を使っておくと、石化のレジ率がさらに上がったと思います。

「Centurio XX-I」のVI系精霊はわりと痛いので、「オカルテーション」が切れたらすぐにかけ直し。

あとは、ひたすら「シャンデュシニュ」。
(コレばっかりな気がします)

戦闘時間は1分ほど。
フェイス全員が「スリプガ」で寝たまま沸かせてしまったことがありましたが、ケアルなしで倒すことができました。
良いタイミングで「!!」がつけば、ほとんどダメージなしで撃破できる相手だと思います。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 21:56| Comment(0) | NM/BF

ウォンテッド ウガレピ寺院 CL125 Azure-toothed Clawberry 青魔 ソロ

「カーバンクルミトン」を落とす「Crimson-toothed Pawberry」の上位召喚トンべり、「Azure-toothed Clawberry」(アジュールトゥースクローベリ)を倒してきました。
CL125の中ではあまり強いほうではないですが、時間をかけると危険な相手です。

ff11_20191030_clawberry01.png

戦闘開始直後にエレメンタルを3体(火水光)召喚。
エレメンタル自体はたいした強さじゃないですが、「Azure-toothed Clawberry」のHPが減ると、残っているエレメンタルの数だけカーバンクルを召喚して「シアリングライト」を使ってきます。
「シアリングライト」は1発でも瀕死〜即死レベルのダメージらしく、それが最大3発同時に飛んできて一瞬でPTが蒸発するようです。(食らってないのでわかりませんが)

でも、エレメンタルがいなければただのトンベリです。

エレメンタルを倒してもしばらくすると最大3体になるように再召喚しますが、いない間に倒してしまえば問題ありません。

▼編成

ジョブ:青/赤 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備/魔法装備)
フェイス:ArkEV,ユグナス,アプルル,ウルミア,クルタダ

ファストキャスト目的で、サポ赤にしました。
お供のエレメンタルを倒すまでは、魔法装備でエレメンタル青魔法。
エレメンタルを倒し終わったら、物理装備に着替えて「Azure-toothed Clawberry」本体を倒します。

ArkEVは、エレメンタルを倒すまでの間、「Azure-toothed Clawberry」のタゲをとってもらう役。
そして、白魔2枚と火力支援2枚です。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • サブダックション (魔法攻撃力アップ 8)
  • アンビルライトニング (物理命中率アップ8)
  • テネブラルクラッシュ (魔法命中率アップ8)
  • コクーン

物理打撃も魔法性能も必要だったので、固定セット物理用基本セットをもとに、エレメンタル青魔法をムリヤリ組み込んだ感じになってます。

火水光のすべての属性に有効なように、「アンビルライトニング」と「テネブラルクラッシュ」を選択。
「サブダックション」は、魔攻アップと、削りきれなかった時の予備。

エレメンタル青魔法のBPを稼ぐために「グルーティナスダート」と「N.メディテイト」を外したので、物理命中は「アンビルライトニング」で補うようにしました。

「コクーン」は、いつものように、余ったBP1を埋めてるだけです。

▼戦闘の流れ

沸かせるときは魔法装備にしておきます。
「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」で強化して戦闘開始。
「カルカリアンヴァーヴ」があると楽です。

「Azure-toothed Clawberry」が沸くとすぐにエレメンタルを召喚するので、すかさず「アンビルライトニング」と「テネブラルクラッシュ」。
レジがなければ、この2発でエレメンタルは3体とも撃破できていました。
少しHPが残るようなら、「サブダックション」で追撃。

エレメンタルを撃破するまでにTPが1000まで溜まっていることが多くて、もったいないので「ブラックヘイロー」を撃っていました。
「マクセンチアス」の「ブラックヘイロー:ダメージ+50%」は、青魔の時に一番活躍している気がします。

あとは、物理装備に変更して「Azure-toothed Clawberry」に「シャンデュシニュ」を連打。
HPはあまり多くないようで、エレメンタルを再召喚するまえに削り切ることができました。

戦闘時間は1分〜1分半ほどで、かなり短め。
箱からの装備ドロップはなしです。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 19:37| Comment(0) | NM/BF