2019年05月21日

いまさらながら七元徳 / ノーヴィアピアス

いまの 白魔装備 (2019/05/02時点) を見ると、ケアル回復量や詠唱時間短縮は多少の余裕があるものの、敵対心-はけっこうギリギリです。(クェラーロッドを外した時の敵対心アップはあきらめる)

もう少し装備変更しやすくするために敵対心-装備を探して、見つけたのが「ノーヴィアピアス」。

ff11_20190519_novia001.png

Lv75キャップ時代の装備ですが、今でも「敵対心-7」を上回る耳装備はないようです。(たぶん)

というわけで、「ノーヴィアピアス」を取るために、七元徳NMを倒すことにしました。
ジョブは、シ/黒。フェイスは盾+白+テキトウ。
デジョンとエスケプが便利なサポ黒にしました。

ちなみに、なぜ「絶対的な美徳」キャンペーンの時に取らなかったのか? と言うと、その時は必要になるとは思わなかったからです……。

▽Jailer of Temperance(第一の聖徳)
フ・ゾイのゼデーNM。決まった小部屋にいるEo'zdeiと抽選。
モードによって決まった物理属性のダメージしか通らないので、
リング(斬)→ ネイグリング
棒(突)→ トーレット
本体のみ(打)→ マフィックカジェル
に持ち替えて撃破。

▽Ix'aern(モ,無瞋の善根)
フ・ゾイの???に「上質なアーン器官」を1〜3個トレードすると現れる、アーンNM。
???はすぐに見つかって、一番楽にトリガーを取れました。

▽Jailer of Fortitude(第二の聖徳)
ル・メト1階の小部屋にわく???に「ゴラホMチップ」を12個トレードすると現れる、ゴラホNM。
ゴラホは邪魔になるほどたくさんいて、「ゴラホMチップ」12個はすぐに集まりました。
物理カット対策に、シャントットIIを入れて撃破。

▽Ix'aern(暗,無貪の善根)
ル・メト1階にわく???周囲の雑魚アーンを倒して、まれに「無垢なる敵意が向けられた!」と出ると湧かせることができる、アーンNM。
敵意を向けられる判定は、雑魚アーンを1体倒すたびに行われているようです。
今回、一番たいへんだったNM。

初めはわりとすぐにPOP。
ところが、ドロップしたのは「貪欲の毒悪」の方で、善根なし……。
気を取り直して2回目……が、なかなかわかない。
日を改めてやっとわいたと思ったら、今度はドロップなし……。
再び日を改めて、またもわくまで時間がかかったものの、ようやく「無貪の善根」をドロップ。
このNMだけで3日もかかってしまいました。

▽Jailer of Faith(第三の聖徳)
ル・メト2階の小部屋にわく???に「上質なユブヒ器官」をトレードすると現れる、ユブヒNM。
「Jailer of Prudence」でミスって、2回倒すことになりました。
「上質なユブヒ器官」はすぐに取ることができて、けっこう楽だった部類。

▽Ix'aern(竜,無痴の善根)
ル・メト2階のアーンが3体いる部屋で、雑魚アーンとの抽選でわくアーンNM。
ル・メト#1にホームポイントを設定して、南東→北東→北西→南西→デジョン戻りと巡回していました。
「Jailer of Faith」と同じく、これも2回。
ワープ通路やデジョンのたびにフェイスが呼び直しになるのがメンドウだったくらいで、暗黒Ix'aernよりかなり楽だったと思います。

▽Jailer of Hope(第五の聖徳)
アル・タユ西端の???に「第一の聖徳」「無瞋の善根」「上質なフワボ器官」をトレードすると現れる、フワボNM。
IL119だと殴っているだけで勝てる相手です。

▽Jailer of Justice(第四の聖徳)
アル・タユ南西の???に「第二の聖徳」「無貪の善根」「上質なゾミト器官」をトレードすると現れる、ゾミトNM。
「あやつる」がやっかいですが、「あやつる」が来る前に倒せる程度。

▽Jailer of Prudence(第六の聖徳)
アル・タユ東端の???に「第三の聖徳」「無痴の善根」「上質なペミデ器官」をトレードすると現れる、ペミデNM。2体わきます。
ほぼずっと絶対回避をしていて物理攻撃はほとんど当たりません。(絶対回避を張り直す一瞬だけ当たる)

絶対回避を使うなら精霊で――と、黒魔でガジャ焼きしたら、「第六の聖徳」のドロップ無し。
100%ドロップのはずでは? と用語辞典を確認したら「同時に倒すと何も落とさない場合があるので注意」という記述を発見しました……。
トリガーを取り直して、2戦目をすることになったのでした。

2戦目の時は、撃破後すぐに「Jailer of Love」に行くつもりで、シ/戦で戦闘。
本体の物理攻撃はほぼ当たらないので、シャントットII,テンゼンII,マルグレートに倒してもらいました。

▽Jailer of Love
アル・タユ南東の???に「第四の聖徳」「第五の聖徳」「第六の聖徳」をトレードすると現れる、ヨヴラNM。
今回の本命です。

ff11_20190519_jol001.png

約180秒〜300秒間隔でお供を召喚するようですが、今となっては倒すのに180秒もかかりません。
たぶん、エスカ-ル・オンの雑魚ヨヴラの方が強いと思います。

ドロップは、必ず落とす「ラヴハルバード」と、「溺愛の情念」「貪愛の情念」の情念2つ。

ff11_20190519_jol003.png

1回目で「ノーヴィアピアス」の元になる「貪愛の情念」を手に入れました!
ちなみに、「ノーヴィオピアス」はすでに持っています。

▽Absolute Virtue
目的達成後のエキシビジョンマッチ。
「Jailer of Love」を倒すと、Lv75キャップ時代には最強のNMだった「Absolute Virtue」がPOP。
メテオなど今でも痛い攻撃があるものの、ほぼ殴るだけで倒せます。

ドロップは、「羨望の宿罪(ラファエルロッド)」「傲慢の宿罪(マルスリング)」「渇望の宿罪(ベローナリング)」の3つ。
今でも使い勝手がいい「オウレオール」は出ませんでした。(すでに持ってるけど、わりと良い価格で売れる)


「ノーヴィアピアス」で敵対心-に余裕ができて、ようやく装備を変更しやすくなりました。
まずは、トローブでひろったもののあまり使っていない「アノインカラシリス」を通常装備に組み入れる予定です。

ff11_20181215_mo002.png

▼おまけ

Jailer of Love戦のラストシーンでArkEVが片手剣をかかげながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった……。

ff11_20190519_jol002.png
(シャントットIIのファイアと、ArkEVのフラッシュと、Jailer of Loveのプライマルドリルがたまたま重なった)
posted by Madalto@芝鯖 at 11:29| Comment(2) | NM/BF

2019年05月04日

ギアスフェット エスカ-ジ・タ CL135 Pazuzu からくり ソロ / エンパスネックレス

オートマトンを強化できる装備を見ていたら、首装備の「エンパスネックレス」はソロでも取れそうだったので、取りに行くことにしました。
ドロップするのは、エスカ-ジ・タのガルー族NM「Pazuzu」です。

ff11_20190504_pazuzu001.png

ジョブ:か/忍
マトン:白兵戦ヘッド+射撃戦フレーム
フェイス:ArkEV,セルテウス,アシェラ,ユグナス,アプルル

湧かせた直後の通常攻撃で大ダメージを受けるのを避けるために、サポ忍で空蝉を使うようにしました。
でも、空蝉を使うのは開幕時だけです。

フェイスは、盾のArkEVが沈まないように、回復多めの編成。
アシェラは範囲回復とディスペル要員です。

アタッチメント構成は最近のAATTとてむず戦と同じものを使用。マニューバは、
  • アチューナー
  • インヒビター
  • インヒビターII
  • マグニプラッグII
  • T.スプリングIII
  • トゥルーサイツ
  • アーマープレートIV
  • コイラーII
  • ターゲットマーカー
  • A.リペアキットIV
  • O.ファイバー
  • O.ファイバーII

オートマトンの命中は「ターゲットマーカー」だけでも十分足りていましたが、最大火力のデイズとアルクバリスタを外すと時間に余裕がなくなるので、ミスが目立つなら「コイラーII」を「スコープIV」や「スタビライザーV」に変えた方が良いかもしれません。

本体装備はAATT戦で使っているものとほぼ同じですが、武器を「乾坤圏」にしてアフターマスを乗せています。

▼戦闘の流れ

「乾坤圏」のアフターマスを付けるために、戦闘前に周辺の雑魚で本体のTPを3000まで溜めて準備。

Pazuzuは自己中心範囲の技が多くて、白魔フェイス以外はほぼ巻き込まれてしまうので、開始時のフェイス配置はあまり気にしなくても良さそうです。

空蝉弐を張ったら戦闘開始。(空蝉を使うのはここだけです)

ArkEVがタゲを取ったのを確認して、Pazuzuの後ろからマトンをディプロイ。
前方範囲攻撃を受けないように配置します。
連環六合圏でアフターマスをつけたら、オーバードライヴ。

あとは範囲攻撃とメテオが当たらない位置まで離れて、マニューバ入れながら見てるだけ。

マトンのHPは大きく減ることなく、リペアキットのリジェネで間に合っていました。
AATTとてむず戦より多めのダメージが出ていたので、Pazuzuの防御力はあまり高くないのかもしれません。

危険な攻撃は、回復無効の呪いがつく「オブリビオンマント」くらい。
ArkEVが沈まない限りまず負けないと思います。

戦闘時間は3分と少し。
オーバードライヴの効果時間は30秒ほど余っていました。

ドロップは「エンパスネックレス」が2つ。(Rare Exだから1つは流れた)
パルス防具の「摩虎羅明光鎧」は出ませんでしたが、目的のものが手に入ったからOKです。

ff11_20190504_empath001.png

「シェパードチェーン」と比べると、

ff11_20190504_shepherd001.png

マトンが大ダメージを受けるときや受けるダメージの間隔が短いときは「シェパードチェーン」が有利。
リジェネに余裕があるときは「エンパスネックレス」で命中,攻を上げた方が有利。
「エンパスネックレス」にはペット:リジェネ+1がついていますが、どちらかと言えば攻撃寄りの首装備だと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 10:31| Comment(0) | NM/BF

2019年04月18日

AATT戦用のオートマトン アタッチメントを変更 / AATT とてむず からくりソロ

(2019/04/19 追記:クリアタイム2分を切って自己ベスト更新しました!)

2019年3月11日にアタッチメント追加があった直後に試し撃ちしたあと、アタッチメントの組み合わせをいろいろと変えていましたが、ようやく落ち着きました。
AATT戦限定、攻撃特化のアタッチメント構成です。
  • アチューナー
  • インヒビター
  • インヒビターII
  • マグニプラッグII
  • T.スプリングIII
  • トゥルーサイツ
  • アーマープレートIV
  • コイラーII
  • ターゲットマーカー
  • A.リペアキットIV
  • O.ファイバー
  • O.ファイバーII

マニューバは、

デイズ → バリスタ → シャッタラー → ピアッサーの3連携を出しやすくするために、「インヒビター」は2つ積むことにしました。
「インヒビターII」だけだとTPのたまりが遅くて、デイズ → バリスタで止まることが多いようです。

「マグニプラッグ」と「T.スプリング」の組み合わせはだいぶ悩みました。
デイズとアルクバリスタは「マグニプラッグ」を強くした方がダメージが上がりやすく、
アーマーピアッサーとアーマーシャッタラーは「T.スプリング」の方がダメージが出るようです。
連携初撃と次撃で使う頻度が高いデイズとバリスタを強化するために、「マグニプラッグII」を選択。
かわりに「T.スプリング」はランクダウンしました。

「トゥルーサイツ」のかわりに「T.プロセッサー」をつけると、AATTがワープした後のマトンの行動が早かったり、連携が繋がりやすくなる気がします。
でも、「トゥルーサイツ」のダメージアップ効果は、それ以上に大きい印象です。

この構成で、AATTに与えるダメージはこのくらい。

打撃ダメージ 600
射撃ダメージ 2200
デイズ 14700
アルクバリスタ 13500
アーマーシャッタラー 10400
アーマーピアッサー 7600

1回の戦闘は、WSのミスが少なければ、2分10秒を切るくらい。
このうち20秒ほどはマニューバ点灯準備です。

アタッチメント枠があと3つくらい欲しい……。

(2019/04/19 追記)

このアタッチメント構成で、クリアタイム2分を切って1分53秒。
自己ベストを更新しました!

ff11_20190419_aatt001.png
posted by Madalto@芝鯖 at 13:06| Comment(0) | NM/BF

2019年04月07日

アサルト イルルシ環礁 終了

作戦日誌、最後の1冊。
「指輪捜索指令」のように難しいものもありますが、短時間でクリアできるものもあって、トータルではあまり時間はかからなかったと思います。

▽黄金の遺産収集作戦
ジョブ:黒/赤
マップ内に配置された箱のなかから、黄金の船首像の一部を見つけるアサルト。
ハズレの時はミミックになりますが、ノーダメージで倒せるくらいの強さです。
アタリが出るまで開けまくってクリア。

▽ラミア13号討伐作戦
ジョブ:黒/赤
Lamia No.13を討伐するアサルト。
魅了された皇国軍兵士がフォモルとなって3体付属しています。
フォモルは倒す必要ありませんが、サンダジャ&ブリザジャでまとめて撃破しました。

▽蠱物駆除作戦
ジョブ:黒/赤
エリア内のモンスター21体を殲滅するアサルト。
21体の内、ランダムで1体が撃破後にアンデッドとなって復活します。
もとのモンスターも、復活したアンデッドも弱いので、精霊で撃破してクリア。
今回のアンデッドはスライムでした。

▽イルルシ掃海作戦
ジョブ:黒/赤
オートマトンを誘導して5ヶ所の残骸を破壊するアサルト。
マトンを近づけると自動で攻撃を開始します。
残骸を直接攻撃する事はできませんが、近くにいるインプを引っ張って範囲攻撃をすると瓦礫にも当てる事ができるので、ジャ系精霊で破壊しました。

▽シーラット送迎作戦
ジョブ:黒/赤
キキルンをゴールまで誘導するアサルト。
5体いるキキルンのうち、1体でもゴールすればクリア。
マップ内を徘徊しているオボロンに見つかると、キキルンが超高速で逃げ出してしまうので、追いかけて再誘導する必要があります。
今回は運良くオボロンと接近したのは1回だけで、それもうまく回避に成功。
1度も逃げられる事なく、5体全員をゴールまで誘導する事ができました。

▽アプカル捕獲指令
ジョブ:黒/赤
アプカルを餌付けして誘導するアサルト。
「シーラット送迎作戦」に続いて、連続で誘導アサルトです。
まずは、マップ内の???を調べて「ハムシー」を手に入れます。
この???がなかなか見つかりませんが、探すついでにアプカル誘導の邪魔になるプギルを撃破しておきます。
「ハムシー」を手に入れたら、アプカルの視界内に入って「あなたをじっと見つめた……!」のログが出たあとに、友好的な感情表現を連打。
感情表現はあらかじめマクロを作っておくと楽です。
「興味を持っている」や「好意を持っている」のログが出たら、アプカル背後に回って捕獲。
あとは、ゴールまでアプカルの後ろをついて行くだけです。
誘導中は、アプカルの視界内に入ると失敗。距離が開きすぎても失敗になります。
気を付けるポイントは2つ。
1つは、大きく進路を変えるときに、アプカルは一時停止していきなり向きを変えます。このとき、視界内に入らないようにうまい感じに移動。
もう1つは、ゴール付近に直進では乗り越えられない段差があるので、アプカルに逃げられない距離と位置を維持しながら、回り込む必要があります。
1匹でも誘導できればクリア。
誘導そのものより、「ハムシー」を見つけるのがメンドウな気がするアサルトです。

▽指輪捜索指令
ジョブ:召/赤 (召喚獣:ガルーダ)
マップ内どこかに落ちている指輪を探すアサルト。
落ちている位置のヒントを教えてくれるNPCが同行します。
ソロ攻略が難しい、難関アサルト四天王の1つ。
指輪が落ちている???はほぼ真上に立たないと表示されません。1歩でもずれると見えなくなります。
NPCのヒントは、距離、方角ともに「NPCが立っている位置」が基準。
???から手に入る手がかりが2つあれば、指輪がある方角がわかるようになるので、方角のヒントが変化する2点を確認して、その交点を調べればかなり場所を絞り込む事ができます。
だいたいの位置を絞り込んだら、あとは移動速度を落として少しずつ歩いて行けば、わりと簡単に見つかります。
2つめの手がかりを、どれだけ早く手に入れるかがクリアの鍵。
「ニルヴァーナ」と「乾坤圏」の時はソロで攻略しましたが、今回はたまたま野良募集があったので、パーティでさっくりクリアしました。

▽脱走兵武装解除指令
ジョブ:黒/赤
脱走したラミア、メローを武装解除するか、撃破するアサルト。
クリアするだけなら、1体撃破して報告すればOKです。

▽鱆号作戦
ジョブ:召/赤 (召喚獣:ラムウ)
オボロンを釣り上げて撃破するアサルト。
ハズレのモンスターを7匹以上釣り上げると、NPCからオボロンが釣れるポイントを聞き出せるようになります。
アクション釣りで釣り上げる事になりますが、釣りスキル110+真恵比寿竿なので、ハズレモンスターもオボロンも、ヒットした次の瞬間には体力を削りきる状態。
オボロンをボルトストライクで倒してクリア。

▽ベレロフォン作戦
ジョブ:召/赤 (召喚獣:ラムウ)
キマイラNM「Khimaira 14X」の討伐。
モブリンの「Martial Maestro Megomak」も横にいますが、無視してボルトストライク1発でクリアです。

ff11_20190407_assault001.png
タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 17:58| Comment(0) | NM/BF

アサルト ペリキア 終了

ソロ攻略で最難関といえる「ペリキア架橋作戦」を筆頭に、ペリキアのアサルトは複雑で難しいものが多い気がします。
IL119でもけっこう失敗があって、わりと時間がかかってしまいました。

▽海猫護送作戦
ジョブ:召/赤 (召喚獣:ガルーダ)
捕虜コルセアをゴールまで護送するアサルト。
捕虜コルセアの前に立つと止まり、後ろに立って距離をあけると移動するという挙動をします。
距離を空けすぎたり、モンスターに遭遇すると逃げ出してしまい、捕まえてやり直し。
モンスターから離れたまま攻撃できるペットジョブだと、楽にクリアできます。
召喚獣にガルーダを使いましたが、範囲攻撃があるラムウの方が便利だったと思います。

▽レクイエム作戦
ジョブ:黒/赤
アンデッド18体をすべて撃破するアサルト。
ペリキアでは珍しい、単純な殲滅系のアサルトです。
精霊で焼き払ってクリア。

▽ライアーフ捜索作戦
ジョブ:黒/赤
ライアーフを含むNPC3人を探し出すアサルト。
5つある部屋のうち3ヶ所がアタリ。ハズレだとフォモルが襲ってきます。
配置パターンは5パターンだけで、用語辞典の解説をもとに回れば少ない手間でクリアできるかもしれませんが、IL119だと敵は雑魚なので、5ヶ所全部回ってクリアしました。

▽黒い男爵撃墜作戦
ジョブ:召/赤 (召喚獣:ガルーダ)
どこかにいるインプNM「Black Baron」を倒すアサルト。
広域スキャンにのらないようで、歩き回って探す必要があります。
戦闘開始からしばらくするとワープしてまた探さないといけませんが、ボルトストライク1発でワープする前に撃破しました。

▽ペリキア架橋作戦
ジョブ:召/忍 (召喚獣:ガルーダ)
ラミアの視線をよけながら4ヶ所のスイッチを押すアサルト。
制限時間が15分と短い上に、ラミアに見つかって捕まるとスタートからやり直しになります。
1回くらいなら見つかってもなんとかなりますが、2〜3回見つかるとほぼ絶望的。
全アサルト中で最難関といえる、難関アサルト四天王の筆頭です。
ラミアを攻撃する事はできなくて、柱の裏や脇道などに隠れて視界を避けながら進む事になります。
また、ラミアの視界は前方左右45度ずつくらいであまり広くないので、真横から近づいて後ろに抜ける場合は見つかりません。
4ヶ所のスイッチを押すと課題クリアになりますが、ラミアは残ったまま。
ゴールにたどり着く前に見つかって、タイムアウトになる事もあります。
サポ忍にすると、レーダーの範囲が広がってラミアに気づきやすくなります。
移動速度アップがあると有利なので、「クライヤーゲートル」+真空の具足で走り抜けました。
ミシックウェポン作成は3回目ですが、今回初めてノーミスでクリアできました。

▽ブラッドバス計画抑止作戦
ジョブ:黒/赤
35匹のチゴーを殲滅するアサルト。
チゴーは近づくまで攻撃できず、広域スキャンにものらないので、ひたすら歩いて探し回らないといけません。
いちおう、チゴーのグラフィックは表示されていますが、部屋の隅、牢屋の上、柱の陰、岩の裏、木箱や木片に隠れたところなど、わかりにくいところに隠れていて、見逃す事も多いです。
1回目は、最後の1匹が見つからずに時間切れになって失敗。
2回目は、最後の1匹が中央広間の岩陰にいるのを見つけてクリア。

▽地雷原処理作戦
ジョブ:黒/赤
キキルンが設置した地雷15個を除去するアサルト。
地雷は目に見えませんが、近くにあると地雷探知機に反応がでます。
すぐ側まで近づくと緑ネームで出現。
爆発する前に調べると除去できます。
「ブラッドバス計画抑止作戦」に似ていますが、探知機の反応範囲が1部屋分くらいに広くて、探すのは簡単です。
ひとまず、1個だけでもなんとか除去成功させて、クリアフラグを立てます。
残りは全部爆発させてしまってもOKなので、歩き回って探すだけです。

▽双頭の蛇作戦
ジョブ:黒/赤
さらわれた将軍を救出するアサルト。
けっこう手順がメンドウなので、用語辞典を参照。
最初のクトゥルブは範囲精霊で撃破。
カラザーム将軍が戦闘中のMerrow No.16は、途中で絡んできたメローとまとめて範囲精霊で倒して将軍を救出。
門を守るLamia No.14は精霊連打で撃破。
洗脳されたウマリド将軍は、杖をケイバーショベルに持ち替えて、ファイア2発。
現れたLamia No.17を精霊で撃破してクリアしました。

▽人形の目覚め作戦
ジョブ:黒/赤
オートマトンをゴールまで誘導するアサルト。
4体以上誘導すれば成功。
正攻法でやるとめんどうなので、用語辞典にある、骨を攻撃させて引っ張るやり方でクリアしました。
骨は1系のストーンを撃ち込むと、丁度いい感じにHPが減ります。

▽キラーロード作戦
ジョブ:黒/赤
ドゥエルグNM「King Goldemar」の討伐。
なにも考えずに黒魔のままで行ったら、予想以上に敵の魔防が高くて、サンダーVIで2000ダメージくらいしか通りませんでした。
しかたないので、杖の殴りと1系精霊連打で押し切りました。
物理打撃系ジョブでいった方がはるかに楽だと思います。

ff11_20190406_assault001.png
タグ:FF11 RMEA
posted by Madalto@芝鯖 at 15:09| Comment(0) | NM/BF