2019年11月03日

ウォンテッド 流砂洞 CL125 Centurio XX-I 青魔 ソロ

すでにPTで倒していてエミネンスのクリア数は増えませんが、「Centurio X-I」の上位アンティカNM「Centurio XX-I」(ケントゥリオ XX-I)を青ソロで倒してきました。
CL125ですが、拍子抜けするほど楽な相手でした。

ff11_20191031_centurio01.png

黒魔タイプのアンティカで、高レベルの単体・範囲精霊を使用。
HPが減ると「魔力の泉」を使って、高威力の魔法を連発。
「砂の呪縛」(自己中心範囲石化+ヘイトリセット)と「スリプガ」を使ってきて、フェイスが機能不全になっている間に一方的に魔法攻撃を受ける危険があります。

――ところが、

黒魔なので防御が低くて、「シャンデュシニュ」のダメージが高めに出ます。
さらに、風属性弱点だからか、光連携ダメージも多め。
HPが少なく、もの凄い勢いで削れます。
その上、WSを当てると「!!」が出て硬直する新設設計。

「!!」の硬直中にHP半分ほど削れてしまうくらいで、CL125のウォンテッドNMの中では一番楽だった気がします。

弱点の「!!」は、敵の特殊技や魔法に合せてWSを撃ち込むと出やすいらしいです。
でも、WSを撃っていないときにも出ていたので、ほかの条件でも弱点を突くことができるようです。(風属性ダメージ?)

▼編成

ジョブ:青/剣 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:セルテウス,ミリ・アリアポー,クピピ,キング・オブ・ハーツ,クルタダ

特殊技の土属性ダメージを減らすために、サポ剣にしてみました。
「フラブラ」(エンチャントルーン)で、「砂の呪縛」の石化をレジストすることもできるようです。
残念ながら、「Centurio XX-I」はストーン系以外も使ってくるので、精霊や泉対策にはなりません。

用語辞典のアドバイスに従って、距離をとる白魔フェイスは外しました。
セルテウス,ミリ・アリアポー,クピピが回復。
キング・オブ・ハーツ,クルタダが火力支援です。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ 8)
  • R.デルージュ (魔法防御力アップ 8)
  • コクーン

魔法ダメージが痛い敵が相手で、物理火力も必要なので、上位リヴァイアサン戦とまったく同じ構成にしました。

サポ剣でも魔防アップは2ランクまで付くので、「R.デルージュ」を外して火力アップになる青魔法をつけても良かったかもしれません。

▼戦闘の流れ

沸かせる前に、周りの雑魚を殴ってプロシェルをかけておきます。

エンチャントルーンは、「フラブラ」を2つ。
「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」「N.メディテイト」「マイティガード」をかけて、戦闘開始。
「マイティガード」は「ディフュージョン」で範囲化して、フェイスにもかけておきました。

すっかり忘れていましたが、サポ剣のワード「フルーグ」を使っておくと、石化のレジ率がさらに上がったと思います。

「Centurio XX-I」のVI系精霊はわりと痛いので、「オカルテーション」が切れたらすぐにかけ直し。

あとは、ひたすら「シャンデュシニュ」。
(コレばっかりな気がします)

戦闘時間は1分ほど。
フェイス全員が「スリプガ」で寝たまま沸かせてしまったことがありましたが、ケアルなしで倒すことができました。
良いタイミングで「!!」がつけば、ほとんどダメージなしで撃破できる相手だと思います。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 21:56| Comment(0) | NM/BF

ウォンテッド ウガレピ寺院 CL125 Azure-toothed Clawberry 青魔 ソロ

「カーバンクルミトン」を落とす「Crimson-toothed Pawberry」の上位召喚トンべり、「Azure-toothed Clawberry」(アジュールトゥースクローベリ)を倒してきました。
CL125の中ではあまり強いほうではないですが、時間をかけると危険な相手です。

ff11_20191030_clawberry01.png

戦闘開始直後にエレメンタルを3体(火水光)召喚。
エレメンタル自体はたいした強さじゃないですが、「Azure-toothed Clawberry」のHPが減ると、残っているエレメンタルの数だけカーバンクルを召喚して「シアリングライト」を使ってきます。
「シアリングライト」は1発でも瀕死〜即死レベルのダメージらしく、それが最大3発同時に飛んできて一瞬でPTが蒸発するようです。(食らってないのでわかりませんが)

でも、エレメンタルがいなければただのトンベリです。

エレメンタルを倒してもしばらくすると最大3体になるように再召喚しますが、いない間に倒してしまえば問題ありません。

▼編成

ジョブ:青/赤 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備/魔法装備)
フェイス:ArkEV,ユグナス,アプルル,ウルミア,クルタダ

ファストキャスト目的で、サポ赤にしました。
お供のエレメンタルを倒すまでは、魔法装備でエレメンタル青魔法。
エレメンタルを倒し終わったら、物理装備に着替えて「Azure-toothed Clawberry」本体を倒します。

ArkEVは、エレメンタルを倒すまでの間、「Azure-toothed Clawberry」のタゲをとってもらう役。
そして、白魔2枚と火力支援2枚です。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • サブダックション (魔法攻撃力アップ 8)
  • アンビルライトニング (物理命中率アップ8)
  • テネブラルクラッシュ (魔法命中率アップ8)
  • コクーン

物理打撃も魔法性能も必要だったので、固定セット物理用基本セットをもとに、エレメンタル青魔法をムリヤリ組み込んだ感じになってます。

火水光のすべての属性に有効なように、「アンビルライトニング」と「テネブラルクラッシュ」を選択。
「サブダックション」は、魔攻アップと、削りきれなかった時の予備。

エレメンタル青魔法のBPを稼ぐために「グルーティナスダート」と「N.メディテイト」を外したので、物理命中は「アンビルライトニング」で補うようにしました。

「コクーン」は、いつものように、余ったBP1を埋めてるだけです。

▼戦闘の流れ

沸かせるときは魔法装備にしておきます。
「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」で強化して戦闘開始。
「カルカリアンヴァーヴ」があると楽です。

「Azure-toothed Clawberry」が沸くとすぐにエレメンタルを召喚するので、すかさず「アンビルライトニング」と「テネブラルクラッシュ」。
レジがなければ、この2発でエレメンタルは3体とも撃破できていました。
少しHPが残るようなら、「サブダックション」で追撃。

エレメンタルを撃破するまでにTPが1000まで溜まっていることが多くて、もったいないので「ブラックヘイロー」を撃っていました。
「マクセンチアス」の「ブラックヘイロー:ダメージ+50%」は、青魔の時に一番活躍している気がします。

あとは、物理装備に変更して「Azure-toothed Clawberry」に「シャンデュシニュ」を連打。
HPはあまり多くないようで、エレメンタルを再召喚するまえに削り切ることができました。

戦闘時間は1分〜1分半ほどで、かなり短め。
箱からの装備ドロップはなしです。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 19:37| Comment(0) | NM/BF

2019年11月01日

ウォンテッド 海蛇の岩窟 CL125 Bakunawa からくり ソロ

「ジュワユース」を落とす「Charybdis」の上位タコ、「Bakunawa」(バクナワ)を倒してきました。
CL125の中では、そこそこ強い方だと思います。

ff11_20191030_bakunawa01.png

戦闘開始時に「メイルシュトロム」を使って、お供の「Kanavid」を2体召喚。
以後、特殊技を使うたびに、最大2体になるようにお供を再召喚するようです。

「Bakunawa」も、お供の「Kanavid」も、攻撃回数がものすごく多いです。
おまけに、「Bakunawa」はHPが一定割合減ると、何回も「マイティストライク」を使って回避能力ダウンのスフィアを展開。
大量の攻撃がクリティカルヒットで飛んできます。

ヘイトリセットかヘイト減少があるのか、「Bakunawa」の向きが急に変わることがありました。

WSを当てると、まれに白い「!!」が出て硬直状態にすることができます。
でも、確率は低めのようで、戦闘中に1回あるかどうかでした。
!!」が出る前提で戦闘するのは危ないと思います。

▼編成

ジョブ:か/竜 (装備:からくり装備 (2019/10/01時点) オートマトン強化装備)
フェイス:ユグナス,アプルル,セルテウス,ナシュメラII,コルモル

一般的(?)なソロ攻略では、青魔で行って、お供を「エントゥーム」で石にしてから「Bakunawa」を倒す、というのが多いようですが……

物理打撃が痛いなら、マトン盾の出番です。

マトン盾は範囲でタゲ取りする手段がないので、お供は放置。
「Kanavid」2体からは殴られる前提で作戦を立てました。

まず、からくり士本体はダメージカット装備で固めることにしました。
  • マリグナスシャポー (被ダメージ-6%)
  • ロリケートトルク+1 (被ダメージ-6%)
  • VCリング+1 (被ダメージ-8%)
  • 守りの指輪 (被ダメージ-10%)
  • ビスシアスマント (被ダメージ-5%)
  • 月虹帯 (被ダメージ-5%)
全部合わせたダメージカットは、-40%です。

そして、フェイスはすべて回復ができるものにして、耐えている間に倒すことにしました。

コルモルを入れたのは、からくり本体に「ファランクスII」が欲しかったから。
ちなみに、キング・オブ・ハーツを入れると、光連携に「ファイガIV」を撃ち込んでお供のタゲを取って、タコ殴りにされてあっという間に消えます。

本体のダメージカット装備は他にマリグナスの手と足を持っていますが、手は「羅王篠篭手改 Type:C」、足は「那伽脚絆 Type:D」にして、オートマトンのリジェネに回しました。

▽アタッチメント
  • ストロボ
  • ストロボII
  • アチューナー
  • インヒビターII
  • マグニプラッグII
  • アーマープレートIII
  • アーマープレートIV
  • ターゲットマーカー
  • マナジャマーIV
  • A.リペアキットIV
  • フラッシュバルブ
  • O.ファイバーII

「Camahueto」のときと同ような構成ですが、範囲属性攻撃の「メイルシュトロム」と「旋風」があるので、「マナジャマーIV」を入れています。
使うマニューバは、火土光

▼戦闘の流れ

フェイスの回復を信じて殴るだけ……!!

からくり本体が「Bakunawa」に殴られているようなら、「ハイジャンプ」や「腹話術」でしのぎます。
ただ、画面内は3体のタコがゴチャゴチャしていて、被ダメージログはものすごい勢いで流れていくので、「Bakunawa」に殴られているのかどうかよくわからないことが多かったです。

お供の「Kanavid」は完全に放置です。
たまに、フェイスが範囲回復でタゲを取って殴られることもありますが、お供の攻撃だけならなんとか持ちます。
フェイスが「Bakunawa」のタゲを取って、連続クリティカルや「クロスアタック」で瞬殺されることもありましたが、回復過剰気味の編成なので1人くらい減っても平気です。

ちなみに、フェイスが死ぬときはなぜか必ずセルテウスでした。

オートマトンは、HPがほとんど動かないくらいのダメージしか受けません。
とりあえず、マトン盾が沈んで負けるということだけは無いと思います。

戦闘時間は2分ほど。
2本目の「デマサルデーゲン」が出たので、そのうち+1を作るかもしれません。
posted by Madalto@芝鯖 at 15:22| Comment(0) | NM/BF

2019年10月31日

ウォンテッド 怨念洞 CL128 Azrael 青魔 ソロ

引き続きエミネンスクリア数の消化で、怨念洞の「Hakutaku」の上位ヘクトアイズNM「Azrael」(アズラエル)です。

ff11_20191029_azrael01.png

CL128ですが、かなり楽な相手でした。
CL125の間違いじゃないかと思うほど。

比較的ダメージが大きかった攻撃は「デスレイ」と、「ファイアV」「フレアII」。
いずれも500ダメージ前後で、単体では余裕で耐えられるダメージですが、「カーズ」を受けてHPが半減しているときはかなりの脅威になります。

麻痺深度が深い「凶眼」が厄介ですが、それ以上に状態異常が大量についてケアルが遅れる「インパクト」の方が危険度は上でした。

▼編成

ジョブ:青/戦 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:ArkEV,イングリッドII,キング・オブ・ハーツ,アプルル,ユグナス

そこそこ魔法防御があって、火力もある青魔で。
「カーズ」+「デスレイ」のコンボで即死しないジョブなら、わりとなんでもいい気はします。

ArkEVを入れましたが、ほとんどタゲを取ることが無かったので、火力アップになる別のフェイスが良かったかもしれません。
イングリッドIIは「カーズ」対策に。
あとは状態異常回復ができるフェイスを選択しました。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • R.デルージュ (魔法防御力アップ)
  • コクーン

「Specter Worm」と同じ、火力+魔防セットです。

「コクーン」はやっぱり、余ったBP1を埋めているだけ。
もう少し無駄にならないものを付けたい……。

▼戦闘の流れ

強化は「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」「N.メディテイト」。
「マイティガード」は、別になくてもいいと思います。

PCと回復フェイスで「Ethereal Junction」を挟むようにして戦闘開始。

あとは、ひたすら殴って「シャンデュシニュ」を連打するだけでした。

周りをアクティブなトンベリやコウモリに囲まれた中に「Ethereal Junction」があるので、「Azrael」戦が終わると余計な戦闘が発生するのが一番メンドウだった気がします。

戦闘時間は1分ほど。
「オプチカルハット」の上位品の「アルハゼンハット」が出ましたが、IL119装備としてはビミョウな性能だと思います。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 22:17| Comment(0) | NM/BF

ウォンテッド クフタルの洞門 CL125 Specter Worm 青魔 ソロ

エミネンスクリア980まであと少し。
クフタルの「Specter Worm」(スペクターワーム)は、戦い方が安定するまでは、わりと苦戦する相手でした。

ff11_20191028_specterworm01.png

「Specter Worm」は、「Phantom Worm」の上位のミミズです。
CLは125ですが、やけに強くて事故も多く、CL128といってもおかしくないくらいでした。

単純にものすごく強くなったミミズです。
大ダメージの単体攻撃がある上に、範囲攻撃も多いという厄介な相手。
特に凶悪なのは「ストンガV」で、対策なしだと一瞬でフェイスが半壊する威力があります。

WSを当てると、青い「!!」がでて硬直状態になることがあります。
WSを撃ってないタイミングでも「!!」が出ることがあったので、たぶん風属性ダメージでも硬直させることができるのだと思います。

用語辞典には「回避がかなり高く」とありますが、命中1200くらいあればミスはほぼ無くなるようでした。

▼編成

ジョブ:青/剣 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:アムチュチュ,セルテウス,ウルミア,ユグナス,アプルル

さんざん敗退した結果、この編成になりました。ちなみに、敗退したときのジョブは召黒風です。

「ストンガV」や「クエイクII」で蒸発しない程度の魔法防御があり、十分な火力があるジョブということで、青魔になりました。
土属性ダメージ対策で、サポジョブは魔導剣士を選択。
「ヴァレション」の魔法ダメージカットも役に立ちましたが、それ以上に「フラブラ」(エンチャントルーン)の風属性ダメージで「!!」が出まくるのが便利でした。

序盤からPCにタゲが張り付いて剥がれなくなるので、アムチュチュは盾というより属性ダメージ防御が目的で入れています。
「クエイクII」や「渾身の一撃」の大ダメージは、ウルミアのスケルツォで防ぎます。
あとは範囲回復ができるフェイスで固めました。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • R.デルージュ (魔法防御力アップ)
  • コクーン

火力と魔法防御を両立ということは、つまり上位リヴァイアサン用の青魔法セットと同じ方針です。
最初に「とてむず」リヴァイアサンを倒した時から、少し内容を変えました。

「シアリングテンペスト」と「エンバームアース」を入れて物理火力をアップ。
そして、「R.デルージュ」で魔法防御をつけるようにしました。

「コクーン」は、BPが1だけ余ったからつけただけで、特に意味はないです。

▼戦闘の流れ

シェルなしで戦闘を始めるのはかなり危険なので、周りの雑魚を殴ってフェイスのプロシェルをかけておきます。

エンチャントルーンは、「フラブラ」を2つ点灯。
強化は「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」「N.メディテイト」をかけました。
「マイティガード」もあると楽です。

沸かせるときは、「Ethereal Junction」に張り付いて沸かせます。
少し離れた位置で沸かせて開幕に「バインガ」が来ると、フェイスが起動しないまま何もできずに一方的に魔法攻撃を受け続けることになって死にます。

戦闘を始めたら「ヴァレション」で属性ダメージカット。
追加特性の魔防と強化に「ヴァレション」まで加わると、魔法ダメージが大幅に減ります。
「ストンガV」でフェイスが1200を超えるダメージが受けているときでも、PCは600ダメージくらいしか受けていませんでした。

殴り始めると、かなりの頻度で「!!」が点灯する印象でした。
!!」の硬直が解けた直後に、すぐにまた「!!」が点灯するくらい。
たぶん、戦闘時間の半分くらいは「Specter Worm」は固まったままだったと思います。
おかけで、他ジョブの時とは比べ物にならないくらいに、楽な戦闘になりました。

戦闘時間は1分半ほど。
箱から「ガストリタスラム」が出ましたが、倉庫キャラに持っていました。
青魔だとわりと楽に倒せることが分かったので、そのうちHQに強化しようと思います。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 13:48| Comment(0) | NM/BF