2019年10月30日

ウォンテッド ボヤーダ樹 CL125 Ayapec 黒魔 ソロ

「Ayapec」はだいぶ前に「Nosoi」のトリガーを取るために倒していて、エミネンスのクリア数は増えませんが、改めて倒してきました。

ff11_20191027_ayapec01.png

「Ayapec」(アヤペク)は、「Aquarius」の上位のカニNM。
たまに事故もありますが、CL125の中では楽な方だと思います。

「シザーガード」と「メタルボディ」をセットで使い、両方の強化が消えると「バブルシャワー」を連発してきます。
後半になると、「バブルカーテン」と「シザーガード」をセットで使用。

危険なのは「ビッグシザー」で、たまに1撃でフェイス盾が蒸発することがあります。

雷属性のダメージを与えると「!!」がでて硬直するようですが、あまり見た記憶がありません。

▼編成

ジョブ:黒/赤 (装備:黒魔装備 (2019/10/01時点)
フェイス:アムチュチュ,イロハII,セルテウス,アプルル,ユグナス

硬くて物理が通りにくい相手には、黒魔でMBが楽です。

盾フェイスは、属性ダメージに強いアプルルにしました。
イロハIIは、分解・光連携要員。
残りの3人は回復役です。
「バブルシャワー」連発を避けるために、ディスペル要員は入れないようにしました。

▼戦闘の流れ

開始直後の事故を避けるために、近くの雑魚を殴ってプロシェルをかけてから沸かせるようにしました。
他の強化は、「ストンスキン」と「アクアベール」。

「メタルボディ」のストンスキンは、「サンダー」で剥がします。
ストンスキンが残っていると、フェイスの攻撃が0ダメ連続になって連携がなかなか始まりません。
戦闘が長引くと、事故のリスクが上がります。
でも、あんまり「サンダー」を連発するとタゲを取ってしまって、それはそれで事故る原因になるので、ぽちぽち撃つ感じにしました。

イロハが連携を始めたら、サンダーMBを連発。
連携1セットでは倒しきれない感じですが、残りはそのままサンダー系で削り切ってしまいました。

アムチュチュが落ちない限りは、まず負けないと思います。
「ビッグシザー」で運悪くアムチュチュが蒸発してしまっても、「アクアベール」が残っているうちにサンダー系を連打すれば、強引に削り切れることもあります。

戦闘時間は2分半ほど。
連携待ちになるので、やや長めの戦闘時間になりました。

箱からは「アヤペクの甲殻」がたくさん。あとは「幻光結晶」。
必要な時はなかなか出なくて、使わないときはたくさん出る甲殻でした。
タグ:FF11 ソロ 黒魔
posted by Madalto@芝鯖 at 12:14| Comment(0) | NM/BF

2019年10月29日

ウォンテッド イフリートの釜 CL125 Coca 召喚 ソロ

引き続き、ウォンテッド。
今回は、イフ釜の「Coca」(コカ)です。

ff11_20191027_coca01.png

「Coca」は、ワーバーンNM「Vouivre」の上位NM。
CL125の中では強めの印象で、事故が起きる可能性もわりと高いと思います。

特に危険な攻撃は、範囲麻痺の「ドレッドシュリーク」と、前方範囲ブレスの「レイディアントブレス」の2つ。
「ドレッドシュリーク」を受けると、麻痺が連続してほとんど何もできなくなります。
「レイディアントブレス」は、盾フェイスでも2000近いダメージを受けることがありました。後衛が巻き込まれると即死だと思います。

▼編成

ジョブ:召/赤 (装備:召喚装備 (2019/06/02時点)
召喚獣:ラムウ
フェイス:ArkEV,ユグナス,アプルル,セルテウス,キング・オブ・ハーツ

「ドレッドシュリーク」の範囲外から攻撃できるように、召喚で行くことにしました。
召喚獣の相性は特に無いようだったので、ラムウを使っています。

同じく「ドレッドシュリーク」対策で、パラナ要員をユグナス,アプルル,キング・オブ・ハーツの3人にしました。
ユグナスは状態異常に強くて便利です。
なんとなくセルテウスを入れましたが、対象・自己中心範囲ダメージの攻撃はないので、別のフェイスにした方が良かったかもしれません。

▼戦闘の流れ

盾の後ろに後衛フェイスが立つと「レイディアントブレス」で蒸発することがあるので、盾フェイスとその他で「Ethereal Junction」を挟むようにして開始しました。

離れるタイプの白魔フェイスが盾の後ろに行ってしまったときは、運が悪かったと思ってあきらめます。
……上のスクリーンショットでは、ユグナスとアプルルの2人とも盾の後ろに行ってますし、しっかり「レイディアントブレス」に巻き込まれましたが。

ラムウは、リキャストのたびに「ボルトストライク」。
ダメージ次第では「アポジー」なしでもタゲを取りますが、その方が盾の回復に余裕ができて楽です。
ラムウがタゲを取った時に、自分が「Coca」の正面に入って「レイディアントブレス」に巻き込まれないように、位置を変えながら戦闘していました。

戦闘時間は2分半〜3分ほど。
ArkEVのHPがたびたび赤くなるので、けっこうヒヤヒヤする戦闘でした。
戦闘前に「大地の鎧」をかけていなかったのは、反省点。
タグ:FF11 召喚 ソロ
posted by Madalto@芝鯖 at 11:47| Comment(0) | NM/BF

2019年10月28日

ウォンテッド ガルレージュ要塞 CL125 Mephitas 青魔 ソロ

ウォンテッドキャンペーン中にエミネンスクリア数を980まで伸ばしたい……!
今回は、ガルレージュの「Mephitas」(メフィタス)を倒してきました。

ff11_20191022_mephitas01.png

「Mephitas」は、サソリNM「Serket」の上位NM。
画面内に全身が入りきれず、真龍なみに巨大なサソリです。
CL125の中では強い印象でしたが、戦い方を変えたら楽に倒せるようになりました。

「Serket」をはるかに上回る猛毒攻撃を連発してくるのが特徴。
自己中心範囲の「ベノムストーム」、前方範囲の「ベノムブレス」で猛毒をまき散らし、
単体遠隔の「ベノムスティング」は猛毒なうえに物理ダメージ付き。
おまけに、通常攻撃にも猛毒の追加効果があります。
いずれも、スリップダメージは200/3sかそれ以上にもなるようです。

▼編成

ジョブ:青/戦 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:ユグナス,アプルル,セルテウス,クルタダ,アシェラ

特に猛毒対策はしないことにしました。
「毒消し」もなし。
火力を上げて、やられる前にやるスタイルです。

ほぼ常時HPが減っている状態になるので、範囲回復は多めの4人。
いちおう、ポイゾナも2人使えます。
クルタダは火力アップ要員。
アシェラは、範囲回復とディスペルを持つフェイスとして入れました。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • ポーリングサルヴォ (テナシティ 8)

「デルタスラスト」〜「N.メディテイト」は、物理セットでよく使っている構成。

「シアリングテンペスト」「エンバームアース」で火力アップ。

「ポーリングサルヴォ」のテナシティで猛毒が防げるとは思っていませんが、BP7で物理火力が上がるちょうどいい青魔法を覚えていないので……。

▼戦闘の流れ

「Mephitas」は戦闘開始直後に「ベノムストーム」を固定で使ってくるので、初動が遅れると致命傷になります。
なので、周りの雑魚を殴って、プロシェルは先にかけておくようにしました。

他の強化は、「オカルテーション」「エラチックフラッター」「牙門」「N.メディテイト」。
「マイティガード」を範囲でかけておくと、だいぶ楽です。

戦闘開始したら、フェイスが「ベノムブレス」に巻き込まれないように位置調整。
あとはひたすら「シャンデュシニュ」を連打。
「オカルテーション」が切れても、かけなおしません。
ノーガード戦法でとにかくガンガン削ります。
「Mephitas」のHPはあまり多くないようなので、回復フェイスが1人でも生き残っているうちに削り切れば勝利です。

戦闘時間は1分半ほど。
頭の悪い戦い方ですが、3戦して3勝でした。
PCが受けている猛毒は撃破後に自動で回復します。
フェイスの猛毒は回復しないようで、放っておくと次々と死んでいきますが……。

箱からは「ターニオンダガー」が出ました。
マルチアタック性能は悪くないですが、短剣スキル+が低めなのと、DEXが上がらないのが残念。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 14:18| Comment(0) | NM/BF

2019年10月26日

ウォンテッド ウルガラン山脈 CL128 Camahueto からくり ソロ

暇を見つけてはエミネンスクリア数を増やしていくスタイル。
今回は、ウルガランの「Camahueto」(カマウェート)です。

ff11_20191022_camahueto01.png

「Camahueto」は、バッファローNM「Bonnacon」の上位NM。
CLは128と高めですが、特殊技の対処がしやすくて、わりと楽な相手でした。

危険な攻撃は、単体物理大ダメージの「ビッグホーン」と「ランパントナウ」の2つ。
さらに、「ビッグホーン」を使った後は、通常攻撃に「スノート」「ビッグホーン」「ランパントナウ」が含まれるようになります。(特殊技の構え無しで使ってくる)

用語辞典によると、ヘイトリセットかヘイト減少があるようですが、あまり気になりませんでした。

WSを当てると、ときどき!!が出て硬直させることができます。

▼編成

ジョブ:か/竜 (装備:からくり装備 (2019/10/01時点) オートマトン強化装備)
オートマトン:白兵戦ヘッド+白兵戦フレーム(盾仕様)
フェイス:リリゼットII,ウルミア,コルモル,ユグナス,アプルル

危険な攻撃は、単体物理大ダメージだけ。
目標中心や自己中心の範囲ダメージ技なし。
こういう敵が相手の時は、マトン盾の独壇場。
ベヒーモスの「ワイルドホーン」を被弾しても余裕で耐えるマトン盾にとって、バッファローの「ビッグホーン」とか雑魚です。

なお、本体が受けると死にます。

2019年10月のバージョンアップで「WSダメージアップ」が追加されて、急に注目をあびるようになったサポ竜ですが、「ハイジャンプ」によるヘイト減少も優秀です。
「Camahueto」と同じように単体物理大ダメージが主力だった、2019年1月アンバス2章のラズNM「Khalkotaurus」でも、サポ竜の「ハイジャンプ」が活躍しました。

オートマトンが盾をするので、フェイス盾なし。
本体が「ビッグホーン」や「ランパントナウ」を受けた時のために、回復を多めにしました。
ウルミアも、マチマチよりはスケルツォが目的。
ラウジングサンバが便利なリリゼットIIを入れていますが、この1枠はわりとなんでもいいと思います。

▽アタッチメント
  • ストロボ
  • ストロボII
  • アチューナー
  • インヒビターII
  • フレイムホルダー
  • マグニプラッグII
  • アーマープレートIII
  • アーマープレートIV
  • ターゲットマーカー
  • A.リペアキットIV
  • フラッシュバルブ
  • O.ファイバーII

使うマニューバは、火土光

タゲ取り性能を上げるために、「ストロボ」「ストロボII」「フラッシュバルブ」の3つを搭載しています。
魔法攻撃は無視して「マナジャマー」はなし。
かわりに「アーマープレート」を2つつけて、物理カットを増やしています。

▼戦闘の流れ

戦闘を始めてフェイスを起動したら、オートマトンからタゲを取らないように攻撃。
本体が使うWSも弱めのものを使うようにしました。
「連環六合圏」はアフターマスを付けるときだけ。
メインに使うのは「四神円舞」でした。

本体がタゲを取ってしまったときは、「腹話術」と「ハイジャンプ」でマトンにタゲを戻します。
敵対心を入れ替える「腹話術」より、単純に本体の敵対心が減る「ハイジャンプ」の方が使いやすいと思います。

オートマトンが受けるダメージは、「ランパントナウ」で100ダメージ前後。
「ビッグホーン」でも200ダメージくらいしか受けません。
ブレスダメージの「スノート」の方がダメージが大きく、500ダメージくらい受けていました。
オートマトンのHPは3000を超えていて、どれも余裕で耐えられるダメージです。

ちなみに、本体が「ビッグホーン」を受けたときは、1500ダメージを超えていました……。

1回の戦闘は3分半ほど。
「リペアー」を使うこともなく撃破できました。
posted by Madalto@芝鯖 at 18:02| Comment(0) | NM/BF

2019年10月23日

ウォンテッド アットワ地溝 CL125 Muut 青魔 ソロ

引き続き、エミネンスの消化でアットワの「Muut」(ムート)と戦闘。

ff11_20191022_muut01.png

「Muut」は、コースNM「Xolotl」の上位NM。
CL125の割には強めの印象です。

「Douma Weapon」と同じようなNMで、残りHPに応じてお供の骨を複数召喚します。
一度に召喚する数は、たぶん最大で6体。

お供の骨を全滅させると、!!マークが出てしばらくの間硬直させることができます。
お供のHPは7000くらい?
お供が残っていると「ダンスマカブル」(単体魅了)を使ってくるので、召喚するたびにお供は掃除した方がいいと思います。

▼編成

ジョブ:青/赤 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 魔法装備)
フェイス:ArkHM,アプルル,ユグナス,ザイドII,セルテウス

お供の骨を掃除するために、エレメンタル青魔法を積み込んで魔法装備の青魔で行きました。
Muut本体は魔法ダメージが通りにくくて(魔法ダメージ25%カット)、格打弱点,斬突耐性があるので、メインのダメージソースは「マクセンチアス」で撃つ「ブラックヘイロー」です。

盾フェイスは、「F.レトリビューション」を空蝉で回避できるArkHMにしました。
ザイドIIはスタナーとして。
範囲精霊と「F.レトリビューション」のダメージがわりと痛いので、範囲回復ができるアプルル,ユグナス,セルテウスを入れました。
アプルルとユグナスは、アイススパイクの麻痺回復も兼ねています。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ 8)
  • サブダックション (魔法攻撃力アップ 8)
  • スペクトラルフロー (魔法攻撃力アップ8)
  • スカウリングスペイト (魔法防御力アップ8)
  • アンビルライトニング (物理命中率アップ8)
  • テネブラルクラッシュ (魔法命中率アップ8)
  • 夢想花 (魔法攻撃力アップ4)
  • マジックハンマー (魔法攻撃力アップ4)

青魔法セット (2018/07/19時点) の固定セット+範囲魔法セットをもとに、「レテナグレア」と「マジックフルーツ」を外して「シアリングテンペスト」を入れています。

お供掃除には、火属性か光属性のエレメンタル青魔法が有効です。
光属性ダメージで魔法回避特性がつく「B.フルゴア」と悩みましたが、「ブラックヘイロー」のダメージアップを狙って「シアリングテンペスト」にしました。

コースも骨も闇属性カットがついているので、「テネブラルクラッシュ」はダメージソースとしては役に立ちません。
魔命アップのためだけの選択です。

どちらも氷耐性があるようですが、「スペクトラルフロー」のテラーは入りました。たぶん、テラー自体の属性は土だからだと思います。
お供が残った時の追撃に「スペクトラルフロー」を使うと、コースの魔法や特殊技が運よく止まるかもしれません。

▼戦闘の流れ

戦闘前の強化は「エラチックフラッター」と「オカルテーション」の2つ。
使うのを忘れましたが、「マイティガード」か「カルカリアンヴァーヴ」があると楽になると思います。

戦闘を始めたら、お供を呼ぶたびに「シアリングテンペスト」。
TPが溜まったら「ブラックヘイロー」。
基本的に、この繰り返し。

お供は召喚直後はダメージ判定がないようで、召喚エフェクトに合わせて先読みでエレメンタル青魔法を使ったら、Muut本体にしかダメージが当たらないことがありました。
沸いたのを確認してから詠唱開始した方が良さそうです。
コースのアイススパイクで麻痺して詠唱が中断しないように、お供召喚エフェクトが見えたら、なるべくMuut本体を殴らないようにしていました。

1回の戦闘は4分前後。
ついでに「メメントモーリ」のラーニングのできたら――と思いましたが、2戦やっても覚えませんでした……。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 11:46| Comment(0) | NM/BF