2020年01月07日

ウォンテッド フェ・イン CL128 Borealis Shadow 青魔 ソロ / フューリーフィスト+1

「フューリーフィスト」を強化するために、「反魂樹の枝」を取りに行くことにしました。
「反魂樹の枝」を落とすのは、フェ・インのシャドウ NM、Borealis Shadow(ボレアリスシャドウ)です。

ff11_20200106_borealis01.png

ウォンテッドの課題では Borealis Shadow となっていますが、実際には Borealis Shadow を含む 4体のシャドウ NM が沸きます。
それぞれ、Southern Shadow,Western Shadow,Northern Shadow,Eastern Shadow の上位 NM です。
CL128 の中ではかなり強め。
同じ CL128 でも Vedrfolnir や Camahueto は雑魚雑魚なのに、なぜ Borealis Shadow はこんなにも強いのか……。

▽共通の仕様

戦闘を始めると 4体のシャドウ NM が沸き、1体倒すごとに残りのシャドウが強くなっていきます。
さらに、リゲインがかかっているのか、終盤は WS を連発して積極的に連携を狙ってきます。

WS か魔法を当てると、たまに青色の「!!」が出てテラーにすることができます。

弱体は、闇属性のものを除いてたいてい通るようで、光属性睡眠や石化で足止めして 1体ずつ撃破が可能。
ただし、石化で「!!」が出ると、テラーで上書きされて石化は無効になります。

▽Australis Shadow (片手剣,黒)

一番楽に倒せる相手です。
魔法を優先して使うようで、連携はしてきません。特殊技も「次元殺」だけのようです。
ガ系を使ってきますが、普通に殴っているだけでもわりと中断させることができます。

石化耐性があるようで、あまり石化しません。(無効ではないので、たまに石化する)

▽Occidentalis Shadow (格闘,モ)

連携初撃に「スピンアタック」を使ってきます。
ブリンクや空蝉をいきなりはがされて、そのまま連携されることが多いです。
カウンターを持っていて削りにくく、耐久度もある相手です。

▽Borealis Shadow (片手斧,戦)

5回攻撃 WS の「ランページ」を使ってきて、ブリンクや空蝉を大量に消費する相手です。
多段 WS が直撃すると、HP を半分近く持っていかれることもあります。
でも、それだけなので、単体ではあまり強くありません。

▽Orientalis Shadow (両手棍,狩)

弓 WS の威力が高く、2500 以上のダメージを受けて 1撃死することがあります。
全て単体 WS なので、ブリンクや空蝉で回避可能です。

▼編成

ジョブ:青/赤 (装備:ダメージカット装備)

フェイス:
アプルル(回復)
クピピ (回復,ムーンライト)
コルモル (補助回復,リフレシュII,ファランクスII)
ウルミア (歌)
クルタダ (ロール,ライトショット)

青魔法の「エントゥーム」でまとめて石化させてから、1体ずつ倒す作戦です。
サポジョブは、ファストキャストと、「ストンスキン」「アクアベール」を目的に赤魔。

装備は、普段使っている物理装備に、ダメージカットをめいっぱい積みました。
具体的には次のものを使っています。マリグナスじゃなくても、アヤモ装備でもいいかもしれません。

  • マリグナスシャポー
  • マリグナスタバード
  • マリグナスグローブ
  • マリグナスタイツ
  • マリグナスブーツ
  • ロリケートトルク+1
  • VCリング+1
  • 守りの指輪

ダメージカットがなくても撃破はできます。
でも、カットがあると、「オカルテーション」が切れていても、2体くらいなら耐えることができます。

フェイスは、「範囲攻撃をしないもの」を選んでいます。
タゲは PC が持つので、盾フェイスは不要。
攻撃も PC だけで十分なので、アタッカーフェイスも不要です。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • エントゥーム (物理防御力アップ 8)
  • ウィンドブレス (ファストキャスト 4)
  • オーロラルドレープ (ファストキャスト 4)
  • コクーン

普段使っている青魔法固定セット物理用基本セットに、今回必須の「エントゥーム」と、ファストキャスト効果アップを追加した内容になっています。
「コクーン」を入れているのは、BP が 1 余るから。

▼戦闘の流れ

戦闘前に「牙門」「エラチックフラッター」「オカルテーション」と、「ストンスキン」で強化。
ノートリアスナレッジで「カルカリアンヴァーヴ」をかけておきます。
初回の「エントゥーム」が止まらなければいいだけなので、ノートリアスナレッジが再使用待ちなら、「アクアベール」でも問題ありません。

敵を沸かせたら、抜刀せずに、即座に「エントゥーム」。
「エントゥーム」をかける相手は 4体のうちどれでもいいです。

倒す順番は、黒(片手剣)→ モ(格闘)→ 戦(片手斧)→ 狩(両手棍)。

黒(片手剣)は石化しない可能性が高いので、最初に倒します。

モ(格闘)を先にしているのは、「スピンアタック」に巻き込まれるフェイスのダメージを抑えるため。
でも、モ(格闘)と戦(片手斧)は、どちらが先でもいいと思います。

狩(両手棍)は単発 WS しか使わなくて、威力がどんなに上がっても「オカルテーション」でかわせるので、一番最後です。

生命線は「エントゥーム」と「オカルテーション」。

「エントゥーム」の石化効果時間は 60秒。
マリグナス装備は魔命も高いので、特に魔命装備にしなくても石化できます。(アヤモ装備も魔命高いからそのまま撃てるハズ)
「エントゥーム」の石化は上書き可能なので、40 〜 50秒くらいでかけなおすと安全ですが、いちいちタイマーを確認するのはメンドウだったので「シャンデュシニュ」を4回撃ったら「エントゥーム」をかけるようにしていました。

「オカルテーション」が切れると事故率が高くなります。
モ(格闘)の「スピンアタック」と、戦(片手斧)の「ランページ」ではがれやすいので、この 2体のときは「オカルテーション」マクロを常に待機していました。

終盤、MP が不足しがちになりますが、狩(両手棍)は開始時に「オカルテーション」を 1回かけなおせば押し切れます。
「オカルテーション」1回分(MP 138)も不足するようなら、 戦(片手斧)を倒した後、狩(両手棍)を殴る前に「コンバート」で MP 回復。

「エントゥーム」をかけた時に弱点をついて「!!」が出てしまうと、石化よりはるかに短い時間で復活してしまいます。
その場合も、「オカルテーション」や「ストンスキン」などでしのいで、リキャスト即「エントゥーム」でなんとかなる感じでした。

たまに、弱点の「!!」が複数発生 → 「ランページ」でオカルが剥がれて「エンピリアルアロー」直撃で即死、というような事故もありますが、それはあきらめます。

1回の戦闘は 3分半 〜 4分くらい。1体あたり 1分前後です。
「カルカリアンヴァーヴ」のアクアベールが有効なあいだに3〜4戦できる感じで、殴られて「エントゥーム」や「オカルテーション」が中断することはありませんでした。

▼フューリーフィスト+1

「ボレアリスの箱」を使って「反魂樹の〜」とログに出たのに「枝」が増えてないと思ったらじつは「根」だった――という不具合にブチキレそうになりながら連戦して、「反魂樹の枝」50個達成。

ff11_20200106_fury01a.png

「フューリーフィスト」を強化して「フューリーフィスト+1」になりました!

ff11_20200106_fury02.png

まぁ、使わないんですが。
カウンター装備なら「スファライ」があるし。
ただちょっと強化してみたかっただけ……。

ウォンテッド装備強化でクリティカルヒット+が増えるなら、強くなるかもしれません。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 20:47| Comment(0) | NM/BF

2020年01月02日

上位召喚獣BF ★修羅の道 Odin Prime とてやさ シーフ ソロ

(2020/02/07変更:ユッグを「ぬすむ」ことを追記)

「斬鉄剣」が欲しくなったので、上位オーディンにソロで行ってみることにしました。

ff11_20200102_odin01.png

上位オーディンは危険な特殊技がたくさんあって、それぞれ対策をしておく必要があります。

「ヴァルファズル」は、静寂+呪いの効果。
カーズナが使えるフェイスを入れて、盾の HP を早めに回復させます。

「ゲイルレズ」は、「とてやさ」の場合は 6000ダメージの頭割り。
フェイス含めて 6人全員で被弾するようにして、ダメージを抑えます。

「ユッグ」は、ヒューマンキラー+攻撃力アップ。
攻撃力アップは早めに解除できるようにしておきます。
放置すると範囲ダメージがかなり痛くなる上に、「斬鉄剣・剛」で即死するリスクも上がります。
(2020/02/07 追記)
「ユッグ」の攻撃力アップの効果は「ぬすむ」ことができます。
攻撃力+50%(とてやさの場合)になって、撃破時間がだいぶ早くなります。

「斬鉄剣・剛」は、攻防比が開くと即死。
敵の攻撃力を下げるか味方の防御力を上げることで、650 前後の範囲ダメージにすることができます。
「とてやさ」では、オーディンの HP が 50% を割ったくらいのタイミングで 1回だけ使用。
攻撃力ダウンには、「バイオ」,「スカウリングスペイト」や「サウリアンスライド」などの青魔法,召喚履行の「タイダルロア」,「ウェポンブレイク」などの WS があります。
防御力アップには、「コクーン」や「甲羅強化」などの青魔法,風水魔法の「インデバリア」,ナイトアビの「ランパート」があります。

▼編成

ジョブ:シ/風 (装備:シーフ装備 (2019/12/01時点)

フェイス:
ArkEV (盾,補助ケアル)
セルテウス (範囲回復)
アシェラ (ディスペル,防御力アップ,範囲回復)
ナシュメラII (メイン回復,ケアルガ,異常回復)
ミリ・アリアポー (補助回復,単体ケアル,ハートオブソラス,異常回復)

メインジョブはトレハン目的でシーフ。
「斬鉄剣・剛」対策は、サポジョブの風水で「インデバリア」をかけることにしました。

白魔フェイスは、敵から離れるタイプのものが使えません。
「ゲイルレズ」の範囲外に出ると被ダメージ量が増えます。
「インデバリア」の範囲外に出ると「斬鉄剣・剛」で即死してしまいます。

また、「ゲイルレズ」で 1000ダメージ受けるので、HP が低すぎるフェイスはリスクが高いです。

この条件を満たすフェイスから、「ケアルガ」が使えるナシュメラIIと、「ハートオブソラス」があるミリ・アリアポーを入れることにしました。

編成のなかで、アシェラは重要が高いフェイスです。
「ユッグ」を「ディスペル」で消して、「ガイディングライト」で防御力アップ。
さらに、「イラストリアスアイド」で範囲回復もできます。

セルテウスは敵に近づかないので、なるべく前の方で呼ぶ必要があります。
後ろに配置すると、「インデバリア」の範囲から漏れてしまいます。

▼戦闘の流れ

フェイスを呼んで、「インデバリア」をかけたら突撃。
戦闘開始後、フェイスが「インデバリア」の範囲外に出ているようなら、再配置して全員範囲内に入るようにします。

テラーやヒューマンキラーで魔法が中断する可能性があるので、「インデバリア」は余裕を持って張り直し。

(2020/02/07 追記)
オーディンの HP 半分くらいのときに「ユッグ」を使われたら、攻撃力アップの解除を兼ねて「ぬすむ」。

あとは、「フェイント」や「まどわす」を入れながら削って撃破。

戦闘時間は 7分ほど。
たまに、ひるみでフェイスの回復が遅れて事故ることはありますが、わりと安定して勝てていると思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 22:25| Comment(2) | NM/BF

2019年12月22日

ギアスフェット 醴泉島 CL129 Belphegor モンク ソロ / ヘルクリアブーツ

ペット強化オグメの予備用に、「ヘルクリアブーツ」を取りに行くことにしました。
予備があると、そこそこ良いオグメを、うっかり「ペット: CHR+1」とかで上書きしてしまう事故が起きにくくなります。

ff11_20191221_belphegor01.png

「ヘルクリアブーツ」を落とすのは、醴泉島のクマカトック(王冠と杖を装備したコース)NM「Belphegor」(ベルフェゴール)。
嫌な攻撃が多いですが、対策をしていれば倒しやすい相手です。

対策が必要なのは、「ダンスマカブル」「メメントモーリ」「サイレンスシール」「スリプガII」の4つ。

「ダンスマカブル」の単体魅了は、フェイス盾にすれば無効化できます。

「メメントモーリ」で魔攻が上がると、精霊や「ハデスサモンズ」(対象中心範囲の闇ダメージ+バーン)がかなり痛いので、消す方法を用意するか、速攻で倒す方向で。

「サイレンスシール」と「スリプガII」は、白魔フェイスが巻き込まれたときに回復できる手段があると安全です。

特殊技や魔法に合せて格闘・打属性のWSを撃つと、白い「!!」が出て沈黙状態にできます。

PCやフェイスが魔法を当てると、たまにオウム返しで撃ち返してくるので、弱い魔法を当てて敵の精霊を減らすことができます。

終盤に「連続魔」を使用して、精霊だけでなく「メメントモーリ」も連打するようになるので、一気に倒しきらないと事故リスクが高まります。

▼編成

ジョブ:モ/踊 (装備:モンク装備 (2019/12/01時点)

フェイス:
ArkEV (盾,補助ケアル)
アムチュチュ (盾,魔法防御)
セルテウス (範囲回復)
アプルル (メイン回復,カーズナ)
キング・オブ・ハーツ (補助回復,強化解除)

メインジョブは、弱点を突きやすくて骨特効のモンク。
「サイレンスシール」の沈黙対策に、サポ踊にしています。

事故で盾が落ちる可能性を考えて、2枚盾にしました。
アムチュチュの各種魔法防御が便利。

フェイスは「フィナーレ」など光属性の強化解除を持っていません。
闇属性の「ディスペル」はどうせ効きが良くないだろうと思って、キング・オブ・ハーツの「シャッフル」で「メメントモーリ」を解除することにしました。
基本は、やられる前に速攻で倒す。

▼戦闘の流れ

開幕スリプガ対策で、沸かせる前に「エルシモパキラの実」で服毒。

後ろから攻撃すると、「ハデスサモンズ」に当たらずに殴ることができます。
白魔フェイスが「サイレンスシール」で沈黙したときは、「ヒーリングワルツ」で回復。

あとは、TP3000の「ビクトリースマイト」でアフターマスLv3をつけて、ひたすら殴ります。
再使用が回復していたら、「インピタス」や「集中」も使用。

運が良ければ、「連続魔」のタイミングで「!!」が出て、楽に勝てることもあります。

戦闘時間は2分半〜3分ほどで、けっこう短時間の戦闘でした。

▼戦果

「ヘルクリアブーツ」は、なんと1戦目でドロップ。

持って行った5戦分のトリガーを全部使ったら、最終的に「ヘルクリアブーツ」3つと、「オディシアクウィス」が1つ出ました。
ブーツ余ったかも。

手持ちの「緑魂石」を全部使ってオグメをつけたら……

▽ペット:DEX+8 攻+15 飛攻+15 魔攻+12 ストアTP+11
ff11_20191221_herculean02.png

DEXはつきましたが、命中がつきませんでした。
また「緑魂石」を集めなければ……。
posted by Madalto@芝鯖 at 12:45| Comment(0) | NM/BF

2019年12月15日

アンバスケード1章 ゴブリン 【2019年12月】 とてむず (PT)

12月のアンバス1章は、物理火力を上げて短期決戦な内容でした。
比較的短時間で終わる上にギミックも複雑ではないので、11月のマムージャより楽な気がします。
でも、崩れたときの立て直しは難しそうでした。

ff11_20191215_ambus01.png

▽共通の仕様

ゴブリン同士が近くにいるととオーラが発生(黒ゴブを除く)。
オーラエフェクトがついた状態だとダメージカット。
ゴブ同士を離すとオーラは消えます。

ゴブリンは通常の特殊技のほかに、「ゴブゴブ爆弾」「ワルワル爆弾」「バイバイ爆弾」の特殊爆弾を使用。

「ゴブゴブ爆弾」は、対象中心範囲に1500の固定ダメージ。
ボス&お供が、オーラ発生中に使います。

「ワルワル爆弾」は、対象中心範囲に6000ダメージを被弾人数で頭割り(ペット、羅盤を含む)。
ボスが召喚する Furious Bozzetto Bomber が使います。
ヒーラージョブを優先してターゲット。

「バイバイ爆弾」は、対象中心範囲に1500×被弾人数のダメージ。
ボスが召喚する Baby Bomber が使います。
ヒーラージョブを優先してターゲット。
PCが集まっているところに使われると、7500とか9000とかの大ダメージを受けます。

ボスを含む、ゴブリン全部を倒せばクリア。

▽ボス:Bozzetto Don(赤)

「連続魔」を使用。
睡眠耐性あり。
連続魔中は特殊技を使いません。

1回目の特殊爆弾は「ワルワル爆弾」固定。
連続魔中〜特殊爆弾1回目くらいまでに削り切れる火力が必要です。

▽お供1:Bozzetto Deathbringer(暗)

「ブラッドウェポン」を使用。
睡眠耐性あり。

攻撃間隔が短いですが、1撃のダメージは30前後くらいでした。
危険なのは、「ドレッドスパイク」と「ブレイク」。

▽お供2:Bozzetto Ravager(戦・モ)

「マイティストライク」を使用。
睡眠耐性あり。

マイティ中にカウンターと「ゴブリンラッシュ」が重なると、前衛ジョブが瞬殺されることがありました。

▽お供3:Bozzetto Incanter(黒)

「魔力の泉」を使用。
こいつだけ寝ます。

特殊技に「運命のダイス」があります。
スロウ+静寂が出るとわりと危険。
PCのアビリティ回復(ダイスの出目 2)になることが意外と多かった気がします。

▼編成
PT編成:盾,前衛×2,詩,風,白
参加ジョブ:白/黒

▽盾(ナ,剣)

強化が終わったら、敵に突っ込んでタゲ取り。
お供を連れて、ボスから引き離すようにキープ。
Bozzetto Don(ボス)と Bozzetto Deathbringer(暗)を倒し終わったら、前衛に合流。

ガッツリタゲを取るのは Bozzetto Ravager(戦・モ)だけで、Bozzetto Deathbringer(暗)はユルめ。
Bozzetto Incanter(黒)は寝かせて放置でした。

白魔の魔法射程まで近づくとボスにオーラが発生してしまうので、キープ中はアイテムやアビなどで自己回復になってしまいます。

お供の「ゴブゴブ爆弾」が2発動時に来くると合計3000ほどのダメージを受けます。
HP3000以上をキープしていれば耐えられますが、無理してHP3000以上にするより、運が悪かったとすぐに再戦した方が楽だと思います。

▽前衛×2

盾が敵に突っ込んだら、Bozzetto Don(ボス)を抜いて入り口の角まで移動。
そして、全力で攻撃。
連続魔〜特殊爆弾1回目までに削り切れれば、勝ち確定です。

Bozzetto Don(ボス)を倒し終わったら、盾がキープしている Bozzetto Deathbringer(暗)を釣って、同じように入り口の角で撃破。
この間は、前衛が Bozzetto Don(ボス)と Bozzetto Deathbringer(暗)のタゲを持つことになります。

▽詩

前衛にマチマチメヌメヌ。
後衛と盾にバラバラ。
盾が突っ込んだら、Bozzetto Incanter(黒)を単体ララバイで寝かせ。
戦闘中は、「フィナーレ」で強化を消します。
Bozzetto Don(ボス)の「アイススパイク」は、なるべく早く消去。

▽風

自分に「インデフューリー」。
前衛に「エントラスト」+「インデウィルト」。
前衛が Bozzetto Don(ボス)を釣ってきたら、「グローリーブレイズ」+「ジオフレイル」+「サークルエンリッチ」+「デマテリアライズ」。
戦闘中の相手に「ディアII」。
「パラライズシャワー」に巻き込まれないようにゴブの正面からずれるように移動します。

死なないのが一番の仕事。

▽白

サポジョブは黒。
「ヤグルシュ」があると「パラナ」ばらまきが楽です。

強化は、プロシェル,バサンダラ,バパライラ,アディデック,オースピス,ヘイスト。
戦闘中は常にゴブの横か後ろにいるようにして、「パラライズシャワー」に巻き込まれないようにします。

前衛が Bozzetto Don(ボス)を釣ってきたら、「精霊の印」+「サイレス」。
連続魔中は単体の古代I系だけなので、前衛の削りが早いなら、サイレスをレジられてもケアル連打でしのげないこともないです。

Bozzetto Don(ボス)と戦闘中は、前衛の位置で一緒に「ワルワル爆弾」を受けて大ケアルガでまとめて回復。
「ワルワル爆弾」で1000ダメージほど受けるので、HPは1000以上をキープするのが安全です。

Bozzetto Don(ボス)の「アイススパイク」が残っている間は、定期的に範囲「パラナ」。
「パラライズシャワー」の麻痺になるとほとんど動けなくなるので、これもなるべく早く「パラナ」。

前衛が敵のタゲを持つ間はケアル過剰にして、ソラススキンを付けておくと楽でした。

▼戦闘の流れ

強化が終わって詩人が合図を出したら、盾は敵に突入。
詩人は Bozzetto Incanter(黒)を寝かせて、前衛は Bozzetto Don(ボス)を抜きます。

Bozzetto Don(ボス)を入り口の角まで引っ張りながら、白魔は印「サイレス」、詩人は「フィナーレ」。

Bozzetto Don(ボス)
→ Bozzetto Deathbringer(暗)
→ Bozzetto Ravager(戦・モ)
→ Bozzetto Incanter(黒)
の順で倒してクリア。

1回の戦闘は5〜8分くらいと短めでした。
考えることが少しばかり多いですが、特殊な立ち回りは必要ないので、慣れれば安定して勝てる月だと思います。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 21:47| Comment(0) | NM/BF

2019年11月22日

BF「真心の愛」と「別れた友への想い」にソロで行ってみた

ログインポイントで交換できる「タラクサオーブ」と「ジニアオーブ」を使って、「ライオンからの挑戦!」イベントをやってみました。
エミネンスの17周年アニバーサリー目標を受けて突入。

▼真心の愛

ff11_20191119_lion01.png

相手はLionひとり。

突入人数でBFの難易度が変わるらしく、ソロだとかなり楽です。
いちおうフェイスを呼んでみましたが、たぶんフェイスなしでも勝てると思います。

突入時に「マンドラケース」(エミネンス報酬)、撃破後に「ノルギッシュダガー」をゲット。

ff11_20191119_mandra01.png

ff11_20191119_norgish01.png

Lionさんはパンツを見せつけるスタイル(水色)。

ff11_20191119_lion02a.png

▼別れた友への想い

相手は、Lion,Aldo,Zeidの便乗トリオ。

……正直、ソロでクリアできる気がしません。

3人ともHPは50万ほどあるらしく、WSを撃ち込んでもほとんどHPバーが減りません。
魔防がかなり高いらしく、魔法で削るのも無理そうです。

結局、あまりHPを減らすことができないまま敗退。

エミネンス報酬の「モグサコッシュ」だけ貰いました。

ff11_20191119_mog01.png

使ってみたら、「ポップスター」が1個出てきました。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 10:28| Comment(0) | NM/BF