2019年09月07日

上位召喚獣BF ★水の試練 リヴァイアサン とてむず 青ソロ

通称「うなぎ漁」と呼ばれる、上位召喚リヴァイアサン「とてむず」戦。
これまで惜しいところで失敗していましたが、ようやく青ソロでクリアできました!

ff11_20190906_leviathan003.png

上位召喚獣BFは、特殊技の構えや魔法の詠唱をしている間に特定の行動をすると、「!!」が表示されて弱点を突くことができます。
弱点を突くと、召喚獣が一時的にテラーになって、能力が弱体。
弱体効果は、召喚獣が究極履行(タイダルウェイブ)をするたびに回復して、また弱点を突けるようになります。

リヴァイアサンの弱点と、対応する弱体効果は次の通り。
  • 魔法 → 近接ダメージカット解除
  • アビリティ → 魔法ダメージカット解除
  • WS → 追加ダメージ解除
  • ペット行動 → 遠隔ダメージカット解除

青魔で攻略するときは、なるべく早く魔法攻撃で「近接ダメージカット解除」をいれる必要があります。
他の弱点は、痛い攻撃を止めるために活用。
とりあえず魔法弱点(近接カット解除)さえいれていれば、あとは別に放置でもいい思います。

▼編成

ジョブ:青/戦 (装備:青魔装備 (2019/09/02時点) 物理装備)
フェイス:アプルル,ユグナス,ウルミア,クルタダ,セルテウス

火力アップと、アビリティ弱点に「挑発」を使うために、サポジョブは戦士を選択しました。
ダメージカット装備と一人連携できるストアTP,ヘイストがあれば、RMEA武器はなくてもいいと思います。

大ダメージを素早く回復するために、白魔フェイスを2人にしています。
ウルミアは、スケルツォのダメージカットが目的。
クルタダで火力アップ。
範囲回復は、アプルル,ユグナス,セルテウス。
セルテウスの「リジュヴァネーション」は強力ですが、余計なタイミングでWSを撃つことも多いので、範囲回復できるフェイスは複数いた方が安心です。

▽青魔法セット
  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • 牙門 (HPmaxアップ 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)
  • マジックフルーツ (レジストスリープ 4)
  • バッテリーチャージ
  • ポーリングサルヴォ (テナシティ 8)

「デルタスラスト」〜「N.メディテイト」はいつもセットしている青魔法。

「シアリングテンペスト」「パラライズトライアド」を追加して物理火力アップ。

大ダメージ対策に「牙門」をいれて、ファランクスを使えるようにしています。
「グルーティナスダート」とあわせてHPも増やしました。

なんとなく「マジックフルーツ」と「バッテリーチャージ」をいれましたが、フェイスの回復でも間に合っていたので、「エンバームアース」にしても良かったかもしれません。

BPが7ポイントと中途半端に余ってしまったので、「ポーリングサルヴォ」を入れています。
特性の「テナシティ」にはあまり期待していませんが、DEX+6が付くのでシャンデュシニュのダメージが上がるハズ。
実のところ、「バトルダンス」「アッパーカット」「スパイナルクリーブ」を覚えていなくて物理攻撃力アップをもう1段階付けられなかった、というのが真相です。

魔法弱点(近接カット解除)用には「サドンランジ」を使いました。
追加効果のスタンはほとんど入りませんが、消費MPが18と少なく詠唱が短いのが便利です。

▽ダメージカット装備
  • ロリケートトルク+1(被ダメージ-6%)
  • VCリング+1(被ダメージ-8%)
  • 守りの指輪(被ダメージ-10%)
  • ロスメルタケープ(被ダメージ-5%)

合計:被ダメージ-29%

とてむずリヴァイアサン戦の生命線です。
前回はカット装備を忘れていて敗退しました。
あまりガッツリ積んでいませんが、それでもだいぶ違います。
アヤモ装備+2を全身使えばさらに-20%できますが、そこはちょっと手抜きをしました……。

▼戦闘の流れ

まずは、離れた位置で強化。
使ったのは、「オカルテーション」「エラチックフラッター」「牙門」「N.メディテイト」「バッテリーチャージ」「マイティガード」の6つ。
「バッテリーチャージ」は無くてもよかったと思います。

武器を構えて戦闘開始。

リヴァイアサンが特殊技や魔法を使ってきたら、「サドンランジ」で黄色い「!!」をつけます。
あとは、基本的にシャンデュシニュを連打。
痛い特殊技やウォタジャが来たら、「挑発」を入れれば1回は確実に止まります。

特殊技の対応は次の通り。

▽湧水
多少戦闘が長引くだけなので無視。
開幕とタイダルウェイブ直後に使ってきたとき以外は、止めなくていいと思います。

▽グランドフォール
構えのときに少し下がれば、ミスらせる事ができます。
カット29%で900〜1300ダメージ。
痛い攻撃ですが、1撃死はしません。
自分のHPが満タンならそのまま殴り続行。
HPが減ってるときはミスらせるようにしました。

▽スピニングダイブ
これも、構えのときに少し下がってミスらせる事ができます。
「オカルテーション」で防げるのと、食らっても大して痛くないので無視しました。

▽タイダルウェイブ
範囲が広くて避けるのは無理なので普通に被弾。
あまり痛くないです。

クリアタイムは4分50秒。
「マイティガード」が切れる前に撃破できました。
攻撃強化の青魔法を増やしたり、特殊技を受けるときにダメージカット着替えをして殴りっぱなしにしたりすれば、もう少しクリアタイムを縮める事ができそうです。
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 16:27| Comment(0) | NM/BF

2019年08月22日

ギアスフェット エスカ-ル・オン CL125 Kammavaca 青魔 ソロ / 神竜の免罪符:両脚

青魔の移動速度が上がる「カマインクウィス」はあった方が良さそうだと思って、次回のナイズルキャンペーンに備えて「神竜の免罪符:両脚」を取りに行くことにしました。

落とすのは、エスカ-ル・オンの本NM「Kammavaca」。
「カヴァマカ」でも「カマカヴァ」でもなく、「カマヴァカ」。
エスカ-ル・オンのギアスNMの中では、ソロ攻略が楽な相手のようです。

ff11_20190821_kammavaca001.png

ジョブ:青/踊 (装備:青魔装備 (2019/07/01時点)
フェイス:アムチュチュ,ナシュメラII,セルテウス,キング・オブ・ハーツ,アプルル

サイレガ対策で、サポジョブは踊り子にしました。
異常耐性が高いヨランオランやユグナスを使うなら、サポ忍やサポ戦もいいかもしれません。

魔法を多用してくる上に連続魔を使う相手なので、盾にはアムチュチュを選択。

あとは、範囲回復か異常回復をもつフェイスで固めました。
キング・オブ・ハーツを入れたのは、ディアIIIが目的。

▽青魔法セット

セットした青魔法は次の通り。

  • デルタスラスト (二刀流 4)
  • 偃月刀(二刀流 4)
  • アクリッドストリーム (ダブルアタック 4)
  • 重い一撃(ダブルアタック 4)
  • T.アッサルト(ダブルアタック 8)
  • エラチックフラッター (ファストキャスト 8)
  • オカルテーション (物理回避率アップ 4)
  • ファンタッド (ストアTP 4)
  • サドンランジ (ストアTP 4)
  • ディフュージョンレイ (ストアTP 8)
  • シンカードリル (C.インクリース 8)
  • N.メディテイト (物理命中率アップ 8)
  • パラライズトライアド (連携ボーナス 8)
  • エンバームアース (物理攻撃力アップ 8)
  • シアリングテンペスト (物理攻撃力アップ8)
  • エントゥーム (物理防御力アップ 8)
  • ゼファーマント (コンサーブMP 4)
  • グルーティナスダート (HPmaxアップ 4)

「デルタスラスト」〜「N.メディテイト」は、よく使っている定番のもの。
ほぼセットしっぱなしにしている青魔法です。

物理火力アップのために、「パラライズトライアド」「エンバームアース」「シアリングテンペスト」の3つを追加。

「エントゥーム」は「Kammavaca」攻略の鍵。必須の青魔法です。
お供をすべて倒すまでの間、他のお供の行動を止めておくのに使います。
「夢想花」で寝かせるのでも良いようですが、「エントゥーム」には物理防御力アップがつくメリットもあります。

「オカルテーション」がリキャスト待ちの時のために「ゼファーマント」を入れてみましたが、使うことはありませんでした。

BPが余ったので「グルーティナスダート」を追加しました。
必要なBPが2と少ないわりに、ステータスボーナスがお得です。

▼戦闘の流れ

沸かせる前に、まずは強化。
「エラチックフラッター」と「オカルテーション」をかけて、ノートリアスナレッジを使って「カルカリアンヴァーヴ」をかけました。
(ディフュージョンを忘れたけど気にしない)

本を沸かせたら、殴ってフェイスを起動。
ひとまず、魔法を使ってくるまでは普通に殴ってTPを溜めました。

ボス本体の初回の魔法が着弾すると同時に、お供の4体がPOP。
すぐに「エントゥーム」を使って、お供を4体とも石化させます。
「ネイグリング」の魔命がけっこう高くて、魔命用片手棍に変えなくても「エントゥーム」がきっちり入るのは便利です。
ちなみに、お供POPタイミングちょうどに合わせて先読みで詠唱開始すると、お供に「エントゥーム」が当たらなくて終了することがあるようです。

お供は「Clionid → Limule → Murex → Amoeban」の順番で撃破。

順番を間違えると再召喚してくるようです。
お供のHPは少なくて、シャンデュシニュを1回撃つかどうかで倒せる程度。
タゲの切替えがスムーズにできれば、「エントゥーム」の効果が切れる前(1分)に4体とも倒せる感じでした。

お供を倒し終わったら、「アルマス」でTP3000のアフターマスを付けてボス本体をひたすら殴る。

ときどき「N.メディテイト」を入れたりしてましたが、なくてもいいような気がします。
命中が足りているなら、「N.メディテイト」を外して「シックルスラッシュ」+「テールスラップ」でストアTP増やした方が楽だったかもしれません。
たぶん、ボスはシャンデ連打しているだけで十分。

1回の戦闘は5分ほど。
連続魔中にジャ系が少なかったこともあって、危ない感じは皆無でした。

ちなみに、

ff11_20190821_shinryu001.png

目的の「神竜の免罪符:両脚」は、なんと1発ドロップ。
いつもの物欲センサーはどこへやら。
きっと、ナイズルで発掘した「ラッキーコイン」の効果があったんだと思います……?

ff11_20190818_luckycoin001.png
タグ:FF11 ソロ 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 13:26| Comment(0) | NM/BF

2019年08月11日

アンバスケード1章 ポロッゴ 【2019年8月】 とてむず 風水(PT)

8月のアンバス1章は、2017年11月以来3回目の登場となるポロッゴ。
前回は召喚で参加していた記憶がうっすらとありますが、今回は風水で参加しました。

ff11_20190811_ambus001.png

Bozzetto Necronura(ボス,赤)
Bozzetto Croaker(ボスの「天乞い」後に召喚)

ボスの特殊技でやっかいなのは「天乞い」と「クエンチングハンマー」の2つ。
「天乞い」は、お供を5体になるように召喚。
「クエンチングハンマー」は、ナ暗青剣のMPが50以上、または歌・ロール・風水の支援があると使用して、広範囲に大ダメージ。

ボスの特殊技がかなり痛いので、技を出させないで倒す攻略が多いようです。
例えば、
定期的に召喚が「ミュインララバイ」を入れて、ボスのTPを0にして技を使わせない。
赤魔の魔法剣ダメージだけで削りきる。
アストラルパッセージでやられる前にやる。

前衛主体の攻略では、
戦闘前に盾役のナ剣がMPを使い切って「クエンチングハンマー」を封じたあと、やられる前に殴り倒す。
デス無効のオートマトン盾とMPを持たない前衛で、やられる前に殴り倒す。
など。

今回は、「ミュインララバイ」で特殊技を封じる方法で行きました。

PT編成:ナ侍召召赤風
参加ジョブ:風/赤

タゲを取った後は、殴らずにタゲ固定。

メインアタッカー。
ボスにサイレスが入ったあとで攻撃開始して、サイレス中に削りきる。

召×2
大地の守り、紅蓮の咆哮、クリスタルブレシング、上弦の唸りで強化。
戦闘開始後は、交互にミュインララバイ。

ボスにサイレス。
あとは、ディアやスロウ、ディストラで弱体と、ケアル。

侍にエントラフューリー。
インデヘイスト。
グローリーブレイズ+サークルエンリッチでジオフレイル。
弱体風水無効というのも見るけど、まぁ、倒せてたから問題なし。
インデスト or ジオストで強化するのでも良かったかもしれません。

▼戦闘の流れ

強化が終わったら、ナイトがセンチネルと挑発でタゲ固定。
召喚は交互にミュインララバイ。
赤魔のサイレスが入ったら、侍が攻撃を初めて連携。

以上。

1回の戦闘は3分半ほどで、そのうち1分半は強化時間。
突入してすぐにかけたインデヘイストが切れる前に戦闘が終わります。
7月のアンバス1章サハギンとは比べものにならないほど楽でした。

それにしても、
トリガー取りにいくとニル持ち召喚がたくさんいて、いったいどこからこれだけ集まってきたのかと……。
なお、今月のアンバス1章は、ミュイン戦法するなら「ニルヴァーナ」不要です。むしろ、「エスピリトゥス」とか「エグゼンプラー」とかの方がいいかも?

そして、「レイナインスタッフ」を交換。

ff11_20190811_ranine001.png

ポロッゴが落とすんだから、「エグゼンプラー」もこのグラフィックにして欲しい……。

▼おまけ

8月のバージョンアップでアンバス戦闘用のエリアが2つになりましたが、レギオンBエリアはまだ不具合があるらしく、

ff11_20190811_ambus002.png

ボスポロッゴを倒したら、1章のだいじなものが流れてしまいましたw
タグ:風水 FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 18:48| Comment(0) | NM/BF

2019年08月08日

アンバスケード2章 スイカマンドラ 【2019年8月】 とてむず からくり士 ソロ

独自グラフィックで実装前から話題だった、アンバス2章のスイカマンドラを攻略。
「ふつう」で行ってみたところ意外と無策でも勝てたので、「とてむず」に突入しました。

ff11_20190808_ambus001.png

最初にいるのはボスのスイカマンドラ「Vengeful Citrullus」1体だけですが、戦闘開始するとすぐにお供「Tiny Lycopodium」を呼びます。
「とてむず」では、お供の数は4体。(「ふつう」は3体でした)

お供が1体でもいると、ボスにはダメージが通りません。

お供のHPはかなり低くて10〜15くらい。
その代わり、どんな攻撃でも1ヒット1ダメージずつしか当たりません。
お供処理は手数が多いジョブが有利だと思います。

お供をすべて倒すと、ボスが強力な暗闇スフィア(命中-1000らしい?)を展開。
同時に、ボスにダメージが入るようになります。

暗闇があたりを覆う。
パーティーメンバーに、スイカを指差して見せろ(/point)。
または、パーティーメンバーを応援するか、拍手をしろ。

というメッセージが出たら、内容に合わせて感情表現。

/point <ボス> → 暗闇スフィア解除。
/cheer <PTメンバー> → パーティに有効なリゲインスフィア発生。
/clap <PTメンバー> → パーティに有効なリフレシュスフィア発生。

それぞれ有効時間は10秒ほど。
コマンド入力するのもメンドウなので、マクロを作って対応しました。

ff11_20190808_ambus003.png

ボスはHPが残りわずか(ボス名 Citrullus の r 右端くらい?)になると、自己中心範囲の死の宣告「フェイタルスクリーム」を使います(カウント10秒)。
一気に削れば「フェイタルスクリーム」を使う前に倒すこともできます。

ff11_20190808_ambus002.png

ジョブ:か/戦
マトン:白兵戦ヘッド+射撃戦フレーム
フェイス:ArkEV,ArkTT,コルモル,アプルル,ユグナス

お供をなるべく早く倒せるように、ジョブは手数が多いものを選択。
ボス戦の終盤で必要になる瞬間火力は、オートマトンに攻撃向きのアタッチメントを載せて対応しました。

盾フェイスは自己回復ができるものを選択。
ArkTTは、スタンとMBに加えて、タイミングがいいとお供をスリプガIIで寝かせてくれます。
コルモルは、支援とケアル補助。
白魔フェイスは、死の宣告対策でカーズナ使えるものを2人いれました。

オートマトンのアタッチメントは攻撃特化です。マニューバは
  • アチューナー
  • フレイムホルダー
  • インヒビターII
  • マグニプラッグII
  • ドラムマガジン
  • バラージタービン
  • スコープIV
  • トゥルーサイツ
  • ターゲットマーカー
  • A.リペアキットIV
  • O.ファイバー
  • O.ファイバーII
8月バージョンアップで「フレイムホルダー」が負荷型になって、かなり使いやすくなりました。

▼戦闘の流れ

ボスの知覚範囲に入るとお供が沸きます。
ArkEVがボスのタゲを取ったのを確認して、お供を攻撃。

お供はわりとすぐに倒せますが、そのたびに戦闘解除になってフェイスが動かなくなるので、素早くタゲを切替えて戦闘再開する必要があります。
特に、白魔フェイスがお供に囲まれていると危険。

そこで、お供の残りHPが少なくなったらターゲット変更のサブカーソルをだしておいて、お供を倒すと同時にタゲ変更するようにしました。
タゲ切替えが早くて攻撃中のお供を倒せなくても、マトンが倒してくれるので問題ありません。

お供をすべて倒したら、次のようなメッセージが流れます。

暗闇があたりを覆う。
パーティーメンバーに、スイカを指差して見せろ(/point)。
または、パーティーメンバーを応援するか、拍手をしろ。

感情表現マクロ実行してボスと戦闘。
ボスの暗闇スフィアは何度も発生するので、そのたびに感情表現を入れます。

「フェイタルスクリーム」の宣告中にお供が沸くとキビシくなるので、Citrullus の左側の l にかかったら、いったん攻撃を緩めてお供を沸かせるようにしました。

最後のお供を処理したら、ボスを一気に削って勝利。
本体+オートマトンのWSと連携を合せれば4万くらい削れます。
「フェイタルスクリーム」が使われるのは2回に1回くらいでした。

1回の戦闘は14分くらい。
自己中心範囲のテラーやTPリセットがあって戦闘は長引きますが、「ふつう」でも「とてむず」でも難易度はあまり変わらなくて、わりと安定して勝てる感じです。

そして、「キトルルスシャツ」をゲット。

ff11_20190808_citrullus001.png

ど根性ガエルっぽい……?
posted by Madalto@芝鯖 at 20:10| Comment(0) | NM/BF

2019年07月31日

ウォンテッド ロ・メーヴ CL125 Douma Weapon 黒魔 ソロ

未クリアのウォンテッドを消化するために、わりと楽そうな「Douma Weapon」を倒しに行きました。

「Douma Weapon」(ドウマウェポン)は、ロ・メーヴのイビルウェポンNM「Shikigami Weapon」の上位NM。
怒りの旋風の後に、お供の「Katashiro Weapon」を複数召喚(最大6体)。
お供はしばらくするとワープして怒りの旋風をばらまくので、速攻で倒す必要があります。

ff11_20190728_douma001.png

ジョブ:黒/赤
フェイス:ArkEV,ザイドII,セルテウス,ユグナス,アプルル

最大6体のお供を速攻で倒すために、範囲攻撃性能に優れる黒魔で行きました。

フェイスは、盾と範囲回復がいれば、わりとなんでもいいと思います。
蝉盾の方が有利だと思いますが、ArkEVでも問題なく耐えられました。
ウェポンは火,光弱点なので、光連携が出やすい編成にしています。

▼戦闘の流れ

「Douma Weapon」を沸かせて旋風の範囲外まで離れた後は、フェイスの連携を待ってMB。
旋風を使ってきたら、お供の召還を待ってガ系,ジャ系で殲滅。

お供が残っていると危険なので、お供処理を優先するようにしました。
連携とお供召喚のタイミングがかぶったら、MBはあきらめてガジャ準備。
本体はたいして強くないので、お供を速攻で倒すようにしていれば、まず負けない相手だと思います。

フェイスの連携次第ですが、1回の戦闘は3分ほど。
周囲の通常ウェポンがLv99でも絡んでくる強さなので、戦闘終了直後に絡まれるのがめんどうでした。

「ドウマの箱」から装備はなく、ギルと深成岩でした。
タグ:FF11 ソロ 黒魔
posted by Madalto@芝鯖 at 11:43| Comment(0) | NM/BF