2021年09月16日

やみおーの日 / エクステンクション を手に入れた

「やみおーの日」キャンペーンの報酬に、新しい片手剣「エクステンクション」が追加されたので、取りに行ってきました。

「ラメント」と「ナイヒリティ」が、難易度「とてもやさしい」(CL113)で 1発で出たので、今回も「とてやさ」に突入。

ところが、今回の「エクステンクション」は、なかなか出ませんでした。

ドロップするまで、けっきょく 4回も突入。
メリットポイントを上位神竜 BF に投入していたこともあって、けっこう時間がかかってしまいました。

「ナイヒリティ」と「エクステンクション」を二刀流で持つとこんな感じ。

ff11_20210910_extinction03.png

だいぶ禍々しい見た目になりました。
「アーンソード」二刀流と悩む……。
タグ:FF11
posted by Madalto@芝鯖 at 18:37| Comment(0) | 武器防具

2021年09月13日

エピタフサシェ Rank:20 完成

Sgili の RP を使って、「エピタフサシェ」を Rank:20 まで強化しました。

ff11_20210911_epitaph01.png

「サンカスサシェ+1」と比べると、召喚獣の命中,魔命は同じ。
「契約の履行ダメージ+」は 1 多く、召喚獣に ALL BP+5 がつきます。
「契約の履行使用間隔II」は 2 減りますが、実際の運用ではまったく問題ありません。

ALL BP+5 で召喚獣の能力がどう変わるか、/checkparam <pet> で見てみました。

▽サンカスサシェ+1
命中:1366 / 攻撃:1173
回避:855 / 防御:1080
ff11_20210911_sancus01.png

▽エピタフサシェ Rank:20
命中:1369 (+3) / 攻撃:1175 (+2)
回避:858 (+3) / 防御:1088 (+8)
ff11_20210911_epitaph02.png

命中,攻撃,回避は、+2 〜 +3 の上昇(能力値 ×0.5)。
防御は +8 増えました(能力値 ×1.5)。

履行にステータス修正が加わることを考えると、履行ダメージ+ 以上にダメージは増えそうですが、「サンカスサシェ+1」からの乗り換えは、正直ビミョウ。
しかし、NQの「サンカスサシェ」からなら、十分に高性能です。
強化に少しばかり時間はかかりますが、「サンカスサシェ+1」に比べると 4分の1 以下で手に入れることができるので、コストパフォーマンスもいいと思います。
タグ:FF11 召喚
posted by Madalto@芝鯖 at 11:59| Comment(0) | 武器防具

2021年09月11日

アンバスケード1章 ポロッゴ 【2021年09月】 とてむず (PT,召喚編成)

2021年 9月のアンバス 1章は、およそ 2年ぶりになるポロッゴ戦でした。
少しばかりメンドウなギミックがありますが、そんなモノは完全に無視した召喚ミュイン戦法で攻略しました。

ff11_20210911_ambus01.png


▼敵の情報

開幕時は、ボスの Bozzetto Necronura が 1体のみ。

ボスが特殊技「天乞い」を使うと、お供を 5体召喚。
お供が減った状態で「天乞い」を使うと、5体になるように追加召喚されます。

ボスとお供、すべて撃破すればクリアです。

▽Bozzetto Necronura(ボス,赤魔)

「連続魔」を使用。

火・水属性のガ系、ジャ系に加えて、メルトンやデスも使用します。

石化,ヘヴィに完全耐性。
静寂,スタン,睡眠、火水属性の弱体に強い耐性あり。
弱体系風水耐性。

「天乞い」を使用すると、HPと状態異常回復。
さらに、5体になるようにお供を召喚します。

条件を満たすと、特殊技「クエンチングハンマー」(対象中心範囲の属性ダメージ+MPダメージ+TPダメージ+強化全消去)を使うようになります。
条件は、ナイト,魔剣,暗黒,青魔に MP がある状態で近くにいること。
歌,ロール,強化系風水を受けているとダメージが上がります。

どちらも厄介な特殊技ですが、そもそも使わせないので気にしません。

▽お供:Bozzetto Croaker

ボスが「天乞い」を使用すると 5体召喚。
その後も、「天乞い」のたびに 5体になるように追加されます。

――が、ボスに「天乞い」を使わせないので無視です。

▼編成

PT編成:剣侍赤詩召召
参加ジョブ:召/黒

▽盾(ナ剣)

ボスのタゲを取ります。
ナイトでも魔剣でもいいようです。

戦闘開始時に Bozzetto Necronura(ボス)のタゲを取った後は、ボスの TP を溜めないように、殴らずにタゲを維持します。

▽前衛

火力があるジョブなら何でもいいと思います。

ボスの TP を溜めないように、モクシャを多めに積むと良いようです(またはモンク)。

▽赤

サポ黒を推奨。

盾にプロシェル,ファランクス。
ヘイストII は盾と前衛に。

「サボトゥール」や「精霊の印」などアビリティを併用して、ボスにサイレスを入れます。
弱体耐性が高いようで、レジストハックなしでは印ありでもレジられる事があるようです。

サイレスが入ったら、ディアIII など各種弱体と盾へのケアル。

▽詩

盾に、マーチ,ミンネ,バラードx2。
前衛に、栄典(またはマーチ),メヌエット×3。
後衛に、栄典(またはマーチ),マーチ,バラード×2。

戦闘開始後は、盾にケアルなど。

▽召×2

契約の履行使用間隔 -30秒(ギフト+装備)必須。
召喚魔法スキル 512以上推奨。
「BCホーン+1」を推奨。

「ニルヴァーナ」や履行ダメージ+ は不要です。
武器は「エスピリトゥス Type:B」(200DPで交換可能)で十分。

履行使用間隔が十分に短いなら、ギフト 0 でも問題ありません。
(エスピリトゥス Type:B,サンカスサシェ,レリック119+3の胴手脚足,インカンタートルク,コンベイケープ,ロードルピアス,エボカーリング,スティキニリングで、ギフト 0 でも履行間隔,スキルともに達成可能のハズ)

履行間隔の目安は 22秒程度。
ギリギリというわけではないので、前衛のモクシャが十分なら間隔 25秒くらいでも間に合うと思います。

分担して「紅蓮の咆哮」「クリスタルブレシング」で強化。
「神獣の加護」は忘れずに使用しておきます。

戦闘開始後は、交互にケット・シーの「ミュインララバイ」を使って、ボスに TP を溜めさせないようにします。

サポジョブは何でもいいですが、サポ黒だとトリガーを取った後の帰りでデジョン,デジョンII が使えて便利です。

▼戦闘の流れ

強化が終わったら盾が突撃して、Bozzetto Necronura(ボス)のタゲ固定。
召喚は、交互に「ミュインララバイ」を使用。
赤魔はアビを併用して、Bozzetto Necronura(ボス)にサイレスを入れます。

Bozzetto Necronura(ボス)にサイレスが入ったら、前衛は全力で攻撃。

1回の戦闘は 3分を切ります。
そのうち 2分ほどは強化時間なので、実際の戦闘時間は 1分ほど。
事故もなく、ここ最近では一番楽なアンバス 1章だと思います。
タグ:FF11 召喚
posted by Madalto@芝鯖 at 23:33| Comment(0) | NM/BF

2021年09月06日

青魔 レリック119+3 足 LLチャルク+3 を作成

青魔のレリック足を IL119+3 まで強化しましたが、特に意味はありません。

ff11_20210828_blu01.png

「ディフュージョン」で範囲化する青魔法の効果時間延長のために +1 を持っていました。
+3 まで強化しても「ディフュージョン」の効果は変わりませんが、せっかくなのでなんとなく強化。

基本性能はわりと優秀で、「攻+86」と両足部位にしては飛び抜けて高い攻撃力がついています。
「ニャメソルレット Type:B Rank:20」と比べると、+31 も上です。
そして、DEX,命中もそこそこ高い値です。
ウェポンスキルのダメージ+ は多段 WS だと効果が落ちるので、WS によっては「ニャメソルレット Type:B Rank:20」より「LLチャルク+3」の方がダメージが出るかもしれません。
タグ:FF11 青魔
posted by Madalto@芝鯖 at 18:58| Comment(0) | 武器防具

2021年09月03日

ウォンテッド 海蛇の岩窟 CL125 Bakunawa モンク ソロ

「手数が多い敵はモンクなら楽に倒せるハズ」と思って、モンクで海蛇の岩窟の Bakunawa(バクナワ)に行ってみました。

Bakunawa は手数がとても多い上に、「マイティストライク」と同時に回避能力ダウンスフィアを使用。
さらに、お供が 2体現れます。

以前は、からくり士でオートマトン盾にして、物理打撃に耐えながら攻略しました。

他に、定番の攻略方法としては次のようなやり方があるようです。
  • 青魔のエントゥームで、お供 2体を石化で無力化して Bakunawa を撃破。
  • 盾ジョブで防御と被ダメカットを積んで、攻撃を耐えながら撃破。

しかし、「手数が多い相手」なら、モンクのカウンターと相性が良いはずです。

これまでも、攻撃回数が多い敵をカウンターで倒してきました。


それならばと、Bakunawa もカウンターを主力にして倒してみることにしました。

ff11_20210901_bakunawa01.png

▼敵の情報

出現時に「メイルシュトロム」を使用して、お供の Kanavid を 2体召喚。
Kanavid を倒しても、Bakunawa が特殊技を使うと復活します。

Bakunawa も Kanavid もマルチアタックを持っているようで、攻撃回数がかなり多いです。

Bakunawa の HP を 75% くらいまで減らすと「マイティストライク」を使用。
同時に回避能力ダウンのスフィアを展開。

WS を当てると、まれに白い「!!」が出て硬直状態になることがあります。
確率は低めで、「!!」がまったく出ないことも多いです。
しかし、硬直させて攻撃が減るとカウンターダメージを稼げなくなるので、カウンター主力のときは「!!」が出た方が戦闘時間が延びてしまいます。

▼編成

▽ジョブ

ジョブ:モ/竜

「カウンター確率」5振り、「発剄」5振り推奨。
「HEゲートル+3」推奨。

WS ダメージを増やすためにサポ竜にしました。
フェイスがタゲを取ってしまうようなら、サポ戦のほうが楽かもしれません。

装備は モンク装備 (2021/09/01時点) のものを使用。
防具は全ヶ所レリック119+3 にしました。
「セゴモマント」と「月虹帯+1」を除いて、ダメージカット装備は増やしていません。

おすすめの格闘武器は、次のものです。

◇ジョルトカウンタ(+1)

「カウンター:対象の攻撃力に比例した攻撃力修正」が最大の特徴。

通常攻撃のダメージは「スファライ Rank:15」に劣りますが、CL125 の Bakunawa 相手ならカウンターダメージは同等以上。

ff11_20210901_bakunawa_j01a.png

通常攻撃に比べてカウンターの発生回数が圧倒的に多い今回の戦闘では、「スファライ Rank:15」より「ジョルトカウンタ」のほうがダメージ性能は上です。

命中+ がついていて、「粘膜強化」でもミスが増えないのも大きなメリットです。

◇スファライ (Rank:15)

カウンターの代名詞ともいえる格闘武器。

「かまえる」を使用する場合、残魂で強化していなければカウンター性能は上がりません。
残魂で強化して「カウンターダメージ+30%」がつくと、「ジョルトカウンタ+1」と同じかやや低いくらいのカウンターダメージが出ます。

ff11_20210901_bakunawa_s01a.png

アフターマスをつけると蹴撃が増えるので、TP はかなり溜まりやすいです。
戦闘中に撃てる WS 回数は「ジョルトカウンタ」を上回ります。

◇サギッタ

モンク専用ジョブマスター武器。

HP が増えて「被ダメージ-10%」もあるので、「かまえる」で下がる防御力を補うことができます。
事故の可能性を大きく下げることができるはずです。

手持ちは Type:A ですが、Bakunawa 相手では Type:A のメリットはあまりありません。
むしろ、Type:C の方が役に立つと思います。

コストパフォーマンスで見るなら、「ジョルトカウンタ」が一番です。

▽フェイス

ユグナス(回復)
アプルル(回復)
アシェラ(支援,弱体,回復)
リリゼットII(ラウジングサンバ,回復)
モンブロー(回復)

回復多めの編成にしました。
PC がタゲを取るので、盾フェイスは不要。

リリゼットII がいると、クリティカルが出やすくて火力がかなり上がります。

セルテウスを入れていたこともありますが、「リジュヴァネーション」でお供のタゲを持っていくので外しました。

▼戦闘の流れ

「かまえる」を使用して、Bakunawa を湧かせます。

開始直後の「メイルシュトロム」で Kanavid が湧いたら、3体とも正面に来るように移動。

「気孔弾」と「インピタス」を使ったら、ひたすら殴ります。

敵の攻撃回数は多いですが、ほとんどはカウンターで撃ち返してダメージを受けません。
ダメージを受けるのは特殊技だけで、通常攻撃を完封して勝利することもあるくらいです。

ff11_20210901_bakunawa_j03.png

ログを見ると大量のカウンター。
自分が 1回攻撃するあいだに 10回近いカウンターが入って、百烈拳なみかそれ以上のペースで 4桁ダメージが並びます。

2体の Kanavid は放置。
何もしなくても、カウンターで勝手に自滅します。

「クロスアタック」が少しばかり危険。
「かまえる」で防御力が下がっていることもあり、2000近いダメージを受けることもあります。
とはいえ、モンクは HP が多く、モクシャと「気孔弾」で特殊技の回数も減っているので、フェイスの回復は十分に追いつきます。

1回の戦闘時間は 1分を切るくらい。
Kanavid の沸き位置が悪くて横から殴られたりしない限りは、まず負けないと思います。
posted by Madalto@芝鯖 at 14:54| Comment(0) | NM/BF